誰かがとなりにいたらいいなって思う日

2005年12月26日

誰かがとなりにいたらいいなって思う日

[投稿者:佐藤研一朗]

2005年12月10日記

今日は、うれしい日。
だれからとなりにいたら、乾杯をしたい気分だ。
まあ、誰もいないので、しょうがないから、こうやって日記をつけている。

いまは、ロッチェスター市の事業財団が主催しているアートグラント(補助金)に応募をしようとしている。
このグラントの総額は200万円。
これだけあれば、一年目の最初の企画をやるのに、十分とは言わないが、何とか始めることができる。

本当は最初から500枚の巨大な写真を町中に貼り付けたいと事だが、
物事には、順序があるようで、どこの馬の骨ともわからない留学生にいきなり一億円をくれる人はない。(^_^)
まあ、当たり前のことだ。いくらアイディアがよくても、なかなかぽんっとでる額ではない。
逆に言うと、巨大な写真を、実際に目で見て、
どのくらいこの企画に力があるのか、実感すれば、どんどんみんなが寄付をしてくれるのだ。

それに、実際に500枚の写真を貼り付けるのにどれだけの労力が必要なのか、自分としても、想像ができない。何人のスタッフが必要で、ナニをしなくてはいけないか、どのくらいの時間がかかるのか、知らなきゃいけない。やはり、まず小さい規模で実験的に開催して、経験値を上げるのが賢いやりかただ。

ということで、僕らは、一年目の小さな企画から始めようと言う事になったのだ。
といっても、あんまり小さすぎるのでもつまらないので、
全ロッチェスターを巻き込めるような企画がいい。

そんなことで思いついたのが、ロッチェスターの人々に写真をいっぱい送ってもらって、巨大なモザイクをつくるという企画だ。題して、Great Rochester Photomosaic。そのままだけど。。。。まあそのうちいい名前がおもいつくかもしれない。

この200万円のグラントは11月末に詳細が発表されたばかりなのに、12月20日が申請書の締め切りで、あまり準備をする時間がない。それにロッチェスターにある町内会が、主導する形で申請書を提出しなければならない。
それから、アートを設置する場所のオーナーの許可も申請書につける必要がある。今日は、そのからみで、非常に大切な二つのミーティングがあった。

僕が住んでいて、この企画をやろうとしているダウンタウンは、寂れていると言っても、商業地域であんまり町内会と呼べるような物がない。それで、RDDC (Rochester Downtown Develop corporation)という、商工会議所みたいな団体に参加をお願いをしにいったのだ。

ダウンタウンが寂れていっているのに合わせるように、昔は10人もいたスタッフはいまではたった2人しかない。ションという、50くらいのおじさんとのミーティングだ。

「この企画はすごくおもしろいと思うし、ダウンタウンのためにもなる。でも、あんまりにも急で、他のメンバーにも意見を聞く時間もないし、後で文句がくるかもしれないし、ちょっと対応できないかもしれない。」とションは、ロッチェスターにありがちな及び腰で話を進める。

そこを何とかならないかと、「そちらは一円もお金を払う必要はないし、準備はこちらで、すべてやる。ただ何枚かの書類にサインをしてくれればいいのだ。」と粘ってみるが、らちがあかない。

これはもう駄目かなあと、半分あきらめかけたときに、RDDCの代表のへイディーが、会議室に入ってきた。彼女とは、以前あったことがあり、すこし話し込んだ事がある。非常に頭が切れる40代の女性だ。

彼女が「もう少し、詳しく説明してもらえないかしら。」というので、今日のミーティングに同行してくれたグラント担当のジョンが、一生懸命、いちから一つずつ説明をする。どうもヘイディーは、僕らが企画全てを手伝ってくれと、言っているのだと、勘違いしていたようで、このモザイクの企画だけなら、問題なく手伝えるよといってくれた。安堵して、ふーと、ため息が出た。

まったく、ミスコミュニケーション、誤解というのは、恐ろしい物だと思う。ロッチェスターがうまくいっていないのは、どうも、このコミュニケーション能力が低下しているからではないか。
お互いに、助けたいと思って、それがお互いの利益になるときでも、うまくいかない事があるといことであるのだ。
これは教訓として、ここに刻んでおこう。

そのミーティングが終わって、次のミーティングへ急ぐ。
今度は、SUNY Brackportというニューヨーク州立大のブラックポートの副代表、ルーとのミーティングだ。ルーは新聞記事を読んで、いたく感動したらしく、先週一度あった時に、ぜひ一番乗りでROMAをサポートしたいといってくれた。このビルには非常に大きな壁があって、この企画を始めるには完璧な場所だ。
今日はこの壁の許可を正式にもらいたいと、お願いにきたのだ。それとメールですでに、すこし資金援助をしてもらいたいと話はしておいた。

ミーティングは大いに盛り上がって、話はとんとんと進んだ。向こうも乗り気だから、ついついうれしくて、リップサービスをしてまう。「このモザイクの企画はロッチェスターの伝統行事になるかもしれませんよ。一年目は1万枚、二年目はたぶん2万枚、つぎはつぎはってかんじで、毎年沢山のひとが参加してくれるイベントになるかもしれい。」

最後は資金援助の話になったけど、1000万って言われたら、ちょっと無理だけど、100万くらないら多分だせるだろうと、いってくれた。YES!!!

百万なんて、日常に目にする金額ではないし、時給800円で働いたら、百万を稼ぐのに半年かかるのだ。でも、実際にこうして、百万はどっかにあって、ぽんっと出せる団体がある。

彼らとしては、学校の宣伝になるし、百万なんて、広告を打つことを考えればたいした金額ではない。これはわかっているけど、すごい事実なのだ。

大切なことは相手の利益になることで、ばっちりなタイミングということだ。だから、500枚の写真を貼るのに必要な1億円も、うまくやれば、ぽんっとどこからか出てくるのだ。大切なのはばっちりなタイミングで、一億以上の利益をしめすことだ。(別に金銭的にという意味ではない。)これも教訓としてここに刻んでおこう。

なんだか、長くなっちゃったなあ。
さて、宿題をやらなくては。ビールを飲んでる暇もないよ。
後一週間で学校もおわり、はやく冬休みにならないかなあ。

では、


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2005年12月26日 09:48
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/419

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space