7%理論(4)コミュニケーションの危機 2003.11.X 初出

2005年01月30日

7%理論(4)コミュニケーションの危機 2003.11.X 初出

先日のニュースで
日本シリーズのTV視聴率が
九州と関西で40%超! という
非常に苦しい記事がありました。

九州と関西で、と区切っているところが
非常に苦しいわけです。
ほんのちょっと前までは
九州と関西で、と区切る必要はなかったわけです。
視聴率40%超! とやれば

どうだ、日本人の半分近くが見たんだぞ、
どうだ、凄いだろ
おらおら、これを見ないと、非国民、扱いされちゃうぞ
このネタは絶対外せないよ
視聴率40%超!

と、できたわけです。

でも、九州と関西で40%超、と区切っているという事は
四国と東北では15パーセントかもしれません。
北海道では、10パーセントを切っているかも
しれません。となると、仙台に住んでいる僕としては
別に見なくていいのかな、となってしまいます。

もう、日本人全て、を相手にした
マス・マーケティングは成立しないだろうし
黄金の7%理論も通用しないだろうし
90年代のようなメガヒットも出てこないのでしょう。
最近何度か、このエッセイで書いていますが
これはやはり、明治以来の画一的中央集権化の
流れの終焉、なのかもしれません。
これは大変な事です。

何が大変か、と言えば
日本人の基本的なコミュニケーション方法が
変わってしまうからです。

僕が学生の頃は、若者達の新しいスポーツ!
スノーボード! 今一番イケてるスノーボード!
というメガヒットが仕掛けられていたので
スノーボードが、新し物好きの若者達のまず7%にまで
普及し、当時僕の交友関係にあった
13~14人の友人達の中にも
スキー派よりもボード派が増え始め
そろそろデカいのが来るな……あ、やばい、と
思った僕は、急いで友人から
中古のスノーボードを譲ってもらい
夏油(げとう)高原スキー場や
泉が岳に出かけて、今一番イケてる若者、してたのですが、そういったコミュニケーションが
成立しなくなっていくのです。

僕はボードを覚えたおかげで、学生時代
バイト先で初対面の同世代の人に会っても
この前行ったボードの話、を持ち出す事で
とりあえずの円滑なコミュニケーションを
計ることができましたが
7%理論の崩壊、メガヒットの終焉で
そういったコミュニケーションが成立しなく
なっていくのです。
これは大変なことです。

今これが流行ですよ、とか
今もっともこれがイケてますよ、という
情報は、明らかに減り始めています。
既に見てきたように、7%理論の崩壊で
もうメガヒットは出てきそうにありません。

お父さんのためのワイドショー講座、で
ワイドショーネタを仕入れて
J―POPのランキングからカラオケで使えそうな
曲を覚えおいて、今時こうだよね、俺たちみんな
普通の日本人だもんね、こんなんも知らないのは
やばいよね、といった形で一体感を確認する、という
コミュニケーションがこれから成立しにくく
なっていくのです。
これは大変なことです。
誤解されると困りますが、僕はそういった
コミュニケーションが、人として劣っている、とか
下らない、と高をくくっているわけではありません。
僕はカラオケは好きではありませんが、かなり上手いです。ボードもそんなに好きではありませんが
それなりに上手いのです。
ただそういったコミュニケーションが通用しない場面が
どんどん増えていくことは大変なことだな、という事を
言いたいわけです。

こういった7%理論崩壊後の世界で
発狂することなく、自分のアイデンティーを
確立していくためには、きっと、個人的趣味、を
持たなければならないのだと思うのですが
これが悩ましいことに、ほとんどの日本人は
1940年体制以来、60年以上集団主義で
やってきているので、
個人的趣味、を持とうとすると
マジョリティ(多数派)の側から
オタク、とか、マニア、と馬鹿にされるのではないか
という不安感を抱えていたりします。

そういったコミュニケーションの不全感に堪えられず
もっとみんなで盛り上がれるような
分かりやすい物語を提供してほしい、という層が増えていけばきっと、ファシズム、全体主義、が生まれるのでしょう。
でもこれまた悩ましい事に、権力の側が、大手メディアを使って、ファシズム、全体主義、に持って行こうとしても、その大手メディアを支える7%理論が通用しなくなってきているのです。
テレビがない時代には、五人組、と呼ばれる
隣近所の監視装置を利用して権力の側が全体主義に持っていこうとしたようですが、現在は隣近所も崩壊しています。僕は隣りに誰が住んでいるのか知りません。
一つファシズムの方法として考えられるのは
公権力がインターネットの言論空間に介入することですが、困ったことに、インターネットは、
WWW(ワールドワイドウェブ)なのです。
つまり国境を越えて世界中の人が見ているわけです。
自由で民主的な国家であるはずの日本政府が
インターネット上の言論空間に介入することは
できないのです。

僕はマスメディアの振りまく情報から
うまい事逃げ回って生き延びてきたので
いいのですが、みんな一緒だよね、でしか
コミュニケーションできなくなってしまった人達は
大変なストレスを抱えているはずです。
そのやり場のないストレスが
訳の分からない事件となって
頻発しているような気がします。

そういった事件を目にして
パソコンやデジタル機器のせいで
最近の若者達のコミュニケーション能力が
落ちている、と嘆く年配の方もいますが 
別の視点として、インターネットやデジタル機器で
大手メディアの7%理論が崩壊してしまって
みんな一緒だよね、と確認できるネタが
どんどん減ってきているので
昔よりずっとコミュニケーションが難しくなって
きている、とも捉える事ができるのではないかと
思ったりします。
むしろ、昨日の巨人がさ、といった形でしか
コミュニケーションできない年配の方々の方が
総じてコミュニケーション能力は低いのではないか、と
さえ僕は思ったりします。
それにあと10年もすれば、最近の若い人達は、とか
年配の方々は、という形でのコミュニケーションも
若い人達や年配の方々が多様化していくだろうと
考えられるので、成立しなくなっていくのでしょう。
世代論もそのうち意味をなさなくなるでしょう。
これはコミュニケーションの危機です。
日本中で、話通じねえよ、という悲鳴が
上がっているような気がします。

これからはおそらく、ワイドショーネタや
日本シリーズや、スノーボードや、カラオケなどで
一緒だよね、と確認しならがらコミュニケーションを
始めるのはなく、あなたと私は、お互い尊重すべき
人格を持った存在ですよね、私は~が好きですが
あなたは何が好きですか、といった大変遠まわしな
コミュニケーションになっていくのだと思います。

私とあなたは、お互い尊重すべき人格を持った
存在ですよね、私は~が好きですけど
あなたは何が好きですか、といった形の
コミュニケーションは、みんな一緒だよね、といった
ところから始まるコミュニケーションよりも
非常に疲れますが、それ以外にないような気がします。

だってもう、黄金の7%理論、は
通用しないのですから。


-7%理論(完)-


 


関連 No.1  女の直感  
http://www.im-sendai.jp/archives/2004/12/20035_12.html
   No.22 サイバーレボリューション
http://www.im-sendai.jp/archives/2004/12/20036_17.html
   No.25 伝統の一戦 
http://www.im-sendai.jp/archives/2004/12/20036_4.html 
   No.40 数字は嘘をつかないが嘘つきが数字を
つくる 視聴率と実視聴率
http://www.im-sendai.jp/archives/2005/01/20036_15.html
   No.41 現代の欲望の総体は何処へ
http://www.im-sendai.jp/archives/2005/01/20036_16.html
   No.84 ベクトル
http://www.im-sendai.jp/archives/2005/01/20037_6.html
   No.144 平成おじさん
http://www.im-sendai.jp/archives/2005/01/200310_3.html
   No.145 情熱の薔薇(1)~(4)
http://www.im-sendai.jp/archives/2005/01/1200310_3.html

 







仙台インターネットマガジンに愛の一票を(^_^)/人気blogランキング


【PR】ホームページに広告を A8.net
blank_space
投稿者 im-sendai : 2005年01月30日 00:34
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/mt/mt-tb.cgi/275

blank_space
このカテゴリの最新記事
blank_space