日本酒考 2003.5.X 初出

2003年05月01日

日本酒考 2003.5.X 初出

[投稿者:大場理史]

日本に殺られる、と思った。
このままでは殺られてしまう。
ヤラれてしまう。ヤラれてしまう。
このままでは日本に殺られてしまう。

僕は最近、日本酒を非常に警戒している。
それは次の日に米麹の匂いが残るとか
記憶を失くすことが多いという事だけでは
ないような気がする。
僕の周りにも日本酒警戒派は多い。
ワインやビールは
ワイワイガヤガヤと飲んでいても
あの、独特の形状を持つトックリとオチョコが
コトリ、とテーブルの端に置かれた刹那
座は、ある種の緊張に包まれる。

何故だ、何故だ。
僕は考えた。それは日本酒が、純粋なる日本精神を呼び覚ます
からではないかと。
三島由紀夫が書ききったように
純粋なる日本精神とは
大いなる大義のために腹を切る
という行為に、象徴的に現れる。
また三島はこうも書いている。
純粋なる日本精神は、社会が近代化していく中で
次第に下層階級や地方の人々にしか
見出せなくなっていくだろう、とも。
2003年現在、三島の予言は的中している。
今時、ハラキリなどと言い出す人には
なるべく近づきたくない、というのが
多くの人の実感ではないでしょうか。

だが長い時間をかけてつくられてきた民族性は
そう簡単に消せるものではない。
時に意外な、時に危険な形で
それは顔を出す。
日本酒を舐めながら、BGMでド演歌が流れ出し
情や情けをを持ち出されたら、僕はきっと
そのまま突っ込んでいってしまいたくなるだろう。

僕はそれを非常に警戒しているのだ、と今分かった。

純粋なる日本精神を呼び覚ます、魔法の水。それが日本酒だ。

その民族の持つ特性は、食物に顕著に現れる。だから
外国へ行ったら、出されたものはゴキブリでも食べろ。
と、ある人類学者は言った。
日本の民族性は米、納豆、日本酒に現れるのだろうか。
そう考えるとやはり日本人は農耕民族なのかな、とも。
現在進められている社会の市場化、グローバル化と
いうのは、要するにアングロサクソン化のことだと僕は
考えているのですが
要は、農耕民をやめて狩猟民になれ、という要請が
社会にあふれているような気がします。

そういった中で納豆を食べて日本酒でキマって
めぐる季節に対応しているだけでは生き残れなく
なってきたのかな、とも。

ボジョレヌーボー解禁! などと
聞くと、女の子でも誘ってみんなで素敵な時間を
持とうかな、という気分になりますが
日本酒はそうはいかない。何か真剣な話になりそうだ。

ハラキリとか,桜の散る姿に感動を覚えてしまう
自分の中のどうしようもない純粋なる日本精神を
呼び覚ます日本酒。
これからの時代に対応しようと努力している自分が
壊されそうで、僕は日本酒が怖い。

神歌






仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 大場理史 : 2003年05月01日 00:00
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/51

このリストは、次のエントリーを参照しています: 日本酒考 2003.5.X 初出:

Title: ◇ 三島由紀夫の死について
Excerpt:    高校2年生の時の「文集」が出てきた。授業とかではなく、受験勉強の最中、気分転換で自主的に作ったものである。結構生意気なことを書いているなァ。 ●...[続きを読む]
From: ◆ 評価のQ&A ◆
Date: 2005.05.14
Title: 寺山修司と三島由紀夫 ~抵抗・フォルム・芸術・文化~
Excerpt: 『思想への望郷 寺山修司対談選』(講談社文芸文庫)は、良い! 私のブログの読者の方には寺山修司が好きなお方が結構いらっしゃるので、お読みになった人もいるか...[続きを読む]
From: ◇◆Essayという試み◆◇
Date: 2005.05.14
Title: 三島由紀夫(3)
Excerpt: これは直接本とは関係のない話題かも 気がついたら三島由紀夫のところに トラックバックいただいておりまして 濃ゆい三島関連ページの紹介がありました。 私の一番「...[続きを読む]
From: 虫干し映画MEMO
Date: 2005.05.14
Title: 細江英公は教えてくれた 2  「薔薇刑」
Excerpt: 先ずガツンときたのは、三島由紀夫の「薔薇刑」だ。 何の心の準備もなく頁をめくってあの写真が出てきたら、誰でもびっくりしてポカンとしてしまうのでは・・・? そこに[続きを読む]
From: かいじゅうたちのいるところ
Date: 2005.05.14
Title: 審美眼
Excerpt: 本調子でないので 家で休んでる。 休みの日だと特に一日が早い。 テレビでプラウディアのCMの 竹内結子さんを見る。 明日で「不機嫌なジーン」が ...[続きを読む]
From: 曇り時々晴れ
Date: 2005.05.15
Title: 映画化します! 【春の雪(三島由紀夫)】
Excerpt: 三島由紀夫の小説『春の雪』が、映画化することになりました。 主演は妻夫木聡君、ヒロインに竹内結子さん、監督が"世界の中心で、愛をさけぶ"の行定勲氏です。 原...[続きを読む]
From: 前田慶次郎店長のブログ
Date: 2005.05.15
Title: 神奈川近代文学館「三島由紀夫 ドラマティックヒストリー」
Excerpt: 今日は神奈川近代文学館で開催された「三島由紀夫 生誕80年・没後35年記念展 ドラマティックヒストリー」を見てきました。石川町から行けば近いのに桜...[続きを読む]
From: ドクドク、しませう。
Date: 2005.05.17
Title: 三島由紀夫「春の雪」映画化決定
Excerpt: 三島の遺作となった「豊穣の海」4部作の冒頭を飾った春の雪の映画化が決定した。 監[続きを読む]
From: 幸田回生
Date: 2005.05.20
blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space