なかなか中身が濃い日々

2006年03月16日

なかなか中身が濃い日々

[投稿者:佐藤研一朗]

文章を書こう書こうと思っているうちに、こうやって3週間が経ってしまった。全く恐ろしいことだ。こうやって人生はあっという間にすぎていくのでは、なんて考えてしまう。

さてさて、ROMA第二部が始まって、三週間いったいなにをやっていたかというと、ROMAの法人化、それと伴う組織作り、9月写真モザイクに向けての準備。なかなか、順調にいっていたのだが、先週末に難しい問題にぶつかって、ここ数日なにもできずに悩んでいた。それもやっと、解決の見通しが自分の中でついたので、やっとこうやって、すこしここ三週間をまとめてみる気になった。

大きなニュースとしては、先々週に、ロッチェスター市の副市長さんにあってきて、市の協力を取り付けたということだと思う。実際に、お金をいくら、いつまでに出しますよというところまでは持って行けなかったのだけれど、一年目の企画の予算の不足分、100万円をなんとか、どっかからうまくもってこれたらいいですねえという感じだった。まあ、なにはともあれ、市に積極的にこの企画を応援したいと言わせたのだから、ROMAの信頼性はぐっと上がったと言うことだ。

実はその前日に、(先日、私がしたプレゼンと同じシリーズで図書館が企画ている)新しい市長さんの講演会に参加して、質疑応答の時に、手を挙げて、こういう企画をやっているんですよと、直接、市長さんに説明をしました。そしたら、「みんなが非常に盛り上がって、楽しみしていると話は聞いていました。私もこの企画がすごく好きです。おもしろい企画を考えてくれてありがとう。」と沢山のお客さんの前でコメントをしてくれました。会場から大きな拍手が上がり、とてもいい雰囲気でした。こういう和やかな雰囲気がロッチェスターには必要なのだとおもう。

まだ、どのように市が応援するのかは、はっきりとは決まってはいませんが、こういうトップの意見というは何よりも強いので、うまくいくことでしょう。

それと、プレゼンの一週間後には、地元新聞デモクラット アンド クラニクル(D&C)の名物コラムニスト、マーク ヘアーに記事を書いてもらった。すごく好意的に書いてくれて、自分がどうやって、ロッチェスターにたどりついて、この企画を進めているか、うまくとらえていた。プレゼンの後に流れたニュースもそうだったけれど、毎回、マスコミにこうして好意的に取り上げてもらえるのはうれしい限りだ。こんど、このニュースの動画をホームページにアップできることになったので、もうすぐ紹介します。

http://www.democratandchronicle.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20060226/NEWS0201/602260351/1002/RSS01


この三週間、躍起になっているのは、9月にやる、ROMA最初の企画、写真モザイク展を仕込みの準備。さっそく、どのように進めていくか、サブグループを作って集中的に進めていくことにする。

この企画はただ一枚写真を貼るだけじゃなくて、ロッチェスターから1万枚の写真を集めて、それで大きな一枚の写真をつくるという企画で、けっこう、簡単ってわけではない。

地元の人が沢山参加できるので、一年目のファンドレイズ(資金集め)には、いいのだけれど、いろいろと、しっかり見極めをしなければいけない事がおおい。

まず、どうやって一万枚の写真を集めるか?どうやってモザイクをつくるのか。どんな写真がモザイクにいいのか。こういたことを一つずつ明確にしていかなくてはいけない。しかももう締め切りは決まっているので、結構時間との勝負という感じだ。まったく危なっかしい限りだが、どんどん前に進めていかなくてはいけない。

一番、難しいのがどうやって、一万枚を集めるか、物理的にどうやってそれを処理するかといこと。

一番いいのが、コダックみたいなところと提携して、手伝ってもらう。これはいまコダックと交渉中だけれど、大きい会社だけあって、さっぱり話が前にすすまない。1人でもいいからトップの強い意志がないと、進みそうもない。

次は、自分たちで、オンラインの受付のサイトを作ってしまうこと、これも口で言うほど簡単ではないのだが、一万枚の写真の情報の打ち込みを自分たちでやることを考えると、自分たちができる中ではベストだろう。ただ、どうやってそういうサイトを作るか、あと二ヶ月で作れるかというのは、まだはっきりしない。来週には大体、見えてくるだろう。

最悪は、封筒に申込用紙と、写真をやいたCD−Rを郵便で送ってもらうこと。でもこれは、打ち込みの手間を考えるとやっぱりさけたいところだ。

もし、受付のシステムが整っても、一万枚あつまるとは限らない。どうやってPRをやっていくかは、非常に大切だ。これはマーケティングチームが一生懸命考えてやってくれている。最悪の場合は、地元の図書館の地元写真データーベースを借りて、足りない分を補おうという腹づもりでいる。

写真モザイクは、pcのアプリケーションを使うと、それなりのものができることが判明。構図はやはり、あまり難しくない物がいい。それとやはり色のバリエーションが必要になってくるで、1人10枚くらいの写真をおくってもらうことにする。

まあまあ、細かいことを話しているときりが無いので、この辺で切り上げるが、いろいろな不確定要を減らしていくことが、今の最大の課題だ。幸いなことに以前コダックの写真コンテストを担当していた人がメンバーで働いていくれているので、受付の部分の細かいところは大体問題はないだろう。


なんだか、こうやって書いているとどんどん長くなってしまう。やはり一週間に一度くらい更新していく感じじゃないとだめだな。これを読んでいる人がちょっとかわいそうだ。でも、まだまだ、ここに忘れないように、書きつづっておく。


難しいのは、ROMAの法人化の手続きと、それに伴う組織作り。昨年暮れから、ジョンがこのパートを受け持っているのだが、なかなかいままで進まなかった。忙しいという理由もあるのだが、弁護士をやとう金がないというのが、大きな理由。今回主要メンバーの、ラポタ夫妻が2人が、金がないとかうだうだ言っていないで、自分たちがその費用を持つから、さっさと法人化しないさいと、言ってくれたので、やっと取りかかることができたのだ。

弁護士に話をきくと、最初は「ROMAはただの法人ではなくて、美術館のチャーター(資格)をニューヨーク州の教育局からうけなくてはいけないかもしれない。」ということだった。しかし、いまは、確認をとっているだが、どうもROMAがデジタルのコレクションしか集めないと言うことで、美術館のチャーターを取る長いプロセスを、通らなくてもよくなりそうだ。どうもROMAとういのは、完全に新しい美術館の形態を取るので、なかなか今ある法律に整合しないみたいだ。 どうも、自分が例外とか変わり者だっていうのも、アメリカでも変わらないようだ。

最後に、組織作り、これは実は非常にスムースに途中まで行っていたのだ。まずさいしょに、中心メンバーとして働いてくれている、アダム、ジョン、ラポタ夫妻(フィルとヨハーナ)と私がボードメンバー(理事)になることにした。それから、その1人ずつが、自分のサブグループをもってやっていく。いまはビジネス、アート、マーケティング、ウェブ&グラント、それとガーバメントリレーションという言った感じだ。できたばらかりのサブグループも、非常にうまくまわっていて、メンバーも非常にやる気満々で、こちらがうれしくなるくらいだ。

ことの始まりは、私がこの理事会で、ROMAが私の創造物、アートであることを認めもらって、すこしでもいいからロイヤリティーをもらいたいと、発言した所から始まった。1人のメンバーはROMAはケンだけじゃくてみんなで作っているのだから、ケンの創造物では無いと言い張る。まあ、結局は、彼も渋々認めたのだけれど、問題となったのが、ロイヤリティーだ。NPOの理事というのは、本来一種の名誉職であるべきで、税務署が、非常に厳しく、理事をしている団体と理事の商業取引を審査するのだ。これはNPOを隠れ身にして、脱税をしようとする行為を、防止するためである。

私がロイヤリティーにこだわるのは、お金がほしいとい事だけじゃなくて、ROMAが自分の作品であることを認めさせたいといことだ。ビジュアルなアイディアを得て、それをCGにして、人に見せて、納得させて、具体化していくというプロセスは、まったく他のパブリックアーティストとやっていることは変わらない。

最終的にROMAが現実になったら、やっぱりその光景は私のアートだとおもう。その時に、その光景を写真にとって、自分のサインをいれて、ROMAでオリジナルとして売ってほしい。そのうちいくらかは、頂きたいということだ。そうやってROMAは1人のアーティストのビジョンにそって進めていますよというスタンスを示すことが、将来ROMAをコントロールしようとする人々への予防線になるといこともある。


まあ、結局、問題だったのは、事務局と、理事会をやる人間を一緒にするということだということに、に三日悩んで、やっと結論がでた。私はROMAの理事にはならない。理事にはロッチェスターのコミュニティーを代表するような人になってもらう。そして、私はこの私のビジョンであるROMAを、このコミュニティーに買ってもらうことにする。

このコミュニティーが私を美術館のディレクター兼アーティストとして雇ってもらう。この企画を実現した暁には、自分が撮った写真をつかったポストカードや、ポスターが売れた分の、そのうちいくらかはロイヤリティーとして、いただく。そのうち半分はROMAに寄付をする。いくら手元に残るかしらないけど、これが一番すっきりしていい。

しかし、ここまで読んでくれた人ありがとう。きっと何を言っているかわからないよね。ごめんなさい。次はもう少し、少なめにわかりやすく書きます。
誤字脱字、たくさんあると思うのですが、今日は疲れたので、このままアップして、もう寝ます。あさの四時になってしまった。。。。

ああ、そういえば、ビジネスプランも上がったんだったな。。。。。。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2006年03月16日 13:46
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/430

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space