2009年3月経済ニュース・ピックアップ

2009年03月16日

2009年3月経済ニュース・ピックアップ

[投稿者:佐藤研一朗]

アメリカ大恐慌リポート用の参考資料としてニュースをピックアップしていきます。今月中随時更新していき、今月末に音声リポートをお送りします。

(佐藤研一朗のコメント)
ロンポールがキャピタルとクレジットは違う物だと強調しています。キャピタル(資本)は一生懸命働いて、そのあとに残った残金である。FEDは真空からお札をすって、クレジット大量に作り出して、経済を復活させようとしているが、それではキャピタルは生まれないのだ。お金の価値を薄めてインフレを起こすだけだ。

3/16UP
CBSの60minutes がバーナンキにインタビューをしている。
「大手の銀行は絶対につぶさない。」ということを断言している。お金をどんどん刷って、銀行に金を入れて、救済するのがこの不況から脱出する唯一の道だと信じて疑わないようだ。こうしてドルは減価していいく、物価の上昇がおとずれるのはそう遠くない話だろう。中央銀行を解体して、裏付けのあるお金を作りださなくてはいけない。


大麻関連
3/16 UP
ロン・ポールが大麻合法化について語っている。今までの大麻関連のビデオの中でもぴか一のできだ。ロンはバニーフランクと一緒に、連邦政府の大麻禁止を見直すという法案をだしている。


会計関連

3/17up
(佐藤研一朗のコメント)
さんざん他国には自分の国のルール、時価会計を押し付けておきながら、自分が大変になると簡単にルールを変える。このアメリカのご都合主義はいったいなんなんだろうか。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
米FASB:時価会計ルールの柔軟性拡大を提案-企業の裁量認める

3月16日(ブルームバーグ):米財務会計基準審議会(FASB)は16日、金融危機悪化の原因だとして米議会から見直しを求められている時価会計ルールについて、資産評価で企業に「かなりの裁量権」の行使を認めることを提案した。

FASBのロバート・ハーツ会長は16日にFASB本部で開かれた会合で、企業は第1四半期の財務諸表に修正ルールを適用することが可能になると述べた。FASBは同提案について15日間にわたり一般から意見を募った上で、4月2日に採決を予定している。

ハーツ会長は「わたしは時価会計主義者だが、それは基本的に健全な市場環境で最も機能するものだ」と述べ、「われわれは要求にすぐに対応し、さらに責任を負うように努めている」と語った。

同会長は今月12日の公聴会で下院金融委員会のメンバーに対し、3週間以内にルールの見直しを提案する方針を表明していた。フランク下院金融委員長や同委資本市場担当小委員会のカンジョルスキ委員長は、世界の金融機関が2007年初め以降1兆2000億ドル余りの評価損・信用損失を計上しているため、FASBに速やかに対応するよう要請していた。

時価会計は企業に大方の証券を四半期ごとに市場価格で評価することを義務付けたルール。ウェルズ・ファーゴなどの金融機関は、市場の取引が枯渇している状況では、このルールにより企業は資産を格段に低い水準で評価せざるを得ないため、不合理だと主張していた。

翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo kshugo@bloomberg.net   Editor:Joji Mochida 記事に関する記者への問い合わせ先: Ian Katz in Washington at ikatz2@bloomberg.net .
更新日時 : 2009/03/17 12:23 JST
------------------------------------------------------------------------------------------------------


FRB関連
<研一朗のコメント>
バーナンキはAIGはヘッジファンドだと非難したが、その資産を買い上げているFRBもおんなじだろうと突っ込みたくなる。
---------------------------------------------------
米FRBのバランスシート、格段に拡大する公算=フィラデルフィア連銀総裁

(ロイター - 02月28日 10:22)

 [ワシントン 27日 ロイター] 米フィラデルフィア地区連銀のプロッサー総裁は27日、連邦準備理事会(FRB)のバランスシートは、政府機関発行のモーゲージ担保証券などが積み上がるなか、今後一段と拡大する可能性が高いとの見方を示した。

 シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスなどが主催するフォーラムで総裁は「政府機関債などの購入を続けることで、(FRBバランスシートは)向こう半年で格段に拡大する公算が大きいようだ」と述べた。

---------------------------------------------------


米国債関連
(佐藤研一朗のコメント)
前回のリポートでお伝えした中国がアメリカに、米国債に保証を付けろと要求しているということを裏付ける記事
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
China Needs U.S. Guarantees for Treasuries, Yu Says (Update2)
Email | Print | A A A

By Belinda Cao and Judy Chen

Feb. 11 (Bloomberg) -- China should seek guarantees that its $682 billion holdings of U.S. government debt won’t be eroded by “reckless policies,” said Yu Yongding, a former adviser to the central bank.

The U.S. “should make the Chinese feel confident that the value of the assets at least will not be eroded in a significant way,” Yu, who now heads the World Economics and Politics Institute at the Chinese Academy of Social Sciences, said in response to e-mailed questions yesterday from Beijing. He declined to elaborate on the assurances needed by China, the biggest foreign holder of U.S. government debt.

Benchmark 10-year Treasury yields climbed above 3 percent this week on speculation the government will increase borrowing as President Barack Obama pushes his $838 billion stimulus package through Congress. Premier Wen Jiabao said last month his government’s strategy for investing would focus on safeguarding the value of China’s $1.95 trillion foreign reserves.

China may voice its concerns over U.S. government finances and the potential for a weaker dollar when Secretary of State Hillary Clinton visits China on Feb. 20, according to He Zhicheng, an economist at Agricultural Bank of China, the nation’s third-largest lender by assets. A People’s Bank of China official, who didn’t wish to be identified, declined to comment on the telephone.

Clinton Talks

“In talks with Clinton, China will ask for a guarantee that the U.S. will support the dollar’s exchange rate and make sure China’s dollar-denominated assets are safe,” said He in Beijing. “That would be one of the prerequisites for more purchases.”

Chinese Foreign Ministry Spokeswoman Jiang Yu said yesterday that talks with Clinton would cover bilateral relations, the financial crisis and international affairs, according to the Xinhua news agency.

The dollar fell 0.6 percent to 89.96 yen today on concern that the U.S. government’s bank-rescue plan will fail to revive lending. Treasuries declined as investors prepared to bid for a record $21 billion sale of 10-year notes today. The yield on the benchmark 10-year note rose three basis points to 2.83 percent.

Currency Reserves

“These comments are some sort of a threat but of course China can never get such a guarantee,” said Thomas Harr, a currency strategist at Standard Chartered Plc in Singapore. The U.S. may assure China that it will clean up the financial system and that it “won’t push for a weaker dollar but they can’t promise not to increase the fiscal deficit,” he said.

U.S. government bonds returned 14 percent last year including price gains and reinvested interest, the most since rallying 18.5 percent in 1995, according to indexes compiled by Merrill Lynch & Co. Concern that the flood of bonds would overwhelm demand caused Treasuries to lose 3.08 percent in January, the steepest drop in almost five years, Merrill data show.

China’s loss of more than $5 billion from investing $10.5 billion of its reserves in New York-based Blackstone Group LP, Morgan Stanley and TPG Inc. since mid-2007 may increase its demand for the relative safety of Treasuries.

“The government will be a net buyer of Treasuries in the short term because there’s no sign they have changed their strategy,” said Zhang Ming, secretary general of the international finance research center at the Chinese Academy of Social Sciences in Beijing. “But personally, I don’t think we should increase holdings because the medium- and long-term risks are quite high.”

Fed Buying

Bill Gross, co-chief investment officer of Pacific Investment Management Co., said on Feb. 5 the Federal Reserve will have to buy Treasuries to curb yields as debt sales increase. Fed officials said Jan. 28 they were “prepared” to buy longer-term Treasuries.

“The biggest concern for China to continue buying U.S. Treasuries is that if Obama’s stimulus doesn’t work out as expected, the Fed may have to print money to cover the deficit,” said Shen Jianguang, a Hong Kong-based economist at China International Capital Corp., partly owned by Morgan Stanley. “That will cause a dollar slump.”

China’s foreign-exchange reserves grew about $40 billion in the fourth quarter, the least since mid-2004, as an end to yuan appreciation since July prompted investors to pull money out.

The world’s third-biggest economy grew 6.8 percent in the fourth quarter, the slowest pace in seven years. Policy makers announced a 4 trillion yuan ($585 billion) economic stimulus plan in November to spur domestic demand.

Linking Disputes

Yu said China has no plans to channel its reserves toward stimulating its own economy because its trade surplus is sufficient to fund any import needs. China’s trade surplus was $39 billion in January.

China “should diversify its reserves away from U.S. Treasuries if the value of China’s foreign-exchange reserves is in danger of being inflated away by the U.S. government’s pump- priming,” he said.

China may try to link trade and currency policy disputes to its future investment in Treasuries, said Lu Zhengwei, an economist in Shanghai at Industrial Bank Co., a Chinese lender partly owned by a unit of HSBC Holdings Plc.

U.S. Treasury Secretary Timothy Geithner accused China on Jan. 22 of “manipulating” the yuan to give an unfair advantage to its exporters. The currency has dropped 0.16 percent this year to 6.8342 per dollar, following a 21 percent gain since a peg against the dollar was abandoned in July 2005.

“China can also use this opportunity to get a promise from the U.S. not to make inappropriate requests on bilateral trade and the Chinese yuan,” Lu said. “We can’t afford more yuan appreciation as the economy is facing a serious slowdown.”
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<研一朗のコメント>
バフェットが今の米国債はバブルであると指摘している。それから政府の景気対策によってインフレが引き起こされる可能性も述べている。

米国債バブル、ITバブルや住宅バブルに匹敵する可能性=バフェット氏

(ロイター - 03月02日 11:32)

 [ニューヨーク 28日 ロイター] 米投資会社バークシャー・ハザウェイを率いる著名投資家のウォーレン・バフェット氏は、リスクを警戒する投資家が、利回りのほとんどない米国債を買うことで大きな過ちを犯しているとの見方を示した。

 バークシャーの株主に宛てた年次書簡の中で述べた。

 同氏は、投資家が信用危機や、住宅価格と株式市場の下落に起因する「身のすくむような恐怖」に取り付かれているとし、安全資産とみなされる「トリプルA」に格付けされている米国債が、逃避買いの恩恵を受けていると指摘した。

 その上で、米連邦準備理事会(FRB)と米財務省の大規模な景気刺激策により、債券投資家の敵であるインフレの「襲来」が引き起こされる可能性があると警告した。

 バフェット氏は「投資業界は、過小評価リスクから過大評価リスクに移っている。キャッシュはまったく利益をもたらさない状況に近く、購買力は時間とともに確実に低下していくだろう」と指摘。

 「この10年の金融史が書かれたとしたら、間違いなく1990年代のIT(情報技術)バブルと2000年代初めの住宅バブルが語られるだろう。だが、08年終盤の米国債バブルはこれらとほぼ同様の異常事態と見なされる可能性がある」と語った。 
---------------------------------------------------
<研一朗のコメント>
その米国債バブルを支えるのが世界に誇るわが祖国日本。。。。。
紙くずになる前に、売り払って金でも買っときなさい。悪いこといわないから。

---------------------------------------------------
米国債入札が不調 日本に対する購入圧力も (1/2ページ)
2009.2.26 19:37
産経新聞

 米国で25日行われた320億ドル(約3兆1000億円)に上る国債の入札が不調となり、利率が事前の予想を上回る結果になった。24日にオバマ大統領が施政方針演説でエネルギーなど3分野への重点投資を表明したことで、財政悪化への懸念が高まったことが原因だ。演説前の麻生太郎首相との日米首脳会談では「日本が米国債を買い支えることで暗黙の了解が成立した」(市場関係者)との声もあるが、その効果もなく、国債の安定発行への不安が顕在化した。日本に対する購入圧力がさらに高まるのは必至だ。

 一連の政治ショーから一夜明けた25日、市場に衝撃が走った。5年物国債の落札利率が事前の予想の1.974%を上回る1.985%を付けたのだ。わずかな上昇とはいえ、不人気のため、高い金利を付けないと、国債が売れなくなってきたことの表れだ。

 オバマ大統領が演説でぶち上げた代替エネルギー開発・医療・教育の3分野への重点投資に対し、市場は「財政悪化の懸念が増した」(大和証券SMBCの永井靖敏チーフエコノミスト)と嫌気した。

米国では8000億ドル超の景気対策に加え、ゼネラル・モーターズ(GM)の破産処理やシティグループなどの銀行国有化も浮上しており、金がいくらあっても足りない状況にある。

 しかし、その“元手”の米国債が売れず、長期金利が上昇すれば、企業や家計の利払い負担が増大し景気はさらに冷え込む。国の利払いも増え、財政はさらに悪化。米国への信認失墜でドル暴落の引き金となる懸念もある。

 入札不調は、米国にとっての最悪のシナリオの「予兆」といえる。

 日米首脳会談では、米国債の購入要請は全くなかったという。だが、オバマ大統領は「(日本は)偉大なパートナー」と持ち上げ、あからさまに期待を表明。麻生首相は「基軸通貨であるドルの信頼維持が一番大事だ」と応じた。ドルの信頼維持とは、米国債の積極購入を意味する。

 世界第1位の米国債保有国である中国にも、先に訪中したクリントン国務長官が、買い支えへの期待を伝えている。ただ、中国は購入を“外交カード”に使うしたたかさもあり、「米国が心を許せる相手ではない」(外務省筋)。

 米国の狙いは、中国を巻き込んだ協調体制を築くことにあり、日中を競わせ、金を引き出そうという戦略も透けてみえる。

 輸出頼みの日本は米国を支え続けるしかない。日本だけでなく中国にしても米国債やドルが暴落すれば、保有する米国債に巨額の損失が発生する。首相が“約束”した通り、米国の無心に対して金を貢がざるを得ないのが実情だ。
---------------------------------------------------
<研一朗のコメント>
中国も日本と同じような状態にはまっている。何とかつもりつもった外貨準備(=米国債もしくはドル?)を
使おうとしている。やっぱり資源を囲いに行ったほうがいいと思うけど。


中国、外貨準備の使用は海外に限り可能─中銀副総裁=中国証券報

(ロイター - 03月04日 13:42)

 [北京 4日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)の蘇寧・副総裁は、景気刺激策を支えるための外貨準備の使用は海外でのみ可能との見解を明らかにした。4日付の中国証券報が伝えた。

 報道によると、副総裁は外貨準備を国内で直接使用することは不可能だとし、国内での使用は人民元への転換を伴い、最終的に人民元の流通量を増加させる可能性がある、と述べた。

 温家宝首相も今年に入り、景気支援を目的とする外貨準備の使用に言及しており、副総裁の発言は首相のコメントを明確にするものとなった。

 首相の発言後、中国の外貨準備の使用方法に関する疑問が噴出し、一部のアナリストらは、国内での使用に向け中銀は準備の一部を財務省に移管する可能性がある、と述べていた。

 メリルリンチのエコノミストらによると、外貨準備は海外での主要輸入品の購入に用いることが可能。さらに、信用アクセスに問題のある中国企業への貿易融資の供与や、中国企業の海外上場株の取得などの目的に充てることも可能という。

---------------------------------------------------
自動車関連

---------------------------------------------------

<米GM>08年は最終赤字3兆円 追加融資必至の状況に

(毎日新聞 - 02月26日 22:02)

 経営危機に陥っている米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が26日発表した08年10~12月期決算は、最終(当期)損益が96億ドル(約9400億円)の赤字だった。最終赤字は6四半期連続で、7~9月期の25億4200万ドル(約2500億円)から赤字幅が拡大した。08年通年では、赤字は308億ドル(約3兆円)に膨らんだ。金融危機が深刻化した昨秋以降の新車販売の落ち込みが響いた。

 GMは昨年末以降、米政府から134億ドル(約1兆3100億円)の緊急融資を受けたが、17日に米政府に要請した最大166億ドル(約1兆6300億円)の追加融資を受けられなければ、経営破綻(はたん)は、免れない状況であることが一層鮮明になった。
---------------------------------------------------
GM巨額赤字 泥沼化してきた経営危機

(読売新聞 - 03月01日 01:47)

 米ゼネラル・モーターズ(GM)の業績悪化が止まらず、決算は泥沼の様相だ。経営破綻(はたん)を避けられるのか、正念場を迎えつつある。

 GMは昨年12月期決算で、308億ドル(約3兆円)の最終赤字を記録した。4年連続の赤字で、長期低迷から抜け出す兆しすら見えてこない。

 GMは昨年末、米国政府による134億ドル(約1兆3000億円)のつなぎ融資で、一時的に破綻を回避した。しかし、世界同時不況に直撃され、北米などの販売不振は深刻だ。

 人気の低燃費車の開発に出遅れたうえ、高賃金などの構造的な問題も抱える。

 年明け以降、状況はさらに悪化している。GMが2月半ば、最大166億ドル(約1兆5000億円)の追加支援を求める経営再建計画をまとめたのも、政府にすがるしかない窮状を示す。

 すでに投入した分を含めると、支援は総額300億ドルにも上る計算だ。焦点は、米国政府がこの計画を承認し、追加融資に応じるかどうかだ。政府は計画を審査する特別作業部会を設置し、3月末までに最終判断する。

 オバマ米大統領は24日の議会演説で、「自動車産業を見捨てない」と述べた。だが、巨額赤字の垂れ流しが続く中、2度目の巨額融資については、納税者や議会の視線は厳しい。

 GMはまず、全米自動車労組(UAW)との労働コスト引き下げや、巨額債務の圧縮問題で合意を急ぐ必要がある。甘い計画のままでは、支持は得られまい。

 政府が追加支援を見送れば、連邦破産法11章の適用は不可避だ。大統領は、支援か破綻か、ぎりぎりの決断を迫られている。

 米国内では、金融不安の再燃も懸念されている。

 政府は、巨額損失を抱えた大手銀行のシティグループの株を最大36%所有し、事実上の公的管理下に置く。大手銀行を対象にした資産査定にも着手し、資本不足行に予防的に公的資金を注入する。

 政府の事実上の管理下で再建中の米保険大手AIGも、昨年10~12月期に約600億ドルの巨額赤字を計上した模様だ。巨大生保の経営も展望が開けない。

 昨年9月のリーマン・ショックのような、大型の金融破綻が再び起きれば、その打撃は計りしれない。相次ぐ財政出動で財政赤字の拡大が懸念されるが、当面は、金融危機と景気悪化の連鎖を食い止めることが重要だ。
---------------------------------------------------
<研一朗のコメント>
GMの破産まで秒よみ状態に入った。今までの半分しか車が売れない。。。いやーすごい。

米新車販売41%減…GMは「事業継続できない水準」

(読売新聞 - 03月04日 12:07)


 【ニューヨーク=池松洋】米調査会社オートデータが3日発表した2月の米新車販売台数は、前年同月比41・4%減の68万8909台となり、このペースが1年間続いた場合の年率換算は912万台と1981年12月以来約27年ぶりの低水準となった。

 前年割れは16か月連続、昨秋以降30%以上の落ち込みが続くが、40%以上の減少はデータのある81年以降初めて。米新車市場の縮小に歯止めがかからない状況だ。

 米政府に追加資金支援を求めている米ゼネラル・モーターズ(GM)は53%減の12万5458台と主要メーカー中で最大の減少幅となった。2月としては1967年以来、42年ぶりの低水準で、GM幹部はアナリスト向け電話会見で「事業継続ができない水準」と語った。

 米国勢は、フォード・モーターが48・2%減、クライスラーが44%減とともに急減した。日本メーカーもトヨタ自動車が39・8%減、ホンダが38%減、日産自動車は37・1%減などと軒並み落ち込んだ。

 GMは2月17日に米政府に提出した経営再建計画で、2009年の米新車市場を最低950万台と予想。しかし、2月は予想を大きく下回る水準で推移しており、米政府から計画練り直しを迫られる可能性もある。

---------------------------------------------------

銀行関連

---------------------------------------------------
<研一朗のコメント>
今年に入って16行が、二月だけで10行の銀行がつぶれた。
ネバダ州とイリノイ州の地銀2行が破たん、今年16行に-FDIC

2月28日(ブルームバーグ):米連邦預金保険公社(FDIC)の27日の発表によると、ネバダ州とイリノイ州の地銀2行が監督当局に接収された。今年破たんした米銀は合計16行となった。住宅価格の急落や失業率上昇でローン返済の遅延が増えていることが背景にある。

FDICによると、ネバダ州のセキュリティー・セービングス・バンクとイリノイ州のヘリテージ・コミュニティー・バンクは州当局から業務停止を命じられた。両行の資産合計は4億7120万ドル。FDICが両行の管財人に指名された。バンク・オブ・ネバダがセキュリティー・セービングスの預金(1億7520万ドル)を引き継ぐ。ヘリテージ・コミュニティーの預金(2億1860万ドル)は、MBファイナンシャル・バンクが引き継ぐ。

FDICは2008年にワシントン・ミューチュアルなどを含む合計 25行の業務停止を命じた。住宅差し押さえが全米で増加するなか、今月の米銀破たんはこれで10行となった。

---------------------------------------------------
<研一朗のコメント>
ロチェスターからは数年前にシティーは撤退してた。其のころからやばそうだと思っていたが、ついに事実上の国有化。日本からお金を送ってもらうと日本のシティーを使っているんだけど、いつまで使えるかなあ。

米シティに3回目の政府救済、優先株の普通株転換で持ち分上昇(2)

2月27日(ブルームバーグ):米政府は同国の銀行大手シティグループの普通株持ち分を引き上げる。3回目の同行救済となる。これにより既存株主の持ち分は74%低下する。シティ株は一時37%安となった。

  財務省の声明によると、政府は保有するシティの優先株の最大 250億ドル(約2兆4370億円)相当を普通株に転換する。民間のシティ優先株保有者が同様の転換に合意することが条件だとしている。最大額を転換した場合の政府の持ち分は36%となる。

  クレディットサイツのアナリスト、デービッド・ヘンドラー氏は「これは経営難企業の再編であり、普通株は大きく希薄化する」と指摘した。

  政府の関与拡大で、投資家の信頼回復はさらに遠のいた。ただ、米政府は昨年中に注入した450億ドルに続けて早急に追加資金を注入する考えはないとしている。

  政府による救済に伴いシティは四半期配当を1株当たり1セントに引き下げていたが、この日は配当を見送ると発表した。また、一部事業の価値低下を反映させて2008年通期決算を修正し、同年の赤字は先月発表した数字から48%増え277億ドルとなった。

      段階的な国有化に向けた一歩か

  可能な最大の優先株が普通株に転換された場合、既存株主の持ち分は26%に低下する。ニューヨーク時間午前11時25分現在のシティ株は前日比81セント安の1.65ドル。一時は1.55ドルまで下げた。

  元米証券取引委員会(SEC)委員長のアーサー・レビット氏はブルームバーグラジオとのインタビューで、「段階的な国有化に向けた新たな一歩だ」とコメントした。

  バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は25日、米銀の 国有化は避けたいとの考えを示した。一方で、最終的に銀行の「少数株の大きな部分」を政府が保有することになるかもしれないと述べていた。

  米財務省は大手米銀への追加資本注入を準備している。規制当局は25日に、資本注入の必要性の有無を判定する資本査定の詳細を発表した。

  キャナコード・アダムズの米株トレーディング担当ディレクター、デービッド・ロブリ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「政府は前に進みながらルールを作り変えている。シティ分割を続けることが恐らく予定されているのだろう」と話した。シティは資本強化のため事業売却を進めている。

       普通・優先株とも無配に

  財務省によると、この日の合意の一環として、シティは取締役会を刷新し大半を新規の独立取締役で構成することにも同意した。

  ビクラム・パンディット最高経営責任者(CEO)は電話会議で、今回の合意はシティが国有化されるという懸念を払拭(ふっしょく)するはずだとし、「結局、われわれの事業には信頼が欠かせないが、今回の資本強化で、ストレスの大きい環境のなかにあっても信頼欠如の問題は解消されるだろう」と語った。

  シティは昨年10月に250億ドルの公的資金注入を受け、11月にさらに200億ドルを受け取った。また、3010億ドルの不良資産保証料として70億ドルを優先株で政府に支払った。これらの措置により政府の発言権は強まり、シティは幹部報酬や福利厚生の制限を受け入れたほか配当も1セントに引き下げていた。この日の発表によると、今後は普通株とともに優先株の配当も見送られる

---------------------------------------------------
fjui business i
日本事業の売却早まる? シティ、米政府管理下へ

2009/2/28
 米金融大手シティグループが実質的に政府管理下におかれる見通しとなり、日興コーディアル証券の売却問題など日本事業のリストラ圧力も高まりそうだ。また、欧米金融機関への公的管理が強まる動きが広がれば、メガバンクなど国内金融機関の海外戦略にも影響する可能性がある。

 ◆コスト削減さらに

 経営再建中のシティは、グループ事業を商業銀行などの中核事業と、個人向け証券などの非中核事業に分割。日本では、シティバンク銀行や法人向けの日興シティグループ証券が中核事業にあたり、3大証券の一角を占める個人向けの日興コーディアル証券や、資産運用の日興アセットマネジメントが非中核事業に該当する。

 日興コーデと日興アセットについては売却方針を固めているが、米政府の関与が強まればシティは迅速な資産売却を迫られるとみられ、日興コーデと日興アセットの売却が早まる可能性もありそうだ。日興コーデをめぐっては、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)など3メガバンクが買収の意向をシティ側に伝えている。

 中核事業のシティバンク銀行や日興シティグループ証券についても、米政府の関与が強まることでリストラは避けられない見通し。店舗の統廃合や人員削減など「米政府から一段のコスト削減を迫られるのでは」(関係者)との指摘も出ている。

 一方で、三菱UFJFGは昨秋、米モルガン・スタンレーへ90億ドル(約8800億円)もの巨額出資に踏み切った。みずほコーポレート銀行(CB)は米メリルリンチに12億ドル(約1170億円)を出資。三井住友銀行も英バークレイズへ5億ポンド(約700億円)出資した。いずれも、欧米の大手金融機関と関係を深めることで投資銀行業などのノウハウを吸収する狙いだ。三菱UFJFGでは、傘下の証券会社とモルガン日本法人の統合構想も浮上している。

 ◆自由度制約に懸念

 しかし、米国や欧州各国が金融機関への関与を強めれば、期待通りの提携効果を得られなくなる恐れがある。みずほが出資したメリルは、経営難から1月に米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)に買収され、そのバンカメが公的管理下に入るとの観測が出ている。日本の大手行は公的資金を注入され、金融当局の厳しい指導で健全化を進めた経験があるだけに、金融関係者は「提携先が国有化されれば、事業展開の自由度が大幅に狭まる」と気をもむ。

 経営危機に陥った米保険大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)でも、一部事業を米政府に譲渡する案が検討されている。日本などで生命保険事業を展開するアリコも候補に含まれるとされ、再譲渡などの見通しがつくまでは事業展開が制約されそう。AIGエジソン生命とAIGスター生命の譲渡先選定にも、米本社の再編動向が影響しそうだ。(大柳聡庸、上野嘉之)


---------------------------------------------------

米財務省とFRB、AIGへの追加支援策発表

(ロイター - 03月02日 22:02


 [ワシントン 2日 ロイター] 米財務省と連邦準備理事会(FRB)は2日、保険大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)に対し、300億ドルの追加支援を行うと発表した。

 財務省とFRBは「AIGは『システミックリスク』をもたらしており、金融システム全体が打撃を受ける可能性を防ぐためには政府の行動が必要だ」と指摘した。

 米政府がAIGに支援を与えるのは、昨年秋以来3度目。

 今回の追加支援策の一環として、FRBはAIGの子会社であるアメリカン・ライフ・インシュランス・カンパニーとアメリカン・インターナショナル・アシュランス・カンパニーの優先株を取得。それと引き換えに、AIGに対する600億ドルの信用供与枠を縮小する。信用枠は250億ドルを下回ることはないという。

 取得するAIG子会社の株式はすべて特別目的子会社が保有する形とし、AIGが引き続きそれを管理するが、FRBは株主としての権利が保証される。

 FRBはまた、AIGが信用枠から引き出した資金に対する利子を軽減する。

 AIGは、政府の追加支援を受ける見返りに、3月4日付で株式の77.9%に相当する転換可能優先株を発行する。

 財務省とFRBは、AIGは世界中にカウンターパーティを持っており、米国の経済や金融システムにとって不可欠な存在であるため支援したと説明。そのうえで、さらなる支援が必要になる可能性があるとの認識を示した。

---------------------------------------------------
その他.

バフェット氏率いるバークシャー、第4四半期は96%減益

(ロイター - 03月02日 10:43)
 2月28日、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社のバークシャー・ハザウェイの第4・四半期は96%減益。昨年10月撮影。資料写真(2009年 ロイター/Mario Anzuoni)
 2月28日、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社のバークシャー・ハザウェイの第4・四半期は96%減益。昨年10月撮影。資料写真(2009年 ロイター/Mario Anzuoni)

 [ニューヨーク 28日 ロイター] 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社のバークシャー・ハザウェイが発表した第4四半期(10─12月)決算はかろうじて収支トントンとなったものの、株式のデリバティブ取引に絡む損失が響き96%の大幅減益となった。

 純利益は1億1700万ドル(クラスA株1株当たり76ドル)。前年同期は29億5000万ドル(同1904ドル)だった。減益は5四半期連続。

 収入は12%減の245億9000万ドル。

 投資関連の損失32億5000万ドル計上前の営業利益は33億7000万ドル(クラスA株1株当たり2175ドル)で、前年同期の23億5000万ドル(同1518ドル)から43%増加した。

 バークシャーの純資産は第4・四半期に109億ドル急減し、2008年通年の1株当たり純資産も9.6%減少した。これは1965年のバークシャー創業以来2度目。

 バフェット氏は、毎年恒例となっている株主への書簡で「2009年を通じて経済は低迷する見通しで、その後も長引く可能性がある」と指摘。ただ、信用危機や住宅価格および株価下落による「(経済機能)マヒへの懸念」にもかかわらず、米経済の底堅さを引き続き楽観視していると述べた。また、金融システム崩壊の危機を回避したとして政府の取り組みを賞賛した。


佐藤研一朗の翻訳本
仙台インターネットマガジン代表の佐藤研一朗の翻訳本が発売されました
アメリカを代表するリバータリアン ロン・ポール議員の初の日本訳本
佐藤研一朗が「税金廃止論」を出筆しました。

仙台、宮城、東北のブログをもっと読みたい人は人気blogランキング

今月の人気記事を見る。

blank_space
投稿者 佐藤研一朗 : 2009年03月16日 02:45
RSSで仙台インターネットマガジン最新の記事を購読
最新の記事がアップロードされると、ブラウザに自動的にお知らせします。
登録をする (XML)
RSS対応のブラウザ
Windows: FirefoxIE7
Mac: Firefox, Safari, OmniWeb


仙台インターネットラジオ局

仙台発のポッドキャストをどうぞ。
iTunesに登録
iTunesにアイコンをドロップ&ドラッグしてください。
iTunesを持っていない方はこちらからダウンロード (無料)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://www.im-sendai.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1159

blank_space
このカテゴリの全記事
blank_space