« 2003年11月 | メイン | 2004年06月 »

2003年12月 アーカイブ

2003年12月11日

自画像


ええ。ええ。どうやら僕は本当に中途半端な知識しか持ち合わせていませんが、これでもたいがい大事なことは知っているつもりですよ。
それでいて、知らない振りをしているのだよ。
何故そんな不自然なことをするのか僕にもよくわからないけど、それはある種の強烈な自己防衛かもしれないよ。
意味のあることだけをやろうとしても駄目だよ。意味のありそうな事ばかりを追求して、言葉を選び、無駄話を極力排除して、それが「誠実」ということなのではないか、なんて考えながら生きていたら、僕みたいな不自然な話し方を喋るような人間になってしまうよ。
それはもう実証済みだから、絶対にそれだけは回避した方が賢明だと思うよ。

実際、意味のないことの方が重要だという気がしてきたよ。いわゆる「お喋り」を女性はよくするけど、彼女たちの本能の優秀さには驚かされるよ。
彼女たちは絶対に自分の身体を粗末に扱うようなことはしないよ。それは彼女たちが正直に彼女たちなりの正解を選び取る術を知り尽くした素直な動物性を備えているだからだと僕はいま考えているよ。

僕みたいに人に意見されたことを全部鵜呑みにして、それを包括しようなんて無謀な慢心を抱き始めたら、本当に心も体もおかしくなってしまうんだよ。
美智子様みたいに言葉が声に出なくなってしまうんだよ。飲酒しなくても、吐く事もあるみたいだよ。自分の限界を知り、「防御」という言葉もこともよくよく理解しなければ駄目だと思うようになってきたよ。今頃になってそんなことに気付いたんだよ。元来、馬鹿なんだよ。そんなわけだから会社の方も遅刻しっぱなしだよ。上司はもう怒りを通り越して、なんだか奇妙な可笑しさを感じているみたいだよ。出社時間の一時間前に会社からモーニングコールが掛かってくることもあるんだよ。

僕みたいに理論的に考えるのが苦手な人間はどうやらそれ なり のやり方を見つけていくしかないみたいだよ。正統の進化から、敗北して、横道にずれるしかないのかもしれないよ。ナマケモノの種に近いのかもしれないし、枝分かれだよ。世の中に伝えたいと思えるべき事と伝えたくないべきものがあるとするなら、僕の眼球には、伝えたくないことの方が多く映ってしまうんだよ。
僕は何も自分の無能さを棚に上げてアカデミズムを批判したいわけでもないし、「思考停止」を促したいわけじゃないよ。もっと出来る人には考えてもらいたいぐらいだよ。実際、学者という職業に就いている知人も数人いるけど、僕は本当に彼らを尊敬しているんだよ。でも、僕なりの仕事もあるのではないかと僕は思いたいだけなんだよ。それはいわゆるレーゾンデーテルかもしれないよ。それが古くさいやり方だということも承知してるけど、そのやり方でなければむしろ届かないこともあるのではないかという僕なりの読みもあるんだよ。
また青臭くて抽象的なことばかり話して!と怒るかもしれないけど、少し背負って、曖昧でも下手でもいいから、自分なりに捉えて、言いづらそうにもがいてる姿、もしくはその沈黙そのものに、「なにかたいへん重要で健全な」なにかが含まれていることがあるかもしれないと思っているんだよ。話をしていて本当にその人と会話をしているのか判らなくなるときが僕にはあるんだよ。それが孤独と繋がっているんだよ。全ての病いや罪は孤独から発端しているのではないかとさえ考えるときがあるよ。そういう意味では魂(ソウル)かもしれないよ。ソウルミュージックを奏でながらソウルを持ってない人もいっぱいいると聞いたけど、なかなか現代では難しいみたいだよ。忙しくて自分のソウルを何処かに忘れてきてしまうことがあるようだよ。僕だって自分が何を言いたいのかよくわからなくなる切ない夜がいっぱいあるよ。そんな夜はアダルトビデヲ観て、放心状態だよ。似たような行為をしたくなってしまうという悲しい性も僕にはあるみたいだよ。そんなことを平気で女の子に告白するから嫌われるみたいだよ。
自己分析をした結果、子供の頃から、人の話を聞かないで、話している人の目とか雰囲気なんかを探ってしまうという性質も僕にはあるようだよ。まさに其処にこそ真実らしきものが隠されているかのようにね。親に「猜疑心」というあまり建設的でない記号を遺伝的に授かってしまったのかもしれないよ。これは僕のまたもや勝手な推論だけど、一人の人間は遺伝子の配列の、最後の一文字ぐらいしか、付け加えられないのではないかと考えるようになったよ。これのいいところは謙虚が生まれるところだよ。もちろん何世代にもわたって長い間培われてきた、一個一個が自分に刻まれているから人は複雑なんだと思うけど、だから、どうせたった一ヶならば、「暴力」の衝動とか、「権力」の保持とか、といった文字を刻むより、それぞれの人間がそれぞれ善性だと思えるようなワン・レターを自分は刻みたいと願っているよ。
ええ。批判していると思いきや、自分が劣悪な単語の流布の本人となっている可能性もあるのだから本当に気を付けなくてはならないし、そこにまた個人の伝達の限界も感じるよ。しかし、社長が社員全員の顔と名前ぐらい覚えていられないぐらいの大きすぎる企業は危険だよ。

確かに善悪の判断は一概には言えなくて、体内に収まっているうちは「善」なのに、排泄された瞬間から「悪」にされちゃう物もあるし、戦時中では「リーガル」なのに、終戦の瞬間から、「イリーガル(非合法)」になっちゃうものもあるし、深夜の公園でやると、「痴女」だが、ステージ上でやると、「女優」になっちゃうものもあるし、医者に話すと、「分裂」と診断されるのに、絵に描いたとたん、「芸術」になっちゃうものさえあるらしいから、本当にこれはもう千差万別で、「動機」は正義だが、「効果」が悪になってしまう事もあったりするので、慎重に事を進めていかなければいけないと考えているのだけれども、そんなことをしていると、文章力学の方法論上、「悪文」となってしまうんだよ。
なのでここはひとつ、細かい事は許してもらって、少し乱暴でも、さっき並べた単語を「悪」と仮定させてもらい、大いにモチベーションあげて、書きたいが、もう既に、「優しくない」という正義らしからぬ状態の文章に陥ってしまっているので、僕はまた弱気になってきたところだよ。

色々言ってきたけど、僕は、なにひとつとして新しいことを言えていないみたいだよ。ほとんど借り物の知識や形式しか繰り広げられてないみたいだよ。僕がやっているのは先人のソウルの繰り返しだよ。でも、自分が良きと思われるソウルは何遍でも繰り返した方がいいのではないかと思っているんだよ。
自虐的になっているならば謝るよ。いや、謝ってしまってごめんだよ。フィクションだよ。フィクションだよ。「ル京詩世」という仮面を被った男の存在は虚構で、そんな名前の付いた男は何処の市役所の戸籍を調べてみても、掲載されていないよ。
それは認めるから、子供の戯言だと思って、あまり怒らないでもらいたいよ。
本当に疲れているみたいなんだだよ。少し又長い休暇を取るかもしれないし、まったく時代錯誤のエッセイをひとつやふたつ載せるかもしれないから、君の仕事に邪魔にならなければ、おおいに笑い飛ばしてもらいたいと考えているよ。

本当にこうして自分の放った言葉を見てみても、僕は何を言いたいのか解らなくなってきたよ。自分がこれだけ知っているぞと証明して見せたいだけかもしれないよ。これはやはり快楽原則と、そして、システムの問題かもしれないよ。『第三の道』が開け放たれるのはいつ頃になるのだろうか?

ええ。ええ。僕はこれでも健康で、幸福なつもりですよ。
今度街で再会したのならば、無駄話をしながら、一杯ご馳走してくれないか?


2003/11/18

性の話し (R−8指定)

初めて彼女を部屋に招き入れるとき、きちんと整って綺麗だった部屋を、その女の母性本能をくすぐりたい、
という動機だけで、わざわざ部屋を散らかす、とても「シャイ」な「ボーイ」がいた。

その人は、あまりにも恥ずかしがり屋さんなため、恥ずかしい話を語るときには、自分の事を「彼」と三人称で呼ぶ事があるらしい。

その「彼」は思春期の時、その好奇心から、自分の精子を洗面器に浮かべてみた事があるそうだ。
しかも、数回にわたって、そんな事をしていたようなのである。

彼曰く、

「まず大事なことは、お湯は人肌ぐらいに設定すること。」

更に彼は、数回の実験のサンプリングから、以下のような驚くべき報告を語ってくれた。


「僕は知っているよ。精子くんの望みを。「彼ら」の望みを知っているのは、もしかしたら僕ぐらいのもんじゃないかな。
だって、僕は或る日風呂場で、彼らのことを水の入った洗面器に浮かべてみた事があるんだから。
そうだな、彼らは、まあつまりは僕の精子の事なんだがね。とにかく彼らは最初、「ぱっ」と飛び散って、
水面に3カ所ぐらいに別れて、佇んでいたんだ。そうしたら、彼らはその後、どうしたと思う?
驚いたね。やっこさん、数分後には、一つに融合したんだ。泳いで、一つの束になっちまったんだよ。
彼らの躰の大きさから考えたら、たぶん、琵琶湖を泳ぎ切るくらいの体力が必要ではないかと思うんだ。
それなのに、やっこさんは泳ぎ切ったんだ。そして、それはいったい何を意味しているのだろう?
何故だろう? なぜなにゆえに、彼らはそうしたんだろう? それで一晩考え抜いて、おいらはやっと一つの結論に辿り着いた。
やっと分かったんだ。彼らは寂しいんだよ。彼らはくっつきたかっているんだよ。
彼が僕に教えてくれたんだよ。寂しさを。そして、それが当たり前だって事を! 中二の時に。」


その話を聞いたとき、僕の脳裏にいろんな風景が、まるでソウマトウの様に思い出された。


バーゲン。おしくらまんじゅう。受験。マラソン。整形。
合コン。地下鉄。渋滞。資本主義。わたし。彼。自分。


そう、彼は恥ずかしがり屋なのだ。


P・S ええ。ええ。『ライ麦』 読みました。


2003/12/11

スピード

「速度」という概念を題材にして、
そこから、「インターネットの進化」を掛け合いに出し、
なんらかの新しげな思想めいたものを導き出して、格好つけたい。

というのが今回の趣旨なのですが、
いざ、その魚をまな板に載せ、どのようにさばいてやろうか? と煩い、眺めていると、
これがやたらと困難だという事に、気付く。

いまどき新思想なんてものが存在しうるのか、というところが気になっているのである。

しかも、そんなだいそれた事に挑もうとしているとは、かの有名なあのドン・キホーテにさえ
「そりゃ、いくらなんでも無茶だよ、ル京さん。」となだめられそうな勢いなのである。


さて、数年前に比べてインターネットの速度は、格段に早くなった。
僕は現在、ADSLの12メガバイトのやつを使用しているのだが、よほど重い動画などをダウンロードするとき以外、
別に不便さを感じる事は無い。
たいていは、ぱっぱっぱっと画面が切り替わってくれるからだ。

最近は、26メガでも40メガでも料金が変わらないそうだから、そのうち、そのぐらいの速度に切り替える事にはなりそうだ。
ところで、僕がインターネットを始めたのは確か1995年である。
ブームに乗っかって、WINDOWS95を並んでまで買った記憶があるのだから、たぶん95年かその翌年の96年のはずだ。
「正義のみかたのくせに、なんと俗っぽいことを」、と失望して下さったみなさんには悪いが、僕は「たまごっち」も、
女子高生の行列に混じって買ったくちだ。
確か友人宅で、安酒煽って、そのまま早朝の五時ぐらいに整理券もらいに行ったっけ。是が非でも、スケルトンのたまごっちが欲しかったのである。女との約束を守るために、いや、正義の為に。いや、笑みの為に。

話はだいぶ逸れてしまったが、当時は電話のジャックにパソコンから直接、モジュラーケーブルで繋いでいた。
アナログ回線の56kbpsである。その頃はそれがたぶん一般的なやり方で、別に遅いとも思わなかったし、
通信が遮断するなんて事はほとんど無かった。
ところが、ISDNが普及して、接続がままならなくなってしまった。
だから、僕もISDNに切り替えた。確か、NTTのテレ放題とかっていうのと併用していたっけ。
それで、「速えー」とか言って、やっていたものだった。
ところがいまや、速度の単位自体が[K]から[M]に変わった。
ゼロ(桁)が何個増えたのかよく分からないし、調べるのも面倒くさいので勘弁してもらうけど、
速度は格段に速くなったはずだ。それなのに、ぱっ と切り替わる「感じ」はISDN初期となんら違いが無いような気がする。
自分が「違いを知らない人」なだけなのかもしれないが。

だんだん何が言いたいのか自分でも分からなくなってきたが、つまりは、0・5秒ぐらいで、「ぱっ」と変わってくれればそれでいいのである。
その「ぱっ」が0.000001秒ぐらいに短くなろうが、私にはというより、よほど特別なそれこそ「マトリックスな人」でもない限り、0.5秒だろうが0.000001だろうが、体感速度は「ぱっ」のままではないでしょうか。


そして、言葉の世界に於いて、「ぱっ」より短い時間を表現する言葉が、僕の辞書には見あたらない。
なんかあるだろうか? うーん。やっぱり、見あたらない。
私の推測によると「ぱっ」は、「一秒ぐらい」以下で、限りなく0に近いこともあるが、0ではない。

つまり、 1秒ぐらい≧ぱっ>0

本当に何が言いたいのか解らなくなってきた。

こんな時は世の中のスピードのことなど考えずに、遠い空でも眺めながら、ぼんやりと空想に耽るのである。

はい。そしたら、とても安易に、ぱっと、言葉が浮かんできちゃいました。


『世の中の変化のスピードが極限まで早くなり、追随していくのに疲れた者達は、
その時、初めて「普遍」の真の意味を知るだろう』

『人が自在に、その姿形を造り替えれるようになったとき、
その内を磨くようになるだろう』

P・S 忍耐力がないから決め言葉はいつも創世記っぽいんださね。

2003/12/11

911に見た夢 (Wさんへ)


その映像を見たときの感想を、当時私は某喫茶店に置かしてもらっている『ル京ノート』なるものに、こう記した。

私は「快」を感じた、と。

勿論、「その映像」とは、9月11日のテロの事である。

それを読んだ、Wさんという見知らぬ方が、
テロという事件を、テレビを通して観たル京が受け取った感情が「悲」ではなく「快」であったことに関して、「何故なのか?」という率直な「疑問」と「想い」をぶつけてくれました。

そして、私はその事をもう一度、よく考えてみることにしました。

まず、あの米国で、国際貿易センタービルに旅客機が、まるで映画のワンシーンの様に、「刺さった」のを観て、
私は非常に興奮したのを憶えています。
映画以外に実際にああいう風景を目撃した事が無かった私は、あの映像を「刺激」として受け止めてしまった。
実際私は本当に興奮しきっていて、次の日の仕事をズル休みしてまで、テレビに釘付けになっていました。
それから明け方近くになり、ようやく私はあなたが意見してくれたように、
「何故、俺はこの悲惨な事件を観て、これほどまでに『快』を感じてしまうのだろうか?」
という疑問を抱きました。パラドクスに陥りました。

あの瞬間にどれだけ多くの人間が壮絶な苦しみと共に、無念の死を、いや希望を、否応なく奪われたか、あのテレビを通して、私は見ることが出来なかったのかもしれません。
でも、あれは勿論、映画なんかでは決してありません。「娯楽」なんかじゃ、無いのです。

だから、僕は想像しました。あの映像には決して写されることの無かった、風景を。

人。叫び。汗。あれ。なんか様子、ヘン。機長室の方が変。イヤな汗。混乱。焦燥。怒り。涙。どこにもぶつけられない怒り。錯乱。悲しみ。合いたい。もう一度だけ合いたい。電話。かからない。声だけでも聞きたい。伝えきれなかった。後悔。謝りたかった。ありがとうと言いたかった。もう言えない。この子だけは。お母さん!祈り。奇跡来い!頼む。無念。涙。絶望。恐怖。爆発音。炎。スローな炎。炎が近づいてくる。熱い。血。なんか血臭い。助けて助けて助けて!血液の噴射。皮膚がとろけてく。熱いよ。痛い。痛てえっ!無くなる。自分が無くなる。消滅する。あああ!

僕は想像しました。僕の想像力で、出来る分だけ想像してみました。
もっともっと、本当はこの何億倍もの、いや無限の「悲」がそこには、あるはずです。でも、テレビには「それ」は映っていなかった。

そして、自分は「それ」を想像するまでに時間がかかった。
一番最初に感じたのは、なんか凄い出来事に出くわしているというライブ感、もしくはリアリティーに対する興奮。自分の経験上、それは大概、「俺は確かに此処に存在している」というアイデンティティーの問題に繋がっている。そのような種類の「快」だったと思う。自分がおかしい。変えなければならない。反省しなければならない。でも実際に「快」は、在った。自分の中に「快」は、在った。何が出来る?自分に何が出来る?今度こんな事が起きたときに自分は快を感じないように出来るのか?「感情」を進化できるのか?どうすれば感情を進化させることが出来るのさ?この罪を償えるのさ?

米国は、米国の正義として「暴力」を選んだ。彼らが出来る範囲で、「暴力」という方法を選択した。
まるで、ハムラビ法典。暴力には暴力を。死には死を。会えるものなら、大統領と会って話をしたい。
「僕は違う、と思うのです。」と伝えたい。
それに対して、ブッシュはこう言うかもしれない。

「ははは。では君、どうすればよいのだね?教えてよ。具体的に、綿密に、教えてよ。総ての人が犠牲を伴わないで、
共存できる方法を教えてよ。えっ!日本から来た君!」

そして私は何を言えるのか?

Wさん。僕はノートに書きました。
自分は「快」を感じてしまったのだという事を。僕と似たように感情を失いがちになっている人に宛てて。「助長」ではなく「ディスカッション」の為に。
そして、あなたは書いてくれた。夢で僕が大統領に言えなかった、「僕は違う、と思うのです。」という言葉を。あなたは僕に言ってくれた。
そして僕はあの事件について、より深く考えることが出来ました。いや、性懲りもなく、また自分の事についてだけ考えているのかもしれません。

でもきっといつか、あなたのような美しい人間になれることを望んでいます。


P・S あの一文に自分の猜疑心、軽薄、臆病さ、弱さを認めます。 

2003/12/11

About 2003年12月

2003年12月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2003年11月です。

次のアーカイブは2004年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。