« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月 アーカイブ

2007年04月03日

■五行歌フリペ「HEIDI」配布先1つ追加

こんにちわ。五行歌フリペ「HEIDI」(ヒデじゃないよ、ハイジです)配布先が増えました。

・泉中央セルバ2階センターコート内「ボク、モク。」

ART STANDARD.さんという、宮城大学の学生さん達が企画運営してるグループが、
泉中央セルバ2階センターコート内「ボク、モク。」という、フリーペーパーやフライヤーなどを置く
ボックスを設置していて、お願いしました。このボックス、なかなか凝ってて可愛いんです。
お部屋のインテリアに欲しい(笑
お近くの方、是非足を運んでみてくださいませ。

■「HEIDI」配布先は以下です。(4/3現在)
・「せんだいメディアテーク」の1F
・Tnitka cafe・bar(ティッカ・カフェ・バー) (元・和カフェ C7)
・青葉区中央市民センター
・book cafe 火星の庭
・泉中央セルバ 2階センターコート内「ボク、モク。」


「HEIDI」のもっと色々詳しくとか、螢の歌いろいろは五行歌ブログの方へ→■五行のたてがみ

4月1日に石巻にて東北合同歌会がありまして、東北のあちこちから50名近くの歌人が集まり
盛大に開催されました。
二次会は宴会だったんですけど、日本酒と美味しい魚料理をいただき、後半記憶がありません。
歌人50人大集合って、そうそう見られません。話も濃いしキャラも濃いです。
全国大会になるともっと多い人数なんですが。



「きみ」っていう
部品を無くしたら
すべて壊れた
そんな脆い恋を
細く奏でていた

「奏でる」っていうフレーズを使いたかっただけです(笑)
人数が多いので、最初6つの小歌会に別れてやったんですが、そこでは3席いただきました。
その後に全体で草壁先生の総評、3席から1席までの発表、草壁賞などの発表がありました。
一席は羽後歌会の女性歌人さまの歌でした。わたしも高得点入れてて、「すごい良い!」って思った
いちばん目を惹いた歌だったので、自分でも嬉しかったです。

全くもって余談なんですが、3月中旬に、東北大会へ向けて(ていうか春へ向けて?)英気を養う為に
ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を観て、次の日にスキマスイッチのライブ、という
お腹いっぱい幸せいっぱいの大好き2daysな日程を立てていました。
「ヘドウィグ~」は山本耕史さん主演で、夫イツァークに大好きな中村中さん。
幸運にもスゴイ前の席で観られたので幸せなひとときでした。二人とも歌が上手すぎ!
スキマスイッチは1も2もなく大好きなので、夢のような時間でした。
スキマは、凝ってるメロディー、なんとも言えない歌声もさることながら、歌詞がね。
たまに神懸かり的な歌詞の楽曲があって、涙腺を刺激されるし、なんていうか、胸きゅんです(笑

「胸きゅん」の「きゅん」は、アコギで押さえ変えする時に指と弦がこすれて鳴る「きゅ」って音と
似てるって思うんだけど誰も賛同してくれません。なんでー。


2007年04月05日

インスピレーションはネットの片隅からやってくる

<これは3月8日に書いてそのまま忘れてほったらかしになっていたエントリーです。>スイマセン。。。。

仙台インターネットマガジンの読者のみなさまこんにちは、アメリカ、ニューヨーク州はロチェスターで世界一大きい写真展の企画を進めている佐藤研一朗です。

もう気が付けば三月になっています。日本は記録的な暖冬で、仙台はもうまるで春のようだと聞いていますが、ロチェスターは温暖化もどこ吹く風、冷たい北風がぴゅうぴゅうと吹いています。


全開は全然仕事が進まないよと、泣き言のような報告をしてしまったのですが、今回はやっと、前向きな報告ができそうです。自分の中で、これはいけるだろうという今年の企画の全体像が大体決まったのです。

インスピレーションは偶然の出会いからでした。いつものように朝起きてmixiをチェックして、それからニュースを読んでいました。その中の記事に、「Youtubeの使い方」という記事があったので、おもしろそうだなあと思って読んだ訳です。

ちなみにYoutubeというのは、動画を簡単に投稿できるサイトで、近年世界的に流行になりまして、最近ではグーグルがスゴイ金額で買収したと言うことで話題になっていました。その記事には、どうやって動画をアップするかなんか感じの解説が載っていたわけです。まあそれはどうでもいいんですけど。

その文章の一番最後に、記者のお薦め動画が紹介されていたので、Youtubeに飛んでみると、JRの電車のドアが閉まるときの音楽をピアノで再現しているという、動画だったのです。まあ、いろんなことやる人もいるもんだねえと、見ていたわけです。まあ、ここまではあんまり、重要ではないんです。

それで、二分くらいして、その映像が終わりました。Youtubeでは、映像が終わると、前の映像に関連した、映像が表示されるようになているのです。それでそこに表示されたのが、28 millimetres by JR and Ladj Lyという名前の映像だったのです。

見た感じ日本の映像では無かったので、きっと日本の電車のJRには関係ないだろうなあと思いながら、特に考えも無しにクリックしたのです。それがこれです。
http://www.youtube.com/watch?v=zWu-BSIUs2E&mode=related&search=

この人達はフランスのパリのアーティストで、数年前に暴動があったようなパリの郊外にあるゲットーとかスラムとよばれるような貧民街にいって、人の写真を沢山撮って、それをコピー機で5メートルとかまで引き延ばし、ゲリラ的にパリの街中に、もちろん許可も取らずに張りまくるというゲリラアートプロジェクトをやっている人達だったのです。

私が驚いたのは、そのコンセプトもさることながら、その安い紙の印刷で巨大な写真を使って壁に貼り付けるという手法。写真がいいせいか、安い印刷でもそんなに悪く見えない。これほど効率的に、一般大衆に自分の写真を見せる方法というのは、なかなかあるものではない。
http://www.28millimetres.com/index_en.html

http://www.jr-art.net/

これみて、私、ビビビッとひらめきました。いままで、ものすごい高価なビニールの素材でやろうとしていたからダメだったんだと。もっと安くて、簡単に設置できる素材を使えばいいんだと。それで思いついたのは、屋外での小規模な広告などでよく使われる紙の素材。これは一応、防水になっていて、カラーだし、1ヶ月は屋外の展示に耐える。値段は1/10くらい。これをパリの企画のように、直接壁に貼ってしまえばいい。今年の夏に、期間を区切って、2週間から1ヶ月間くらい展示をする。

これなら写真の設置に何百万円も地元でない業者に払う必要もなく、ボランティアと地元の業者で十分やれる。これなら、グラスルーツのアプローチでやっていける。
今年はこれでいこう。

2007年04月16日

■4/13河北新報の夕刊に記事掲載。

2007年04月13日金曜日の河北新報夕刊に、フリペ「HEIDI」の記事が掲載されました。
ホームページでも記事が見られます。
http://www.kahoku.co.jp/news/2007/04/20070413t15036.htm

こっそり(?)取材を受けていました。何を喋っていいのやら、難しいですね取材って。
喋るの得意じゃないんですよあはは・・・
記事にも書いてありますが、「HEIDI」の3号が今月発行予定です。
(出なかったらゴメンナサイ ←おい)
あと、もう2号の在庫が無いんです(汗  
配布場所に無かったら、申し訳有りませんが追加できないのでご了承ください。

■「HEIDI」配布先は以下です。(4/16現在)
・「せんだいメディアテーク」の1F
・Tnitka cafe・bar(ティッカ・カフェ・バー) (元・和カフェ C7)
・青葉区中央市民センター
・book cafe 火星の庭
・泉中央セルバ 2階センターコート内「ボク、モク。」

About 2007年04月

2007年04月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年03月です。

次のアーカイブは2007年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。