強烈な第一印象でみんな幸せになっちゃうようなアイディア4

2005年07月07日

強烈な第一印象でみんな幸せになっちゃうようなアイディア4

[投稿者:佐藤研一朗]

このミッドタウンプラザ、音楽、アート公園化計画は、いいアイディアだけど、ダウンタウンを変えるほどの、インパクトがない。まず、だいたいにして、郊外にすんでいる人は、普通ダウンタウンなんかにきたりしない。いくらミッドタウンプラザがきれいになったとしても、わざわざ、車でダウンタウンまできて、その上駐車代を払って、そこで時間をつぶそうとはしないだろうとおもう。そうなると、ダウンタウンに住んでいる3000人と、ここで仕事をしている40000人が客層になるのだけれど、これでは分母としての客が少なすぎる。


そして、いままで、ダウンタウンにきたことがない人を連れてこなければ、この企画は成功とはいえないだろう。やはり建物のなかでやる企画は難しい、そとから見て違いがみえないからだ。やっていることがそのまま宣伝にならない。だから、よっぽどのことがなければ、なかなか建物の中に、人を建物の中に引っ張って来るのは難しい。もっと人の目にとまる、目に見えるドラマチックな変化が必要なのだ。



もっとなにか工夫が必要だなあと思いながら、少し冷え込む冬の夕方、空っぽなメインストリートをぶらぶらと歩いていた。ふと見上げると、私が通っている学校の大きな広告が目にとまる。MCC(Monroe Community College)という文字と、そのとなりには、小さな男の子が上を向いて空を眺めている白黒の大きな写真が目についた。「ああ、これだ!」と思わず、日本語で叫んでしまった。となりを歩いていた黒人のおじさんが、なにをいってんだという怪訝な目でこちらを見ている。


私はかまわず、想像を続ける。もし、こういう巨大な写真を町中に貼り付けたら、街自体が変われる。まさに目に見えるドラマチックな変化だ。そうだ。どうせなら、世界一大きい写真展にしてしまおう。そうすれば、ロッチェスター以外からも、人が沢山訪れるだろう。この町はコダックの本社があって、その歴史とともに歩いてきた町だ。たとえば、日本で言えば、とよたと豊田市のようなものだ。そのほかにも、ゼロックスの国内本社ある。たまに、ロッチェスターをさして、Image Center とよぶくらいだから、この企画にみんな賛成してくれるだろう。ましてこのダウンタウンを本当のImage Centerにすることを、反対する人はいないだろう。こうして、強烈な第一印象でみんな幸せになっちゃうようなアイディアはうまれたのだ。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2005年07月07日 01:23
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/359

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space