« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月 アーカイブ

2006年01月02日

■あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

なんかまた更新が滞ってしまいました(笑
12月から妙に忙しくなってしまって
師走というか自分が走ってるぜ的な。


新年会からさっき帰ってきて、死にそうなんですか
今年一発目エントリー。

縦書き五行歌 携帯メルマガセンター

携帯でメルマガ登録するものなんですけれども、
日替わりで毎日、五行歌が縦書きで携帯に
配信されるという素敵なもの。

縦書きで携帯の画面に表示されてるのは感動ものです。
興味のある方は、是非いまからメルマガ登録してみてください。
こりゃお勧めですから本当に。

実はここで、わたしの歌も配信して
いただける事になりました。
一日分のみの配信ですけど、凄く嬉しいです。

わたしの歌の配信は(たぶん)元旦以降なので
(というかワガママを聞いて頂いたというか)
いまから楽しみなのでした。

ちょっと自分のお知らせ的なエントリーにもなっちゃいましたが
ひとまず、今年も宜しくお願い致します。

2006年01月14日

新聞に載っちゃったー

2005年11月15日 記


ロッチェスターの地元の新聞にROMAの記事が載りました。
しかもトップでした。やったぜー。

http://democratandchronicle.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20051114/NEWS01/511140336

Visionary sees art gallery on downtown walls

Jeffrey Blackwell
Staff writer

(November 14, 2005) ? Kenichiro Sato walks downtown and sees a perfect setting for a public gallery of photographs.

The walls of his museum would be the hard facades of city buildings ? his audience, anyone strolling down a city sidewalk, riding in a car or waiting for a bus. The photographs would be the size of billboards and compact cars. Admission would be free.

"I don't see lots of exciting stuff downtown," said Sato, a 26-year-old student from Japan. "I want to make it a more vital city."

Turning downtown into an outdoor museum is an ambitious project, but Sato and a small group of volunteers are trying to create the Rochester Outdoor Museum of Art, or ROMA, nonetheless.

The plan is based on a project Sato completed for a public policy class at Monroe Community College. The idea is to hang 50 to 100 photographs ranging in size from 50-by-100-feet on the sides of buildings to several hundred smaller photographs of 8-by-10-feet in public places across the city.

The plan also includes an international photo contest, the winner of which would earn the right to display work at the museum along with photographers from Rochester and across the United States.

No advertising would be accepted, said Sato. But the entire project would serve as a tourism billboard for Rochester, he said.

"The thing about this project is that art is usually inside a building and doesn't change the environment of the town," he said. "This is new. (As far as we know) this would be the first museum like this in the world."

Sato has come a great distance to offer a hand to Rochester. He is from Sendai, Japan, and moved to the United States two years ago on a scholarship from the Nakamoto Museum of Contemporary Art. He worked for the museum for three years before coming to the United States to study two years ago.

Sato moved to Rochester a year ago after a year in New York City. He lives downtown and goes to school downtown. He does not have a car, so he spends much of his time downtown.

"This is the image center of the world, and there is nothing downtown to show that besides the Kodak building," Sato said.

As with most ideas for sparking life downtown, this one requires money, cooperation and a bit of good luck.

The cost of making the school project a reality is about $1 million. Sato and his group estimate that the cost of printing one 50-by-100-foot photograph would cost about $22,500. The photographs would be printed on vinyl sheets, which Sato said would be resistant to the elements.

Other costs would include lighting, installation, promotion and management.

Heidi Zimmer-Meyer, president of Rochester Downtown Development Corp., has seen many public art projects proposed for downtown and what most lack is funding. But public art, she said, will be an important ingredient in revitalizing downtown.

People are drawn to cities such as Barcelona, Spain, because of public works of art. Zimmer-Meyer said art can give a city an edge of interest, a connection to local culture and can just make people walking down the street feel good. "Art celebrates life and reminds us what is most important. If it is bold and edgy it can help to project ourselves out on to the streets. It would be a tremendous win for the community."

Sato and his team are hoping to create a nonprofit organization to help move the project forward and to raise money through corporate and private donations and grants. John Lam, a software engineer, is working with Sato on the project and helping him make contacts. He said they have met with a few city officials and local organizations such as the Rochester Downtown Development Corp.

"We have met so many people in a very short time and so far no one has had anything bad to say about it," said Lam. "Everyone is very enthusiastic."

Greg Marshall, vice president of marketing for the Greater Rochester Visitors Association Inc., said he was excited about the proposal when he first heard about it. He said it is the kind of project that could bring life and attention ? as well as tourists ? back to downtown. About 1.7 million people visit the area each year now, according to the visitors association.

Marshall has not yet met with Sato and his partners but is looking forward to doing so. He said creating a "buzz" about the proposal is the first step to moving it forward.

"I look out my window and see a dozen palettes," Marshall said. "You build buzz, and people start saying that this community can start getting back to a 'can-do' attitude."

But there are still many people who would have to be convinced of the project's potential for tourism, including building owners.

Sato said people have no farther to look for a success story than Central Park in New York City and "The Gates," an outdoor work of art by artists Christo Javacheff and Jeanne-Claude Denat de Guillebon. The work featured 7,500 saffron-colored fabric gates that decorated the walkways of the park. It was up for 16 days in February and drew more than 1 million people and $254 million into the city, Mayor Michael Bloomberg told CNN in March.

Companies have also used images to decorate their buildings on special occasions. Xerox Corp. wrapped three sides of its office building in Athens, Greece, last year with a mosaic of 27,000 employee photographs showing two children running through a park. It was placed on the building for the Summer Olympics in Athens.

Lam said there is little question people would travel to an outdoor exhibition in Rochester. Some of the millions of visitors to Niagara Falls each year might want to take the 90-minute drive to visit the museum. It could also provide a reason for ferry travelers from Toronto to spend the night in Rochester, he said.

"This is unique and it hasn't been done anywhere else in the world. ... Even if we got just 1 percent of those visitors (from Niagara Falls) to come here ? people who would have not regularly come here ? that would be a half-million a year."

Marshall also hailed the proposal as an example of a young person trying to bring change to downtown. "When we squelch the ideas of young people, that's when they take off for Boston," he said. "They want to live in a can-do community."

地元雑誌に載りました!

2006年01月07日記


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
皆さんにとって、私にとって、今年も素晴らしい一年になりますように。

新年早々、いいニュースが飛び込んできました。
(仙台タウン情報みたいな)ロッチェスターの地元の情報誌が1ページをさいて、私の企画をのせてくれました。まったくさいさきがよくて、うれしいです。ことしはきっといい年になるでしょう。

ということで、みなさん今年もよろしく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://www.rochesterinsider.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20060106/INSIDER03/601060324


Written by Nancy Keefe Rhodes

(January 6, 2006)

Ken Ichiro Sato turns 27 this month.

And he'll really celebrate if his $20,000 grant application to the Arts & Cultural Council of Greater Rochester is approved.

The money would launch the first project of the Rochester Outdoor Museum of Art, or ROMA, of which Sato is the director.

The museum's first phase ? a 50-by-100-foot mosaic of photographs ? would go on the outside of SUNY Brockport's Metro Center on downtown Rochester's St. Paul Street.

And that display, made from thousands of images by and of the people of Rochester, would only be the beginning.

Sato, who is from Sendai, Japan, a city with a long tradition of public art displays, envisions ROMA evolving into the world's largest photo exhibit, featuring installations on the walls of other buildings downtown.

The Big Photo Project, the price of which would range from $430,000 to $650,000, would involve displaying 50 to 100 images as large as 100 feet wide or tall. It would be followed by the Medium Photo Project, which would cost $180,000 to $320,000 and would involve displaying 300 to 500 smaller images and 100 to 200 projected images at various sites around the city.

Sato, who will graduate in the spring from Monroe Community College with an associate's degree in public administration, says that the photos would be drawn from an international, Internet-managed contest, and that the installations would draw visitors to a city already famous for photography ? city being the key word there.

Sato is adamant that ROMA be concentrated inside the Inner Loop. Philadelphia, he says, has more than 2,000 murals, but their impact is diluted by the fact that they're spread out. Besides, he thinks that a city's center is its heart and that no matter how much people are distracted by this area's snazzy suburban shopping malls, they won't feel good about Rochester until its heart is beating strongly again.

"Vacant buildings are like broken windows," Sato says, a reference to community policing advocate George Kelling's idea from the 1990s that letting things go brings out a neighborhood's worst elements. Sato says there are 1,000 sites appropriate for ROMA's giant photos inside the Inner Loop. And he has methodically figured out the widening circles of ROMA's impact too ? paying particular attention to the Crescent.

Sato, who was the art planning director for the Nakamoto Museum of Contemporary Art in Sendai for three years, says that people who live in the Crescent, an impoverished area just north of the Inner Loop, could easily provide workers for shops and businesses in a revitalized downtown.

Since last fall, ROMA has grown from a dream to a board of community advisers and members, a growing list of meetings and new supporters, and a budget and timelines.

And although he's keeping his fingers crossed for his first grant, Sato is working steadily on many fronts to make it a reality.

2006年01月15日

初ミーティング

2006年01月09日記

ちょうど今、今年初のミーティングから帰ってきたところ。先日雑誌にROMAが取り上げられた事もあってか、メンバーみんなの熱気がむんむんと伝わってくるような、いいミーティングだった。

ROMAがすこしづつ現実になってきたことが、メンバーみんなが感じ始めたのだろう。それが、非常にいいモチベーションになっている。昨年は、私の中にあるアイディアをどうやって具体化するか、本当に現実化できるのか、問題点は、費用は、どのような手法をリサーチする本当に地味な地味な下準備ばかりだった。現実に目の前になにかができあがってくるわけではなく概念的なことばかり、しかも沢山の作業だったので、ボランティアであるメンバーを引っ張っていくのは簡単な事ではなかった。

まあ、企画をやる上で、実はこの下準備(概要を決めるプランニング)が、企画の80%を決めてしまうのだから、本当に大切なのだ。ここを過ぎると、大きな部分を変えるのは簡単ではなくなる。あとは目の前にある仕事をこなしていくだけなのだ。

イベントとか、お祭りとかの仕事は本当に地味だ。多くの人は当日の参加するだけだから、派手な仕事だと思うかもしれないが、準備にかける半年や一年は、本当に地味である。こういう地味な下準備に情熱をもって仕事をできない人は、こういう企画系の仕事に携わらない方がいいかもしれない。

去年の夏に、まったく誰も手伝ってくれる人がいなくなったときを思い出す。あのときはつらかった。1人のメンバーに何とか手伝ってくれないかと相談すると、「あなたがリーダーなのだから、他人に頼らずになんでもあなたがやらなくてはいけないよ。」といわれ、いい意味でぶち切れた。

夏休みを使いダウンタウンを端から端までメジャーを片手に歩き、全ての壁をはかって回った。メンバーは私のことを「クレイジー」と尊敬を込めてよんでくれた。ちなみにダウンタウンには、私の写真をはるのにちょうどいい約1000枚の壁がある。

まあ、どんな仕事にしても、こういう他人の目に見えない地味な仕事があるのだろう。一見派手に見える歌手にしても、アーティストにしても、サッカー選手でもきっと同じだろう。その道の一流と言われる人たちは、このぞっとするような地味な作業を、毎日毎日、繰り返し続けているのだ。

そんなことであって、下準備のほとんどを、自分自身の手ですすめたのだ。昨年、この下準備は80%終わって、今年は実際に目の前が変わっていくことが見ることができる、非常にやりがいがある年になるだろう。


ミーティングでは、二月に行われるROMAの大きなプレゼンテーション、それとビジネスブランが議題になった。

そう、市の図書館が主催になって、わざわざROMAだけのためにパネルディスカッションを開いてくれることになったのだ。毎回100名から150名の観客が集まるそうで、ROMAにとって初の公共の場でのプレゼンテーションということになる。ここには市議会議員もゲストスピーカーとして参加するらしい。この図書館がずいぶん熱心に働いてくれて、市長や、ロッチェスターの重要どころをみんな招待しているらしい。このプレゼンはROMAにとって非常に重要なイベントになってくるだろう。

百人の前で話をしなきゃいけないんだから、まあ自分にとってもいいチャレンジだとおもう。まあ、何事も挑戦で、経験だ。やれるだけ、やってみようと思う。自分の企画のために沢山の人が集まってくれて、話を聞いてくれるのだから、これ以上の幸せはない。本当にわくわくする。

もう一つ議題はビジネスプランだった。私はこのビジネスプランにかれこれ8ヶ月以上入れ込んでいる。ビジネスプランは事業計画書のことだが、規模がでかい企画なだけあって、なかなか進まないのだ。大体プランニングだけで一年以上もかかる企画って、相当のものだ。それにビジネスプランなんて今まで書いたことがないし、英語で書けと言われるとまあなかなか進む物ではない。

昨年の秋頃に、地元のビジネススクールの学生達と知り合って、いまは彼らと一緒に仕事を進めている。さすがに全米のトップを争うビジネススクールの生徒達だけあって、優秀で一緒にやっていて本当に楽しい。高卒の自分が、NBAの彼らを使って(しかもタダで)働かせているのだから、おもしろい話だ。まったく何千万円をかけて、何年も時間を投資してNBAをとらなくても、彼らを使いこなせればそれでいいのではないかと思う。

いまは二月に迫った第一次のビジネスコンテストの締め切りに向けて、このビジネスプランを仕上げているところだ。これが終われば、市長にも、郡長にも、コダックにも会いに行けるのだ。もう少しで、そこまでたどり着ける。今月と来月は本当に大切な時期になりそうだ。もっと働かなくてなあ。

それにしても、ミーティングのあとはどっと疲れが出る。やっぱり10人を英語で仕切るのは、楽じゃないよ。

2006年01月23日

たまには後ろを振り返ってみる

あけまして、、いえいえ、改めまして、寒中見舞い申し上げます。
ご無沙汰していました、折原です。
仙台は、風がすこぶる冷たくて、それに負けじと厚着をしています。
とても動きづらいけれど。
めっきり部屋に閉じこもるようになって、去年の事を思い返しています。
あんな事やこんな事。不器用なので、いろいろな方に迷惑かけたなーと
反省しています。
振り返るな!前を見ろ。とよく言いますが、自分のたどって来た
足跡のようなものも、忘れずにいたいなぁと思います。
去年個展に来て頂いた皆様、手伝って頂いた皆様に感謝しつつ、
総まとめとして、作品で振り返ってみたいと思います。
長くなります。申し訳ないです。。

日韓展のDM。去年は日韓友情年、国交40周年を記念して様々な行事が開催されました。

ここからは、去年12月にmozart atelierでの個展で展示した作品です。

je suis la(わたしはここにいる)をテーマにした、アニメーションから。
すこしだけ公開。


今年もいろいろな事に挑戦して、成長していきたいと思います。

2006年01月31日

プレゼンを前に

2006013記

2月16日に迫ったプレゼンが近づいてきている。期待と、不安と、興奮が入り混ざった不思議な気分で過ごしている。でも、自分でも思ったより、落ち着いている。もちろん本番になれば、緊張をするだろうけど、めちゃめちゃ不安というのではない。

自分が一年間かけて、ロッチェスターのために育てた企画の話を、この300人の地元の人に聞いてもらえるのだから、これ以上の幸せなことはないなあと正直おもう。自分のために沢山のひとが駆けつけてくれる。自分の企画を楽しみにして、興奮して、わざわざ時間を割いて自分のプレゼンをみにきてくれるのだ。うれしいばかりではないか。

もちろん、英語でプレゼンをするのだから、簡単なことはないけれど、自分の企画をかたるのだから、自分の子供を紹介するようなものだ、心配をすることはない。これが、よく知りもしない英語文学について語ってくださいというのなら、いまごろパニックって入るのに違いない。大切なのは、自分がしっかり中身を理解していることだ。これは日本語でも、英語でも同じ事だ。


本番も近づいてきたので、毎日、どんなことを話したらいいか考えながら、1人でリハーサルをしている。全体で一時間のプレゼンなんだけれど、質疑応答や、ゲストの時間、紹介などをいれると、私の話す時間は約20分。

20分って、長く感じるかもしれないけど、実際に練習をしてみると、まったく時間がたりない。よっぽど要点を絞っていかないと、時間切れになってしまう。試しになにも考えないで、言いたいことを一通り話してみたら、気がついたら一時間もたっていた。

あまりディーテイルにこるよりも、しっかりとメインポイントを押さえて、ストーリーを持たせながら、写真を一杯見せて、進めていくことにする。そこに、説得力があるデータ、数字を織り込んでいくという方法を取ろうとおもう。

やはり、ストーリーとして、自分のバックグランドも説明しよう。それと仙台のケヤキ並木や、アーケードみたいな街並み、それと七夕とか、光のページェントみたいなお祭りも紹介しようと思っている。自分はこんなにきれいな街からきたんだぞと。これがロッチェスターのひとにとって「Sendai」という単語をきく初めての日になるだろう。

それと、伊達ロックや、中本誠司現代美術館のことも軽くふれようと思っている。自分がそれなりのことをやってきたことを、やはり見せなくてはいけない。

しかし、1人でリハーサルをしていて思ったのだが、自分1人でしゃべり続けるってことは本当にエネルギーを消費するんだなあということ。一時間も練習をしていると、なんだか息がきれてくる。脳みそのエネルギーを一気に使い切るという感じ。政治家とか、先生とか、人前にたって毎日話をしなくてはいけない仕事は大変だなあと、つくづくおもう。

今は、メンバーも、非常にやる気になっていて、うれしいばかりだ。先日は PRのサブグループをつくった。サブグループは、ビジネスプランに続き、二つ目だ。今までは完全に仕事のほとんどを、自分だけでやっていた。そろそろ、やることも増えてきたし、メンバーも増えてきたので、ちょうどいい頃合いだ。すこしづつメンバーに仕事を分担していきたい。時間はかかったけど、自然な形で移行できてよかったと思う。

ロッチェスターの地元のビジネスプランコンテストに参加しているのだが、これも今週が最初の締め切り。明日早く起きて、残っているぶんをやってしまわなでれば。しかし、ビジネスプランのチームのリーダーをやってくれているアダムはなかなか、頭が切れて、仕事をしていてたのしい。

先日彼とROMAの将来について話をしていて、できれば長いスパンで関わってほしいと、話しておいた。ちなみに今入っているとNBAを卒業して、普通の会社に就職するといくらくらい給料が出るのってきいたら、「大体月収100万円くらいかな。」との、答えでした。さすが、全米トップクラスのNBAだなあ。その人たちをタダで使って入るんだから、私もたいしたものでしょう。(^_^)

さて、明日は、先日申し込んだグラントの結果が出る日。
Everybody, wish me luck!

About 2006年01月

2006年01月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年12月です。

次のアーカイブは2006年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。