台湾で

2004年10月04日

台湾で

[投稿者:仙台インターネットマガジン編集部]

さて、このような成り行きで台湾に行く事になったのだったなあ。
もう、1998年かれこれ6年前の話しである。

私が長く滞在していた石垣島から、台湾の基雄(台北から電車で30分くらいの港町)への船がでていて、たしか値段は当時で、片道1万円くらいだった気がする。そして驚きなのがたった4時間で台湾までついてしまう所だ。と言うのは、沖縄本島から、石垣島までは、船で10時間以上かかるからだ。

沖縄本島よりも、近い外国、考えるだけでウキウキしたのを思い出す。私は仙台出身だから、外国というのは、基本的に近くにないものだと、思っている。海までいってもそれは太平洋だから、その先、ハワイまで何もない。自分は、仙台というのは、本島に孤島のような所だなあと思う。東北にしても日本海側に住んでいる人の感覚は、もう少し違うとおもう。

たとえば、北海道の最北端稚内にいけば、たくさんロシア人が、日本の中古車とか、生活用品を買い付けにきていて、街を歩いていても、レストランの入り口にロシア語が書いてあったりして、驚く。福岡にいけば、やはり地理的に韓国と近いから、外国に開かれている、つながっているという雰囲気がある。この点で、同じ日本でも、仙台とはまるっきし違う。

仙台で、国際交流というと、なにかアメリカ人とか、ヨーロッパ人とつきあう。お茶を立てて、日本文化を紹介するというイメージが先行するが、それは仙台の場所が、隣り合う外国がないからだろう。実際、仙台に住んでいる外国人は、大部分は韓国人とか、中国人だろう。かれらは、街を静かに歩いているだけでは、見分けがつかないから、私たちはあまり気がつかない。

いまニューヨークに私は住んでいて、一番思うことは、かれらアジア人(日本人を含めて)は、基本的に東アジアは同じような文化圏にいるということだ。歴史問題や、アジア的な事大主義てきな考えかたがなくなって、お互いの違いがある程度理解できると、文化が近いだけあって、つきあいやすい。 お互いにフェアーな関係であれば、楽しく一緒にやっていける。

だから、今のテレビや新聞で、北朝鮮問題に便乗して、中国や韓国をばかにするような方向は、私は賛成しない。もちろん私は北朝鮮を支持しない。それに韓国や中国が、ことがあるたびに歴史認識を持ちだすことも支持しない。なぜなら、戦争のあとに、講和条約を結んだ時点で、その国と国の戦争のあとの処理は全て終わっているからである。だから、韓国や中国が、歴史認識カードを切ろうとするときは、日本政府は、反論するべきだろう。アジア人どうしが、憎みあっていても、アジア人自身、得することは一つもない。得をするのはその他の国だろう。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 仙台インターネットマガジン編集部 : 2004年10月04日 00:00
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/282

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space