水の話(3)生物と水 2003.8.X 初出

2005年01月29日

水の話(3)生物と水 2003.8.X 初出

既に見てきたように地球の状態も
人類の体の状態も、水、によって保たれて
いるわけです。

太陽熱によって蒸発した地球上の水は雲を形成し
地上に雨を降らせる。その雨は山肌を洗って
地中のミネラルを含んだ地下水を湧き立たせ
川となり、やがて海へと流れこむ。
そして海水は太陽熱によって蒸発し
またまた雲を形成し、またまた地上に雨を降らせる。
そしてそういった地球の水のサイクルの中に
生きる人類の体の機能も、水、によって支配されている、と。
水、は、地球にとっても人類にとっても
文字通り生命線です。

でもよく考えたら人類だけでなく
動物さんや植物さん達も、水、がなければ
生きていけないわけです。
動物さん達も水分をとらないと死んでしまうでしょうし
植物さん達も水分をとらないと枯れてしまいます。

地球も人類も、動物さんや植物さんや粘菌さんや昆虫さん等のあらゆる生物も、水、によってその生命を保たれているようです。

-水の話(4)へ続く-
http://www.im-sendai.jp/rensai/tamago/se3_diary/109.html






仙台インターネットマガジンに愛の一票を(^_^)/人気blogランキング

blank_space
投稿者 im-sendai : 2005年01月29日 01:34
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/mt/mt-tb.cgi/226

blank_space
このカテゴリの最新記事
blank_space