号外 Breaking News

2006年04月14日

号外 Breaking News

[投稿者:佐藤研一朗]

今日は号外です。
まだ、ROMAのメンバーにも教えていません。アメリカからの実況生中継です。

今日は非常に重要なミーティングがあった。GRE(Great Rochester Enterprise) のCEOのデニス モーティスのミーティングだ。このGREというのは日本の商工会議所をもう少し強力にしたような団体で、市と、郡と、それからプライベート企業からの出資で設立された、ロッチェスターの経済開発をしているNPOである。

先日、マネージメントレベルのジムとマイクにあって、プレゼンをして、非常に好評だったのだが、今日はCEOのデニスの前で、プレゼンだったのだ。

いつものように、仙台の定禅寺通りの写真、アーケードの写真をみせ、それがどのように、光のページェントと、七夕の写真を見せる。いかにPublic Artで街が、美しくなるかを、アピール。それから、ロッチェスターにもこういう企画をやりたい。コダックの故郷で、世界一大きい写真美術館を作りたいと、企画の趣旨と概要を説明する。ビジネススクールに通っているアダムが、ビジネスサイドを説明して、プレゼンはおわり。

デニスは開口一番、「感動した。これはロッチェスターでやらなきゃいけない。お金や、コダックとのコネクションや、ビルの許可は心配しなくていい。でも、今年一枚のだけ写真を貼るんじゃなくて、すぐに、この夏にでも50枚くらいはみたい。とりあえず、ローカルな写真でいいから。このスケジュールでやれるかい?」と、クリティカルヒット。

「来週にコダックのとのミーティングをする。コダックの下っ端と話をしていても話は進まないから、トップにあって話をつけてくるよ。」とのこと。なんと頼もしい。弁護士や、会計士の世話もしてくれるとのこと。

ミーティングの最後は、自分の話になって、どうやってロッチェスターに流れ着いたか、どうしてこの企画を進めることになったかなどいろいろと話をしたんだけど。最後に、今学期MCC(地元の短大)を卒業するいうと、「そりゃー、君みたいな頭のいい奴は、4大くらいでなきゃだめだよ。私が、どっかこの辺の大学で奨学金をくれる所を探してあげるよ。」とのこと。WOW。って感じ。

まだ、この話は完全に決まった訳ではないし、いつお金が、いくらお金が、どこから、誰に出るかとはっきりしていないので、あと数週間しないと、何とも言えない部分があるのだけれど、やっとこういう人にあえて、うれしい。この一年半こういう人をづっと探していた。ほんときっと2、300人くらいの人に会っただろう。いやもっとか。いろんなつてを使って、いろんな径路をたどって、やっとここまでたどりついた。いつかこういう瞬間が来ると言うことはわかっていたけど。Finally.

ということで、とりあず、号外と言うことでこの辺で、
勉強にもどります。ぜったいに今学期卒業するぞ!おー!


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2006年04月14日 22:09
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/435

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space