清里スペイン音楽祭

2000年09月05日

清里スペイン音楽祭

[投稿者:仙台インターネットマガジン編集部]


千葉真康プロフィールに飛びます。




(上の写真をクリックするとプロフィールに飛びます。)

No.5






 8月25日から三日間、毎年清里で行われる(清里スペイン音楽祭)に参加してきました。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、説明させて頂きますと、この音楽祭の主催者は
濱田二郎先生です。そして先生の人望の厚さと豊富な人脈を駆使し、内外から素晴らしい
アーティストを招き三日間音楽漬けの日々を過ごす、というわけです。自分も大学に入学
してから毎年参加していますが、、、もちろん主催者の濱田先生ということはギターが中
心でフラメンコなど本場スペインのアーティストを呼び三日間歌い、そして踊り狂う訳で
す。その音楽祭は今年で16回を迎えますが、自分が参加した四年間だけでも素晴らしい
アーティストとたくさん知り合いになりました。加藤政幸さん、マリア・エステル・グス
マン、クエンカ兄弟、掛布雅弥さん、また、ギタリストのみならずバンドネオンの帝鳳さ
んやサックスの須川展也さん、ピアニストの門 光子さんなどなど、 じつは門 光子さんの8月29日に東京オペラシティーリサイタルホールでのコンサート
を聴いたのですが、とても素晴らしかったです。プログラムは現代曲中心のプログラムで
すが、そもそも自分はピアノ曲を腰を据えて聴いたことがない、いや、確か聴いたことは
あるにはあるが、中盤で夢の中へ、、、、ということがほとんどでした。
しかし彼女の演奏を聴いて、自分は鳥肌が立った、彼女の演奏から、いや、ピアノから出
てくる音から一瞬も目を、耳を離してはいけない。自分にとってこのまま終わってほしく
ない時間でした。演奏後、彼女に挨拶に行くと、「今度二人で何かセッションしよう」
と言う話になり、自分は感動と興奮がさめやらぬうちに帰路につきました。
他にも清里でギタリスト掛布雅弥さんとの出会いなど、話し始めればきりがなくなってし
まうので今月はこの辺で、、、


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 仙台インターネットマガジン編集部 : 2000年09月05日 10:49
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/25

blank_space