大統領選挙登録のお手伝い

このカテゴリの最新記事
blank_space
2004年10月27日

大統領選挙登録のお手伝い

選挙登録のお手伝い。

宿題の山が一つが片づいたので、やっと文章を書く気になった。
実は、書きたいことが山ほどあるのだが、なかなか文章を書くのは、右から左というわけにはいかない。うんとか、すんとか言いながら、pcとにらめっこをして、数時間は必要である。そんなわけで、へたくそな文章ですが、その数時間かけただけ、みなさんに、楽しんで読んでもらえればなあとおもいます。

さて、2004年の大統領選挙が近づいてきました。テレビも、新聞も選挙の話題ばかりで、クラスメートでも、いい加減疲れてきたよという人がおおいようです。

もう二週間前の話だが、サービスラーニングというプログラムに参加して、選挙登録を手伝うことになった。体験学習というどんな感じか想像がつくかもしれない。ENG101のボーナスクレジットになるというので、これは楽して成績があがるならと、参加することにしたのだ。

日本には、住民票というシステムがある。そして、選挙の時は、その住民票に記載されている住所に、投票のはがきが自動的におくられてくる。日本にいたときは、それは当たり前って感じだったが、こちらのいい加減でラフなシステムをみていると、日本人の生真面目さがよくわかる。

こちらでは、ソーシャルセキュリティーカードというのがある。銀行に口座をひらいたり、携帯やケーブルテレビに入るとき、仕事をするにも必要な本人確認のため必要だ。カードといっても、ぺらぺらの紙にナンバーが書かれているだけのしろもので、カードを見せて本人確認をするのではなくて、9桁の数字を相手に告げるだけである。

しかしこのカードと選挙登録のシステムが連結していないようで、こちらでは、選挙の前に選挙登録をしないと、投票ができない仕組みになっている。前回4年前の大統領の投票率が、50だったか60%くらいと低調だったのも、理解できなくもない。(日本の投票率も毎回相当低いが。)

学校の廊下に長机を置いて、登録を呼びかける。Did you resister? と声をかけると、けっこうの人が、ああ、まだしてなかったのよ。と登録用紙をうけとってくる。何で投票しなきゃいけないのと、聞いてくる人もいた。「Take your advantage. 」というと、そっかーと素直に登録をしていく。

なかには、選挙にいったってどうせなんにもならないんだよ。わかってんの?議論を持ちかけてくる人がいた。まあ、わかってはいるし、おれは日本人だから投票権はないし、授業の一環だから手伝っているんだよというと。不満そうに「いつも、ビックブラザーみているよ。」いって立ち去っていった。

ネイダーという、有名が市民活動家が今回の選挙にグリーンパーティーから出馬している。彼は最左翼なひとだ。でも、彼があんまり活躍すると、民主党から出馬しているケリーから票を奪う形になって、最右翼のブッシュを助けるという皮肉な形がおきる。前回の大統領選挙にも彼は立候補して、数パーセントの投票をえたが、彼が出馬をしていなければ、ゴアがかっていただろうと言われている。

このように、民主党、共和党の二大政党制は、一種のフェイクだともいえる。ブッシュにしても、ケリーにしたって、両方ともお金持ちだ。という批判がよくされる。

しかし、実際には100名以上の候補者がこの大統領選挙に立候補しているのである。ブースの横の壁に、張り出されたプリントには、聞いたことがない候補者のリストが記載されていた。中にはコミュニストパーティーやリバタリアンパーティなんていうものまであるのだ。だけど一般的にだれもかれらに見向きもしないのである。

登録用紙はこんな感じだ。(こんな感じで、日本にいる皆さんに紹介できるというのはおもしろい。)

ny102404.jpg

名前、住所、性別、ソーシャルセキュリティーナンバーという項目はわかるが、支持する党を記入というのはどうだろうか?これでだれが、ケリーかブッシュを支持しているか一目でわかってしまう。これを悪用して、右よりの団体が、登録を呼びかけて、民主党支持になっている登録用紙を全部廃棄したという、ニュースがながれていた。
リンク

私が手伝ったのが登録最終日だったのだが、かなりの高い確率で学生は選挙に登録しているようだった。それでも二時間で、30人以上が登録をしていった。今回は若者の選挙登録の割合が上がってると聞いた。

さてこの選挙どうなることだろうか。
まためちゃくちゃに混乱するのだろうか?

佐藤研一朗 2004/10/21




人気順に記事を表示する。

仙台インターネットマガジンに愛の一票を(^_^)/人気blogランキング

blank_space
投稿者 im-sendai : 2004年10月27日 12:29
コメント
コメントはまだありません。
blank_space
コメントする





保存しますか?



blank_space
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/mt/mt-tb.cgi/100

blank_space