なにが、マニフェスト型選挙だ 河北新報と地方ジャーナリズムの不在3

2005年08月04日

なにが、マニフェスト型選挙だ 河北新報と地方ジャーナリズムの不在3

[投稿者:佐藤研一朗]

河北新報は、今回の市長選挙はマニフェスト型選挙だとか煽っておきながら、各候補者のマニフェストの抜粋を載せただけだ。おかしな話だ。

選挙管理委員会のマニフェストの対応が悪いとか批判している場合だろうか。自分たちの言っていることと、やっていることが違いすぎる。

いち民間企業が、報道機関が、公平に全候補者のマニフェストを全文載せることが、公職選挙法に引っかかるはずがない。公職選挙法が禁じているのは、候補者や、後援会がマニフェストを配ることを禁止しているのだ。

報道機関にかかってくる制約は、1人の候補者だけを推薦したり、デマをながして、特定の候補者の当選のじゃまをするといったような、公正をかいた報道だ。

いくら、あとから文句をいわれるのが怖いといっても、各候補者のホームページのアドレスを載せるくらいできただろうに。そうすれば、本気で、興味があるひとは候補者のマニフェストの全文をよむことができだろうに。有権者に、大切なことを伝えようという姿勢はない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(新聞紙、雑誌の報道及び評論等の自由)
第148条 この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定(第138条の3(人気投票の公表の禁止)の規定を除く。)は、新聞紙(これに類する通信類を含む。以下同じ。)又は雑誌が、選挙に関し、報道及び評論を掲載するの自由を妨げるものではない。但し、虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害してはならない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マニフェスト、マニフェストっていうけど、あんなもの、たかだか、ちょっと詳しい公約集でしかないだろうに。「こんなことをやってみたいんです。」くらいのもので、それだけでは何の意味もない。それに対する批判や、質問にこたえ、議論をしていくことによって、候補者の政策が磨かれていくのだ。

公約集であるマニフェストすらも、ろくに載せられない河北新報。公約もろくに手に入らない有権者。いったいなにが民主主義だ。なにが言論の自由だ。こんな報道は、現職や、有名人や、党や団体に応援された人にだけ有利じゃないか。こんなのが公正な報道といえるかのか?

こんなふざけた茶番、猿芝居、田舎芝居はいい加減にやめてほしい。有権者に本当のことを教えるのが、そんなに問題なのか。本当に冗談みたいな世の中だ。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2005年08月04日 05:31
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/391

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space