自己紹介と今さらmixi(ミクシィ)の話。

2006年08月24日

自己紹介と今さらmixi(ミクシィ)の話。

[投稿者:]

はじめまして。遠藤元子(エンドウモトコ)と言います。
ニートに近いフリーターをやっています。ギリギリ20代です。仙台在住です。
仙台在住と言うだけで、仙台インターネットマガジンに参加したいとごねまくり、代表をはじめとするメンバーの皆様を困らせてしまっている性別が女の者です(みんなまゆ毛が八の字になっちゃってるくらい困ってるのな)(でもきっと代表は仁王のようになっていると推測される。私が何者かわからないので)。

…ええと、さっそく今度は私が困りました。自分について他に語るべきこともないので、私の趣味であるインターネットについてよぼよぼ書いていこうかと思います。


ネットをやってる皆さんならほぼmixi(http://mixi.jp/)という単語はご存知かと思います。
一応説明をしておくと、「ソーシャルネットワークサイト」というものです。
これだけじゃなんですから、mixiの概要へのリンクをはっておきます(http://mixi.jp/about.pl)。

私が入った当初(2004年10月)はまだ20万にも届かなかったユーザー数が今や600万近い数字になっています。

それでも、
・実際みんなどのくらいの頻度で使ってるの?
・どんな使い方してるの?
・使いこなせてる?
と言うとすべてにおいて「ちょっとわかんないなあ…」という方も多いのではないでしょうか。

そして、
・入ったけどつまんない
という方も多いと聞きます。

では、じゃあ何を求めて入ったの?

出会い?

そういう回答を聞いたら私は「うあー!」と怒ることでしょう。
「ありえねえよ!」と。
「じゃあ出会い系行けよ!」と。

なぜそんなに怒るのか、というと私がモテないから(出会いに無縁なうえ人見知りなうえブサイクという三重苦)というのもありますが、
無差別女子アタックというのがあるからです。
今勝手に命名したけど。無差別女子アタック。

まあ、ほとんどご存知の方も多いことでしょう。けど説明します。くどく行くことに決めました。

話を戻して。
その無差別女子アタックの被害のひとつとしてこういうのがあります。

友人のマイミクシィのところから何気なくその人のマイミクシィのところへ行った。

異性だった。

特に見るべきこともなくそのまま忘れる。

いきなりそいつからマイミクシィ申請来たる

「あなたと出逢えたことを嬉しく思います。私と楽しくお付き合いして行きましょう…ステキな貴女へ」

ガー!
もう、ウガー!ですよ。
実体験ですよ!
当然拒否ですよ!

会ったこともないのにこの文面。
いくら非モテの私でもちっともうれしくありません。
こういう人は何を考えているんでしょうか。
ヤれればいいのか?
なおさら出会い系行ったらいいんじゃないのか?

いくら考えてもわからないので、その人のマイミクシィである友人に聞いてみました。
「ああ、あの人ねえ…(遠い目)、そっちにも行っちゃったんだ。困るよね」
話を聞くと友人にも同じ文面でマイミクシィの申請を行っていたようです。
友人はスタンスとして「来るもの拒まず」なのでとりあえずマイミクシィにはなってあげたそうですが、
「貴女に逢いたい…」というコメントが日を置かず書き込まれるので辟易していたそうです。
「マイミクシィ、切りたい」という彼女の声は相当疲れていました。

もう!もう!
こういう感じの男性の皆様!
頼むから無差別女子アタックはやめてください。
気持ち悪いから!
あと、「あなた」を「貴女」と書くのも気持ち悪いから!
「会う」を「逢う」と書くのも気持ち悪いから!
非モテなら非モテらしく互いに強く生きていこうぜ!
頼んだぜ!

※なお、こちらからmixiへの招待はしておりません。ご了承ください。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 : 2006年08月24日 07:57
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)