« 2007年06月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月 アーカイブ

2007年09月17日

アーティストビザ獲得

久しぶりの更新です。これからはラジオ番組としてお伝えしていきます。

アメリカの経済はやばい!?「サブプライムローンについて」


音声が早送りになる場合は、Firefoxをお使いください。
iTunesを使えば、自動的に最新の番組をダウンロードできます。

このバナーをiTunesにドラッグ&ドロップすると番組を登録できます。

<2008/9/16追記>佐藤研一朗
ラジオで取り上げた過去のアメリカ経済関連の記事をこちらにあげておきます。

最新のアメリカ発・大恐慌リポートの番組はこちらから。

2007/9/17
アメリカの経済はやばい!?「サブプライムローンについて」

2007年11月06日
ロン・ポール革命 4 -Ron Paul Revolution4 お金と経済の話-この世で一番の金持ちはお金を作る権利を持っている人

2008年02月19日
世界大恐慌への大疾走


2008年03月03日
もうお金は借りられません!


2008年07月28日
一日で借金を600兆円増やす。 ファニーメイとフレディマック

2008年08月12日
アメリカの覇権崩壊とピークオイル

関連記事や参考になるリンクを貼り付けておきます。

ポッドキャスト
藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2007年8月21日 市場混乱の行方
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2007/08/200721_d773.html


ニューイングランド通信
だから、問題はサブプライムだけじゃないんだって。
http://blogs.yahoo.co.jp/giantchee2/35174852.html


Nikkei Net

第83回「時限爆弾化するアメリカ——サブプライムローン問題は世界不況の前触れ?」http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/yanai.cfm?i=20070910c9000c9&p=1


サブプライムローン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3

毎日新聞 2007年9月15日 9時57分 (最終更新時間 9月15日 11時19分)
<米国>住宅バブル崩壊 100万軒が差し押さえに
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20070915k0000e030011000c.html
米国:住宅バブル崩壊 100万軒が差し押さえに
差し押さえ率全米一のストックトン

 米国のサブプライム住宅ローン(信用度が低い借り手用の融資)が破綻(はたん)し、世界経済を揺るがせている。カリフォルニア州などで住宅バブルがはじけたのがきっかけ。ローン返済が滞り、競売にかけられた住宅数は7月だけで全米で約18万軒。今年末までに100万軒が

差し押さえられるという。一体、何が起こったのか−−。【米カリフォルニア州ストックトンで、國枝すみれ】

 サンフランシスコから車で東に2時間、銀行の差し押さえ率全米一のストックトン。市中心部にある裁判所前で始まった競売はわずか5分で終了。約30件の不動産が差し押さえとなった。ブドウ畑に接する新興住宅地では真新しい家に「大幅値下げ」の看板がかかる。

 サンフランシスコやサンノゼの高所得者が投資目的でセカンドハウスを購入したため、不動産価格は00年から毎年10%超も上昇。04年には前年度比43%、05年には63%も急騰した。住宅ローンは「頭金2割、30年」の固定金利が基本だが、金融機関は「頭金なし、

最初の1〜3年間は金利のみ」、またはごく低利の金利のみを払えばいい変動金利ローンを設定し、投機ブームをあおった。

     *

 不動産業のクレア・キティラスさん(30)は04年初め、33万6000ドル(約3860万円)で家を購入。1年たらずで56万ドルに値上がりしたため、変動金利ローンに借り換え、借入金の一部を2軒目の家(56万ドル)の購入費用に充てた。当初は30年固定金利ローンで支

払いは月1600ドルだったが、変動金利に変えたため今年は2軒分で月5800ドル。価格は下がり、転売もローン借り換えも不可能になった。「どうせ30年も住まないし、価格は上昇し続けると思っていた」と唇をかむ。

 地元の不動産ブローカーのルイス・マウーツアさん(37)は「悪質なのはサンフランシスコなどのブローカー」と前置きしたうえで、具体的な取引例を明かしてくれた。「預金も良い仕事も信用もなし、家が欲しい気持ちだけがある、という市民に貸し付けた。完済能力があるのは2割

だった」

 借り手に現金がないため、ローン申請書に借り手の偽の収入証明書を添付するブローカーも。銀行側も気にしなかった。

 住宅ローンは証券化され、結局損をしたのはヘッジファンドや海外の投資家だ。マウーツアさんは振り返る。「欲にまみれた借り手、非倫理的な方法で貸し付けたブローカー、きちんとしたガイドラインがなかった銀行。責任は全員にある」

     *

 サンフランシスコやニューヨークのマンハッタンは居住空間が限られているために不動産価格が下がりにくいが、ストックトンの周囲には農地が広がる。シリコンバレーのような地場産業もない。価格はあと2年は落ち続けるとみられる。

 マウーツアさんは「政府は救済のために税金を投入すべきではない。バブルはまた起きる」とみる。調査会社のハウジング・プレディクターによれば、米国人の8割が同意見だそうだ。


2007年09月26日

号外・ 礼金、敷金、仲介手数料、更新料不要の仙台ゲストハウス


仙台ゲストハウスのサイトに飛びます
皆さんこんにちは、仙台インターネットマガジンの佐藤研一朗です。

皆さんゲストハウスというのはご存知でしょうか?いま日本で急激に浸透しつつある礼金、敷金、仲介手数料、更新料不要の新しいタイプの賃貸物件です。

アメリカで不思議だなって思うのは、結構、親はティーンネージャーの子供を厳しくしつけているのに、高校を出たら、子供を家から追い出すのが当たりまえってことでしょうか。アメリカでは、高校をでて、両親と住んでいたら、「ルーザー」(負け犬)と呼ばれます。

アメリカと比べると、どうして、日本ってニートや、引きこもりが多いんでしょうね。なんだかいい年をして親に世話をしてもらっているひとがどんどん増えいるような気がしませんか。いまの若者は軟弱なんだと、一言で言ってしまえば、そうかもしれませんが、ほかにも原因があるんじゃないでしょうかねえ。

仙台ゲストハウスのサイトに飛びます

日本の住宅賃貸事情はよくない。

両親から独立しようとしたら、まず住むところを探さなくてはいけない。でもアパートを借りようとすると、敷金、礼金だと、ものすごくお金がかかる。手数料、更新料、管理費だ、光熱費、家具や何だって数えだしたらきりがない。その上、保証人も必要だ。 結局、親やにお金を借りて、保証人になってもらうわけで、これでは、ほんとに独立したなんていえない。

学校を出たばかりの若者にとって、まとまったお金なんて早々たまるわけではないし、親や親戚に頼ることが出来ない人はどうすればいいのだろうか? 日本の賃貸事情は若者の独立の芽をつぶすことになってはいないか。どうも、今の若者が外を怖がって、内側に閉じこもる一因になってはいないか。部屋を借りることの難しさはネットカフェ難民などを生み出す原因になってはいないだろうか。

仙台ゲストハウスのサイトに飛びます


アメリカでは、若者が大きな家を借り切って一緒に住むルームシェアは普通だし、アパートひとつが寮のようになっているゲストハウスがたくさんある。どちらも、キッチンやシャワーが共同というところが同じだ。非常に気軽に入りやすいし、いいのは、いろいろな人に知り合う機会がふれることだろう。多くの知り合いや友達ができるのは大きな魅力だ。外人なども多く利用しているので、国際的な友達のネットワークもつくれるかも。これからはどんな学歴を持っているかではなく、どんな友達をもっているかで、人生が決まる時代になっていくだろから、ぜひ、日本でもルームシェアや、ゲストハウスがもっとはやって欲しいと思う。


近頃、仙台でも、新しくゲストハウスがオープンしたそうだ。仙台駅からも近く、地下鉄駅からもあるいて五分。インターネットも完備だそうだ。いま、ちょうど部屋を探している人は、ひとつチェックしてみてはいかがだろうか。


仙台ゲストハウスのサイトに飛びます


---------------------------

はじめまして、ユアーズ・コーポレーションの丸山です。


今日は仙台に新しくオープンしたゲストハウスをご紹介します。

海外や東京ではおなじみのゲストハウスですが、国内の地方都市にはほとんど存在せず、その存在もあまり知られていません。

東北六県の中心地であり、海外からも留学や研修、出張その他様々な目的で多くのヒトを迎え入れていることで知られる仙台に、今夏、ゲストハウスが誕生しました。

仙台ゲストハウスのサイトに飛びます


ゲストハウスは多種多な国籍、人種、職業の人々が、生活を共にすることを通じて異文化交流できる稀有な場所です。

引越しにまつわる旧来からの面倒な制度(連帯保証人を立てたり印鑑登録証や収入証明を用意すること)や多額の契約金(礼金、敷金、仲介手数料、更新料)を排除した、合理的かつフレキシブルな契約条件が魅力の共同住宅です。

必要最低限の家具と家電製品が設備されているので、新たに購入する必要がありません。また、水道光熱費はもちろん、インターネットの接続料まで賃料に含まれているため、煩わしい手続きもありません。

今回オープンしたゲストハウスは、企業の独身寮をリノベーションしたものです。

リビング、ダイニングキッチン、シャワールームなどの共用部分を中心に大規模な改装工事を施し、新たなライフスタイルの象徴ともいれるゲストハウスへと再生されました。
仙台ゲストハウスのサイトに飛びます


既に仙台在住の方でゲストハウスに興味がある方や、これから仙台を拠点に活動を考えている方々に、是非「仙台ゲストハウス」を。

http://www.gh-tokyo.com/prop28.htm

About 2007年09月

2007年09月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年06月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。