« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月 アーカイブ

2007年02月18日

卵のなかみの大場理史の処女作を仙台インターネットマガジンで出版します。

卵のなかみの大場理史の処女作「神歌」を仙台インターネットマガジンで出版をしていこうということになりました!

話題 大場理史「神歌」、オンデマンド印刷、あなたのブログも本になる、過渡期の出版業界、再販、アマゾン、アナログの良さ、本はなくなるのだろうか?

参照リンク
オンデマンド出版:
Book it!
My Bookle
まぐまぐポケット出版

ネット本屋:
Amazon Japan

神歌

2007年02月22日

型をもつ大切さ

仙台インターネットマガジンの読者のみなさまこんにちはアメリカ、ニューヨーク州はロチェスターで世界一大きい写真展を計画している佐藤研一朗です。

早いもので、気が付くともう二月も終わりを迎えようとしています。どうしてまた、毎年二月はこんなに時間が過ぎるのが早いのでしょうかね。きっと一月は年が明けたってことで、時間の流れに神妙になって、今年は頑張ろうと張り切って、いろいろやるけれど、二月になるとその反動で、だらだらと過ごしてしまうということでしょうか。

なんで、こんな口上で始まったかといいますと、はい、正直に告白します。二月に入ってから私、かなり、だらだらと過ごしています。一月中に70個の今年の抱負のうち13個も片づけたって言うのに、ここ二週間と言ったら、一個も手がついていない。これではいけませんなあ。

一番の理由は、自分の企画が進まないというところにあります。これが大きい。いままでBPRを支えてくれていたメンバーが、家庭や、仕事、学校の都合で、なかなか企画に携われなくなってきて、ミーティングを開こうにも時間が合わないし、仕事は頼めないので、進まない訳です。

自分もいれて5人の理事のうち3人が近いうちに企画を全く手伝うことができなくなるということで、いままで家族のように一緒にやってきた仲間からはなれ、新しいメンバーをさがさなくていけない。これは本当にエネルギーがいることです。

そんなことをいっても、だらだらしていても、先が無いのですから、先に進まなくてはいけない訳です。それでも、だらだらして自分がこつこつと仕事ができないのは、型がないからなのでは無いからかもしれません。

型というのは毎日、形の決まったことを繰り返し、やっていくということです。簡単に言えば、生活の中の習慣かもしれません。たとえば、朝7時に起きて新聞を読む。とか、六時に起きて外を散歩するとか、まあそういうことでしょう。自分にはこれが無いなと、思うわけです。

毎日決まったことを決まった時間にやる。そんな簡単な事ができていない。自分の企画にかんしては特にそうです。まとめて仕事をするときはするけど、あとはだらだらしてやらない。そんな感じです。

どうして、こうなってしまうのかなあと、前々から思っていたのですが、どうもそれは、自分の企画に、1)生産性がない。2)他人との関わりがすくない。ということが考えられるような気がするのです。

1)に関しては簡単です。つまりまだ企画からお給料をもらうようになっていないのです。たとえば、自分は今、レストランでバイトをしてますが、ここでは決まった時間、決まったことを、繰り返しやっています。まさに型なわけです。遅刻もしないようにしていますし、決まった時間の中で、自分なりに一生懸命やっているわけです。

お金をもらうことを、それイコール、責任です。責任を果たさなくてはいけないというプレッシャーが、型を作る手助けをしてくれるわけです。自分の企画にまだこれがないわけです。

2)に関しては、こういえます。一緒の職場で働いている同僚がいないんです。メンバーはいても、ミーティングは多くて二週間に一度。あとは全部、ネットでやりとりをするわけです。これってとても重要なところだと思うんです。

型というのはペースとも言えると思うのです。同じペースで繰り返すということです。このペースを保つのには、他人がいるとすごくやりやすい訳です。たとえば、生活でいえば、旦那さんが、毎日朝7時に会社にいくらなら、奥さんはそれに合わせて朝起きて朝ご飯をつくりますよね。(もちろん、その反対でもいいのですが。)

仕事にしても、同じ事かもしれません。一緒に働く人がいるから、時間を合わせて、ミーティングをやったり、遅刻をしないようにするわけです。こうやって書いていてわかってきましてが、自分の企画には、ボスもいないわけです。(というか、自分は自分に甘いボスだ。)まだ商品が売れているわけではないので、お客さんもいない。そうなってくれば、なおさら、ペースを作るのは簡単ではない。これはどのボランティアの仕事の立ち上げ時期に言えることだろうと思います。

その上、今自分は週に25時間、バイトをするだけであとは、学校に行ったりもしていない。だから、かなりの自由時間がある。これが一つの問題かもしれない。実は、少ない時間の中でやりくりをして、企画を進めていく方が、予定は立てやすい。

まあ、そんなことをいつまでも、言っていてもきりがないので、この辺で切り上げますが、なんとか自分の生活に型を作って、企画を進めていこうとおもいます。

やはり、まずは企画から給料をもらえる所を目指すこと。それと、自分の生活の中に、まず自分の一日を振り返る型をもうけようと思う。これから、毎日(飲みに行っている時をのぞいて)12時になったら、日記を書いて、一日を振り返ってから寝ることにしよう。

小澤征爾みたいに、毎日朝4時におきて仕事をできるような人間になりたいなあと思う。アーティストの嶋本昭三も、同じように、朝早くおきて、散歩をしながら、アートのことを考えるといっていた。大御所というのは、そこが違うところなのだろうか。

そこまでできなくても、もうすこしこつこつと、毎日繰り返し大切なことをやっていけるようになりたい。継続は力のはずだ。

2007年02月24日

誠意とか責任とか無責任とか裏切りとかいろいろ続くが略

エンドウです。
暗く長くなりますでしょうが、ちょっとお付き合いいただけますか?

好きなバンドからメンバーが脱退しました。よくある話です。
そのバンドを観るため、仙台から東京まで月イチで通っていた私にとってはショックな出来事でした。
メンバーが抜けるなんて、よくあることだとしても。

仙台から月イチで東京まで行く理由とかはまた別の話なのでまた今度。

突然のことでした。
メンバーからの発表にも動揺と怒りと悲しみが感じられました。私の独りよがりの感想ですが。
それでも、残ったメンバーは「誠意」「責任」をきちんと果たしていたように見えます。
大きな舞台で劇団とコラボレーションも立派に果たし、ライブも今までとは違った楽しみを提供してくれました。
それがプロだと言ってしまえばそれまでですが、彼らのライブに、崩れかかっていた自分は何度も助けられました。
彼らは進んでいる。私も進む。抜けた人は抜けた人の人生を進む。
そう思っていた矢先、抜けた人のコメントがある場所に出て、続けてファンの方が検索したであろう、彼の書く日記ページが掲示板に載せられました。

読むまい。その選択をすることが正しかったはずなのに、ダメな私はその日記を読みました。

彼の日記は、以前と変わらず、それがとても残念でした。
音楽に対しても、メンバーに対しても、現状に対しても。

現メンバーがたとえお題目として「誠意」「責任」を唱えているとしても、それがいけないことなのか?と疑問に思ってこのブログに書いているわけです。
答えは出ないし、出さないけど。

でも。
少なくとも、止まっているよりは、進んでいる方が偉いと思う。

そして。
ここに私が何かを書くということは、私自身が止まっている状態なのか、進んでいる状態なのか、どっちなのかと言えば、止まっている状態なのだと思う。現状では。

進まなければ、と思います。

2007年02月27日

■「恋の五行歌展」写真&東北合同歌会その他

CIMG0047-2.JPG


ブログに遊びにいらしてくれてる方が、小山ジャスコの「恋の五行歌展」の写真を
撮って送ってくれました。
うれしいなぁ!ありがとうございますっ
感謝ですほんと。展示ものの入賞がはじめてで、更に自分の歌が展示してあるのを
はじめて見ました(笑 いっつも応募して放置プレイなので・・他県だと見に行けないし。

CIMG0044-2.JPG


3点応募したうちの1点が佳作入賞だったんだけど、どれが入賞したのか
分からなかったのです。
この写真で判明。
ここここの歌が選ばれたんだぁ、そっkdf@;  みたいな。

CIMG0046-2.JPG

CIMG0048-2.JPG

草壁先生の歌展示もありました。ここに写真載せるのは控えますが。
綺麗に飾ってあるし、ポップでかわいい感じだし
お菓子屋さんみたいだね~。
だから余計自分の歌がアレな気分でいっぱいです(笑

CIMG0049.JPG

船橋フェイスの展示もどうだったんだろうなぁ。
どの歌が採用されたのかいまだに分かってませんからw

ここからはお知らせ色々です。

■2007年東北合同五行歌会のお知らせ。
期日   2007年4月1日(日)受付12:30
会場   石巻文化センター 第4研修室
      宮城県石巻市南浜町一丁目7-30 0225(94)2813
時間   13:00~16:30(予定)
会費   1500円 (二次会は4000円程度の予定)
作品   自由詠1首と二次会参加の有無を明記しハガキ又はFAXでご提出下さい。
      住所・氏名・電話番号・筆名(本名も)をお忘れなく。
〆切  2007年2月27日(火)必着
提出先などは五行歌本部サイト掲示板にて。

こ、これも締め切り今日だね!!!!・・・すいません。
・・・・えっと、わたしも締め切りがヤバイです・・・・


「しあわせ結ぶ・野中神社―このまちが好き、
 この不思議空間が好き・続編『恋歌 作品展示会』」

・2007/02/21~2007/02/28
・仙台市青葉区中央市民センター2階・ロビーにて開催中。
俳句・短歌・和歌・その他(五行歌あり)の展示です。わたしも参戦しました。
あと「HEIDI」の相方・ようさんも参戦。更新の遅いバカヤロウなわたしが悪いんですが
期間は明日までです(汗

■みやぎ歌会例会のこと。
2/18(日)にみやぎ歌会例会がありましたが、今回欠席でした。この日は郡山と
石巻からお客様がいらっしゃって、とっても賑やかだったそうです。あと見学者も居たそう。
新入会者1名出たそうで、嬉しい限りです。


About 2007年02月

2007年02月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年01月です。

次のアーカイブは2007年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。