インスピレーションはネットの片隅からやってくる

2007年04月05日

インスピレーションはネットの片隅からやってくる

[投稿者:佐藤研一朗]

<これは3月8日に書いてそのまま忘れてほったらかしになっていたエントリーです。>スイマセン。。。。

仙台インターネットマガジンの読者のみなさまこんにちは、アメリカ、ニューヨーク州はロチェスターで世界一大きい写真展の企画を進めている佐藤研一朗です。

もう気が付けば三月になっています。日本は記録的な暖冬で、仙台はもうまるで春のようだと聞いていますが、ロチェスターは温暖化もどこ吹く風、冷たい北風がぴゅうぴゅうと吹いています。


全開は全然仕事が進まないよと、泣き言のような報告をしてしまったのですが、今回はやっと、前向きな報告ができそうです。自分の中で、これはいけるだろうという今年の企画の全体像が大体決まったのです。

インスピレーションは偶然の出会いからでした。いつものように朝起きてmixiをチェックして、それからニュースを読んでいました。その中の記事に、「Youtubeの使い方」という記事があったので、おもしろそうだなあと思って読んだ訳です。

ちなみにYoutubeというのは、動画を簡単に投稿できるサイトで、近年世界的に流行になりまして、最近ではグーグルがスゴイ金額で買収したと言うことで話題になっていました。その記事には、どうやって動画をアップするかなんか感じの解説が載っていたわけです。まあそれはどうでもいいんですけど。

その文章の一番最後に、記者のお薦め動画が紹介されていたので、Youtubeに飛んでみると、JRの電車のドアが閉まるときの音楽をピアノで再現しているという、動画だったのです。まあ、いろんなことやる人もいるもんだねえと、見ていたわけです。まあ、ここまではあんまり、重要ではないんです。

それで、二分くらいして、その映像が終わりました。Youtubeでは、映像が終わると、前の映像に関連した、映像が表示されるようになているのです。それでそこに表示されたのが、28 millimetres by JR and Ladj Lyという名前の映像だったのです。

見た感じ日本の映像では無かったので、きっと日本の電車のJRには関係ないだろうなあと思いながら、特に考えも無しにクリックしたのです。それがこれです。
http://www.youtube.com/watch?v=zWu-BSIUs2E&mode=related&search=

この人達はフランスのパリのアーティストで、数年前に暴動があったようなパリの郊外にあるゲットーとかスラムとよばれるような貧民街にいって、人の写真を沢山撮って、それをコピー機で5メートルとかまで引き延ばし、ゲリラ的にパリの街中に、もちろん許可も取らずに張りまくるというゲリラアートプロジェクトをやっている人達だったのです。

私が驚いたのは、そのコンセプトもさることながら、その安い紙の印刷で巨大な写真を使って壁に貼り付けるという手法。写真がいいせいか、安い印刷でもそんなに悪く見えない。これほど効率的に、一般大衆に自分の写真を見せる方法というのは、なかなかあるものではない。
http://www.28millimetres.com/index_en.html

http://www.jr-art.net/

これみて、私、ビビビッとひらめきました。いままで、ものすごい高価なビニールの素材でやろうとしていたからダメだったんだと。もっと安くて、簡単に設置できる素材を使えばいいんだと。それで思いついたのは、屋外での小規模な広告などでよく使われる紙の素材。これは一応、防水になっていて、カラーだし、1ヶ月は屋外の展示に耐える。値段は1/10くらい。これをパリの企画のように、直接壁に貼ってしまえばいい。今年の夏に、期間を区切って、2週間から1ヶ月間くらい展示をする。

これなら写真の設置に何百万円も地元でない業者に払う必要もなく、ボランティアと地元の業者で十分やれる。これなら、グラスルーツのアプローチでやっていける。
今年はこれでいこう。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2007年04月05日 22:28
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

コメント

こんにちは。ロチェスターの事を色々調べていたらこちらにたどり着きました。もうすぐロチェスターに引っ越します。他のコメントを読んでちょっと不安に・・・・
ロチェスターの町ってそんなにさびれているのですか?ロチェスターシンドローム??でもこれって今私が住んでいるところでも同じ様な現象があります。
私はオレゴン州在住ですが、ここは秋から初夏までまいっにち雨。来る日も来る日も雨・・・
そんなところに10年以上住んで、とうとう「もしや私って鬱?」と思うようになりました。私も以前NYCに住んでいて、ウン十年生きてきたうちで、NYCにいた時が最高だったと思います。仕事していましたが、毎日が刺激的でつまらないと思ったことなんてありませんでした。そしてなぜかオレゴンへ・・・良かったのは最初の半年だけ。その後10年間、NYへ戻りたいとおもいながら来月念願のNY帰州(?)

でも行き先はロチェスター・・・オレゴンでは雨ですが、そちらは雪なんですよね。歳とってきたら寒いのもおっくうになりました。

どうやったらロチェスターでの生活を楽しめるか・・・?!が今後の私の課題です。ロチェスターの事、何でも結構ですので色んな情報教えて下さい。

投稿者 リカチ : 2007年06月15日 00:53

こんにちは。ロチェスターの事を色々調べていたらこちらにたどり着きました。もうすぐロチェスターに引っ越します。他のコメントを読んでちょっと不安に・・・・
ロチェスターの町ってそんなにさびれているのですか?ロチェスターシンドローム??でもこれって今私が住んでいるところでも同じ様な現象があります。
私はオレゴン州在住ですが、ここは秋から初夏までまいっにち雨。来る日も来る日も雨・・・
そんなところに10年以上住んで、とうとう「もしや私って鬱?」と思うようになりました。私も以前NYCに住んでいて、ウン十年生きてきたうちで、NYCにいた時が最高だったと思います。仕事していましたが、毎日が刺激的でつまらないと思ったことなんてありませんでした。そしてなぜかオレゴンへ・・・良かったのは最初の半年だけ。その後10年間、NYへ戻りたいとおもいながら来月念願のNY帰州(?)

でも行き先はロチェスター・・・オレゴンでは雨ですが、そちらは雪なんですよね。歳とってきたら寒いのもおっくうになりました。

どうやったらロチェスターでの生活を楽しめるか・・・?!が今後の私の課題です。ロチェスターの事、何でも結構ですので色んな情報教えて下さい。

投稿者 リカチ : 2007年06月15日 00:55

リカチさん
はじめまして、こめんとありがとうございました。
そうですね。ロチェスターは他のニューヨーク州の中小都市と負けず劣らず寂れていますね。逆に言うと50年間はすごく栄えていたということかもしれませんね。
冬は寒いし、街は寂れているけど、夏は本当に気候がよくて、すがすがしくて、気持がいいです。別荘地になりそうな気候ですね。

こちらにつきましたら、連絡でもください。あとmixiにロチェスターのコミュがありますので、検索してみてくさい。

では

投稿者 佐藤研一朗 : 2007年06月15日 09:35
blank_space
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/503

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space