ル京詩世VS月光仮面

2003年07月20日

ル京詩世VS月光仮面

[投稿者:仙台インターネットマガジン編集部]

世には、私の他にも、正義の味方はいるやうだ。
そのうちの一人、月光仮面さんを今日は紹介ス。
彼を紹介しているHPから、月光仮面さんについて、私が知り得た事をここに記ス。

そのHPに拠ると、

月光仮面さんはこの前の自民党大会に参加していたらしい。
しかも、「国民にもっとわかりやすい政治を!」と書かれた、プラカードを持って、突っ立っていたらしい。
しかも、迫力ある右翼の方十数名が、スピーカーで怒鳴っているすぐ隣で、
弱々しく一人で、けなげに、突っ立っていたらしい。
しかも、プラカードは折り畳み式のものだったらしい。
どうやら、月光仮面さんは無党派らしい。

ちょっとした小競り合いが終わって、このHPの制作者が好奇心から、
月光仮面さんに、インタビューをしたという。
その印象の抜粋から、

第一声が関西弁だったらしい。
月光仮面さんは新幹線に乗って、東京までやってきたらしい。
仮面の隙間から、可成りの白髪を覗かせていたらしい。
いわゆる団塊の世代らしい。
現在は独身らしい。
その事をふまえて、「では以前、結婚していたのですね?」と聞いたら、
「プライバシーに関するんで」と言って、やんわり、コメントを控えたらしい。
具体的な活躍として、
サッチーの学歴詐称の告発と、
野村監督の解任要求があるらしい。

ただ、月光仮面さんにも弱点があるらしく、
情報機器を持たないいわゆる情報溺者(デジタルデバイド)らしい。
パソコンはもとより、携帯もFAXも持ってないので、
月光仮面さんとのやりとりは、月光仮面さんからの手紙か電話を待つのみらしい。
HPの説明をして、「HPをボランティアで作りましょうか?」と提案したら、
「是非お願いしたい」との謙虚な答えが返ってきたらしい。

インタビューの途中に「一緒にお食事でもどうですか?」と誘ったら、
「マスクを取ると、顔がわかってしまうから」という理由で、お断りなさったらしい。
ゆえに、昼の12時前から夜の7時まで、約7時間も飲まず食わずで、突っ立っていたらしい。


このHPに掲載されていた、月光仮面さんの印象の言葉の断片を繋ぎ合わせて、
その全体像を想像した私は、抑えきれない衝動を感じた。

胸が切なくなった。
弟子にしてもらいたいと思った。
手紙を書かなければならないと思った。

僕は、あなたが大好きです、と。

2003/07/20


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 仙台インターネットマガジン編集部 : 2003年07月20日 01:14
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/141

blank_space