強烈な第一印象でみんな幸せになっちゃうようなアイディア1

2005年06月05日

強烈な第一印象でみんな幸せになっちゃうようなアイディア1

[投稿者:佐藤研一朗]

http://www.im-sendai.jp/archives/2005/03/post_88.html
からのつづき

2005年6月4日記

そういうわけで、去年の秋、学校の課題として、この企画はスタートした。どうせなら、自分が住んでいて、学校があるダウンタウンを盛り上げる企画にしようと思い立った。私が最初に眼をつけたのはミッドタウンプラザだ。


a02.jpg


ロッチェスターのダウンタウンは半径一キロくらいのインナーループと呼ばれる自動車の環状線に囲われた街の中心部のことだ。このあたりは、30年前までは、本当に栄えていて、ロッチェスターの娯楽、買い物をする中心街だった。しかし、街が郊外に広がって行くにしたがい、巨大なショッピングモールが郊外に建ち並び、人足はどんどんダウンタウンから遠ざかっていった。

このダウンタウンの真ん中に、ミッドタウンプラザがある。40年前、このミッドタウンプラザは、アメリカ初の屋内モールとして、完成した。どれだけ、このロッチェスターが昔栄えていたか、象徴するような話だ。このモールにはたとえば、三越や仙台で言う藤崎のような高級百貨店が入っていて、ここを中心としてダウンタウンが栄えていたわけだ。


20年前、これらの百貨店が郊外の巨大なショッピングモールに移転していらい、このビルの大部分が空っぽのまま放置されている。このミッドタウンプラザには14階建てのオフィススペースと、ホテルが併設されているが、14階のうち、たった3階分しか、オフィスがはいっていない。ホテルはとうに閉鎖された。最上階にあった眺めがすばらしい高級レストランも悲しいかな、すでに廃業してながい。このミッドタウンプラザは、このロッチェスターを象徴しているかのようだ。

このダウンタウンの中心部にどてんと構える、ミッドタウンプラザは、ダウンタウンの再開発の鍵を握る場所だ。実は、ここにカジノを持ってこうようという計画が合ったのだが、やはり保守的なロッチェスター、反対が相次ぎ、計画は思うようにすすでいない。私も個人的には非常にこの案に、反対だ。いくら寂れたダウンタウンといえど、ロッチェスターの中心にカジノを持ってくるというのは、とうてい正気の沙汰とはおもえない。犯罪率の増加や、インディアンが経営するので、税金がカジノからとれないということへの懸念もあるが、これをつくったらカジノがロッチェスターの象徴になるのは間違いがない。これはちょっと悲しすぎる。


そう、だから、本当にいいアイディアが必要なのだ。「強烈な第一印象でみんな幸せになっちゃうような。」すばらしいアイディアが。(ブルーハーツ 旅人)


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2005年06月05日 00:00
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/354

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space