美しい音

2004年12月03日

美しい音


 楽器には、それぞれに特有の音色というものが備わっている。その楽器が起こった当時から、その形態をほとんど変えていないような楽器でも、機械と言えるほどの進化を遂げた楽器でも、それぞれに聞けば「あぁ、あの楽器だ」と解る音色を持っている。音色は、その楽器の魅力を語るうえでの大きな要素の一つになっていることが多い。


 どのような音色があるかということは、楽器を演奏するうえで非常に重要なことと言える。すなはち、実は、一つの楽器には、一種類の音色だけが備わっているという訳ではないのである。


 例えば、日本古来の尺八を考えていただきたい。首振り3年と言われるように、つーんとながくのびた音の後に、民謡の「こぶし」のように音が揺れるのは尺八の大きな魅了である。しかし、あるときは、息のスピードを速くしてかすれたような、風の音のような音を出すこともあるし、またあるときは、口の中で舌そのものを震わせ、連続する音を表現することも出来る。


 音色を変えにくいと言われるピアノでさえも、鍵盤の手前側を押したり、黒鍵に近い側を押したりして、弦にハンマーがあたる速度や重さを調整することで音色を変化させるという。また、ピアノにはペダルというものが付いており、いったん出た音を止めずに、後から出る音とだぶらせて、全部の音が響く状態を作り、拡がりのあるゆったりとした表現をも可能にしている。


 我らがクラシックギターはどうだろうか?音色の多彩さでは恐らく右に出るものはないだろう。「ギターは小さなオーケストラ」とはヨーロッパで言われるようになった言葉であるが、その意味するところは、オーケストラで次々に色々な楽器が全く違う音を鳴らすように、一台のギターからこんなにも違う音色が出てくる、ということであり、クラシックギターの特質を語るうえで重要なたとえの一つとなっている。


 古くからのギターファンの中には、かの巨匠アンドレス=セゴビアの非常に美しい音に酔いしれ、「セゴビアトーン」という言葉まで作ってしまうほど、一音の美しさに大いに魅力を感じ、自分の演奏に活路を見いだしてきた人々も多かった。また、一方では、現代の若き巨匠と言われるマヌエル=バルエコは、ムラのない均質な音色で、常に乱れのない演奏を目指し、早い指さばきにも耐えうる安定したテクニックを完成させていると言われている。しかしながら、このような一種類の特徴ではその人の演奏を語ることは出来ないのである。


 詳細に彼らの演奏に聴き入ってみると、セゴビアは、太く甘くビロードの様に美しいあのセゴビアトーンとは正反対の、細く硬くチリチリとした音色も常多用しているし、セゴビアトーンからするとむしろ「汚い」と言えるような音も意図して使っている。一方のバルエコも、実際に会ってそのテクニックを目の当たりにすると、音楽を均一にするために右手の弾き方を細かく調整し、多くの音色を使い分けていることがわかる。


 昔からのギター愛好者達は「美音」に、現代の若きギタリスト達は「華麗なるテクニック」にどうしても目が行きがちであるが、前述したように、音楽を構成する要素の一つである音色は、一種類ではないのである。ましてや、楽器が持っている本来の魅力を引き出すと考えると、その音色の可能性は無限にあると言える。


 その楽器に深く精通した演奏者達は、客席からはなかなか見えにくいこういった創意工夫を凝らしながら、日々練習に励んでいるのである。




仙台インターネットマガジンに愛の一票を(^_^)/人気blogランキング


【PR】ホームページに広告を A8.net
blank_space
投稿者 im-sendai : 2004年12月03日 14:23
コメント
コメントはまだありません。
blank_space
コメントする





保存しますか?



blank_space
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/mt/mt-tb.cgi/114

blank_space