« 2005年03月 | メイン | 2005年05月 »

2005年04月 アーカイブ

2005年04月04日

仙台インターネットマガジン改装予定図

今月中頃に完成予定の仙台インターネットマガジンのニューデザイン

仙台インターネットマガジンのデザイナー、折原真樹のデザインです。




青2




紫2

黄色


黄色2

2005年04月05日

Movabletypeの使い方

このページはメンバー向けに書いたMovabletypeの基本的な使い方です。

Movabletypeの初心者のかたには、なにかの参考になるかもと期待して、アップしておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ログインの仕方
ーーーーーーーーーーーーーーーー

1.
http://www.im-sendai.jp/mt/mt.cgi
にアクセス

2.ユーザー名 ######
パスワード @@@@@@@

を入れてログイン

3.仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌をクリック


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
新規のページをつくるためには
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
4.  1〜3をして、新規エントリーをクリック

5.タイトル、カテゴリーを選択
エントリー内容に文章を書き込む。

6.ページの下にある投稿状態を公開にする。

7。確認をクリック。

8、問題がなければ、保存を選択

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ページを修正するには
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1,エントリーをクリック

2,修正したいページをクリック。

3,文章を修正して、保存をクリック

pagetop.gif


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画像を載せるのには
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.新規のエントリー、またはエントリーで、画像を載せたいページを選択

2.ファイルのアップロードをクリック

または、新規エントリーのページのエントリーの内容(body)の横にあるツールボタンの一番右側をクリック。(注、マックのsafariでは表示されない。)

3.参照をクリック、アップロードをクリック(<ローカル・アーカイブ・パス>/を選択、そのまま)

4. アップロードしたファイルのHTMLを表示をクリック

5,イメージのサムネイルを作るをチェックして サイズを入力する(最大で横幅が550ピクセルくらい)

6.ポップアップをクリック。

7。でてきたタグをコピーして、本文の張りたいところにペースト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リンクの作り方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.新規のエントリーや、エントリーでリンクを張りたいページを選択

2.エントリー内容のリンクを張りたい単語を選択。

3.エントリーの内容(body)の横にあるツールボタンの右から四つ目のチェーンのようなマークをクリック

4.でてきた画面にURLを入力


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トラックバックをつける
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トラックパックとは、他のブログで同じような話題をしている時に、そこに自分のページのリンクを張ることができる機能です。

1.グーグルで、関連がありそうなブログを探す(キーワードとブログと入力)

2.良さそうなページが見つかったら、エントリーの下にある、URLをコピーして
(例。このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/mt/mt-tb.cgi/400 )

3.仙台インターネットマガジンの自分が宣伝したいエントリーを選択

4.ページの下の方にある トラックバック先のURL にペースト

5.保存をクリック


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サブカテゴリーの使い方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1,新しいページをつくったあと

2,エントリーいって、そのページを選択

3,主カテゴリーの下の 複数のカテゴリーを設定する をクリック

4,(ポップアップの)左から好きなサブカテゴリーを選択し、>> をクリック

5,(ポップアップの)保存をクリック 閉じるをクリック

6,ページをしたの保存をクリック

2005年04月06日

■五行歌でいこう。

みやぎ五行歌会の螢と申します。
「螢」は「けい」と読み、「ほたる」ではありません。
よく間違えられます。おとなしく「ほたる」の読みにすれば良かったと
少し後悔したりしなかったり。

今回、ご縁あって、こちらで五行歌を取り上げていただきました。
手探りで始めます。
手探りっていうか、出した手の先に何も触ってないかもしれない。
嗚呼怖い(笑)

少しでも興味を持っていただけたら、もう凄く嬉しいのです。

「五行で、詠う」ことの可能性の大きさ。
自由で、刺激的で、深くて。
優しくもあり、激しくもあり。

その表現は難しいです。

全国にほんとに素敵な五行歌を詠う、歌人さんがたくさんいらっしゃって、
びっくりするほど、表現豊か。

わたしは五行歌と出会って、詠いはじめて、自分の声と言葉を
見つけた気がします、と言ったら大袈裟でしょうか。

五行歌で、何か見つけて貰えたらいいなと、思っています。


五行歌の会ホームページ 

みやぎ五行歌の会

螢の五行歌blog「5行のたてがみ

■氷点



 わたしの
 氷点
 あなたを
 境に
 溶け出す

みやぎ五行歌会
■螢 個人ページ「5行のたてがみ」

■五行歌とは。

「五行歌」は「ごぎょうか」と読みます。

「五行で書く」、これは基本です。

五行歌の会の「五行歌とは」
「彩」ホームページ など
参考になさってください。


少し抜粋させていただきますと・・

五行歌(ごぎょうか)とは、「五行で縦書き」というほかに、
一切の制約がない新しい詩歌形式です。

五行という型があるため、自由詩ではありません。しかし、短歌や俳句に見られる音数などの
制限はなく、自由なリズムで思いを表現できることが特徴であり、一番の長所となっています。

あと、行分けは呼吸で分ける、文語をなるべく使わないというのがあります。
(文語とは、古典的表現ということ。)

いろいろな作品を読むと、分ってくることと思います。
ちょっと不親切かもしれませんけど・・・。
自分の心で思ったことを大事にして詠うことが、一番だと考えます。
「自由」なのが最大の魅力ですね。

続きを読む "■五行歌とは。" »

2005年04月09日

■五行歌 20050409



 あの髪も指も
 首すじの香りも
 未だ
 絡みつく
 もがくほど
  


みやぎ五行歌会
■螢 個人ページ「5行のたてがみ」

■細胞が



 細胞が
 音をたて
 あなたを記憶した
 あの時
 わたしは恋をした
  


花天―第10回五行歌花かご文芸賞作品集に掲載。

みやぎ五行歌会
■螢 個人ページ「5行のたてがみ」

2005年04月10日

■五行歌の投稿コーナーです。

こちらは、五行歌の投稿コーナーです。

こちらのページを参考にして、あんまり肩肘張らず、自由に投稿して貰えたらいいなと
思っています。
コメント欄でどうぞ(*゚ー゚)

とにかく、五行で。
行分けは呼吸で、文語を使わないで自分の言葉で。
字数制限・季語なんかもありません。

普段考えていることとか、
今日はこう思う事があったとか。
恋愛してるならその気持ちを。

たくさんの投稿、お待ちしています( ^▽^)

みやぎ五行歌会
■螢 個人ページ「5行のたてがみ」

■緋色のインク



 陽が
 緋色のインクで
 書いた手紙は
 月が読むだろう
 閑かに
  

みやぎ五行歌会
■螢 個人ページ「5行のたてがみ」

2005年04月16日

プロフィール:秋葉賢也(あきば けんや)

akiba.jpg

秋葉賢也(自民・新)(あきば けんや)

ホームページより http://www.akiba21.net/


昭和37年7月3日宮城県生まれ


角田高校、中央大学法学部卒業
東北大学大学院法学研究科博士課程前期修了
(財)松下政経塾卒塾(宮城県初)

現在、宮城県議会議員(三期目)、
総務企画委員会委員、地方分権・地方財政自立改革調査特別委員会委員長
宮城県都市計画審議会委員、宮城県私立学校審議会委員
宮城県トライアスロン協会副会長、宮城県セーリング連盟顧問保護司など多方面で活躍中

著書:「地方議会における議員立法」(文芸社)、「東北の夢創造」(ぎょうせい)

趣味:野球・空手・ジョギングなどスポーツ、読書、映画

プロフィール:菊地文博(きくち ふみひろ)

kikuti.gif

菊地文博(無・新)(きくち ふみひろ)

ホームページより http://homepage3.nifty.com/fumihiro/

昭和35年4月9日生まれ 44歳
おひつじ座 身長174cm 65kg
保護司

学歴: 東仙台幼稚園・新田小学校・東仙台中学校・仙台商業高校卒
(中学時代は県駅伝の区間優勝を経験、高校時代は甲子園をめざし野球部へ)

職歴: 会社員・県議会議員秘書を経て、平成7年4月県議会議員初当選現在3期

議会: 平成10年 56国体特別副委員長

平成11年 産業経済常任委員長(初代)
平成12年 宮城県議会IT政策研究会座長
平成12年 宮城県民間非営利活動促進委員会委員
平成13年 情報通信技術活用特別委員会委員長
平成14年 少子化対策調査特別委員会委員長
平成14年 宮城県国土利用審議会委員
平成14年 宮城県国際交流協会理事

主な役職: 宮城県私立幼稚園PTA連合会 会長
仙台市早起き野球協会 会長
仙台市躰道(たいどう)協会 会長
宮城野区9人制バレーボール連合会 会長

東北のプロ野球を応援する市民の会・宮城 副代表
宮城県モンゴル親善協会 副会長

宮城リトルシニアリーグ 後援会長
(財)国際空手道連盟 極真会館総本部 後援会長

仙台ニューフィルハーモニー 顧問
仙台市ソフトボールリーグ協会 顧問
宮城県軟式野球協議会(サンデーリーグ) 顧問
(社)全国珠算教育連盟 顧問
宮城野区家庭婦人バレーボール協会 顧問
(財)宮城県視覚障害者福祉協会 顧問
(社)宮城県身体障害者交通安全友の会宮城野支部 顧問
宮城県難病団体連絡協議会 顧問
宮城県腎臓病患者連絡協議会 顧問
宮城県中高年野球協会 顧問
宮城県セーリング連盟 顧問

好きな食べ物: カレーライス/寿司

好きなカラオケ: 松山千春の「大空と大地の中で」

好きな言葉: 「一生感動、一生燃焼」

プロフィール:五島平(ごとう たいら)

gotou.jpg

五島平(共産・新)(ごとう たいら)

ホームページより http://www.jcp-miyagi.net/kouhosha/hirei/hirei.html

●1951年香川県生まれ。

●慶応義塾大学経済学部中退。

●1972年から1989年まで(株)東京鍛工所勤務。
●1979年から東京鍛工所労組執行委員長。
●1990年から1998年まで日本共産党宮城県委員会に勤務。
●1996年衆院宮城2区に立候補。
●1998年党仙台宮城野・泉地区委員長。
●2000年党仙台東地区委員長。
●2003年衆院宮城2区(比例代表東北ブロックと重複)ヘ立候補。
●2004年党宮城県常任委員。

●趣味はハイキング、ギター。

●家族は母、姉、妻と三女。

プロフィール:田山英次(たやま えいじ)

tayama1.gif

田山英次(社民・新)(たやま えいじ)

ホームページより http://www.sdp.or.jp/miyagi/tayama1.html

44歳。1960年4月20日、山形市生まれ。仙台市宮城野区在住。

日大山形高校卒後、79年農林水産省・宮城食糧事務所勤務、労働運動に参加。退職し、87年社会党支持の青年組織「社青同」の専従として青年運動を担う。96年社民党専従、社会新報東北支局長、党県連合役員を歴任し現在、党県連合副幹事長。平成15年衆院選挙宮城2区に立候補。


趣味は「写真・読書(藤沢周平ファン)」の他に最近は「スケッチ、押し花、映画」。40才を越えてからは「自分に素直に生きる」「楽しく生きることにはどん欲に」「視野が狭くならないよう多くの人と積極的に交流」がモットー。

プロフィール:門間由記子(もんま ゆきこ)

monma.jpg

門間由記子(民主・新)(もんま ゆきこ)

ホームページより http://www.yukiko-momma.jp/

http://blog.goo.ne.jp/superstar2005v (blog)


昭和49年仙台市生まれ 30歳 実家は市内の門間たんす店

宮城第二女子高 早稲田大学商学部卒
東北大学大学院で地域社会学専攻
日本NPO学会、日本社会学会、日本地域政策学会に所属し研究を続ける
小沢一郎政治塾3期生

回答:秋葉賢也

akiba.jpg

秋葉賢也

1、最も有権者に訴えたい事

2、郵政事業の民営化に賛成、反対?

3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーター、ひきこもり、ニートなどの問題について

4、現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要?

5、国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。
 
6、米軍は日本に駐留し続けるべき? あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。

7、今後のアメリカの軍事的戦略をどう予想しますか。日本にはどういった影響がある?

8、東アジア地域は、日本にとってこの地域の理想的な姿は? どのような事をしていくべき?

9、日本の長所、優れた点とは?
   

1、今回の選挙で最も有権者に訴えたい事は何ですか。

一、議員条例日本一の手腕を国政に!

二、市民からの公募候補

三、自民党を変える! 日本を洗濯する!
 


2、郵政事業の民営化に賛成ですか、反対ですか。 賛成の場合は、どうして民営化すべきなのか、反対の場合は、どうして民営化すべきではないのか、そのメリットとデメリットなど、基本的な考え方をお聞かせ下さい。


 国民にわかりやすく説明すると共に国民の意見を広く取り入れて、
もっと議論すべきであると考えます。
地域社会を守り、国益を守るための郵便局であってほしい。
どんな改革でも市民生活にプラスになるものであるべきです。
 


3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーターの問題、ひきこもり、ニートといった社会現象の根本には、どういった問題があるとお考えですか。又、どういった対策が必要とお考えですか。


 チャレンジしやすい環境を実現しなくてはなりません。
起業、創業の動きがもっと活性化するよう環境整備する必要があります。
 


4、相次ぐ社会保険庁の不祥事などで、若年層を中心に、年金制度への不信感がかつてないほど高まっていますが現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要とお考えですか。


 受益と負担のアンバランスの解消など国民一人一人が納得のいく
社会保障を実現することが必要。 


5、国、地方合わせて774兆円とも言われる膨大な赤字国債があります。国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。


 日本経済の長期的かつ安定的な成長を維持していく事が我が国の国債の
価値を維持することに繋がると考えますので、長期的・安定的な経済成長を
確保する経済政策を立案します。また、国債の新規の発行については
抑制に努めるべきであると考えます。 


6、終戦から60年間、米軍が日本に駐留し続けていますが今後も現在の状態が続くべきだとお考えですか。あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。


 中短期的には現在の状態が続くと考えられます。
我が国周辺も含め、世界の中の紛争可能性の高い地域を
国際協調体制をもって緊張度を弱めることが出来る、
しっかりとした体制が理想。 


7、911以来、アメリカは、アフガニスタン、イラクと立て続けに戦争を行いましたがアメリカは、今後どのような軍事的戦略を採ると予想しますか。又、それに伴い、日本にはどういった影響があるとお考えですか。


 現在、米国は軍の大規模な再編(トランスフォーメーション)を企画している
最中ですので、日本と米国のトランスフォーメーションの協議の中で
明らかになってくると考えます。 


8、東アジア地域は、北朝鮮問題、台湾海峡問題と未だ大きな問題を抱えていますが、日本にとってこの地域の理想的な姿というのは、どういったものなのでしょうか。又、日本は東アジア地域においてどのような事をしていくべきだとお考えですか。


 我が国にとって大変に重要な問題と考えます。東アジア地域の安全保障の
状況は複雑ですので、国際協調体制の構築が不可欠であり、その中で
日本はリーダーシップを発揮すべきであると考えます。
 


9、今後伸ばしていくべき、日本の長所、優れた点とはどのようなものでしょうか。

 良いものを受け入れ伸ばしていこうとする国民性。 平和を愛する心。

回答:菊地文博

kikuti.gif

菊地文博

1、最も有権者に訴えたい事

2、郵政事業の民営化に賛成、反対?

3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーター、ひきこもり、ニートなどの問題について

4、現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要?

5、国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。
 
6、米軍は日本に駐留し続けるべき? あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。

7、今後のアメリカの軍事的戦略をどう予想しますか。日本にはどういった影響がある?

8、東アジア地域は、日本にとってこの地域の理想的な姿は? どのような事をしていくべき?

9、日本の長所、優れた点とは?
   

1、今回の選挙で最も有権者に訴えたい事は何ですか。

政治は本来国民の豊かな生活を実現するためにある。額に汗して働く人の思いが無視され、皆厳しいリストラや将来不安の中でじっと辛抱、我慢しているのが今の社会の姿です。こうした多くの国民の不安、悩みに具体策の提示もなく、ひたすら議論に終始しているのが今の日本の政治です。自分達は政党助成金や議員年金のような、ある意味では特権を享受しながら、一方では財政赤字を理由に、増税や年金保険料をアップするなど、国民の負担を増しています。本来国民に貢献すべき政治家と主権者である国民の立場が逆転しており、政治不信が起きない方がおかしいのです。

私は、社会経済が大きく転換し、新たな日本を築かなければならないこの時期にあって、今こそ、額に汗して働くものの努力、汗が報われる社会、誰もが豊かさを享受できる日本に再生し、成長への道筋を描くことこそが政治家の使命であり、役割であるという原点に立ち戻らなければならないことを強く訴えます。今回そのため、しがらみのない無所属で立候補を決意し、十の政策を公約として掲げていますが、中でも強く訴えたいのは、議員年金と政党助成金の廃止、企業団体献金の廃止です。議員特権を全面的に見直すことが新しい政治の第一歩であると考えています。
 


2、郵政事業の民営化に賛成ですか、反対ですか。 賛成の場合は、どうして民営化すべきなのか、反対の場合は、どうして民営化すべきではないのか、そのメリットとデメリットなど、基本的な考え方をお聞かせ下さい。


郵政事業の民営化は基本的に賛成です。郵政事業の民営化により、約200兆円もの郵便貯金の資金効率化が図られるほか、現在郵政分野の多くの資源が持つ潜在的な可能性を大きく開花させることができます。民営化でとくに郵便貯金を財政投融資で国の外郭団体の放漫経営の財政資金として活用されてきた仕組みを改革することにもつながり、現在世界規模で進展している物流や金融の再編の流れにも郵政が深く関わり、大きく飛躍することにもなります。郵政事業はまさに眠れる獅子でもあり、この改革こそが、日本の行政改革の本丸でもあると考えています。

ただ、今の過疎地域を含む全国一律の郵政サービスは維持する必要がありますし、そのための制度上の義務は新民営会社に課すべきですし、窓口、物流、金融と分社化はせずに一体化のままで民営化した方が望ましいと考えています。分社化は現在の郵政が持つ総合力を失わせ、非効率な経営をもたらすものです。
 


3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーターの問題、ひきこもり、ニートといった社会現象の根本には、どういった問題があるとお考えですか。又、どういった対策が必要とお考えですか。


現在雇用する側の企業では厳しい経営環境に対処するために、人件費を含む固定コストの削減を余儀なくされており、この傾向は今後とも変わりません。また、従来のような年功序列ではなく、能力本位の人材採用の時代に移りつつあり、中途採用が当たり前のようになってきています。企業にとっては、環境の変化に対処し、生き残るやむを得ない企業の経営スタイルであり、今後ともこの傾向は続きます。しかも、企業の相次ぐリストラなどで、即戦力となる経験者が大量に社会に生まれてもいます。変化が激しければ激しいほど、経営のスピードが要求され、これまでのように新卒者を採用し、企業で育成していくという余裕のある時代でもなくなりつつあります。

こうした経営をとりまく社会環境の変化に加え、一方ではやはり若年者全体の学力低下があります。残念なことに、基礎的な「読み書きそろばん」ができない若者も増えていて、厳しい話ですが、これでは到底採用するにも採用できません。 

一方では、中小企業などでは採用を募集しても若者が集まらないように、若者側の職の好き嫌いや就労意欲の問題もあります。

全体としては経済の低迷により、雇用全体が伸びないという面もありますが、これらが複雑に絡み合って、現在の失業率の高さにつながっていると考えています。
 
働けない若者、働かない若者が増えているというのは由々しき事態ですが、対策としては、技能訓練を公的に補助する制度やアエルのジョブカフェのような若者向けの相談コーナーまで整えています。

若者の雇用を巡る環境はかってと違い大きく変化している訳ですが、やはり景気対策をしっかりとし、働く場を創出すること、言い換えれば全体として雇用機会を増やすことが何よりも大切だと思います。私は即効的な雇用効果の高い企業誘致に全力を上げるとともに、中長期的な視点で、ベンチャー企業の育成や新しい形のアグリビジネスの育成に全力で取り組みます。

ひきこもりの問題は、育つ環境と深く関わっています。今の若者の多くが、自然や土と触れない中で育ってきている、それが今日の若者を巡る問題の背景にあり、大変憂慮すべき事態であると考えております。対策としては、長期的には自然と触れ合う生活環境や地域環境を整備していきますが、当面は、自然の中でおおらかに暮らす自然学校を設け、たくましさを取り戻す支援をしていきます。

大事なことは先ず働くことです。働くこと自体に価値があり、働くことを通じて自分というもの、自分の可能性を発見できるものと思います。そもそも職業に貴賤などある訳はありませんし、働く意味の原点は生きるためです。自分にふさわしい職業というのは、決まったものなどありません。これからは、ある会社に入社したから、それで将来が保障されるという時代でもありません。どう生きるか、どう生きたいか、一人ひとりの人生の羅針盤まで、人に教えてもらう訳にはいきません、自分で苦労しながら、経験しながら掴んでいくしかないのです。一人ひとりの持つ可能性というのは自分が考えているほど小さなものではなく、大変大きなものであると考えています。

 


4、相次ぐ社会保険庁の不祥事などで、若年層を中心に、年金制度への不信感がかつてないほど高まっていますが現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要とお考えですか。


年金の財源は思い切った行政のスリム化と年金資金の効率的な運用を図ること、加えて担税能力を増やす、言い換えれば働く人を全体として増やせば十分に確保できるはずです。今将来の年金財源確保のために消費税率のアップや年金保険料のアップが議論されていますが、政治や役所の今の仕組みを前提にしたものにしか過ぎません。政治家の数を半減させ、高止まりになっている人件費を含む行政の固定コストを思い切って削減し、年金資金などの大半が国債などの低利運用に縛られている現状を改革すれば、多くの年金財源を生み出すことが可能になります。

また、女性や高齢者の、今のお寒い限りの就労環境を改善すると、多くの就労人口を増やすことも可能となります。女性が安心して子育てしながら働ける就労環境はとくに大切で、小学校区ごとに24時間運営の保育所を設けるだけでなく、産休500日間程度の所得保障制度を新たに設けたいと考えています。

 


5、国、地方合わせて774兆円とも言われる膨大な赤字国債があります。国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。


基本的には国債増発の必要性はありません。今の硬直的な財政構造の本となっている、最大の原因である政治家の特権と役所のスリム化を図れば、新たな国債の増発をする必要は一切ないのです。

巨額の債務の存在を根拠に国債暴落論を唱える向きがありますが、日本の現在の国債発行への世界の投資家の応札率は数倍に達し、人気の金融商品であること、日本の純資産、資産から借金を引いた額は、世界有数であることを踏まえると、国の信用の指標となる国債の暴落は根拠のない議論にしか過ぎません。確かに借金である以上、返済をしないとはいけませんが、過度にこの存在を問題化することで、景気対策や国民サービス向上に柔軟に対処すべき本来の財政機能を歪めていることの方がより大きな問題であると考えています。財政の健全化はただひたすら歳出カットするという会計の帳尻合わせではなく、産業を育成し、経済を活発にし、税収を上げる、いわば歳入増を図ることでしか解決しないものです。
 


6、終戦から60年間、米軍が日本に駐留し続けていますが今後も現在の状態が続くべきだとお考えですか。あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。

米軍の駐留問題は日米安保体制とも深く関わってくる問題ですが、この問題を考える上で先ず考えなくてはならないのは、今の世界情勢です。

世界は今、これまでの米国一極主義の時代から、多極化の時代へと大きな転換期を迎えていると見ています。米国は依然として軍事、経済大国であり続けるでしょうが、イラク戦争を契機に世界の嫌米志向が一気に高まったように既に世界の信頼を失い、また、技術力や経済力においても、ITをピークに既に世界の牽引機能が衰退し始めている兆候もあります。その一方、中国やインド、ブラジルの高い成長に見られるように、人口大国の成長が著しい。EUも一つの経済共同体として存在感を増してきているし、ロシアも豊富な資源を背景に独自の成長路線をとりつつあります。

世界経済のグローバル化が進展し、多極化が進む中で、戦後の冷戦構造をベースとしてきた安保、在日米軍の有り様や役割も自ずと変化せざるを得ませんが、依然として日本の政治、外交は硬直した姿勢を維持し続けています。着実に日本、中国を中心に東アジア経済圏が形成されつつある中で、今後は運命共同体の一員として、あるいはパートナーとして日本は自らの役割を果たしていく必要があります。

こうした世界の構造変化を踏まえた、国家戦略が今求められています。そうした展望に立って、日本は近隣諸国との友好関係を維持しながら、独自の防衛力を持つべきです。日本憲法が掲げる平和主義は、悲惨な戦争体験をした国家の英知の結晶であり、この理念を失わずに、専守防衛、国連協調を日本の防衛の原則にすべきと考えています。
 


7、911以来、アメリカは、アフガニスタン、イラクと立て続けに戦争を行いましたがアメリカは、今後どのような軍事的戦略を採ると予想しますか。又、それに伴い、日本にはどういった影響があるとお考えですか。

米国はもはやアフガニスタン、イラクのような戦略は展開できない。多極化に向かう世界情勢の変化もあるし、国内問題もある。最大の問題は、巨額の双子の赤字を抱えており、事実上軍事戦略を遂行できる国力を失ってきたということです。多極化が進展する時代では、国連の役割がより大きなウエイトを占めて来ることとなります。

8、東アジア地域は、北朝鮮問題、台湾海峡問題と未だ大きな問題を抱えていますが、日本にとってこの地域の理想的な姿というのは、どういったものなのでしょうか。又、日本は東アジア地域においてどのような事をしていくべきだとお考えですか。

東アジアは今後世界の多極化の中で大きな経済圏として一体的に発展していくこととなるでしょう。日本はこうした時代の潮流を踏まえ、この経済圏がより一体的に発展するよう、経済的な援助、技術支援を積極的に行っていく必要があります。同時に、隣国故の様々な摩擦、紛争も起きることとなりますので、紛争を調停し、解決するための仕組みづくりも提唱していくべきですし、相互の人的、文化的な交流を一層促進してことも大切です。

9、今後伸ばしていくべき、日本の長所、優れた点とはどのようなものでしょうか。

日本は古来先より進的なものを積極的に吸収ずる進取の気運に富み、和魂洋才のように、いいものは取り入れ、それをうまく日本の伝統や文化と融合させてきたという歴史があります。自然を愛でるという優しい感性を持った国民気質もある。これらはいずれも世界に冠たる素晴らしい国民の資質です。さらには戦後築き上げた貧富の格差の少ない国は、世界に誇る社会的な資産でもあります。

                         
残念ながら、バブル崩壊後、自信喪失か、米国の借り物思考が流行しましたが、改めてこの日本の良さを見直し、とりわけ、人を大事にする伝統、自然を愛でる気質、貧富の格差の少ない社会を再評価し、改めて日本新生の国家戦略を構築していくことが必要と考えています。

回答:田山英次

tayama1.gif

田山英次

1、最も有権者に訴えたい事

2、郵政事業の民営化に賛成、反対?

3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーター、ひきこもり、ニートなどの問題について

4、現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要?

5、国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。
 
6、米軍は日本に駐留し続けるべき? あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。

7、今後のアメリカの軍事的戦略をどう予想しますか。日本にはどういった影響がある?

8、東アジア地域は、日本にとってこの地域の理想的な姿は? どのような事をしていくべき?

9、日本の長所、優れた点とは?
   

1、今回の選挙で最も有権者に訴えたい事は何ですか。

(1)雇用・生活を優先する政治へ

(1)小泉政権は、深刻な雇用・生活不安を生み出しました。失業、不安定雇用、長時間
・過密労働、自殺、過労死など、雇用・労働は異常な状態になっており、その結果生
活に深刻な危機を生んでいます。国民生活よりも企業活動への支援を優先させた結果
です。労働法制は次々に規制が緩和され、長時間・不規則労働を容認しました。年金
・医療保険など社会保障の相次ぐ改悪が、将来不安を拡大しています。私は、政策の
方向性を雇用状況の改善、生活不安の解消に向けていくことが必要だと考えます。

(2)そのために、雇用と労働に関する適正な規制と雇用拡大策を進めていきます。労働
法制では、労働時間規制を強化し、労働時間の短縮、残業・休日労働規制、サービス
残業の廃絶に取り組みます。また、不合理な差別を受けているパート労働者の身分と
待遇の改善のために、パート労働法を改正し、雇用期限終了による雇い止めの制限、
同一価値労働・同一賃金、正規労働者との均等待遇、正規雇用契約への優先的切り替
え措置を実現します。雇用関係では、企業への助成金ではなく、労働者の能力開発・
職業教育・就労支援に力点を置きます。

(3)生活・将来不安の解消のためには、社会保障の安定と持続的な制度確立が不可欠で
す。医療保険ではサラリーマンの3割自己負担を2割に戻す。国民健康保険、政府管
掌健康保険、組合健康保険などに分立している制度を一本化し、都道府県単位で運営
する方向で検討します。(年金問題は後の質問で答えます)

(2)憲法改悪に反対し非武装平和を世界に広める

(1)自民党、財界などの憲法改正論議は、前文と9条とくに9条2項の戦力と交戦権放
棄を焦点としています。つまり軍隊保持の明記と、集団的自衛権行使、自衛隊海外派
兵の道です。こうした戦争の道を許さず、平和国家として、非武装平和の理念を今こ
そ世界にアピールする必要があります。

(2)小泉の外交政策はまったく行き詰まり八方ふさがりになっています。アメリカ一辺
倒でアジアから孤立する道は選択するべきではありません。村山内閣の戦後50年談
話を踏まえ、アジア諸国との歴史認識の統一と相互理解に基づく友好関係を築くこと
が必要です。そのため、アジアの歴史の共同研究を進め、その成果を政府の歴史認識
と教科書の記述に反映していきます。

(3)日米安全保障条約は厳格な解釈と運用を求めます。6000億円に達する思いやり
予算を縮小し、作戦区域が極東を踏み越える海兵隊の撤退を求め、第1軍団司令部の
座間移転には反対します。また、在日米軍の地位協定を抜本的に改定し、米軍による
事故・犯罪行為に対する日本の主権を強めます。

(4)肥大化した自衛隊を縮小します。特に近年は大型輸送船や長距離輸送機、空中給油
機など海外展開能力を強めており、当面して対外展開用の装備を縮小することが課題
です。米ソ冷戦時代に大量配備した戦車も削減すべきです。

(5)非武装平和国家としての日本の理念と目標を世界にアピールし、国連で非核不戦国
家の地位の認定を求めます。アジアでは、日本、韓国、北朝鮮、モンゴルによる東ア
ジア非核地帯をつくり、また、日本、アメリカ、カナダ、中国、韓国、北朝鮮、モン
ゴル、ロシアによる北東アジア総合安全保障会議を創設し、紛争の平和的解決の枠組
みをつくります。

(6)もうひとつ気になる点は、国防の義務などの国民の義務強化の動き、自由には責任
が伴うなどといって権利を制限する動きです。憲法は権力を持つ国や行政に対して、
守るべき義務と侵してはならない国民の権利を定めたものです。国が国民に示す義務
や道徳観ではありません。憲法は主権者である国民のものであって、政府が国民に押
し付けるものではありません。

(7)環境権やプライバシー権など新しい権利への対応から憲法改正が必要だとの意見が
ありますが、憲法が不十分だから権利保障が不十分だとは思いません。環境問題や薬
害への企業や政府の対応、労働者の人権侵害などは、企業の社会的責任放棄、政府の
対応の悪さに原因があると思います。現憲法は新しい権利に対応できる柔軟で優れた
ものです。例えば13条の「幸福追求権」、25条の「生存権、国の社会的使命規定」な
どです。憲法が要請する権利尊重の規定を、行政・立法・司法の柱として生かすこと
が必要です。
 


2、郵政事業の民営化に賛成ですか、反対ですか。 賛成の場合は、どうして民営化すべきなのか、反対の場合は、どうして民営化すべきではないのか、そのメリットとデメリットなど、基本的な考え方をお聞かせ下さい。


反対

 全国どこに住んでいても郵便・貯金・保険サービスを受けることができるサービスは
貴重で、郵便局のネットワークは地域社会の維持に重要な役割を担っています。どこ
に住んでいても短時間で郵便が届きますが、民間業者のメール便や宅配便サービス
は、到着に要する日数がまだ不安定です。金融サービスでも、郡部では年金の受け取
りはたいてい郵便局が利用されています。民営化では、全国一律サービスの崩壊や郵
便局の統廃合など、地方・過疎地のサービスが悪化する可能性が否定できません。国
鉄分割民営化の際も、地方線が次々に廃止されています。

 また、小泉政権が現在の政局の最重要課題としていることも疑問です。雇用・生活問
題など重要な課題はほかに山ほどあります。 


3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーターの問題、ひきこもり、ニートといった社会現象の根本には、どういった問題があるとお考えですか。又、どういった対策が必要とお考えですか。


 企業が目先の利益確保のために採用を抑制し、正規社員をパートや臨時職員に切り
換えていることに原因があります。政府も労働法制の規制緩和によってそれを後押し
しています。若者たちは学校を卒業しても、人生設計や将来を見通すことができる仕
事に就くことができません。努力してもそれが報われる保証はなく、運次第になって
います。これでは若者たちに希望を持って前向きに生きようという意欲がわいてきま
せん。

 企業には社会的責任があるのだということを自覚させるように、政治・マスコミな
ど世論が圧力をかけていく必要があります。政策的な対策としては、「1」で述べた
ことの他、次の政策の実現を目指します。

・公共事業費を、福祉・環境・教育・消防防災などの分野に振り向け、国・自治体な
ど公共部門が率先して雇用創出を図る。

・ハローワーク機能を抜本的に強化し、個々の求職者ごとの再就職支援策を提供でき
るマンツーマン的個別就職支援システム」を整備する。

・理不尽なリストラ、企業の都合が優先される雇用関係を見直すため、裁判例で確立
されている「整理解雇の制限に関する要件」を法制化する。

・整理解雇の必要性(企業の存続に不可欠であること)

・整理解雇を回避するための努力義務を果たしていること(配置転換・内部の職業訓
練など)

・整理解雇対象労働者の選定基準の合理性(差別的理由がないこと)

・対象労働者と労働組合に対する説明責任を果たしていること

 


4、相次ぐ社会保険庁の不祥事などで、若年層を中心に、年金制度への不信感がかつてないほど高まっていますが現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要とお考えですか。


 国民年金は5割が保険料を払わず、無年金者が生まれるなど、制度が崩壊状況にあり
ます。老後の最低生活を保障する年金制度の信頼回復と持続的な安定は、社会不安の
解消のために不可欠です。

 そのため、現在の基礎年金(国民年金)は税を財源として、すべての国民が生活保護
基準に相当する年金(一人8万円程度)を確立します。財源とする税は、能力に応じ
た負担と所得再分配の観点から、所得税の累進性強化と法人税の引き上げで対応しま
す。逆進性の強い消費税を充てることには反対です。その上に2階建て年金として厚
生年金などの被用者年金は保険料方式で運営します。 


5、国、地方合わせて774兆円とも言われる膨大な赤字国債があります。国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。


 日本は他の先進国を大きく上回る赤字を記録しており、債務残高も多額になってい
ます。これ以上借金を増やすべきではなく、早急に単年度収支を均衡させ、債務残高
の縮小に向うべきです。

 財政の改善のためには無駄な支出を削ることも必要ですが、日本は政府部門が大き
いから赤字なのかというとそうでもなく、政府支出は先進国の中では対GDP比でアメ
リカについて低い、相対的に小さな政府です。特に社会保障費や人件費は低い水準で
す。それに比べて公共事業費は抜きん出て高く、重点化して縮小すべきだと考えま
す。

 日本の赤字の原因は歳入が少ないことです。租税の対GDP比は1990年の21.3%
から2002年には17%に低下しました。GDPは約500兆円だから20兆円も歳入が減って
いる計算になります。これは法人税の引き下げや所得税の累進課税の縮小など、企業
金持ち優遇の減税措置を進めた結果です。平均的な年収以下の世帯にとっては、消費
税引き上げと所得税減税で相殺しても増税となっています。従って、景気回復による
税の自然増収のみならず、税負担を改善する必要があるが、負担を求めるためには支
出に対する信頼が不可欠です。不要な事業の廃止や、政府部門・特殊法人の乱脈経営
などにメスを入れることはもちろん、公共サービスを充実させて国民に必要なサービ
スを公平かつ効率的に供給することが必要です。

 支出に対する信頼確立をおこないながら、所得税の累進性強化、法人税の引き上げを
はかって行きます。 


6、終戦から60年間、米軍が日本に駐留し続けていますが今後も現在の状態が続くべきだとお考えですか。あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。


 米軍の日本駐留は必要なく、在日米軍の縮小・撤退を求めていきます。

 日本は非武装・平和の憲法を持っており、「武力による平和」という考えを否定して
います。にもかかわらず外国の軍隊の駐留を認めることは、憲法理念に反します。さ
らに、在日米軍の第7艦隊や海兵隊は、中東までも作戦区域としてカバーしており実
際にイラク戦争にも派遣されています。こうした実態は在日米軍の駐留根拠である日
米安保条約にも違反しています。

 米軍基地のために支出される「思いやり予算」は6000億円に達しており、沖縄な
ど基地を抱える地域の経済や社会生活への圧迫も見過ごせない問題です。

 このままアメリカ一辺倒の外交・安全保障政策を続けていけば、アジア各国との関係
を損います。すでに日本の外交姿勢や歴史認識に対してアジア各国が反発を強めてお
り、小泉内閣の外交は完全に行き詰まっています。「1」の質問で述べたとおり、ア
ジアとの友好関係の確立に努力するべきです。

 「防衛」政策については、何をどのようにして守るのかということが問われなけれ
ばなりません。「武力」によって「国」を守るという道は、第2次世界大戦で多大な
犠牲を日本とアジアにもたらした道です。武力で「国民の命」は守れませんでした。
また政府は専守防衛といいますが、それはまさに日本の国土で戦争を行うということ
であり、国民の犠牲は計り知れません。日本は平和国家として世界の信頼を勝ち取
り、それを最大の「抑止力」として平和を守る道を進むべきです。外交防衛政策につ
いては「1」で述べた点も参照していただきたい。
 


7、911以来、アメリカは、アフガニスタン、イラクと立て続けに戦争を行いましたがアメリカは、今後どのような軍事的戦略を採ると予想しますか。又、それに伴い、日本にはどういった影響があるとお考えですか。



 冷戦後アメリカは、ソ連との核・大規模戦争に備えるという戦略から、アメリカの
権益を侵す世界各国で同時に発生する可能性のある紛争に同時に対処するという戦略
に転換して行きました。9.11以降は、さらに先制攻撃も辞さないという姿勢を
とっています。

 世界中の紛争に対応するためには、補給や輸送、資金面などで同盟国の協力が必要
で、そのため日本に対しても、90年代以降日米共同作戦実施に向けた法整備が進め
られてきました。それが日米新ガイドライン締結以降の、有事法制制定の背景です。

 こうしたアメリカの戦略に追随して行くならば、日本はアメリカと共にアジアの
国々と闘い、あるいは世界中のどこにでもアメリカの同盟軍として自衛隊を派遣する
という道に進むことになります。それはこれまでも述べたとおり、アジアからの孤立
の道です。

 護憲・平和の姿勢を堅持し、アメリカ追随の外交・安全保障政策を転換することが
必要です。

 


8、東アジア地域は、北朝鮮問題、台湾海峡問題と未だ大きな問題を抱えていますが、日本にとってこの地域の理想的な姿というのは、どういったものなのでしょうか。又、日本は東アジア地域においてどのような事をしていくべきだとお考えですか。


 これまでも述べたとおり日本は、周辺国の信頼を得るどころか、警戒され、信頼を
失っています。侵略の責任と歴史認識をあいまいにする小泉内閣は、アジアで孤立
し、八方ふさがりとなります。

 信頼確立を基礎に、平和と安定のための多国間強調の枠組み作りに努力するべき
で、北朝鮮の核開発を止め、朝鮮半島と日本・モンゴルにまたがる非核地帯の創設、
北東アジア、環太平洋での総合的安全保障協議機関設置に努力する必要があると考え
ます。
 


9、今後伸ばしていくべき、日本の長所、優れた点とはどのようなものでしょうか。


 教育水準が高く勤勉な点。しかし、最近学力低下が指摘されているし、せっかく教
育を受けても働き口がないなど、長所が生かされていません。

 ゆとり教育の見直しが議論されているが、考える力を養うという方向性は間違って
いません。しかし教えるべき内容を制限するなど、基礎学力を軽視することはマイナ
スだと思います。学力向上と考える力を両立させるには、授業時間の問題だけではな
く、少人数学級の実現により、教える側と教わる側双方のゆとりが不可欠です。

 また、雇用政策で述べたように若年雇用を改善することにより、若者が意欲を持っ
て学習に取り組める社会をつくって行くことが必要です。
 

回答:五島平

gotou.jpg


五島平


1、最も有権者に訴えたい事


2、郵政事業の民営化に賛成、反対?


3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーター、ひきこもり、ニートなどの問題について


4、現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要?


5、国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。

 

6、米軍は日本に駐留し続けるべき? あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。


7、今後のアメリカの軍事的戦略をどう予想しますか。日本にはどういった影響がある?


8、東アジア地域は、日本にとってこの地域の理想的な姿は? どのような事をしていくべき?


9、日本の長所、優れた点とは?

   


1、今回の選挙で最も有権者に訴えたい事は何ですか。


 年金は下げられ、そのうえ大増税による暮らし破壊の政治がすすめられ、さらに、憲
法9条を変える動きも強まっています。不安と痛みだけを押しつける自民党・公明党
の政治に審判を下し、希望のもてる政治をつくるために全力でがんばります。そうし
たなかで、民主党は「脱野党」と宣言し、消費税増税や改憲では与党と同じ立場で
す。これでは、政治はますます悪くなるばかりではないでしょうか。

 国民の声にこたえるまっとうな野党として、小泉政権と対決してがんばっているのが
日本共産党です。憲法9条を生かし、くらしを良くするみなさんの願いを、私、五島
平におよせください。

  (主な公約)

1、消費税増税に反対し、くらしと営業を守ります。

2、年金切り下げ、介護保険の改悪をやめさせ、国民が願う社会保障制度をつくりま

3、憲法9条を守り、イラクから自衛隊を直ちに撤退させます

4、保育所の待機児童の解消、三十人学級」を実現します。

5、サービス残業の一掃、若者の雇用対策をすすめます。

6、カネで政治をゆがめる企業・団体献金をなくします。
 


2、郵政事業の民営化に賛成ですか、反対ですか。 賛成の場合は、どうして民営化すべきなのか、反対の場合は、どうして民営化すべきではないのか、そのメリットとデメリットなど、基本的な考え方をお聞かせ下さい。


 民営化は、郵便事業の全国共通のユニバーサルサービスを損ない、過疎地で唯一の金
融機関の役割を果たしている郵貯・簡保が撤退してしまうなど、百害あって一利な
し、反対です。郵政職員の給与は事業収入でまかなっており、民営化して税金支出を
減らすという話も事実に反します。350兆円の郵貯・簡保を狙って対日規制緩和要求
をしているアメリカの外資や日本の銀行業界の不当な要求に屈したものでしかありま
せん。 


3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーターの問題、ひきこもり、ニートといった社会現象の根本には、どういった問題があるとお考えですか。又、どういった対策が必要とお考えですか。


 いま、青年には、「超氷河期」の就職難が続き、フリーターや派遣など、不安定で
低賃金の働き先しかない、という状況が広がっています。この根源には、ひたすら人
件費を削ることを最大の目標に、「目先の利益」しか考えない企業経営がまかりと
おっているからです。また、自民党政権は、大企業のリストラを支援する法律をつく
り、労働者派遣事業の規制をどんどん取り払って、「派遣」や「契約社員」を広げる
など、青年の雇用や労働条件をいっそう困難にしています。

 青年に生きがいある仕事の保障していくことは、何よりも政治の責任です。そのため
には、雇用の抜本的転換こそが、青年の就職・雇用問題の解決のカギです。日本共産
党は、雇用を守り、増やす政治に転換し、(1)産業や企業をダメにする長期の採用抑制
を中止し、実効ある雇用拡大策をすすめる(2)教育、介護、医療、防災など国民生活に
必要な仕事、くらしを支援する仕事の分野で人手不足の解消をすすめ、数十万〜数百
万人の新しい雇用をつくる(3)青年失業者・新卒未就職者に仕事や職業訓練を保障する
(4)国や自治体が援助し、失業中の青年に臨時でもやりがいのある仕事を保障すること
など、緊急対策をすすめます。 


4、相次ぐ社会保険庁の不祥事などで、若年層を中心に、年金制度への不信感がかつてないほど高まっていますが現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要とお考えですか。


 負担は上限なく上がり続け、給付は底なしで下がり続けるという、年金改悪法を廃止
し、年金改革を国民の願いそってやり直します。その要として、厚生年金、共済年
金、国民年金の共通の土台(1階部分)として、全額国庫の負担による最低保障年金
制度をつくります。この制度の導入で、国民年金や厚生年金の低額年金の問題、無年
金者の問題、年金の空洞化の問題など、今日の年金制度が抱える諸矛盾を根本的に解
決する道を開きます。最低保障額はさしあたり月額5万円からスタートさせ、最終的
には「国民の生存権」を保障する水準をめざします。このための財源は、道路特定財
源の一般財源化、ムダな公共事業や軍事費等の歳出削減と、大企業・高額所得者の減
税の見直しで確保します。将来的には、大企業の負担をヨーロッパ諸国の水準に近づ
けることで財源を確保し、消費税増税など新たな国民負担は求めるべきではないと考
えます。こうすることによって、将来の年金不安をなくし、国民の年金離れを解決で
きます。 


5、国、地方合わせて774兆円とも言われる膨大な赤字国債があります。国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。


 国・地方あわせて774兆円という長期債務残高は、外国諸国と比較してもきわめて
深刻な状況にあります。現時点で国家財政は事実上破綻状況に陥っており、これ以
上、あらたに借金を増やなんてとんでもありません。ところが、政府の財政試算で
は、さらに国債発行額を増大させるものとなっています。

 財政再建のためには、財政破たんの最大の原因となっている、異常に膨張した公共事
業費に徹底的なメスを入れ、段階的に半減させること、公的資金投入など大銀行への
税金投入の仕組みの廃止、軍事費の大幅な削減などによる歳出の改革をおこないま
す。また、大企業・高額所得者優遇の不公平税制を是正し、ヨーロッパ並みに応分の
負担を求める歳入の改革をおこないます。こうした措置によって、国民に必要な社会
保障の財源を確保しながら、国債発行を計画的に減らし、財政再建の道にすすんで行
くことが可能です。 


6、終戦から60年間、米軍が日本に駐留し続けていますが今後も現在の状態が続くべきだとお考えですか。あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。


 日本は、韓国やドイツとともに米軍基地が集中する国です。しかも、海兵隊の恒久的
な基地や、米海軍の空母攻撃群などが置かれているのは、米本土以外では日本しかあ
りません。さらにいま、米軍は現在、地球規模での態勢見直しを進めており、在日米
軍基地を基本的に維持したまま、全世界への戦力投入拠点として、いっそうの機能強
化をねらっています。米軍がこれだけの基地を維持できるのは、日米安保条約と、同
条約にもとづいて米軍の特権を定めた日米地位協定があるからです。

 日本共産党は、21世紀の早い時期に日米安保条約を廃棄し、日本から米軍基地をな
くし、非同盟・平和・中立の道に転換して、世界とアジアの平和・友好に貢献する日
本にします。日米安保条約の廃棄によって、日本国民は米軍基地の重圧から解放さ
れ、アメリカのひきおこす戦争に動員される危険な道から解放され、それはまた、世
界とアジアの平和にとって、希望ある巨大な変化をつくりだすことになります。

 安保の鎖をたちきった独立・中立の日本は、アメリカと対等・平等の関係にたった真
の友好関係へと前進することは、世界の平和と進歩への大きな貢献となり、日本の安
全を保障するもっとも確実な道をひらくことになります。安保条約を廃棄した独立・
中立の日本の安全保障については、中立日本の主権の侵害を許さない政府の確固とし
た姿勢と、それをささえる国民的団結を基礎に、急迫不正の主権侵害にたいしては、
警察力や自主的自警組織など憲法九条と矛盾しない自衛措置をとります。 


7、911以来、アメリカは、アフガニスタン、イラクと立て続けに戦争を行いましたがアメリカは、今後どのような軍事的戦略を採ると予想しますか。又、それに伴い、日本にはどういった影響があるとお考えですか。


 米国が、ブッシュ政権のもとで策定・推進している新しい軍事戦略・一国覇権主義
は、以下の要素からなりたっています。それは、「テロ」、「大量破壊兵器」への対
抗を名目にした先制攻撃、国連の役割を否定し、米国の独断で武力行使をおこなう単
独行動主義、軍事力による政権転覆、領土占領、政権の押しつけなど、新しい植民地
主義、核兵器の一方的使用戦略と、使いやすい新型の小型核兵器の開発、将来、米国
の競争者になる潜在的可能性を持つ国にも攻撃の矛先を向ける、というものであり、
どれ一つをとっても、国連憲章にもとづく平和の国際秩序を根底からくつがえす、危
険きわまりないものです。こうしたブッシュ戦略は、アジアにも緊張感をもたらし、
とりわけ、日本政府が、アメリカに追随し、イラクへの自衛隊派兵をはじめ、「テ
ロ」特措法、有事立法の強行など海外兵国家づくりをすすめていることは重大です。

 しかし一方では、アメリカの一国覇権主義は、自己破綻(はたん)を深めていま
す。その最初の本格的な発動となったイラク侵略戦争は文字通り泥沼化に直面し、ア
フガニスタンやイラクで現実に進行している事態は、戦争が、テロと暴力の土壌を拡
大するだけで、その解決にはならないことを証明しています。軍事力にのみ依拠した
「国際秩序」などは、決してつくれるものではなく、アメリカがつきすすんでいる一
国覇権主義の道には、決して未来はありません。これに無条件に追随する日本政府の
態度も大きく問われるものとなっています。

 日本共産党は、一国覇権主義に反対し、国連憲章にもとづく平和の国際秩序を築きあ
げるために、国内外で引き続き力をつくしていきます。 


8、東アジア地域は、北朝鮮問題、台湾海峡問題と未だ大きな問題を抱えていますが、日本にとってこの地域の理想的な姿というのは、どういったものなのでしょうか。又、日本は東アジア地域においてどのような事をしていくべきだとお考えですか。


 日本政府の日米安保にしばられたアメリカいいなりの外交姿勢は、「アジアの一員」
として、日本がこの地域の平和と安定に貢献する自主外交をすすめるうえで重大な障
害になっています。いま、東アジア全体で、各国の自主性、多様性を尊重しながら、地域
の平和確立を最大の目標に、経済・文化面でも協力を発展させる動きがすすんでいま
す。「東アジア共同体」をめざす構想や、東南アジア諸国連合(アセアン)の呼びかけで中
国・インドをふくむアジア全域にまたがる友好協力条約が結ばれたことも、この大きな
あらわれです。日本も「アジアの一員」として、この流れに積極的に合流すべきです。

 日本共産党は、こうした立場に立って、(1)紛争問題を解決するさい、軍事優先ではな
く、話し合いによる平和解決を最優先し、国連憲章が定める「平和のルール」を厳守する
(2)アメリカ外交偏重、サミット外交偏重を正し、アジア外交を日本外交の中心にすえる
(3)アメリカであれ、どんな大国であれ、他国への追随外交ではなく、日本国民の立場に
立ち、道理によって世界に働きかける自主・独立の外交を築く(4)侵略戦争と植民地支配
への反省を、アジア外交に取り組む大前提として内外に明らかにする、という「日本外
交の四つの転換」をすすめ、平和と友好の流れに合流するアジア外交にきりかえます。
北朝鮮問題、台湾問題等については、あくまで外交的・平和的手段によるべきであっ
て、戦争につながるあらゆる動きを許さないことが重要です。 


9、今後伸ばしていくべき、日本の長所、優れた点とはどのようなものでしょうか。



 わが国の憲法は、“戦争はしない、軍備はもたない”と決めた第9条はもとより、
国民の人権を豊かに多面的に保障している点でも、世界でもすすんだ誇るべき憲法で
す。この憲法を国政の土台にしっかりすえて、平和・人権・民主の優れた理念を、2
1世紀の「国づくり」に生かしていくことが、これからの日本の将来にとってきわめ
て大切なことであると考えます。

 もう一点は、世界第二位の日本の経済力を国民のくらしの安定と向上に振り向けるこ
とです。いまの日本の経済力の絶対水準からいえば、国民全体の生活を基本的に保障
できるだけの力をもっています。日本と他のアジア諸国との対比をしてみても、一人
当たり国民総生産はで、30倍以上にものぼる経済力の違いがあります。その経済力の
使われ方が、大企業や高額所得者の利益中心でなく、国民全体の生活を保障する方向
にきりかえることによって、医療、雇用、年金など生活の基礎的な条件を抜本的に改
善していくことができます。 

回答:門間由記子

monma.jpg

門間由記子


1、最も有権者に訴えたい事


2、郵政事業の民営化に賛成、反対?


3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーター、ひきこもり、ニートなどの問題について


4、現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要?


5、国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。

 

6、米軍は日本に駐留し続けるべき? あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。


7、今後のアメリカの軍事的戦略をどう予想しますか。日本にはどういった影響がある?


8、東アジア地域は、日本にとってこの地域の理想的な姿は? どのような事をしていくべき?


9、日本の長所、優れた点とは?

   


1、今回の選挙で最も有権者に訴えたい事は何ですか。


 三つあります。
 一つは、地域経済の活性化です。伝統産業・仙台箪笥の店に生まれ、地域の方々に支えられて育つ中で、厳しい中小企業の経営や、衰退していく商店街を目の当たりにしてきました。中小企業対策・雇用対策を徹底し、地域経済が活性化することが、日本の未来の元気につながると確信しています。
 二つ目は、年金の一元化という抜本改革による将来の安心です。政府の小手先の改革や社会保険庁官僚の腐敗、年金財源の年金給付以外への流用などにより、公的年金制度を中心とした社会保障に対する国民の信頼は大きく揺らぎつつあります。
 三つ目は、教育や育児サポートなど、子どもたちと家族、そして地域の再生です。子どもを産みやすい環境、育てやすい環境を地域が一丸となってつくり上げることで、地域社会の再生をはかります。

 


2、郵政事業の民営化に賛成ですか、反対ですか。 賛成の場合は、どうして民営化すべきなのか、反対の場合は、どうして民営化すべきではないのか、そのメリットとデメリットなど、基本的な考え方をお聞かせ下さい。


 小泉流の郵政民営化案には反対します。郵便は全国どこでもサービスが受けられることを前提に、改革を進めます。
 しかし、最も大きな問題は、郵貯・簡保を通じて私たちのお金が特殊法人などに流れ、無駄遣いや役人の天下り費用に使われていることです。
 小泉さんの民営化案は、この問題にまったく手をつけていません。民主党は、まず規模を縮小してお金の流れを正常化し、無駄使いの温床を確実に改革します。

 


3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーターの問題、ひきこもり、ニートといった社会現象の根本には、どういった問題があるとお考えですか。又、どういった対策が必要とお考えですか。


 若年層の就職難の背景には企業の人員削減、新規採用抑制といった問題がありますが、まずは自立を希望する若者へのマンツーマンの就労支援、民間企業等での職業訓練、同年代によるカウンセリング等が必要と考えます。

 


4、相次ぐ社会保険庁の不祥事などで、若年層を中心に、年金制度への不信感がかつてないほど高まっていますが現在の20代、30代が、65歳になった時に、 年金が安定的に支給されるようにするためには、どういった対策、政策が必要とお考えですか。


 小泉政権は、国民の7割が反対する改正案を強行採決し、保険料を値上げし、給付は減らし、しかも支給開始年齢は先送りするという最悪の小手先対策を行いました。
 民主党は、まず年金財源から無駄な流用をやめさせます。その上で抜本改革として、(1)すべての年金制度を職業による格差がないよう一元化します。(2)保険料は、「所得に応じて負担し、負担に応じて給付」を受けられるようにします。(3)もちろん一定所得以下の方の年金を保障するために「最低保障年金」を税金から給付します。

 


5、国、地方合わせて774兆円とも言われる膨大な赤字国債があります。国債市場の暴落を招くことなく日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。


 国債は国の借金です。借金ができる範囲は、国であれ、企業であれ、個人であれ、その借り入れを行う人の信頼にかかっています。これは銀行の貸し付けを「与信」ということからも明らかです。
 問題は政府の信頼性にあります。現在のように自民党族議員や霞が関官僚の既得権益を維持するためにムダな税金を使っていれば、政府の信頼性が失われ、早々に借入を行うことは困難になると思います。
 予算のムダや不要不急の事業を徹底的に削減し、将来の財政健全化の具体的なプランを示すことが必要です。「どこまで借金できるのか」よりも、「もう借金はできる限り増やさない」ことを、国民が納得できる形で示すことが必要です。


 


6、終戦から60年間、米軍が日本に駐留し続けていますが今後も現在の状態が続くべきだとお考えですか。あなたにとっての理想の日本の防衛体制をお聞かせ下さい。


 戦後、日本は日米安保体制のもと、平和と安定を維持してきました。東西冷戦の終焉を経て、ベスト・ミックスの視点から、防衛体制の見直しは必要であり、必要のない基地の削減は求めていくべきですが、今後も日米安保体制を柱の一つにした防衛体制が必要です。

 


7、911以来、アメリカは、アフガニスタン、イラクと立て続けに戦争を行いましたがアメリカは、今後どのような軍事的戦略を採ると予想しますか。又、それに伴い、日本にはどういった影響があるとお考えですか。


 第2期ブッシュ政権に入り、より協調を重視する姿勢が見られます。また、同盟国が自分で守れるようにするという考えに基づいているのが、米軍のトランスフォメーション(変革・再編)の流れであり、それに基づけば、沖縄の米軍基地はじめ駐留米軍基地の整理・縮小も進むでしょう。

 


8、東アジア地域は、北朝鮮問題、台湾海峡問題と未だ大きな問題を抱えていますが、日本にとってこの地域の理想的な姿というのは、どういったものなのでしょうか。又、日本は東アジア地域においてどのような事をしていくべきだとお考えですか。


 六者会談の充実を図りながら、この地域の信頼醸成及び協力のための枠組み(仮称:北東アジア・フォーラム)の創設に取り組み、東アジアの更なる発展の基盤を強固にしていくことが重要です。

 


9、今後伸ばしていくべき、日本の長所、優れた点とはどのようなものでしょうか。


 地域コミュニティにおける人のつながりです。国民一人ひとり、それぞれの地域が持っている個性を引き出し、お互いを支えあう地域の信頼を伸ばし、平和と経済的繁栄をさらに確かなものとしていきます。

 

2005年04月17日

衆議院宮城2区補選 公開質問状

選挙のたびにおちいる慢性的な候補者の情報不足、いったい何を基準にして、だれに投票をすればいいのでしょうか?

仙台インターネットマガジンは、六回目となり名物企画の「候補者に送る公開質問状」を、24日に迫りました衆院宮城2区補選におきまして、開催します。全候補者に質問状をおくり、全候補者から回答を得ることができました。

今回の質問は、問題の本質を候補者がどのように考えているかという観点、そして若者の視点から質問を作成しました。候補者の意見にバイアスをかけることなく、回答をそのまま全文で公開しています。

みなさまの、投票の参考になれば幸いです。

仙台インターネットマガジン代表 佐藤研一朗    2005年4月16日

 

衆議院宮城2区補選 公開質問状 トップ

全候補者(回答順)

tayama1.gif

田山 英次(たやま えいじ)
44 党県副幹事長社 新

>>>>質問の回答へ

>>>>プロフィール

kikuti.gif

菊地 文博(きくち ふみひろ)
44 前県議   無 新

>>>>質問の回答へ

>>>>プロフィール

 

gotou.jpg

五島  平(ごとう たいら)
54 党県常任委員共 新

>>>>質問の回答へ

>>>>プロフィール

akiba.jpg

秋葉 賢也(あきば けんや)
42 県議自  新 推【公】

>>>>質問の回答へ

>>>>プロフィール

monma.jpg

門間由記子(もんま ゆきこ)
30 大学院生  民 新

>>>>質問の回答へ

>>>>プロフィール

 

 ・公開質問状

1、今回の選挙で最も有権者に訴えたい事は何ですか。




2、郵政事業の民営化に賛成ですか、反対ですか。
  賛成の場合は、どうして民営化すべきなのか
  反対の場合は、どうして民営化すべきではないのか
  そのメリットとデメリットなど、基本的な考え方を
  お聞かせ下さい。




3、若年層の失業率の高さ、それに伴うフリーターの問題
  ひきこもり、ニートといった社会現象の根本には
  どういった問題があるとお考えですか。
  又、どういった対策が必要とお考えですか。




4、相次ぐ社会保険庁の不祥事などで、若年層を中心に
  年金制度への不信感がかつてないほど高まっていますが
  現在の20代、30代が、65歳になった時に
  年金が安定的に支給されるようにするためには
  どういった対策、政策が必要とお考えですか。




5、国、地方合わせて774兆円とも言われる膨大な
  赤字国債があります。国債市場の暴落を招くことなく
  日本は何兆円まで借金を増やすことができるとお考えですか。


 

6、終戦から60年間、米軍が日本に駐留し続けていますが
  今後も現在の状態が続くべきだとお考えですか。
  あなたにとっての理想の日本の防衛体制を
  お聞かせ下さい。




7、911以来、アメリカは、アフガニスタン、イラクと
  立て続けに戦争を行いましたが
  アメリカは、今後どのような軍事的戦略を採ると
  予想しますか。又、それに伴い、日本には
  どういった影響があるとお考えですか。




8、東アジア地域は、北朝鮮問題、台湾海峡問題と
  未だ大きな問題を抱えていますが
  日本にとってこの地域の理想的な姿というのは
  どういったものなのでしょうか。
  又、日本は東アジア地域において
  どのような事をしていくべきだとお考えですか。




9、今後伸ばしていくべき、日本の長所、優れた点とは
  どのようなものでしょうか。
   

2005年04月25日

個展のお知らせ

折原真樹です。5/14土〜5/21土まで『タンデム』という展覧会を開催します。
自分自身、初の試みとして、80インチのスクリーンにプロジェクターで
自作アニメーションを上映したり、Tシャツ、ポスター、写真の展示を予定しています。
興味のある方、お近くの方、見にきて下さい。
2005年5/14土〜5/21土 10:00〜18:00 会場:中本誠司現代美術館
オープニングパーティー 5/14土 17:00〜20:00(500yen)
中本誠司現代美術館
〒981-0923 宮城県仙台市青葉区東勝山2-20-15
TEL&FAX 022-272-7100
http://www.seishinakamoto.com
コンセプト
友達は自分を写す鏡という。
これは、自分を戒める言葉であると共に、自分と他人は何かしら共通点を持った者同士、という
言葉だと思う。
今まで出会った周りの人や家族、友達の作品に焦点を当て、そこからつくりあげたものを展示する。
グループ展でも個展でもない、もっと曖昧な、お互いの感情の混じりあった、内面的な作品展。
タンデム(TANDEM)とは、
前後[縦]に並んでという意味やバイク・自転車の二人乗り、パラシュートを二人で飛ぶことを
意味します。今回は、もっと広い意味で、お互い影響しあい、高めあっていく仲間、たとえ離れて
いても共通点を持った仲間同士という意味も含め、タイトルにしています。

About 2005年04月

2005年04月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年03月です。

次のアーカイブは2005年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。