グローバルな詐欺にご注意を!

2008年02月11日

グローバルな詐欺にご注意を!

[投稿者:佐藤研一朗]

「ドバイ」というのは、どんな響きがありますか?今回は私の友達に起こったグローバルな詐欺の話


<外務省のHPより引用>
ドバイへの投資をえさにした詐欺にご注意ください。

最近、複数の本邦企業から、ドバイのSheezawi Chambers Ltd. やGlobal Merchandise Ltd. と名乗る会社からの共同出資者の申し出に関する問い合わせが当館やJETROに続いています。

いずれも、商談を進めるに当たり、UAE外務省から事前の許可を得るとか同省に手数料を支払う必要があると述べなど、不自然な点が見受けられるのが特徴です。また、上記2社の連絡先として明記されているアドレスのドメイン名には、アラブ首長国連邦を表すaeではなく、tkやioといったものになっており、電話番号も実際には使用されておらず、両社とも当館で調べた限り存在を確認できませんでした。

以上の点をふまえると、経済発展で脚光を浴びるドバイを呼び水とした新手の詐欺である可能性が高いと思われますので呉々もご注意下さい。

国際的詐欺事件についてはJETROのホームページでも詳しく掲載されていますのでご参照下さい。
http://www.jetro.go.jp/news/announcement/20070828028-news
http://www.jetro.go.jp/contact/faq/

<外務省のHPより引用終了>

<フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用>
ドバイ

ドバイ(アラビア語:دبي Dubayy、英語表記:Dubai)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。また、ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置するUAE第2の人口を要する都市。一般的には後者の用法で使われることが多い。
宵闇の摩天楼

中東地域のほぼ中央、ペルシア湾に面した平坦な砂漠の地にあり、面積はアラブ首長国連邦の構成7首長国中第2位にあたる約3,885km²、これは同地域からユーラシア大陸を隔てた北東に位置する日本の行政区の一つ・埼玉県とほぼ同じ大きさである。北でシャルジャ首長国に、南でアブダビ首長国に、東で国境を隔ててオマーン国に接する。[1][2]

街は東西に流れる運河を軸として大きく2つに分かたれる。『ホール・ドバイ』というこの川を軸として、北側を『ディラ』といい、南側を『バールドバイ』という。[3][4]

[編集] 歴史

[編集] 興り

漁業や真珠の輸出を産業の主とする小さな漁村であったこの地に、アブダビの首長ナヒヤーン家と同じバニー=ヤース部族のマクトゥーム家が、1830年代にアブダビから移住。これに伴ってドバイ首長国が建国され、ここに今に至るドバイの歴史が始まりの時を迎えた。1853年に他の首長国と同時に英国の保護国となる。[5][6][3]

[編集] 近代
夕凪の街
夕凪の街

統治を担った英国はこの地を、東インド会社に到るための貴重な中継地とした。20世紀になると、歴代の首長の推進をもとに自由貿易の政策を採ったことで、周辺地域の商人達の拠点となりゆく流れのなかで、中継貿易港としての色合いを濃くしてゆく。[5][3]

[編集] 勃興

20世紀も半ばに迫った頃、この地を近代的な都市にすることを夢見た当時の首長・シェイク・ラーシド・ビン・サイード・アール・マクトゥームの推進により、1959年のクウェートからの借金をもとにして社会資本の近代化が図られてゆく。1958年のアブダビにおける油田の発見に続く、1966年の海上油田の発見はこの動きに大きな力を与えた。[5][7][3]

1971年の英国軍のスエズ以東からの撤退に伴って、同年の12月2日、他の6の首長国とともにアラブ首長国連邦をこの地に結成。その副大統領兼首相となったラーシド首長を指導者に据え、原油依存経済からの脱却の取り組みと産業の多角化を進めてゆく。その流れのうえで1981年(1985年)に開設に至った『ジュベル・アリ・フリーゾーン(JAFZ)』という名の経済特区、およびナショナル・フラッグ・キャリアとしてのエミレーツ航空の開港は、国外資本や外国企業の進出とあわせて『人』と『物』の集積地としての発展を急速に促していった。[5][7][8][9][10][11]
運河と日没の街
運河と日没の街

[編集] 繁栄

21世紀に入る頃には、従来からの近代化の波を経て、中東における貿易・商業の最大の中心地と呼ばれるまでのメガロポリスに変貌していた。1970年代からわずか約20年のうちに起こった変化は、都市外観のそれのみならず、経済の石油依存率は半分以下に減じ、GDPの伸びは30倍に達するなど、『中世から近代への急変』との表現をもって語られる激変そのものであった。[5][7][9][12]

[編集] 現代

2003年以降の発展は特に凄まじく、2004年の後半から続く原油高がその発展を更に後押ししている。2005年度の経済成長率は16%に達し、総数120万の民の都市となったドバイは、摩天楼の連なる幻惑的な百万都市を擁する都市国家として中東でも随一の繁栄を誇っている。[7][13][10][14][15]

[編集] 住民
空港のショッピングモールにて―買い物をする女性。
空港のショッピングモールにて―買い物をする女性。

国民の大部分が沿海地域に居住する。[2]

[編集] 人口

1980年の時点でわずか28万人足らずであった総人口は、その後15年間のうちにおよそ2.5倍に膨れ上がり、1995年におよそ70万人、2007年初頭にはおよそ120万人となっている。[14][1]
年度 1975年 1980年 1985年 1990年
人口 183,000 276,000 419,000 559,000

[9]
[編集] 外国人の町

2007年初頭において、住民の実に90%が外国人、内約60%を、インド人を主とする南アジアからの出稼ぎ労働者が占めている。『もはやアラブの都市にあらず』と言われる所以である。[16]
ドバイの住民の多くを占める南アジア人労働者たちは、建設業を主に数多の業種に携わる。
ドバイの住民の多くを占める南アジア人労働者たちは、建設業を主に数多の業種に携わる。

殊に『世界で最も美しいインド人の町』と言われるほどにインド人の多さには定評があり、なかでも建設業を主力として、社会のあらゆる職種にインド人の姿を見ることができる。[17][18]

[編集] 宗教

イスラム教を国教とするアラブ首長国連邦にありながら[19]、非イスラム教徒の外国人が多く住むドバイは、イスラム色の薄い、宗教的制約の極めて薄い都市であり、飲酒、服装、娯楽、食生活についての制約は少なく、イスラム教で不浄とされる豚肉の料理を出すレストランさえある[20]。

飲酒については、イスラム教の規律は通常これを禁じているが、ドバイでは許可されたホテルやレストランがあり、警察署の発行する許可証があれば酒類を市中で購入することができ[19]、国外からの持ち込みも可能となっている[21]。

女性であっても外国人には、ノースリーブに短パン、タンクトップなどといった、欧米と変わらない服装で町中を歩くことが許されている[22]。

[編集] 言語

国語はアラビア語、官公庁の公文書もアラビア語であるが、英語、ウルドゥー語(インド人)、ペルシア語(イラン人)なども多く会話に用いられる。[9]

[編集] 気候

亜熱帯気候にして夏冬の二季。夏季には、気温が50℃を超えることもあり、しばしば100%の湿度を観測する[14]。砂漠地帯に対して抱かれがちな『常夏の国』の印象と裏腹に、年のおおよそ11月から3月にあたる冬季にはしばしば肌寒くもなる[23]。
月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 24 25 28 32 37 39 40 42 39 35 30 26
最低気温(℃) 14 15 17 20 24 26 27 30 27 23 19 16

[23]

[編集] 政治

連邦の副大統領は1971年の連邦結成以来、マクトゥーム家から出ており、半ば慣例化している。現首長ムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームも現在連邦副大統領の職にある(連邦首相も兼任)。

今日のドバイの繁栄を築いた名君と言われるラーシド首長は、1990年の10月をもってこの地に永眠した。[9]

[編集] 経済
開発の進む中心地
開発の進む中心地

元来の石油埋蔵量の少なさにより石油依存型経済からの脱却を志向せざるを得なかったドバイは、特に1980年代の半ば頃から経済政策として『産業の多角化』を積極的に進めてきた。その流れのなかで1981年(1985年)に開設に至った『ジュベル・アリ・フリーゾーン(JAFZ)』は、外資の直接投資の自由や外国人労働者の雇用の自由を完全に保障する経済特区で、その性質から外国企業や資本の進出を多大に促進した。[10][11]

中東における金融と流通、および観光の一大拠点となるべくハード、ソフト双方のインフラストラクチャーの充実に力を入れたことが一定の成果を出し、日本やイギリス、アメリカなど世界各国の大企業が進出してきており、名実ともに中東の金融センターとしての位置を占めることに成功した。このため「中東のシンガポール」と呼ばれることもある。市内には倉庫や超高層ビル、高級ホテル、別荘などが立ち並んでいる。

[編集] 観光
出典の明記 この記事や節の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。
ブルジュ・アル・アラブホテル
ブルジュ・アル・アラブホテル
建設中のブルジュ・ドバイ
建設中のブルジュ・ドバイ
パーム・アイランド 衛星画像
パーム・アイランド 衛星画像

既にGDPに石油の占める割合は6%以下となっており、現在は観光を軸とした一貫した政策のもとで、ジュメイラ・ビーチの人工島に建設された世界最高級の高層ホテルであるブルジュ・アル・アラブなどの高級リゾートホテルや中東地域最大のショッピングセンターの建設、人工衛星から見える唯一の人工島群であるパーム・アイランドやザ・ワールドなど、各種観光資源の開発に力を注いでいる。その甲斐もあり、近年は中東諸国からだけではなく世界中から観光客が訪れている。野心的なプロジェクトも進めており、2007年に世界初の海中ホテルハイドロポリスの[24]、2008年末に世界一高いビルブルジュ・ドバイの完成を目指している。

また、1996年からは同地のナドアルシバ競馬場で競馬の国際GI・ドバイワールドカップが開催されている他、モータースポーツやゴルフ、マリンスポーツの世界的な大会の誘致を積極的に行っている。

現在、世界最大のテーマパークであるドバイランドが建設中である。

[編集] 交通
出典の明記 この記事や節の内容に関する文献や情報源を探しています。ご存じの方はご提示ください。
エミレーツ航空のボーイング777型機
エミレーツ航空のボーイング777型機

世界最大の人工港ジェベル・アリーと、国際ハブ空港として有名な24時間空港であるドバイ国際空港を持ち、中東地域の人と物の流れの中枢、中継貿易都市として繁栄している。ドバイ国際空港はエミレーツ航空の拠点であり、世界各国から多くの航空会社が乗り入れている。2005年にドバイ国際空港とジェベル・アリ港を結ぶ都市鉄道建設を開始。このうち、当初開業予定のRed Lineは2009年9月開通の見込み。更にジェベル・アリ国際空港(ドバイ・ワールド・セントラル国際空港)の建設に着工。4,500mの平行滑走路6本を持つ世界最大級の空港となる予定。

[編集] 日本との交通

現在、エミレーツ航空がドバイ国際空港(DXB)から関西国際空港(KIX)および中部国際空港(NGO)へそれぞれ1日1便直行便を日本航空とのコードシェアにより運行している。現在の使用機材は全てエアバス社のA340-500型機である。

<フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用終了>


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2008年02月11日 06:55
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/535

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space