卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(6) 2003.12.X 初出

2003年12月01日

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(6) 2003.12.X 初出

[投稿者:大場理史]

・脱サラ、人並み、普通の日本人

社会の敷いたレール、がある頃は
まともな成人はサラリーマンをしているのが
当たり前、という、常識、があったので
自分でリスクを負って商売を始めてみようと
する人は、脱サラ(脱サラリーマン)と呼ばれて
いました。他に似た言葉に、ドロップアウト、という
言葉もありました。

ドロップアウト、というと、落ちこぼれ、とか
不良、というニュアンスがあるような気がしますし
脱サラ、にも、何となくサラリーマン社会で
通用しなくて、脱落した、というニュアンスが
あるような気がします。
脱出、という感じもしないではないですが
確かに終身雇用や家族的企業経営が機能して
いた頃は、サラリーマンにならない人は
ちょっと問題がある、と思われていたような気がします。
職人、なども、サラリーマンよりちょっと低く見られて
いたような気もします。

でもこれからは違います。職人は手に職をつけているので、勤め先がなくなっても
他で食っていけます。
大卒ホワイトカラー中間管理職、という漠然とした
カテゴリーにいるより人よりも、はっきりと、~職人、という手に
職をつけている方が有利だ、という時代がくるかもしれません。
床屋さんや美容師さんも、カリスマ美容師、などが
登場してから、格好いい職種、になったような気が
しますがどうでしょう。
最近では人気ラーメン店の店長が格好いい、という
ムーブメントも起きてきているような気もします。
オンリーワン、という言葉も聞くようになりましたが
漠然とした、普通の日本人、でいることに
経済的なインセンティブがなくなってきているから
ではないだろうか、と思ってしまいます。

人間というのは何なのだろう、と思ってしまいます。
経済的インセンティブの付け方で意識が変わって
しまう。
昔は、三高(高学歴、高身長、高収入)の男が
格好いい、とされていた時代もあったのです。
高身長、高収入、は今でも通用するかも
しれませんが、高学歴、はもう通用しないでしょう。
それは、高学歴、の経済的メリットが
減少してきているからです。

脱サラ、人並み、普通の日本人、という言葉も
死語になるかもしれない。

脱サラ、人並み、普通の日本人、を
ベンチャー企業、自立した市民、コモンセンス、と
置き換えると、しっくりくるような気がしますが
どうでしょう。
やはり日本は、近代化を終えたのだな、と思ってしまいます。


-2003年死語辞典(7)へ続く-
http://www.im-sendai.jp/archives/2003/12/15020037200312_1.html

神歌




仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 大場理史 : 2003年12月01日 00:00
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/227

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space