回答:梅原克彦

2005年07月24日

回答:梅原克彦

[投稿者:仙台インターネットマガジン編集部]

プロフィールへ

1、今回の選挙で最も有権者に訴えたいことは何ですか。

(回答)

市民の皆さんとともに、多くの「仙台ブランド」をつくり出し、これを国内はもとより、国際的にも発信していくことなどで歳入増をはかり、仙台の活力を回復して、市民の暮らし満足度日本一の都市を実現したい、ということです。

2、中央政府と地方自治体の理想的な関係とはどのようなものでしょうか。また、地方財政自立改革、いわゆる「三位一体改革」について、どのようにお考えですか。

(回答)

中央政府にしかできないこと(外交安全保障など)以外は、地方自治体にその権限と財源を大幅に移譲すべきです。そのため本当の意味での三位一体改革を進めるとともに、地方自治体も徹底した行政改革の推進や、自立のための体力づくりなど、一層の自助努力に努めるべきです。また、その都市の力強いシティーセールスを進めるため、市長の交渉力・営業力も大切です。

3、仙台市が90億円をかけてつくった屋内スポーツ施設のシェルコム仙台(通称 仙台ドーム)をどう評価しますか。どのような背景でこの建物ができたか、今後この建物をどう運営していくべきか、ご意見をお聞かせください。

(回答)

当初の心配とは違って、現在では連日各種のスポーツ競技などに活用されています。今後は、市内だけではなく、全国的なスポーツ大会の誘致をはかるなど、この施設の一層の有効活用を進めます。

4、地下鉄・南北線は年間実質約33億円の赤字(平成17年度、経常赤字20億円+一般会計補助13億円)ですが、あなたは四年の任期内に南北線を黒字運営にすることができますか。そのためにどのような政策がありますか。

(回答)

努力次第で、単年度の黒字化は十分に可能です。特に、パークアンドライドの拡大などによって、車通勤から地下鉄利用への転換を進めるとともに、一層の沿線開発などにより着実な利用者増をはかります。

5、地下鉄東西線が今回の選挙の大きな争点になっています。交通網の整備の必要性は理解できますが、財政難の中あえて2700億円の地下鉄東西線の建設をしなくてはいけない理由を教えてください。また仙台市が予想している開業約10年で単年度黒字化という採算予定は妥当性があるとお考えですか。

(回答)

車中心の交通体系から電車など公共交通中心の交通体系への転換は、時代の要請であり、環境保全上からの要請でもあります。100年先の仙台を考えたとき、その意味も含めて東西線の整備は必要不可欠な事業です。私は、この政策の正しさは100年後には必ず証明されると確信しております。
また、10年間での単年度黒字化は、建設費の一層の削減と、乗客増に向けたさらなる努力を尽くせば、十分可能であると考えます。

6、地下鉄の代替案として、拡張性が高く低コストで、現在宇都宮市で導入が検討されているLRT(Light Rail Transit 最新型路面電車)などの交通網の導入は視野にあります
か(宇都宮市の見積もりでは、路線延長15キロで建設費360億円、地下鉄東西線は13・9kmで2700億円)。 また、同じ予算を使うなら、低コストのLRTを東西だけでなく、他の地域に広げたほうが、渋滞緩和や、経済効果、沿線の発展、地域間の格差解消、仙台市が提唱する居住地から都心まで30分圏が実現するという意見をどのように考えますか。

(回答)

東西線をLRTにした場合、青葉通りのケヤキは、その大半を伐採しなければなくなるのではないでしょうか。さらにLRTで八木山の坂を登ることは技術的にみても困難です。したがって、東西線をLRTとすることは事実上不可能と考えます。ただし、南北線や東西線を補完する交通機関としての、LRTは十分検討に値します。

7、現在の市の債務はいくらですか。あなたが市長になった場合、4年後にはいくらになると予想していますか。どこを削り、どの収入が増えるのか、その簡単な内訳を教えてください。

(回答)
平成16年度末で、一般会計で7266億円です。これを4年後に6000億円程度まで削減できるよう、努力していきたいと考えております。そのため、人員削減を含め徹底した行財政改革や4年間で30億円を目標にした遊休地の処分などを進めるとともに、強力なトップセールスによる企業誘致や観光客誘致などによって、歳入増をはかります。

8、今後、伸ばしていくべき仙台の長所、優れた点は、どのようなものでしょうか。

(回答)
自然と緑あふれる杜の都、また藩政時代から続く歴史と伝統、さらに東北大をはじめとした産・学・官の協力による学術文化や科学技術、そして牛タンや冷やし中華などの身近な仙台ブランドの存在。こうした仙台の優れた点をさらに充実・発展させ、市民の暮らし満足度日本一の都市を実現して参ります。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 仙台インターネットマガジン編集部 : 2005年07月24日 03:32
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

コメント

LRTなら青葉通りのケヤキを一本も伐採する必要はありません!
逆にこんな素敵な光景がみれます

http://photos.yahoo.co.jp/sendai_lrt_goseiphoto

投稿者 ミニ@仙台 : 2005年07月28日 07:10

最大公約数の姿勢市制市政より最小公倍数の
 市政市井資性で、しんけんにリード指導していただきたいです。

投稿者 さとうまさみ : 2005年11月17日 20:53
blank_space
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/373

このリストは、次のエントリーを参照しています: 回答:梅原克彦:

Title: お奨めのウィルス対策ソフト
Excerpt:  今日は、仙台市長選挙でした。即日開票の結果、無所属新人の梅原克彦氏(51)が、元民主党衆院議員の鎌田さゆり氏(40)らを抑え、初当選しました。今回は、パッとし...[続きを読む]
From: Windowsパソコンとの戦い!from 仙台
Date: 2005.08.01
blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space