みんなの支持をうけながらLRTを導入する方法 地下鉄東西線の代替案

2005年08月01日

みんなの支持をうけながらLRTを導入する方法 地下鉄東西線の代替案

[投稿者:佐藤研一朗]

みんなの支持をうけながらLRTを導入する方法

じゃあ、どうやってみんなの支持をうけながらLRTを導入していくか次のに考えていこう。

まず私が、最初に新しい市長に提案をしたいのは、市民の声、財政難を理由に、地下鉄東西線の建設の取りやめ。
そのうえで、地下鉄東西線の代替案として、LRTで東西線を建設する案を採用する。これで、東西線がくる予定になっている沿線の人たちの反対がなくなる。別に彼らは地下鉄でも、LRTでもかまいはしない。バスよりも速く、渋滞に巻き込まれない交通網でき、今より便利になれば文句は言わない。別に彼らはリニア式の地下鉄でなければいけないとも思っていない。

次に、LRTは地下鉄よりもはるかに低予算だから、東西線なみの路線をあと二つ作りますと宣言する。
これで、東西線なんかに乗らないわよと、あんなの無駄よと怒っていた人が静かになる。
宇都宮市のLRT案の予算を参考にしてLRT東西線にいくらかかるか計算すると、建設費は333億円。これをあと二つ作るのだから。全部で1000億円。

ちょっとまて、おまえ借金を一円もしないで交通網を整備しろっていってたじゃないか。と、つっこむ人はするどい。

いやいや、もちろん。借金無しで作りますよ。じゃあどうやって?

答える前にまず、貯金が480億円しかない仙台市がどうやって、2700億円の地下鉄を作ろうとしているか、見てみましょう。

1,借金。 半分は市が毎年一般会計から支払う、半分は運賃収入から返済する。
2.国からの補助金、地方交付税。 事業の約半分の1300億円を国からの補助金600億と、地方交付税700億でまかなおうとしている。

つまり、事業の半分は国の金。なるほど、だから金がない仙台市もこれほど強気なのか。
ということで、このLRT東西線にも国からの補助金をもらわない手はない。
まあ、総事業費の1/3に当たる333億円くらい補助金としては、もらいたい。

それで、国からもらった補助金333億円で、まずLRT東西線を作ってしまう。一円も仙台市の金を使わないで。もう沿線の調査は終わっているし、駅も決まっている。周辺住民の合意もできいる。だから地下鉄の計画をLRTに変更するのに、それほど時間がかからないだろう。LRTなら、駅を増やす分には、あとからいつでも増やせる。

その後、様子をみて4,5年くらいたって、LRT東西線がうまく成功したら、次の二つの路線の着工にとりかかる。4、5年あれば十分に、あたらしい路線を検討できる。失敗したら?新しく作らなきゃいい。なあに仙台市一円も金を使っていないんだから、なんてことない。

さて仙台市は毎年40億ずつ高速鉄道整備にお金を貯めているのだから、4,5年後には、480億+160億から200億=640億から680億円の貯金が貯まっているで、十分に他の二つの路線を建設できる。ということで、一円も借金をせずにLRT3路線を建設できる。地下をごりごりと掘り進める訳ではないので、これだと、地下鉄東西線より早く開通するかも!? 地下鉄東西線の事業開始予定は平成27年度。マジ、あと十年もかかんのかよ?


ということで、まず国から補助金333億円もらってくる。
その金で東西線を地下鉄のかわりにLRTで整備する。
4,5年様子をみて、うまくいったら、たまった貯金で残りの2本をつくる。

補助金のもらいかた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
部屋は気まずい雰囲気が漂っている。

「仙台さん、困るんですよね。もうほとんど計画が決まっていたのに。。。」と国土交通省のお役人

「ほんとうに、申し訳ありません。財政難を理由に約6割の住民が東西線の建設を慎重に進めるべきだといっているので、やはり市としても、これ以上の借金は増やせないと判断しました。」と仙台の重役

「そう。それでどうするんですか。」と冷たい口調のお役人

「はい、仙台市としましては、全国に先駆けましてLRTを使った交通網を地下鉄東西線の代替として整備したいと考えています。総事業費は現在の地下鉄形式の約1/3の1000億円をみこんでいます。」と、仙台の重役

「ほう。」少し興味深そうにお役人

「はい、国土交通省さんが提唱されているLRTの導入支援を利用させて頂いてただきたい。まず、構造改革特区制度を使いまして、仙台をLRT導入実験特区を申請します。」と熱く仙台の重役

「ふむ。」ちょっとおもしろそうに、お役人

「けやき並木が日本一美しい、仙台駅前のあおば通をトランジットモールは最適だと考えます。ここに全国初のトランジットモールを導入を検討しています。今年中にでも、あおば通を一般車両の利用を制限し、そこを買い物公園とし歩行者、自転車だけに開放し、LRTに見立てたノンステップバスを運行させ、トランジットモールの社会実験を行いたいとおもいます。」といかにも用意はばっちりと仙台の重役

「なかなか、おもしろいですね。でも、LRTを建設の財源はあるんですか?」と冷静さを失わないお役人

「はい、実は財源の約半分である480億円は高速鉄道整備基金として積み立ててあります。つきましては国ほうで、残りの半分を支援していただけないでしょうか?」自信たっぷりに仙台の重役

「ふーん。こちらで検討させてもらいます。半分は出るかわかりませんが、1/3くらいは何とかなるんじゃないかと思います。」とお役人

「ありがとうございます。」仙台の重役

こうして、仙台市は333億の補助金をてにいれ、仙台の重役は足取り軽く仙台行きの新幹線に乗り込むのでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私がいいたいのは、国土交通省のお役人も、全国の政令指定都市の地下鉄が、軒並み赤字を出しているのは、よーくしっているのだ。彼らはもちろん専門家だし、半分金をだしているんだから、一番それを理解しているのだ。「なんかなあ、地下鉄ってうまくいかないんだよなあ。」と、内心思っている。まあ、自分たちが半分金をだして、それが赤字になっても、彼らが責任をとるわけじゃないんだろうが。(またここに無責任文化が見える。)

そして、彼らは、ヨーロッパとかで、LRT(新型路面電車)がそれなりにうまくいって、活躍しているというのも、知っている。ただ、自分たちがさんざん導入を支援してきた地下鉄がうまくいかないからって、「地下鉄は失敗だった。こんどからはLRTだ。」というと、責任をとらなくてはいけなくなるから、いわないだけだ。

まず国土交通省のこのページを見てほしい。http://www.mlit.go.jp/road/sisaku/lrt/lrt_index.html

「LRT(次世代型路面電車システム)の導入支援」と題したこのページは、LRTの導入のメリットや、海外での成功例などあげている。

「欧米を中心にLRTの復活・導入が進んでいますが、日本では、関係主体間の合意形成、コスト負担(初期投資+維持管理)、導入空間の制約などの問題から、なかなか新規路線の整備が進んでいないのが現状です。地域の合意形成に基づくLRT整備計画に対して、関係部局が連携して、LRT総合整備事業による補助の同時採択と総合的支援をしていきます。」と結んでいる。

導入支援の例として、道路構造令の改正やトランジットモール社会実験などを積極的に積極的な支援を実施しているそうだ。

そう、彼らはLRTをやってみたいと思っている。でも、自分たちからそれを言い出すと、責任問題になるから、名乗りを上げてくれる自治体を待っているという所だろう。関係主体間の合意形成、コスト負担からなかなか導入がすすまないといっているが、もう建設費の半分を貯金としてもっている仙台市が、市をあげて取り組みたいといえば、よろこんで、じゃあ、やりましょうとなるに違いない。

なんせ、国から出る補助金は、今の地下鉄をつくるときの半分でいいわけだし、仙台市が一円も借金をしないで、交通機関を作りたいといえば、今までの借金まみれの交通機関の整備とは、あたらしい公共交通機関の導入例、モデルとして、時代をさきどりすることができるだろう。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2005年08月01日 11:41
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

コメント

2007年通常国会に新しい法律が出され、LRTへの補助金を大幅に増額、上下分離方式を認めた法案が成立しました。仙台ももう少し待つべきでした。

投稿者 しみん : 2007年05月27日 17:25
blank_space
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/386

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space