お釈迦様の手のひらの上を駆け回っている孫悟空 其の三 西洋近代思想と仏教唯識論 2003.7.X 初出

2003年07月01日

お釈迦様の手のひらの上を駆け回っている孫悟空 其の三 西洋近代思想と仏教唯識論 2003.7.X 初出

[投稿者:大場理史]

西洋の近代哲学はその後、フロイトやユングという
学者が、我思う故に我あり、の下には実は
潜在意識や集合的無意識という世界もあるのだ、という
事を発見していきます。
それらはいかにも世紀の大発見として
書かれる場合が多いのですが
仏教の唯識論はずっと昔に
我思う故に我あり、に対応する六識の下には
フロイトの潜在意識に対応する未那識(まなしき)があり、ユングの集合的無意識に対応する阿頼耶識(あらやしき)があるのだとしています。
それを知り合いの画家さんに話してみたら
人間の心の構造なんて昔からそんなに変わらないんだぜ、と言われてしまいました。
確かにその通りかもしれません。

人間の心の構造なんてお釈迦様の昔からそんなに変わらなくて、違っているように見えるのは
吹き込まれた情報や、育った環境の違いによるのかも
しれません。それとほんのちょっとのDNAの違い。

世代間のすれ違いも異文化間のすれ違いも
それは吹き込まれた情報や育った環境や
ほんのちょっとのDNAの違いであって、みんな人間なのだから、心の基本的な構造はそんなに変わらないのかもしれません。

そうなると教育ってやっぱり大切だな、となります。
それとメディアの役割も大切だな、と。

現代の子供達の心が壊れているのなら
それは子供達の心に吹き込まれる情報や
子供達が住んでいる環境が壊れている、という事になります。
それでなければ子供達のDNAがちょっと壊れているとか!?
だって人間の心の構造なんてお釈迦様の昔から
そんなに変わらないのだから。
詩人の相田みつをさんの、人間だもの、は名言です。
ちなみに相田みつをさんは仏法を学んでいたらしい……なんたる事だ。

僕はこのエッセイで何度も仏教の唯識論は凄い、と
書いていますが、別に仏教関係者からマージンを
頂いているとか、突っ込んで仏教の
勉強をしたというわけではありません。
ただ仏教の思想体系というものを
ちょっとかじってみただけでも
そこには近代科学や近代哲学の発見とされるものが
既にあったりして、単純に感嘆してしまうわけです。
なんだそんな昔から知られていたのか、と。
そしてその頂点に立つお釈迦様というお人は
いったい何者だったのだろう、と。

近代というのは産業社会の生産性を
飛躍的に高めて人々の生活を
豊かにしてきたので
どうしても人類史の中で最も素晴らしい
特権的な時代なのだ、と評価されがちですが
本当にそうなのだろうか、と僕は思ってしまうわけです。

僕達はお釈迦様の手のひらの上を
駆け回っている孫悟空に過ぎないのでは
ないだろうか、と。

-お釈迦様の手のひらの上を
 駆け回っている孫悟空-(完)

神歌





仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 大場理史 : 2003年07月01日 00:00
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/130

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space