マリリン・マンソン VS ニーチェ 第一戦 2003.6.X 初出

2003年06月01日

マリリン・マンソン VS ニーチェ 第一戦 2003.6.X 初出

[投稿者:大場理史]

いきなり
ROCK IS DEAD !
GOD IS DEAD !
GOD IN THE TV ?
ハレルヤ・マザーファッカー !!!

と、アメリカの人気? ロックバンドグループ
マリリン・マンソンのボーカル
ブライアン・ワーナー氏は叫んだのです。
僕は圧倒されてしまいました。

ロック好きの友人に進められて
せっかく進められたのだから、と
僕は何気にマリリン・マンソンのCDを何枚か
聞いてみたのですが……凄い。
どう凄いのか。
凄い。
だからどこが凄いのか。
凄い。
だからどこがどのように凄いのか。
凄い、といった感じなのです。
特にアンチクライストスーパースターという
アルバムが最高に凄くて
もう破壊衝動120パーセント。
衝動直結激烈怒涛爆音専門で突っ走る、といったノリ。
気の弱い僕でさえも、聞いているうちに興奮してきて
何か凶悪な気分になってしまうようなものでした。

おそらくロック史のみならず
クラシックから雅楽、全音楽史を通して
これほど破壊的な音楽はなかったのではないか
と思います。
こんな音楽はかつて地球に存在しなかった、と
思ったら
GIVE ME A EARTH !
という叫びも入っていました。
地球を俺によこせ !
僕も言ってみたいぜ
GIVE ME A EARTH !

ちなみにマリリン・マンソンという
バンド名は、かつてのアメリカのセックスシンボル
マリリン・モンローと、アメリカの劇場型連続殺人犯
チャールズ・マンソンの名前を合体させたものらしいです。
両者ともアメリカの大衆文化が生み出した悲劇の象徴。
アメリカの闇を最も抽出している、と
批評される事もあるこのバンドには
ふさわしい名前なのでしょう。
マリリン・マンソン。

アメリカの学校で起こった殺人事件が
マリリン・マンソンのアルバムのせいに
された事もあるらしいとの事。
歌詞を上手く聞き取れない日本人の僕が聞いても
これだけ気持ちを掻き立てられるのだから
それも分かるような気もする。
多感なティーンエイジャーには危険な音楽かも
しれません。毒がある。
そもそもキリスト教国で
アンチ・クライスト・スーパースター、と
名乗るのだから凄い。

で、僕は
GOD IS DEAD ! とか
GOD IN THE TV ? とか
ハレルヤ・マザーファッカー !!!
という叫びを聞いて
あ、ニーチェだ、と思ったのです。
ニーチェというのは
19世紀末にヨーロッパで神の死亡宣言を行った
ドイツの思想家というか哲学者です。

ニーチェみたいだな、と思って
マリリン・マンソンに興味を持った僕は
一番町のHMVにトコトコ出かけて
マリリン・マンソン関係の雑誌を
探ってみました。
あったぞ。
マリリン・マンソンの言葉、という小冊子。
ページを開いてみて僕は驚いた。

マリリン・マンソンはニーチェを読んでいたのだ!


マリリン・マンソン VS ニーチェ 第二戦へ続く。
http://www.im-sendai.jp/archives/2003/06/20036_3.html

神歌





仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 大場理史 : 2003年06月01日 00:00
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/72

このリストは、次のエントリーを参照しています: マリリン・マンソン VS ニーチェ 第一戦 2003.6.X 初出:

Title: くもり
Excerpt: 朝から空も私もくもり。 こんな日はR357をどこまでも走りたくなるね・・・ そして聴くのは マリリン・マンソン。 ?なんでって? 私にと...[続きを読む]
From: roy... のひとりごと
Date: 2005.05.31
Title: マリリン繋がり
Excerpt: マリリン・モンロー繋がりで、マリリン・マンソンです。どこが?って?ちゃんと繋がっているんですよ♪マリリン=マリリン・モンローから、マンソン=殺人者、チャールズ・...[続きを読む]
From: Myfavorite
Date: 2005.07.12
Title: 『画廊喫茶』 マリリン モンローは永遠に
Excerpt: マリリン モンロー 本名 ノーマ・ジーン・ベイカー 生年 1926・6・5 作品 「ナイアガラ」「七年目の浮気」「お熱いのがお好き」etc・・・ 「...[続きを読む]
From: ☆ライブドア的☆ フェロー日記!
Date: 2005.07.12
Title: 70年代ブリティッシュ・ハード・ロック
Excerpt: 「レコード・コレクターズ」5月号の特集は、70年代ブリティッシュ・ハード・ロック[続きを読む]
From: 千種通信
Date: 2005.07.17
Title: Nietzsche(ニーチェ)
Excerpt: Political Theory最後の課題「ニーチェ」を理解するのに大変苦労している。 (英語の「ニーチェ」は、私には「ニチー」と聞こえる。) ドイツ語から英語...[続きを読む]
From: 30過ぎて留学生になった
Date: 2005.07.24
Title: Smells Like Children/ Marilyn Manson マリリン・マンソン
Excerpt: Smells Like Children/ Marilyn Manson マリリン・マンソン Smells Like Children [EXPL...[続きを読む]
From: 洋楽サイトT.C.BLOG
Date: 2005.07.27
blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space