中本誠司について

2000年10月05日

中本誠司について

[投稿者:仙台インターネットマガジン編集部]

 故中本誠司氏と出会ったのは、中本誠司個人美術館で行われている、ミュージアムコンサートであった。在仙の音楽家を招いて、 日曜のひとときお茶を飲みながらクラシック音楽を聴く会である。休憩中は彼の作品を自由に鑑賞でき、自分もよく足を運んだものだった。

 30代にとどこうかという時に、お鉢が回ってきた。 当時中本氏に所に居候をしていたアメリカ人のフラメンコギタリストとデュオコンサートを行った。演奏が終わってお客が引き上げた後に、関係者たちで打ち上げとなった。 中本氏は自分の演奏がどうも気に入らなかったらしく、酒が入っていたせいもあってか、「くだをまく」といった状態だった。その時の彼の言葉の中でいまだに忘れられず、 またその意味が明確に解っていないものがある。

彼は、酒の入ったグラスを持ちなららこういった。「大体おまえは自意識過剰なんだよ。どうせおまえにはこのグラスがグラスにしかみえねえんだろ。」 自意識過剰であったのは認めるが、グラスがグラスにしか見えないというのは、どうもよくわからない。何か深い意味があるようにも感じる。

 彼は、現代美術に携わる人間の常識としてそれを言ったのか、はたまた自分の演奏を聴いて直感的にそう感じたのか、今となっては確かめる術はない。現代美術に於けるこの言葉の意味については、本サイトの執筆者の1人である近江俊彦氏にその解説を是非期待したいところである。

 音楽ということに関して、 この言葉の意味を考えてみると、古典音楽に於ては、伝統を重んじることは重要であるが、だからといって古い型を破らなくて良いということにはならない。自分の演奏は、固定観念に縛られた、 過去の産物のようであった、ということだろうか?はたまた、極度の緊張のあまり、テンポや表情に自由さや余裕のようなものが感じられなかった、ということだろうか?そもそもクラシック音楽において、 型を破ってゆくとはどういうことを指すのであろうか?また、その必要は本当にあるのか?未だ不明である。 どうでも良いことのように思えていた時期もあったが、最近は、ずっとこの中本氏の言葉が気なっている。むしろひどく重要なことのように思えてきている。

 中本氏とは、何度かお会いしただけで、製作中の様子を拝見したり、個人美術館の二階のよく響く通路で録音をさせてもらったりと、それほど親密におつきあいをしていたわけではないが、 会うたびの印象や言葉の衝撃が非常に強かったのをよく覚えている。また、高さ3メートル程の絵を製作中の彼の形相は今でも、脳裏に焼き付いて離れない。

 自分の父の時もそうだったが、亡くなってみて初めて、本当はどういう人だったのかなどと考えさせられたりする。中本氏も自分にとってそのような人物である。中本氏と出会ったあなたも、 そう感じている1人ではありませんか?.....


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 仙台インターネットマガジン編集部 : 2000年10月05日 12:05
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/30

blank_space