消えゆく街 二十人町〜〜第三回〜〜

2000年08月03日

消えゆく街 二十人町〜〜第三回〜〜

[投稿者:仙台インターネットマガジン編集部]








消えゆく街 二十人町

第三回













前回は再開発計画について取り上げた。今回は二十人町の歴史について取り上げる。

 町にはそれぞれの歴史がある。人の関心をひくような特殊なもの、
どこにでもあるようなありふれたもの。どんな歴史であるにせよそれは、二十人町写真
土地という空っぽのいれものに血のようにながれその場所を「町」にする。

 二十人町は以前に書いたように独特の地形をしている。鈎の字にまげら
れた細い道は他国からの城下への進入を困難にするために作られていて、
また普段からもその通りには功績のあった足軽を住まわせ侵入者の監視を行わせていた。
功績があった足軽とはいえ、足軽は足軽であるため貧しかったようでみな内職をして
生計を立てていたといわれている。そのためにその通りにはだんだんその内職製品をうる店が
増えてゆきそのことが商店街の基礎となっていったようである。時代が下って第二次大戦前には
今の榴ヶ岡公園のあたりに陸軍の基地があり、馬具や金物などをうる店が多かったようである。二十人町写真2


 区画整理で引っ越す人が増え今ではそれも苦しい状態のようである。特有の歴史のために
細く独特の街なみをもつ二十人町、しかし今はその独特さ故に区画整理の対象となっている。
これもまた一続きの歴史であるのかも知れない。この後の二十人町はどんな町になっていくのだろうか。







もっと記事を読む

第三回  *このページです。

二十人町はどのようにできあがってきたのだろうか。今回は二十人町の歴史を取り上げていこうと思う。

第二回

二十人町の区画整理計画は誰が計画しているのだろうか?と思い仙台市役所に話しを聞きに行く。


第一回
  
大型電器店や仙石線地下化などで、なにかと話題に上がる駅裏 対照的に再開発が進まず、古い街なみを残す二十人町を取り上げる。



佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 仙台インターネットマガジン編集部 : 2000年08月03日 01:38
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/16

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space