仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで

2003年10月01日

太陽が燃えている 2003.10.X 初出

日本が屈辱の敗戦から不死鳥のように 起ちあがり、戦後復興から高度成長へと 向かっていた1970年に開催された 日本万国博覧会。 僕はまだ生まれていませんが それはきっと韓国におけるソウルオリンピックや
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

情熱の薔薇(4) 2003.10.X 初出

と、だいぶ話が逸れてしまいましたが 日本人は何故か、みんなと一緒、になりたがるので 戦争も経済戦争も、一度流れが決まると 修正が効かなくなってしまうのだ、という話なのであります。 そしてマイノリティー
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

情熱の薔薇(3) 2003.10.X 初出

僕は以上見てきたような、社会の敷いたレール、に乗らないで、中学・高校とも全く勉強せずに、NBA選手目指してバスケットボールばかりしていたので 社会が敷いたレール、に乗せられて受験勉強ばかりしている同級
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

情熱の薔薇(2) 2003.10.X 初出

僕が紅顔の美少年だった頃 つまり僕が、中学生や高校生だった頃は 悪名高い、管理教育、が全盛でした。 学生服の丈が短いといって停学になったり バイクの免許を取ったのがバレて 退学になったりしている同級生
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

情熱の薔薇(1) 2003.10.X 初出

卵のなかみ、を書いてきて分かったのは かつて、社会が敷いたレール、と呼ばれていたものの正体は、要するに、20世紀後半における、大量生産・大量消費型の経済世界にあって、日本が経済成長を果たすために必要と
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

平成おじさん 2003.10.X 初出

現在の日本社会では信じられない事が 次々と起き始めていて 電話や郵便、道路といった戦後日本の成功を 支えてきた業界が、次々とその歴史的役割を 終えようとしています。 明治からさかのぼれば、これに鉄道も
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

手のひらを太陽に 2003.10.X 初出

ここ、仙台市青葉区北山という場所は 仙台市中心部まで自転車で10分という場所にありながら やたら自然に恵まれた場所で、巨大なカエルさんが出る、という事で有名な場所でもあります。 僕は何度も、その噂の巨
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

皆殺しのメロディー(2) 2003.10.X 初出

もうだいぶ昔の話のように思えてしまいますが アフガニスタンのタリバン政権による バーミヤンの大仏破壊を 多くの日本人は、先進国、の一員として 非難したわけですが 果たして日本人はタリバン政権を非難でき
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

皆殺しのメロディー(1) 2003.10.X 初出

現在の、靖国神社、に代表される 国家神道、というのものは、明治期に行われた 廃仏毀釈(仏教を捨てる)によって 誕生したものであります、という事は 以前にも書きましたが それが現代においても、いわゆる、
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

ゆりかごから墓場までバカ野郎がついて回る 2003.10.X 初出

少子高齢化社会を打開しようとする アプローチの一つなのだと思いますが 最近、若者よ、もっとセックスしろ! 的 過激な発言をお偉方からよく聞くようになりました。 でもかなり過激な発言です。 若者よ、もっ
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(5) 2003.10.X 初出

そもそも小説が進化してきた、というよりも 小説は時代を書いているわけなので、その時代の側が変化しているだけだったりもします。 川端康成のノーベル文学賞受賞は、日本のオリエンタリズムが世界に認められたわ
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(4) 2003.10.X 初出

折口信夫翁の国文学の発生からズラズラと 小説とは何か、という事を大きく考えてきました。 このラインで考えてみると、古事記や日本書紀といった、大説、と個人の精神の葛藤をオーバーラップさせた中上健次さんの
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(3) 2003.10.X 初出

日本ではかつて、私小説、という分野の小説が 大変盛んで、文学と言えば、私小説、といった認識が 今も残っていたりしますが、私小説が喜ばれる、というのは日本独自の文化だったようです。 かつての日本の私小説
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(2) 2003.10.X 初出

小説とは何か。 手元の三省堂大辞林によると 坪内逍遥が、小説神髄、で、ノベル、の訳語として 小説、を用いた、とあります。 僕は少しガッテンしました。 国文学の世界において、官を大とし 民を小とする、官
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(1) 2003.10.X 初出

小説とは何か? と、いきなり大きく出ましたが 僕は小説家を目指していながら こういった基本的な問いを今まで 疎かにしていたのであります。 それで先日、折口信夫という国学者の、古代研究Ⅲ 国文学の発生(
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

ポップなお地蔵さん(2) 2003.10.X 初出

某消費者金融のTVCMに出てくる とてもポップなお地蔵さん、お自動さん、とは いったい何者なのだろう、と僕は思うわけであります。 生活苦で地獄に落ちてしまった衆生を お自動さん、は、あまねく平等に救っ
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

ポップなお地蔵さん(1) 2003.10.X 初出

お釈迦様は、偶像崇拝はいけない、としていたそうです。 つまりお釈迦様は、特定の偶像を拝んではいけいない、としていたのです。 僕は何故か、どういうわけか、どういう巡り合わせか 今日はお地蔵さんの話を書い
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

テクスト 2003.10.X 初出

本文(テクスト)、という形で、前回のドン・キホーテのエッセイの中で書き流してしまいましたが 文学の世界にどっぷりとつかって抜けられなくなってしまった気の毒な人達は、作品として提出された本文、テキスト、
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

ドン・キホーテ(2) 2003.10.X 初出

仙台では今のところディスカウントストア、ドン・キホーテを見かけませんが、僕は札幌に行った時に一度ドン・キホーテなるのものを見かけて、中々面白い店だな、と思った事を覚えています。 ディスカウントストア、
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

ドン・キホーテ(1) 2003.10.1 初出

ドン・キホーテ。 これはセルバンデスというスペインの作家が書いた 小説のタイトルです。 世界の古典文学集などには 必ず入っているという所謂、名作、です。 ドン・キホーテというタイトルは この小説の主人
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック
ads
blank_space