怪獣考-やはり芥川龍之介は凄い- 2003.7.X 初出

2003年07月01日

怪獣考-やはり芥川龍之介は凄い- 2003.7.X 初出

[投稿者:大場理史]

中国と韓国の国境の湖で約20頭の怪獣が
目撃されました、というニュースが最近ありました。
複数の観光客が目撃したそうです。
一部では、ドラゴンではないか、と
盛り上がっています。
ちなみにネス湖のネッシーは嘘だったという話です。
さて今回は本物なのだろうか。
僕はちょっと興味があります。

僕の友人に、UFOを見た、と言って
譲らない人がいるのですが
僕が、嘘だろう、と言うと
ホントだって、一緒にいた友人も
見たんだから、と言い張ります。
一緒にいた友人も見たんだから、という
ところに妙な説得力があります。

怪獣にしてもUFOにしても
そういった怪異なものを複数の人が同時に見ると
いう体験とは何なのだろう。
きっと当事者達にとっては事実なのだろう、と
僕は思います。
だって見たのは自分一人ではないという事なのだから。
でも何か腑に落ちません。
何だろう、何だろう……と考えた僕は
芥川龍之介の、その名も、竜、という短編を思い出しました。

ある法師が、○月○日に湖から竜が昇る、と
ホラを吹いて湖の前に立て札を立ててみたところ
無知で無垢な村の衆がそれを信じてしまい、竜が
昇る、というその日に湖の周りに多くの人が集まって
しまった、という話。そして、竜が昇る、とホラを仕込んだ当の法師も今さらホラだとも言えなくて
湖の周りの様子を見ていたところ
突然雨が降り始め、神鳴りが落ち、どうしたと
思ったところ、湖から竜が現れ、天空に昇って
いってしまったとの事。そして、竜が昇る、という
ホラを仕込んだ法師もぶったまげたとさ、という話。

芥川自身は駄作だとしていたようですが
僕はそんなことはないのでは、と今思いました。
UFO問題やネッシー問題の本質が
よく表れている普遍的な小説のように思います。
芥川龍之介は大正時代に既に
UFO問題もネッシー問題も
予見していたのではないか、と。
やはり芥川龍之介は凄い、と
僕は思いました。

怪獣、いたりして。

怪獣考-やはり芥川龍之介は凄い-

神歌




仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 大場理史 : 2003年07月01日 00:00
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/126

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space