伊達ロック プレイベント4

2000年07月01日

伊達ロック プレイベント4

[投稿者:仙台インターネットマガジン編集部]

伊達ロック プレイベント4







 回までに紹介した仙台のイベント「伊達ロック」、6月25日に行われたプレイベントに行ってきました。今回は勾当台公園をつかい、かなりオープンな雰囲気の中開催されていました。










 公園の下の部分はフリーマーケットのブースが並び、かなりの人が集まっていて、これまでのプレイベントと比べても大幅な動員数の伸びがあったようです。やはり勾当台公園の地形をいかしたステージとフリーマーケットとの一体感が効を奏したといったところでしょうか。また地下鉄の駅、バス停からの人の流れを取り込みやすい位置だったということも大きかったようです。




 また、以前に比べ観客の中に占める中高年層の割合が高かったことも一つの変化の兆しといえるでしょう。



 7月におこなわれるメインイベントを成功させるべく、忙しそうに走り回るスタッフ陣、若い人が中心といってもその中の高校生から20台後半以上の人もみえ、日常ではあまり一緒に活動する機会がない人同士が協力しあって一つの目標に向かって動いている姿はある種の力強さを感じさせます。



 同じ仙台に住んでいながら、世代、学校など、それぞれのセクションに別れてタコ壺の様にちりぢりになっているこの状況のなかではこういったイベントがもたらす連帯感は、伊達ロックひとつのイベントの枠の中とはいえ重要な意味を持っているといえるでしょう。







 県や市など、自治体内部での市民の連帯感はとくに若い人の間でほとんど意識されず、その連帯感の存在もないといっても過言ではありません。その連帯感がないところで市民の意思決定などというものはおこりえません。もしこういったイベントを行うことを通じてそれぞれのタコ壺からはい出してきた個人が、一回り大きな範囲での連帯感といったものをもてるようになるのであれば、「伊達ロック」を始め他の様々なイベントを盛んにしてゆくことは成熟した文化みならず、成熟した社会を作っていく一つの手段であると感じました。






 そういった点からも私は中高年の人たちにも、伊達ロックというイベントを若者の「遊び」といった見方からみて傍観せずに、それぞれ自分なりのスタンスで熱く見守ってもらえるように願います。


伊達ロックホームページへ

伊達ロック公式ホームページに飛びます。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 仙台インターネットマガジン編集部 : 2000年07月01日 01:28
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/12

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space