♂♀ 生・性・聖 2003.6.X 初出

2003年06月01日

♂♀ 生・性・聖 2003.6.X 初出

[投稿者:大場理史]

更年期のせいでしょうか
男性も女性も、六十歳を過ぎたあたりから
独特の品が出てくる事があります。
いつまでも脂ぎっている人もいますが……。

中年のおっちゃんやおばちゃんは
どことなく厭らしい感じがしても
老年に入ると品が出てきます。

僕は人間という存在を、生と性と聖という
三つのセイで捉えようと努力していた事が
ありました。

それで、更年期を過ぎると、三つのセイのうち
性が抜けて、生と聖だけになり
品が出てくるのではないかと考えたわけです。

生と聖だけの、赤ん坊や思春期前の少年少女
それと老年の人には罪がないような気がするし
それらに該当する人を攻撃すると
社会的に非難されます。

おそらく人間にとって、性が様々な罪を
作り出すマグマなのだと無意識に
みんな自覚しているのだと思います。
罪作りな女、という言葉もあります。

赤ん坊や思春期前の少年少女、或いは老年の人が
革命を起こす、というケースはあまり考えられません。
ベビーブーマー世代が成人を迎えた頃
世界中で学生運動が盛んになったそうですが
それも性のマグマがある時点で強大になり
社会を変革するパワーとなって噴出した
と、捉える事もできます。
そして、生と性と聖、三つのセイの関係が
宗教を生み出してきたようにも思います。
かつてキリスト教の一派が、子供ができたら
去勢する、という教義を掲げた事があったらしく
それは罪の源泉である性を絶って
聖に近づこうとする文脈が背後に見られます。
社会から活力が奪われる事を恐れた時の政府が
その宗派を弾圧したそうですが
弾圧した政府の側も、社会の活力が性から来ている
と無意識に知っていたのでしょう。

確かそれはロシアだったと思います。
ロシアは変な宗教が出てくる国で
一応ロシア正教会という国教にちかいものが
あるらしいのですが
怪僧ラスプーチンという大酒飲みで女好き、という
近代の常識ではちょっと理解し難い宗教家が
出てきたり、最近ではアレフ(旧オウム真理教)が
信者を増やしたり、或いは神の問題に取り組んだ
世界的文豪ドストエフスキーを輩出したり、と
宗教的な土壌を持っているようです。

閑話休題―。
おそらく人間にとって
生・性・聖の三つのセイのうち
性の部分が社会的活力も罪も作り出す源泉である事は
間違いないように思います。
フロイトという学者のエロスとタナトス論では
性の本能と死の本能は表裏一体のものであると
されています。違ったかな?
つまり性が戦争やケンカや犯罪を生む。違ったかな?
フロイトは性にとらわれ過ぎている、という
批判がなされる事もありますが
ある面では真実を語っているように僕は思います。
女人禁制の高野山で男色が生まれたり
妻帯を許されないキリスト教の牧師が少年愛に
走ったりするのは、フロイトの理論によれば
性を絶って聖に至ろうとしたのに
聖に至れず、別の形で噴出してしまって
いる例と言えます。

前述のラスプーチンのように
大酒を飲んで性にまみれて
聖に近づいていこうとする宗教家もいますが
いずれにせよ人間は
造物主によって生・性・聖の三つの
セイの中で踊らされているような気がします。

僕の考えでは、性を絶つのも、性にまみれるのも
きっと飛ぶための手段に過ぎなくて
飛んで何処に至るのか、と言えば
飛んで生という枠組みを超えて
聖に近づくのが宗教の原型なのではないかと思います。
聖につらなるエクスタシー(脱自)体験は
きっと並みのセックスなど話にならないくらいの
快感があるはずです。
何やら危ない話になってきましたが
宗教とは本来そういう人間が持つ危険な面を
上手く処理し、人々に安らぎを与える機能で
あるように思います。
人間の生を超越した聖という概念を設定する事で
争いや痴情のもつれの絶えない生と性の
世界で傷ついた人々を救うもの……。
若い頃はギラギラしていたと言われる
作家の瀬戸内晴美さんが
出家して尼僧となり慕われている姿を見ると
宗教本来の姿を見るような気がします。
(瀬戸内さんの本はあまり読んだ事がないので
決め付ける事はできませんが)

オウム真理教は、薬物によって
宗教体験を引き起こした事もあった
ようです。
ですが、おそらく性を絶ったり
性にまみれたりしてエクスタシー(脱自)体験に
近づいていく道程の中での試行錯誤にも
何らかの価値がある、と僕は考えているので
薬物を使った安易な宗教体験は
僕的にはあまり評価できません。
我慢して我慢して、ついに来る脱自体験だからこそ
意味があるように思います。

LSDを使用すると人為的に
宗教体験を引き起こせる、とも言われていて
体験者に話を聞くと
その時は天才になったような気がするけど
薬の効果が切れるとビジョンは
消えてしまう、そうです。

今日はとりとめのない話になってしまいましたが
生と性と聖、そしてその土地の風土。
自然と人間のかかわり、を、上手く処理して
提出できた宗教が、キリスト教、イスラム教
仏教、と、世界宗教たりえているような気がします。
そういった中で、僕は最近神道に注目しているのですが
神道に関係した凄い小説を書けたらいいな、と思って
います。
ついでに今日は、瀬戸内晴美さん、寂聴先生の凄さも
あらためて確認しました。


-♂♀ 生・性・聖-


ラスプーチン―その虚像と実像


神歌




仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 大場理史 : 2003年06月01日 00:00
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/68

このリストは、次のエントリーを参照しています: ♂♀ 生・性・聖 2003.6.X 初出:

Title: ヘルボーイ
Excerpt: ヘルボーイ観ました!半漁人リアルだった。←本物見たことないけど(笑 てか、ヘルボーイ役の、ロン・パールマン …   メイクして...[続きを読む]
From: ヲイラのだいあり?
Date: 2005.06.20
Title: イソフラボン
Excerpt: はじめまして。セルメディと申します。 このたびはトラックバックありがとうございました。 今後とも宜しくお願い致します。[続きを読む]
From: ☆健康生活応援ブログ「セルメディ」☆
Date: 2005.06.20
Title: ヘルボーイ
Excerpt: 第二次世界大戦末期、敗色濃厚なナチスは起死回生を狙い、妖僧ラスプーチンと手を組み異界から邪悪な神を召喚しようと計画していた。そしていよいよ計画が実行に移されよう...[続きを読む]
From: impression
Date: 2005.06.20
Title: ヘルボーイの予告
Excerpt: 映画【ヘルボーイ】の予告からラスプーチンが消えたような気がしますが、どうなんでしょう? 巨根だから? ラスプーチンの男根をわざわざ保存しておくロシア...[続きを読む]
From: セレブまがい
Date: 2005.06.20
Title: 鬼畜大宴会
Excerpt: 最近映画監督を多く輩出している大阪芸術大学というカテゴリーで2本借りる。1本目は熊切和嘉監督作「鬼畜大宴会」。 今現在ではなく、舞台を過去(もしくは...[続きを読む]
From: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Date: 2005.06.20
Title: 更年期障害の方にビュ-ティアップ
Excerpt: MAP酵母の働きでホルモンバランスを整え、 バストアップや肥満解消に効果的な栄養...[続きを読む]
From: お役立ちリンク集【プロの道具屋さん】
Date: 2005.06.20
Title: Gyaoで韓国ドラマ「サラン」を見る
Excerpt: トラックバックありがとうございます。 私のブログにトラックバックをいただけてうれしいのですが、ただ何故この記事にトラックバックなさったのかがわかりません。 勘違...[続きを読む]
From: 待つ人のブログ 〜アフィリエイト、コンピュータ、意見など〜
Date: 2005.06.20
Title: 今はアーレフじゃなかったっけ?
Excerpt: オウム信者の給与、教団資金に?経理担当が口座管理(讀賣新聞) 他人の会社を名乗っちゃいけないよな。 私はカソリック信者であったが、教会の考え方...[続きを読む]
From: 日々思ふこと
Date: 2005.06.21
Title: 反日デモ〜遊離したエリートたち〜
Excerpt: 村上龍のJMMは、海外からのレポートを独自に配信しています。今週は、中国のふるまいよしこさんが反日デモを「おちゃらけ」と断言している文章が面白かった。[続きを読む]
From: Espresso Diary@信州松本
Date: 2005.06.21
Title: 創価学会、これ如何に?
Excerpt: はいどうも、今日も今日とて自分で設定した就寝限界時刻(=この時間までには絶対寝るぞ!と決めた時間)を過ぎ、いつまで経っても規則正しい生活は愚か、人間としての生活...[続きを読む]
From: 使用上の戯言・本店
Date: 2005.06.21
Title: マシニスト
Excerpt:   「マシニスト」  ★ネタバレあり★   監督:ブラッド・アンダーソン   出演:クリスチャン・ベール   スペイン=アメリカ 2...[続きを読む]
From: 月影の舞
Date: 2005.06.22
Title: 精神分析入門 ☆☆
Excerpt: 今やフロイトの学説の誤りは常識になっているものの、やっぱり精神分析の御大家ということで、若い頃にに読んだ本をもう一度ひも解きました。あの当時は夢中で読んだんです...[続きを読む]
From: 読書感情文
Date: 2005.06.22
Title: 桐野夏生『魂萌え!』 還暦を越えたオジサンのための「愛妻家入門』
Excerpt: いつでも、どこにでも灰色のビジネススーツを着ていくような、まじめで実直だけがとりえの、平凡なサラリーマン、定年退職後、ゴルフと蕎麦打ちを楽しみ、健康診断も欠かさ...[続きを読む]
From: 日記風雑読書きなぐり
Date: 2005.06.22
Title: 【治療共同体】性犯罪者の再犯を防ぐ手立て
Excerpt: ■幼い女の子を対象とした性犯罪が頻発している。 何らかの対策が必要である。 ■その一つとして一般に言われているのが、出所後の住所情報を地域住民に詳らかに...[続きを読む]
From: あさってのほうこうBlog
Date: 2005.06.22
Title: V.E.フランクル  『The Doctor and the Soul』
Excerpt: これが私の予習風景。 タイトルにもある本を必死で訳していました(授業は英文で進められます)が、2時前に途中放棄。 原因=難しい だからと言ってやらな...[続きを読む]
From: diario
Date: 2005.06.23
Title: フロイト「精神分析学入門」
Excerpt: 精神分析学入門〈1〉中央公論新社このアイテムの詳細を見る (本当は、新潮文庫の「精神分析入門(上)(下)」をご紹介したかったのですが、「画像」が出ませんでした...[続きを読む]
From: 戯言家 : 桐鳳柳雨 【30秒で30cm幸せに近づくコトバ】
Date: 2005.06.23
Title: 他人を殺すか、自分を殺すか
Excerpt: 他の人を殺す「殺人」も、自ら命を絶つ「自殺」も、その元となる部分は同じだという話を聞いたことがあります。 つまり、自分が現在感じている耐え難い苦痛から逃れるた...[続きを読む]
From: 戯言家 : 桐鳳柳雨 【30秒で30cm幸せに近づくコトバ】
Date: 2005.06.23
Title: 「思わない→思う」と、「思う→実行する」の差
Excerpt: この頃、「思わない」ことと「思う」ことの差と、「思う」ことと「実行する」ことの差が小さくなってきたように思います。 例えば、魅力的な女性を見て「良からぬ妄想...[続きを読む]
From: 戯言家 : 桐鳳柳雨 【30秒で30cm幸せに近づくコトバ】
Date: 2005.06.23
Title: 「人類」はどこに向かうのか?
Excerpt: 先日、関西の小学校で発生した悲惨な事件…。 亡くなられた先生に心からお悔やみ申し上げると共に、肉体的・精神的に被害を受けた方々の、1日も早いご回復をお祈り致し...[続きを読む]
From: 戯言家 : 桐鳳柳雨 【30秒で30cm幸せに近づくコトバ】
Date: 2005.06.23
Title: 大阪市大平光代助役よ、尼寺へ行け!
Excerpt:  もはや、関市長の辞任は秒読み段階であるが、そんなことより問題は大平光代助役である。記者会見の様子をニュースで見たのだが、あの顔は尋常ではない。人間...[続きを読む]
From: 不潔新聞関西版
Date: 2005.06.23
Title: 人は他の人を幸せにする為に生きている。
Excerpt: 今日朝寝る前に見た目覚ましテレビで、瀬戸内寂聴さんの、 住職として最後の青空説法の様子が放送されていた。 寂聴さん天台寺住職退任(朝日新聞) ...[続きを読む]
From: ATSUKII in my heart
Date: 2005.06.23
Title: 生きることば/「瀬戸内 寂聴」さん
Excerpt:   朝のTV番組でのひとコマ。「瀬戸内寂聴」さんからの一言。  − 朝起きたら、「プラスイメージ」 して下さい。 − ...[続きを読む]
From: Michi-kusa
Date: 2005.06.24
Title: 次々と続報!わいせつ牧師
Excerpt: 次々と永田牧師の犯罪が明らかになっている。 4/6のブログに続報を2件載せたが、全然追っつかない。 資金繰りが厳しかったというから、もしかしたら裏ビデオの販売も...[続きを読む]
From: ◆ちょっとHな事件簿◆
Date: 2005.06.24
Title: 聖神中央教会レイプ事件に京都府は真面目に取り組む気があるのか?!
Excerpt: 性犯罪報道全般 聖神中央教会レイプ事件についての報道を引き続きお伝えしよう。 暴行否定の念書書かせる 教会幹部、隠ぺい工作か (共同通信)  京都府八幡市...[続きを読む]
From: 随想録とメモランダム ver.2
Date: 2005.06.24
Title: 部分的映画化
Excerpt: ドストエフスキーの「悪霊」の(正確に言うと完成作品からカットされた)「スタヴローギンの告白」の章を読んで、スタヴローギンが少女を犯して自殺に追い込むという内容が...[続きを読む]
From: prisoner's BLOG
Date: 2005.06.27
Title: 本とDVD「A」 & 本「アンダーグラウンド」
Excerpt: ■森達也「A」(本&DVD) 修行の様子やサティアンの中を撮らせろとかの依頼は毎日のようにありますけど、私たちを素材にドキュメンタリーを撮りたいと申し込ま...[続きを読む]
From: とくみつ録
Date: 2005.06.28
Title: 男性更年期障害
Excerpt: 男性に更年期障害があるとは、知らなかった・・。医療人なのに恥ずかしい。今日何気にラジオで流れていることに耳が釘付けになりました。 「頭が重い」「肩や背中が...[続きを読む]
From: ななこのひとりごと
Date: 2005.06.30
Title: 誰かひとり
Excerpt:  誰でもいい、自分のまわりの誰かひとりを幸福にする人間になってください。そういう使命をもってこの世に送り出された自分という人間に誇りをもってください。 b...[続きを読む]
From: 真知即行〜自分でやってみなきゃ分からない♪
Date: 2005.07.14
Title: 逝きし日の面影
Excerpt: 逝きし日の面影 著者 渡辺京二 発行 葦書房[続きを読む]
From: 映画・読書
Date: 2005.07.17
Title: フロイト=無意識
Excerpt:  心理学を勉強していた時に、「フロイト=無意識」(フロイトは行動の真の原因を無意識にあるとした。)と機械的に覚えていたのですが、これでは何のことか分かったような...[続きを読む]
From: 健ニィ's blog
Date: 2005.08.23
Title: 現代心理学考 2003.6.X 初出
Excerpt: 本当にそれは恐怖で 僕は背筋が冷たくなる思いがしました。 人類の知はここまで来て...[続きを読む]
From: 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
Date: 2005.09.08
blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space