駄洒落考 2003.5.X 初出

2003年05月01日

駄洒落考 2003.5.X 初出

[投稿者:大場理史]

というわけで
ギャグ、コント、コメディー、ユーモア、駄洒落……
いったい人間にとって笑いとはなんだろう、と
思った僕は、早速手元の三省堂大辞林を引いてみた。

ギャグ……映画や演劇などで、観客を笑わせる
ために筋と関係なく挿入される即興的な
台詞や動作

コント……短編小説。特に風刺やひねりの利いた
軽妙な短い物語。風刺に富んだ軽妙な寸劇。

コメディー……映画で緊張した場面に滑稽な場面を
挿入して緊張をときほぐすこと。
またその役を演ずる人。

ユーモア……思わず微笑させるような、上品で
機知に富んだしゃれ。

駄洒落……下手な洒落。つまらない洒落。

テレビのバラエティー番組では、結婚式や葬式のシーンがよくコントの場面に選ばれます。それは上記コントとコメディーの効果を狙ったものであろうと考えられます。
つまり、視聴者も共有できるであろう緊張した場面を設定し、そこで出演者に滑稽なことをやらせて笑いをとる。コントやコメディーは、社会的禁忌、こういった場所シーンでは普通こういうことをしてはいけない、という暗黙のルールの共有があって、初めて面白みを発生させる事ができるように思います。
最近ではそういった社会的禁忌や従来の日本社会の常識
暗黙のルールが崩れてきていて、マスメディアが一般大衆に向けて笑いをとろうとすると、どうも嘘くさく、何がおかしいの、となってしまう事が多いし、場合によっては笑われている対象がかわいそうだな、とさえ思う事があります。
1940年体制の崩壊、一億総中流社会終焉の影響はここにも見られ、普通の日本人像、がなくなってしまったため
みんなが笑えるコントやコメディーを成立させることが
非常に難しくなってきているように思います。
一人一人、個人個人で考え方や趣味、ものの感じ方が
異なる社会では、みんなが同じ対象を笑うという事が
中々できません。

でも僕はそれはおそらく進歩だと思います。
みんなが同じ対象を笑うのは楽しいかもしれませんが
笑われる対象はきっと自尊心を傷付けられていたことだと
思います。

若い人は分からないかもしれませんが
最近DVDでリバイバル発売された
オレたちひょうきん族、という番組では
みんなが笑っていたような気がします。
僕が子供の頃は、ひょうきん族を観ていないと
友達との会話に入れないほどでした。
お化け番組という言い方もありました。
日本人のほとんどが観ているロングラン番組の事です。
そういった甘い感傷に包まれた古き良き時代は
もう帰ってこないような気がします。 

ヨーロッパの政治家達のユーモア
は洗練されている、とよく言われますが
それはヨーロッパの戦争の歴史の中で
洗練されていった哀しいもののように思います。
常に一触即発、一歩間違えば戦争になるという
ぎりぎりの緊張状態の中で
気の利いた一言を言ってかわす、という術が
磨かれていったのでしょう。

小渕首相がかつて、ある国際会議で
オプチミストの小渕です、と言って失笑を買ったそうですが、それは国内的にはあたたかい駄洒落であっても
残念ながらユーモアとしては国際社会で認められなかったのでしょう。

僕は日本社会から駄洒落がなくなっていく
ような気がします。
唯一成功した社会主義国と揶揄された
あたたかい一億総中流社会が終わり
個人個人で考え方、感じ方が異なり
常にコミュニケーションに気をつけなければ
ならない、という社会が訪れると
きっと駄洒落は通用しなくなっていくでしょう。

僕もこれからは駄洒落を言う事をやめようと思います。

これがホントの……


神歌





仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 大場理史 : 2003年05月01日 00:01
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/63

このリストは、次のエントリーを参照しています: 駄洒落考 2003.5.X 初出:

Title: アメブロ:トラックバックテーマ お題 チョームカつく!!- 駄洒落
Excerpt: やはり「超」とかやたら付けて話す人。もっと嫌なのはそれにのって「チョーヨンピル」とか駄洒落を聞かすおじさんですね。(自分かもしれません。。) ・・・・・...[続きを読む]
From: あれこれ何とか好奇心
Date: 2005.06.05
Title: 同時多発ギャグ「わしのレッサーパンダも立つんやで」。
Excerpt:  直立するレッサーパンダが話題である。だが、本紙記者は、この話題が意外なところで影響し、問題となっていることを提起したい。「わしのレッサーパンダも立つんやで」 ...[続きを読む]
From: 不潔新聞関西版
Date: 2005.06.05
Title: 私は今回の寮の命名に反対します。 コンサドーレ札幌
Excerpt: ジョナサン政宗です。 先に一言、144通の中で2通この名前があったようです。この応募をした人を責めているのではなく、採用した側にいくつか問題があると考え...[続きを読む]
From: 我思う故に我あり
Date: 2005.06.06
Title: 現実的にありえない
Excerpt: 「テープ療法が効く!」という本に、こんな図がある。 「テープ療法」とは、患部をテープで固定し、治そうというものだ。 どう考えても、耳から「も...[続きを読む]
From: ヤフオクの下僕 失業したから月15万円
Date: 2005.06.06
Title: ダウンタウンへ繰り出そう♪
Excerpt: よくやりません?友達の部屋でCD物色♪おぉ!懐かしいねぇ…なんて浸りながら。したらコレ出てきた。「七色の黄昏れ降りてきて 風はなんだか涼しげ… 土曜日の夜は 賑...[続きを読む]
From: アンチ・ハレルヤ♪
Date: 2005.06.06
Title: ホリエモン出演
Excerpt: MSNによると「堀江貴文社長:4・2NHKに3時間生出演」とでました、4月2日([続きを読む]
From: 時事を考える
Date: 2005.06.06
Title: 天才たけしの元気が出るテレビ!!@IKKANチャンネル新年会
Excerpt: 俺の掲示板「IKKAN CANNNEL」の新年会。我が家で総勢14人くらいでやった。すき焼きなんかも食べてご満悦の会。 さて、今日は先日購入した 『天才...[続きを読む]
From: IKKAN王子の怪人ブログ
Date: 2005.06.07
Title: 昔の失敗
Excerpt: ブログアフィリエイトと文章 昨日「聞いて心地いいネタ」で、という記事を書きました。 その中で、「書いて気持ちいい」と「聞いて心地良い」の違いに触れなかったので、...[続きを読む]
From: アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)
Date: 2005.06.07
Title: 駄洒落を言うにも程がある?!
Excerpt: またまた「ウォーターボーイズ2」のお話。 監督は放送回ごとに変わって、その回の監[続きを読む]
From: きよふじの多方見聞録
Date: 2005.06.07
Title: 「オレたちひょうきん族 THE DVD 1985~1989 FINAL」
Excerpt: 土曜日8時を「全員集合」→「ひょうきん族」と移ったワタクシ、視聴率は更に「加トケン」に移る人が多かったようでありますが、ワタクシは「ひょうきん族」で移動を止めた...[続きを読む]
From: 「いろいろ感想文」
Date: 2005.06.07
Title: LOVE WARS
Excerpt: またしてもユーミン。これもかなり好きな作品。っていうか、「出たっ!ピンクレディーみたいな出で立ち!!」 「確か、恋に生きる女性たち...[続きを読む]
From: パンダの音楽
Date: 2005.06.07
Title: Delight Slight Light Kiss
Excerpt: J-POPに接するとたいがいの人は通る道…ユーミン。 私が中学生の頃、1988年の作品。 15年以上経ってもまだ歌詞が口ずさめるほど、当時の...[続きを読む]
From: パンダの音楽
Date: 2005.06.07
Title: 「アミダばばあの唄は桑田圭祐が作った」はトリビアか否か
Excerpt: TITLE: 「アミダばばあの唄は桑田圭祐が作った」はトリビアか否か URL: http://www.bricklife.com/weblog/000542.html IP: 210.188.248.23 BLOG NAME: bricklife.* DATE: 06/08/2005 12:58:09 AM[続きを読む]
From: bricklife.*
Date: 2005.06.08
Title: 4/19 その1 これがフジテレビの考えるネットとメディアの融合?
Excerpt: ●フジテレビ、Yahoo!ブログとの連動新番組「ブログタイプ」を4月9日開始(インプレスBroadband Watch) http://bb.watch.im...[続きを読む]
From: 木の葉燃朗の「本とデジタルと俺の日常と」
Date: 2005.06.08
Title: ノーミッソ、ピャ-ン! /「真夜中の弥次さん喜多さん」評
Excerpt: 『真夜中の弥次さん喜多さん』(2005 / 日本 / 宮藤官九郎) Text By 百恵 紳之助  先日タケシと志村ケンがテレビでコントをしておりました。あの二...[続きを読む]
From: I N T R O+blog
Date: 2005.06.09
Title: 多治家礼さんのダジャレ練習帳がラストクリスマスに登場!
Excerpt: ダジャレってやつは毒にもなるし薬にもなる。 素人が手を出すと思わぬ副作用があります。 医師の処方のもと、用法・用量を守って、正しく使いたいものです。  いえ、医...[続きを読む]
From: ■館長系 ブログ式■
Date: 2005.06.10
Title: おだぶつ
Excerpt: 田中真紀子外相が今回の参院選の応援演説にいったときに、こんな候補者の名前など知らない、などといって、結局、この候補者は落選してしまった。それで田中真紀子は周りか...[続きを読む]
From: stabucky blog
Date: 2005.06.11
blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space