« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月 アーカイブ

2007年01月01日

今年最後のごあいさつ

仙台インターネットマガジンの読者の皆様、こんばんは、日本ではもう年が明けてしまったのだろけど、ロチェスターはまだ大晦日の10時50分です。今年も残すところ少しとなりました。今年は皆さんにとってどんな年だったでしょうか、来年も皆さんにとって元気で楽しい素晴らしい一年になることを祈っています。


昨日、陸路4000キロのコロラドへの旅行から帰ってきました。往復で48時間の運転で、ホントにくたびれました。

なにもない畑の中を突っ切る直線道路が一日走っても終わらないカンザスの風景が非常におもしろかったです。あんな所に住んだらどんな感じなんだろうかと想像をしてしまった。帰り道に偶然よったインディアナ州のゲリーという街の二キロも続くダウンタウンは、ゴーストタウンとも呼べるくらい寂れていた。ゲリーに比べればロチェスターなんて全く恵まれたものだと言うことがよくわかった。http://www.b-levi.com/stuff/travels/gary.php


やはり旅をすると沢山の事に気が付かされる。自分がもっている見方というのは相対的な物でしかないそんな当たり前なことが実感をもってよくわかる。

昨日は、あんまり久しぶりの旅から帰ってきたばっかりで、イマイチ自分の位置がわからなくなって、年末だといこともあって、今年を振り返ってみようと、今年一年の日記を読み返してみた。今年はホントに自分にとっては変化の年で、ホントに長い一年だった。日記を読まないと一年前の自分がどこにいたかも、何をしていたのかも思い出せない、そんな年だったように思う。

今年は夢だったものが現実になり、そして今はその現実と一生懸命、格闘をしている。来年はその闘いに勝利したいものだと思う。

ではみなさん、よいお年を。

2006年12月31日 佐藤研一朗

2007年01月02日

新年のごあいさつ

仙台インターネットマガジンの読者の皆様、明けましておめでとうございます。

話題:
仙台インターネットマガジン8年目の年
今年の抱負
共感が共感をうむ世界
個人が何かを始める時代


2007年01月16日

マッチョとガリ

話題
アメリカにはデブが多いが、マッチョも多い。
ジム文化
アメリカで日本人男性がもてない理由は?
体を鍛える利点
鬱と体

コロラド アスピンへの旅

世界中の仙台インターネットマガジンの読者の皆さんこんにちは、今日は今年初めての連載です。全世界中が記録的な暖冬だそうですが、アメリカの北のはずれのロチェスターでも、非常に暖かい冬が続いています。今年は、身震いのするような、ぞっとするような寒さというのがいま一日もなく、地球温暖化が進んでいるんだろうかと、想像してしまう今日この頃です。

さて、クリスマスを挟んで、コロラドのアスピンという街に、ニューヨーク時代のルームメート達と十日ほど旅行に行ってきました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Aspen%2C_Colorado

今回は、医者をやっているケンがついに学生ローンを払い終わったお祝いに、彼がホテル代を出してみんながそれにおじゃまするという感じの旅でした。道中は英語の先生をやっているクリスが、限りなくおごりに近い出世払いで、飯代や、交通費、スキー代なにやらを出してくれたので、ほとんど金を使わない旅行でした。

アスピンという街は、私のような貧乏人が行くような街では無くて、元祖リゾートみたいな街なんですね。100年前くらいは銀山として非常に栄えていたのですが、第二次大戦後にスキーリゾートの街として生まれ変わったそうです。すごく高級なリゾート地として知られていて、日本で言う軽井沢みたいな響きがあるようです。

この街は山の麓にあって、人口5000人で、非常にコンパクトにできている。建物も古く歴史を感じさせる。おもしろいのはスキー場のロッジと街が一体になっている。リフト乗り場が街の中にあるような感じなのだ。こういう街は日本にあるのだろうか?

ちなみにアスピンの町中に家や、マンションを買おうとすると、マンハッタンの一等地にマンションを買うくらいの値段がする。おそろしい。それだけ、お金持ちが沢山いるようで、高そうな毛皮のコートをきて歩いている女性が沢山目に付いた。

ぎょっとしたのは、この小さい街に、マンハッタンの5番街に立ち並ぶような高級ブランドのお店が沢山あるのだ。クリスマスシーズンということもあってか、大きな紙袋を両手に持って買い物をしている人を沢山目撃した。

行く前は、金持ちのライフスタイルをかいま見ることができると思い少し楽しみにしていたが、なんだか見ていて、結局、金持ちになっても、こんな山奥まで来て買い物をするだけなのかと、少し落胆をした。アメリカの金持ちの底の浅さがかいま見えた気がした。

でも、公平に一つだけ、特記しておくことがあるとすれば、アスピン市の環境に対する取り組みだと思う。この街こんなに田舎なのにバスが結構発達していて、近郊にあるいくつかのスキー場へ、車を使わずにいどうできるようになっている。全ての車両にバイオ燃料を使っていて、かなりの数の電気ディーゼルハイブリッドバスが走っていた。アスピン市のウエブサイトによると、57%の電気が風力や水力といった自然エネルギーでまかなっているそうだ。これが今、リベラルでお金持ちのはやり、というか社会的な責任のはたしかたなのだろう。

グーグルの本社の屋上に一面に太陽発電機が設置されたり、グーグルの創業者が電気自動車のベンチャーに出資をしたりと、アメリカの金持ち達のトレンドが、環境の方向に向かいつつあるように思う。今までITの投資に向かっていたお金が環境のキーワードの元に集まってくる可能性は高い。「環境」はという言葉は「IT」次の時代のキーワードとして、これからどんどん大切になってくるだろう。

2007年01月17日

あけました。(ほとんど私事ですよ)

エンドウです、どうもお久しぶりで…ちょうバツが悪いです。なーんも書いてなかったので。ミクシィで日記だけは書いてたんですけどねー。言い訳です。うふふ。

さて。ニートもフリーターも34才までだったと思うのでそれまでには何とかかんとか別の身分になりたいなというのが今年の目標です。
しかしニートもフリーターも便利なコトバだよね。自虐をこめてニートとか言えば「ああコイツダメ人間だ」と一発で認識されるもので、単に「無職」というコトバに感じられる悲惨さというか悲しさって薄れると思いませんか?カタカナには踊らされてるよおれ。と思わずにはいられない出来事です。いや出来事というほどのことでもないですけど。

■唐突に去年の反省点
・全体的にだらしなかった。
・本当にダメな人を見て「コイツより私は上だ」と思ってしまった。
-----
二番目のはですね、ホントダメだと思います。自分で。
上には上がいるのとおんなじで、下には下がいるもんだというのを実感して、そして自分と比べたりして。
そういうことってよろしくない。
でもたぶん私は同じことを繰り返すと思うので、ぶわっと人にかかわる頻度を調整したいなあと思います。
誰だってヤでしょ。他人に格付けされるなんて。少なくとも私は嫌だ。特に女っぷりとか試されたりすると発狂しそうになる。…なんかあったんですかね。自分のことながら心配になりました。

まあ、今年もよろしくなのです。
私はこのとおりふらふらしたことを書いていくとは思いますが。愛のムチはいただきます。

2007年01月18日

70個の今年の抱負

世界中の仙台インターネットマガジンの読者のみなさま、こんにちはアメリカはニューヨーク州ロチェスターで世界一大きい写真展を進めてます佐藤研一朗です。前回はロチェスターは暖冬ですと書いたんですが、ついに昨日、雪が降りまして、ついにロチェスターの冬が始まったのかなあと、思っています。しばらく雪が降らなかったので、いつもは雪が降ると憂鬱な気分になるけど、今回はなんだか、妙にわくわくしてしまいました。

2007年が始まってもう半月が過ぎました。アメリカはあんまり正月気分というのがなくて、ちょっと寂しいので、元旦には、1人で今年の抱負を考えてみました。どんどんやりたいことを書き出していくうちに、70以上のリストになってしまった。ここで全部載せるのは恥ずかしいのでしませんけど、ほとんどTo Do リストのような感じです。

中には髪を切るってものまでありますが、これは今年の抱負ですかね? 我ながらあほです。まあ、昨年は、金銭的な問題から、数ヶ月間、むさ苦しくなるまで我慢して、髪が伸びきった所を、ばっさりと切るというパターンだったので、今年は毎月一度は髪を切って、少し身だしなみに気を使えるくらいになりたいところです。

今年の抱負で、一番実現したいのは、「一人前のアートディレクターになる。」ということでしょうかね。もうすこしいうと、ある程度大きい規模で企画を進め、スポンサーや寄付者を募り資金をあつめ、国際写真コンテストを開いて、いい写真を集め、企画を成功させて、ディレクターとしてお給料をもらい、アーティストビザを受けて、生活をしていく、ということかなあと思っています。

昨年、自分の中で、一番大変だったのは、自分の生活を削りながら企画を進めていたところです。一つ目の企画が成功させることができたのは、すばらしかったのですが、気が付くと、自分も、理事として手伝ってくれている人達も、へろへろになっていたところがあります。産みの苦しみということで、当然通らなくてはいけない道だったのかもしれませんが、今年はそのところを少しずつ軽減していけたらいいなと思います。

自分自身、年末の旅を終え、年が明けて、やっとリハビリが終わって覇気が戻ってきました。この覇気がないと何もできませんからね。しっかりこの覇気を保っていきたいところです。

「才能をマルチに発揮してお金を稼ぐ」というのも今年の抱負です。世界一大きい写真展の企画でいつからお給料をもらえるようになるか、いくらもらえるようになるのかというのは、結構不確定な部分が多いで、それがなくても食えるようにするというのが、結構大切になってくるような気がするんですね。そうじゃないと、一か八かというような、生活になって、精神的にも、金銭的にも常に追いつめられて暮らす事になりかねず、そうすると余裕というのが無くなってきて、写真展の企画を進めていくことを楽しむ事ができなくなってしまう。

それはよくないので、金銭的なバックアップを持っておこうと思うのです。ただ、バイトをするだけじゃなくて、自分のアドバンテージ、才能、経験を活かして、お金を稼いでいくというのが、理想的だなあと思う。いろいろな方向から食い扶持を得るというのリスク分散の観点からもわるくないし、自分にも合っているかなあと思うわけです。

それで、さっそく年が明けてはじめたのは日本語教室。日本はこれだけ、人気のある国だから、日本語を勉強した人も沢山いるわけで、自分は日本語がネイティブだし、これを見逃すところはない。ビラを作ってちょっと張ったところ、一人目の生徒さんがさっそっくみつかった。ロチェスターで弓道の先生をやっている大の親日家だ。

自分はさんざん英語を勉強するのに時間とお金をかけて来て、外国語を勉強する難しさをよく知っている事も手助けになるんじゃないかなあとおもう。自分がこうやって英語を勉強してくればもうすこし早く英語を習得できたんじゃないかなあということを、試して行きたいなあと思う。

ロチェスターではある程度、日本語を勉強したい人の人口は限られているから、そのうちホームページを立ち上げて、生徒を募集しようかなあと思っています。ビデオチャットを使えば世界中どこにいても、クラスができる。これはいいかもしれない。生徒が10人も集まれば、ネットがあれば、世界中どこに行っても生活ができることになる。(^_^) まあ、それはそれで夢は広がるけど、それはそれで時間とか手間がかかる訳で、できるだけそれが負担にならないくらいでやっていきたいところです。

先月からはじめた日本食レストランでのアルバイトもだんだん調子がよくなってきて、テーブルの片づけから、バーテンダー見習いまで昇格しました。(^_^) この仕事は沢山ひとに会うので結構気に入っています。オーナーにかわいがってもらって、メニューのデザインや、表の看板のデザインなどの仕事もさせてもらっていて、そういう事もできるだということに、気が付いたわけです。

よく考えてみると、自分にはこれだという専門があんまりないのです。たとえば建築家とか、医者とか、弁護士といったような専門家ではないんですよね。自分はスペシャリストよりも、ジェネラリストでありたいといつも思っていて、いままでいろんな事に手をだして来ました。高校を出てから、旅人、学生、アートディレクター、ウエブデザイナー、雑誌の編集者、留学生などなど、いろんなことをやってきたわけですよ。興味もアート、政治、環境、英語、語学教育、IT、都市計画、デザイン、料理などなど、あげていくときりが無いです。

一つ一つは、一流である訳ではないのですが、それなりに長い間やってきたものありますから、それぞれの分野で、ある程度のレベルに達している所もあります。それらをうまく使って生活費を稼いでいきたいわけです。

それと、違う分野を掛け合わせることがうまくできると、世界一大きい写真展のような、なかなかいい物ができるということもわかってきました。これはアートと都市計画のあいの子みたいな物だし、自分の政治やIT、英語の知識や経験がすごく生きている訳です。そんなように自分の才能をマルチにいかして、自分自身を活かしていく、食わしていく、そんな一年になりそうです。

年末の旅から帰ってきて、年があけ、いろいろ大変だったことが、やっと底がうった感があります。昨年は上がり下がりが激しい年だったのですが、今年は壁に貼った70以上もある抱負リストを、一つずつ達成していって、一歩一歩上がっていく、それを楽しみながら暮らしていきたいですね。リストが、全部消し終わる頃には、いまよりずっと充実した生活を送れているようになっているかな。

2007年01月22日

■ハイジ2・新年歌会・五行歌展示

2007年ハッピーニューイヤーです。一月も後半だっつーのにご挨拶が遅れました。
みやぎ五行歌会の螢でございます。今年もよろしくお願いします。
友達宅で鍋をやり、いつもと違う路線で帰ろうと思ったら、人身事故で大幅に電車が遅れ、
やっと発車したと思ったら、駅に停車中の車内で暴力事件が起き、警察到着まで40分以上
電車が止められ、大騒ぎになった上に近くに居たオッサンに八つ当たりをされて久々に
ガチギレしそうになりました。
集団で誰かが怒鳴り出すと、連鎖してみんなが怒鳴り出すの、すごいの!こわい~
金曜日だったし、時間も時間だったので酔っぱらい多かったしね。
そんで、警察が来たら波がひくようにみんな電車に乗り込んだけど・・・
ここ日記書く所じゃないですが、思わず書いてしまった。


今日はいつもより長く書きます。お知らせがいっぱいです。


■「HEIDI」2号が出来ました。
「HEIDI」1号はティッカにはあるみたいです。メディアテーク分のはもう無くなっちゃいました。
2号は、メディアテークとティッカには配布済みです。市民センターはまだなんでもうちょっと
お待ちくださいませっ
配布先は以下です。(1/22現在)
・「せんだいメディアテーク」の1F
・Tnitka cafe・bar(ティッカ・カフェ・バー) (元・和カフェ C7)
・青葉区中央市民センター

■五行歌作品展の話。

「恋の五行歌作品展」というのが、千葉県の船橋フェイス・栃木県の小山ジャスコで開催されます。
去年公募があったんですよね。嬉しい事に、船橋フェイスで秀作入賞、小山ジャスコで佳作入賞し
展示をしていただけるようです。
・・えっと、宮城県民なんで見に行きたいけどどうなのみたいな・・
バレンタインの企画だそうなんですが、わたしの歌はたぶん可愛い部類に入らないと思うので
大丈夫なんでしょうか、心配です(汗
お近くの方、是非行ってみてくださいませ。
----------------------------
船橋フェイス「恋の五行歌作品展」
作品展示 平成19年1月27日(土)~3月14日(水)
会場 B1F船橋駅地下連絡通路 ※入場無料 
----------------------------
小山ジャスコ「恋の五行歌作品展」
作品展示 平成19年1月26日(金)~2月18日(日)
会場 小山ジャスコ専門店街2F特設会場 ※入場無料

■1/21新年歌会がありました。
国際ホテルにて。美味しい料理と、なんだか甘くてとっても美味しいワインを飲みました。
昼間から・・・なんてワインだったんだろう。強くもなくて、ジュースみたいだった。
提出歌は以下。



恋心未満
心の隙間へ埋める
小説を
読み終わった
淋しさに似てる

恋心未満とはそのままです。 「100未満」とは「100に近いけど絶対100ではない」、そのまんまです。
要するに「好意を抱いてる状態」であって、そんで、その先が
「今後もう二度と会うことはない」「結婚してた」
「猫かぶってて実はひどい男だった」「とあるきっかけで幻滅した・がっかりした」
等々の理由で「恋」まで発展しなかったと。男性だって同じ事あるんじゃないかなぁ。
それをだな、心なんて隙間だらけなわけで、そこに「埋めちゃうんだから!」という、
すこし「隠してしまいたい」勢いでとにかく埋めちゃうのです。
でまぁ、それって「面白くて感情移入してのめりこんでた小説を読み終わってしまった淋しさ」に
似てるなぁと。 「あーあ、面白かったけど、もう読み終わっちゃった」・・けど「また次読むの探そう」的な。
恋心に育ってないまでも、心は無傷じゃないって感じです。
・・と説明解説しなきゃ分からないってあたりがこの歌の未熟な所ですね。
できれば説明解説は苦手なのでしなくてもいいものを(笑  なんか、いつもながら締め切りをぶっちぎってて、でも納得できてなくって、深く考えすぎてわけが分からなくなったんですよね途中で・・
そして、「隙間」っていう言葉を使いたかっただけとも言います。
隙間・・スキマ・・スキマスイッチが好き(おい 全力歌人です。 ←゜д゜

ひとまず、今年も全力でよろしくお願いします。


■五行のたてがみ

2007年01月25日

テレビを捨てる日?

テレビに踊らされる国、アメリカのテレビ事情、地上波デジタル化、テレビ時代の終焉、ニュースのワイドショー化、ネットで見るテレビ番組、

関連文章
ロン・ポール革命 2 -Ron Paul Revolution 2 Web2.0革命とロン・ポール

参考文章

納豆狂想曲を見て、テレビ時代の終焉を思ふ 2007.1.X

2007年01月30日

■五行歌フリペ「HEIDI」2 配布先増えました。

「消しゴム」は「けすごむ」と発音する螢ですコンニチワ。
五行歌フリペ「HEIDI」2号が発行されまして、配布先がまた増えました。
ハイジですからね、裸足でかけずり回ってます。(靴はけ

book cafe 火星の庭
仙台で有名ですね、なんていうかね自分の部屋みたいな雰囲気のお店。落ち着くっていう事です。
あんなに本だらけの部屋が欲しい。本だけ置く部屋が欲しい。<あとDVDとCDとビデオ(おい
いろいろ催し物をしたりしてるみたい。いいなぁ、火星の庭さんでいつか歌会やってみたいなぁ。
やってみたいというか、「やれるはず」って思ってればいつかできるだろうきっと。
凄い「なんとなく」でごめんなさい。でも、場所は置いといて、希望者が募れば企画します、歌会。

話を戻して、火星の庭さんでは、まだ食べたことないんですけどカレーが美味しいらしい。
あと甘いもの!HPの写真だけでも涎が出ます。
ケーキとかさ・・パン・サブレ・スコーンとかお茶とかお店で売ってるそうです。
という感じですが、店員さんが堺雅人に似てると思う←なんの話
追記:あ、どうやらオーナーさんらしいです。

■「HEIDI」配布先は以下です。(1/30現在)
・「せんだいメディアテーク」の1F
・Tnitka cafe・bar(ティッカ・カフェ・バー) (元・和カフェ C7)
・青葉区中央市民センター
・book cafe 火星の庭

メディアテーク奥にあるカフェのビーフカレーも、すごーーく美味しい。
辛いんだけどもかなり美味しいです。ピーチティーがわたしは好きです。
ピーチティー、発音が難しいですけどピーチティー。「ぴーつてぃー」ってなっちゃうな。

「HEIDI」のもっと色々詳しくとか、螢の歌いろいろは五行歌ブログの方へ→■五行のたてがみ


About 2007年01月

2007年01月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。