宮城県知事選挙公開質問状

このカテゴリの最新記事
blank_space
2001年11月10日

宮城県知事選挙公開質問状

宮城県知事選挙立候補者
しょうじ かつひこ 庄 司 捷 彦
浅 野 史 郎 あさの しろう
柴 田 紘 一 しばたこういち

(質問の回答をいただいた順です。)



候補者




候補者については主に、新聞、選挙公報、候補者主催のホームページから紹介します。



庄司 捷彦(58歳)
弁護士
日本共産党すいせん


1943年石巻にうまれる。


仙台一高、中央大学卒。

74年に弁護士登録、
80年に石巻に庄司法律事務所を開設。

冤罪事件・労働事件など多数手がける。


歌人、みちのく赤鬼人(せっきじん)のペンネームで詩集を発行。


現在、原発の危険から住民の生命と財産を守る会会長、国民救援会県本部会長。


家族は母、妻と2男1女。




ー公約ー


*乳幼児医療費無料化


*30人学級を実現


*財政再建。


ホームページは見つかりませんでした。




浅野史郎(53歳)
知事

無現(2)

東大法学部卒。

1970年厚生省(現厚生労働省)入省。

児童家庭局障害福祉課長などを経て、
93年宮城県知事選で初当選。

97年再選。仙台市出身。


「まっすぐに、アサノらしく」


県が財政再建団体に転落する事態は絶対に招かない」
 「21世紀型豊かさの実現」
「みやぎらしい教育の確立」
「ものづくり産業再生」
「個性ある地域づくり」
「財政再建と県庁改革」


http://www.asanoshiro.org/


柴田紘一(60歳)
元高校教諭

無新



東北大工業教員養成所卒。64年教員に採用され、仙台工高教員。37年間勤務し、01年3月退職。仙台市出身

ホームページは見つかりませんでした。


質問


今回宮城県知事選挙の候補者全員に次のような質問を出しました。


(1) 8年間の浅野県政の評価する点を上げてください。


(2) 8年間の浅野県政の評価しない点を上げてください


(3) 現在、県の債務はいくらありますか。


(4) もし、あなたが当選したら、4年後の任期終了時に、県の債務はいくらになっていますか。


(5) 現在、県の資産はいくらありますか。


(6) もし、あなたが当選したら、4年後の任期終了時に、県の資産はいくらになっていますか。

回答
(柴田紘一氏からは残念ながら回答を頂けませんでした。)

(1)8年間の浅野県政の評価する点を上げてください。

(庄司捷彦 以下庄司)  唯一情報公開の推進にあたっては、この間の県の対応や条例、制度上の改善などで、全国に先んじる面があったことは事実です。しかし、それらの前進面も決して自ら進んでおこなったものではなく、仙台市民オンブズマンや県民の粘り強い追及と世論、情報公開審査会や裁判所の判断などの積み上げの結果だと言わなければなりません。
 結局こうした浅野知事の消極的姿勢が、今回の官製談合をめぐる調査結果において、重大な犯罪に結びつく事実を掌握しながら、職員、政治家の個人名や業者名を一切黒塗りにして公開しなかったことに如実に示されています。しかも、県警に対して告発どころか、資料の提出も求められて初めて提出するという姿勢は、およそ「情報公開先進県」とは言えないことを証明したものと考えます。


(浅野史郎 以下浅野)
<1> 情報公開を通して、行政の透明性を飛躍的に向上させ、 かつ県政への住民参加の基盤を形成した。この痛みを 伴う本県の取り組みは、各自治体はもとより、国をも 動かした。

<2> 保健・医療・福祉を総合的に推進する「みやぎの福祉・ 夢プラン」を策定し、障害を持っていても地域で暮ら すことができるようにする施策の推進やバリアフリー の理念を徹底させた。また、グループホームやALS への助成、在宅ホスピスの推進、そしてバリアフリー 社会形成の契機ともなるよう「バリアフリー国体」と 位置付け開催した国体を成功させた。

<3> 行政改革を推進した。不祥事を乗り越え、県民サービ ス改革や行政評価システムの導入など新しい行政スタ イルに転換させた。

<4> 勾当台会館の建て替え中止等の一方、県民サービス向 上のための県立大学の開学、県立図書館の建て替え、 子ども病院の決定など、財政再建の中でも、県民の期 待に応えた。

<5> 他県知事との連携を重視し、宮城から国を変える発言 力を持つことに努力してきた。本県を全国に発信する 成果があった。

(2)8年間の浅野県政の評価しない点を上げてください

(庄司)
 最大の問題は、県財政を「破綻寸前」にまで悪化させながら、その原因であるムダづかいにはメスを入れず、県民が必要とする暮らし・福祉・教育予算の削減によってこの危機を乗り切ろうとする最悪の県政運営に終始していることです。
 二つ目には、「福祉日本一」を公約に掲げながら、福祉予算を全国24位から42位に後退させるとともに、県立障害者施設の民営化や保育 専門学校の廃止など、県が担ってきた公的福祉部門の縮小・解体を進めるという公約違反をおこなってきたことです。また、2期目に掲げた「県立高校の授業料値上げはしない」という公約を2度にわたって反故にした責任も重大です。
 三つ目には、「地方分権」あるいは「地域から日本を変える」などと口にするものの、県民の安全にかかわる米軍演習の固定化を容認、押しつけ的な市町村の合併の推進、ゴミ減量に反する大型焼却炉建設推進、米の減反政策追随など、どれとっても国の施策の枠をでない対応をとっていることです。


(浅野)
 特になし。敢えてあげれば、これは国も他の自治体も同様の ことではあると思うが財政の見通しについての予測が的確に はできなかったことである。

(3)現在、県の債務はいくらありますか。

(浅野)
 平成12年度末 県債現在高 1兆3,033億円(普通会計決算)

(4)もし、あなたが当選したら、4年後の任期終了時に、県の債務はいくらになっていますか。

(庄司)
 我々の財政再建策の基本は、財政負担の大きい不要不急の大型開発を見直し、県民の要求実現と財政再建の両立を図ることです。その上で、新たな借金を抑制するとともに、借金返済の負担を減らすために、最高8%を含む5%以上の高利の県債を計画的に低利の県債に借り換えをおこないます。したがって、毎年着実な県債残高を縮小を図ります。

(浅野)
 今後、発行する県債については、今後の投資的経費の推移及 び地方財政制度の改正等によって左右されるものであり、明 確に4年後を推計することは不可能であるが、財政健全化の 一環として県債発行を抑制することとしており、現在よりも 低くありたいと考えている。

(5)現在、県の資産はいくらありますか。

(庄司)
 県の一般会計には、公営企業会計と違って「資産」という概念がありませんが、類似した概念としては、土地・建物などの財産、物品、金銭(基金など)等があげられます。それらの総計は、2000年3月末現在で、約1兆3136億円(『財政状況』2001年6月)となっています。

(浅野)
 約3兆円

(6)もし、あなたが当選したら、4年後の任期終了時に、県の資産はいくらになっていますか。

(庄司)
 先にも述べたように、県の一般会計には「資産」という概念がなく、それを予測することはできません。
 仮に財産や金銭等について言えば、県の財政運営は租税中心の限られた財源を効率的に使用し、県民の生活と福祉向上を図ることを目的としていますから、それらの額を機械的に予測することもできません。あくまでも上記の目的を達成するのに相応しい規模と運用を図るという以外にないと考えます。


(浅野)
 特に試算しておりません。





人気順に記事を表示する。

仙台インターネットマガジンに愛の一票を(^_^)/人気blogランキング

blank_space
投稿者 im-sendai : 2001年11月10日 05:15
コメント
コメントはまだありません。
blank_space
コメントする





保存しますか?



blank_space
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/mt/mt-tb.cgi/125

blank_space