消えゆく町 二十人町〜〜第四回〜〜

2000年09月05日

消えゆく町 二十人町〜〜第四回〜〜

[投稿者:仙台インターネットマガジン編集部]








消えゆく町

第四回












僕が二十人町に引かれた理由

  中学校だったか、高校に入ってからだったかは忘れてしまったが生物の仕組みについて習った記憶がある。
単細胞生物がいて多細胞生物がいる。始めは単細胞生物がいてのちに多細胞生物が現れる。私たちは人間で多細胞生物なんだよ、
それぞれ一つ一つで活動していた細胞がやがて、集まって役割分担したほうが都合が良いことい気付いて多細胞生物になっていったんだよと、
親切な友達が教えてくれたことを覚えている。友達に「単細胞」とよばれてからかわれていたやつがいた。
そいつと僕はよく喧嘩をしていたがどちらかというと他の友達よりもそいつの方が好きだった。
いずれにしても単細胞なやつもそうじゃないやつもそれぞれにきちんとひとりの人間だった。そして自分の抜け落ちた髪の毛を見て、
やっぱりこれは僕の一部でしかないよな、と思っていた。


 二十人町を歩いて、僕はこの町にひかれた。仙台駅の西口の繁華街の駅を挟んでその反対側にぽつんと残る寂しい空間。
僕がはじめて通ったときにはすでに空き地が目立ち、空き家となった木造の民家は色あせた区画整理反対のポスターとともに朽ちてしまっていた。
季節はちょうど初夏をむかえようとしていて、腐った畳から、崩れた瓦屋根から空へとむかって繁る青葉がまぶしい太陽の光に輝いていた。
線路の向こうにそびえるアエルのビルが初夏の霞に包まれてぼんやりと光っていて、そのとき僕はやがてここに裁つであろうビルを、
古いものを突き破ってそびえる若葉とたぶらせてイメージしていた。ここはいずれ変わっていかなければならない、その時にすでに僕はそう思っていた。


 以前仙台市議会の選挙の時、ある候補者の講演会にいったことがある。やたらと若さを強調していたこと意外にも一つだけ記憶に残っていることがある。
彼は熱心に道路整備の必要性を説いていた。なんでも仙台の渋滞はひどい経済的損失を生んでいるということだった。渋滞に巻き込まれる人数と、
それによって無駄にする時間、それに平均的な時給をかけると年に何億円もの損失になるという。道路整備に投資するお金はそれに比べるとはるかに安いものであると彼は言っていた。
その時僕はちょうどアルバイトが見つからずに暇を持て余していた時期だったので結局彼に投票しようという気にはなれなかった。
しかし物事に対してそういった見方ができる人間がいることに若干の驚きを感じた。社会にはこういう視点が必要なのだろう。
人間は常により効率的、機能的なものを求める。複雑なシステムを作り上げ、改良してはより多くのものを人は手にしてきた。
それを進歩と呼ぶのかもしれない。進歩への衝動が、彼の視点からは感じられた。


 二十人町はやはり変わらなければならない。仙台という街を構成する、より有意義な一部分へと。街の中心部へのアクセスを高め、
防災の観点からも問題点を解消するために、区画整理は必要だ。そのことによって何かが失われるとしても、失うものと得るものもどちらが多いのか、
僕には分からない。ただ分かっているのは、僕の中にある失うものを惜しむ気持ちは効率や機能などとかといった合理的な理由からではなくただの感傷と言っていいようなものだろうということである。
そうであれば合理を取るしかないであろう。


 僕が二十人町にひかれたのはそこから感じる不器用さのせいであるような気がする。誰かの不器用さというわけではなく、そこの場所が持つ不器用さである。
街の中心部にありながら時代遅れな町並、そしてそれを逆手にとることもせずに唯さびれ、ひっそりと何かを待っている。
生命力や進歩といういわば正当な必然によっておびやかされているその姿がいとおしかった。


 進歩というものは前向きな力である。しかし僕の見るかぎり進歩は常に機能化や効率化をともなっている。あるものとあるものが何らかの目的のために効果的に関連づけられ、
より複雑なシステムを作り上げてゆく。しかしその陰では絶えず人をふくめ、物事の「ただある」ということの価値が薄められているような気がする。
物事は常に何らかの役割によってみられ、そこの観点から計られる。ある存在の「ただある」ということがもっているかけがえのなさは複雑なシステムの中では感じることが難しくなるのだろう。
二十人町は仙台というシステムの中にくさびのように打ち込まれ、僕に「ただある」存在感を感じさせてくれた。その町がもつ不器用さが「ただある」存在感を引き立たせていたのだろう。
こういった「不器用さ」を感じることは意外にじゅうようなことなのではないだろうか、僕は今そんな気がしている。


 全ての人が社会の中で何らかの役割を期待され、実際それを背負っている。社会が複雑であり、
そして大きいものであれば自分の周辺のごく少数の人間を除いてはある役割を担っている一構成要素としか見れなくなることは避けられない。
そうすることはひるがえって他人からも同じように見られることを意識的にせよ無意識的にせよ連想させる。
そういったなかで人と人とが互いを一存在として尊重してゆくためには「ただある」という事を感じることが、
それともむしろその人に与えられている役割からと実際のその人との間の距離の様なものを、
それを是か非かとするのではなくただ受け止め感じるということが必要なのではないだろうか。


 社会の中での役割というものを否定するのでもなく、かといってそれによってのみ人をはかるのでもない。ただそこからはなれて、存在そのものを感じること、
そういった心の動きがもっと頻繁に起こることが望ましいと僕は思う。


 誰かが「愛することにりゆうはいらない」と言った。僕はより多くの人、また人以外の色々なことをも愛せるようになりたい。
二十人町に僕がひかれたもの、結局はそういうことだったのかもしれない。








この記事の一覧


第四回    *このページです。

僕が二十人町にひかれた理由


第三回

二十人町はどのようにできあがってきたのだろうか。今回は二十人町の歴史を取り上げていこと思う。


第二回

二十人町の区画整理計画は誰が計画しているのだろうか?と思い仙台市役所に話しを聞きに行く。


第一回

大型電器店や仙石線地下化などで、なにかと話題に上がる駅裏 対照的に再開発が進まず、古い街なみを残す二十人町を取り上げる。



佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 仙台インターネットマガジン編集部 : 2000年09月05日 01:54
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/21

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space