« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月 アーカイブ

2009年07月01日

号外 仙台市長選挙の公開討論会のお知らせ

皆さんこんにちは
仙台インターネットマガジンの佐藤研一朗です。

仙台市長選挙が近づいてきました。立候補者と集めた公開討論会が2回ほど行われます。
みなさんぜひいってくださいね。できれば、討論会をビデオにとってユーチューブにアップしてほしいです。これはぜひともやってほしい。でないと、数百人見て終わりになってしまうから。せっかく苦労して討論会をやるのだから、多くの人に見てもらいたいものです。


---------------------------------------------------
2009仙台市長選挙を見すごさない市民活動の会

日時:7月6日(月)午後6時~
会場:仙台市民会館

立候補予定者公開討論会を開催する予定だそうです。

---------------------------------------------------

<研一朗のコメント>
こちらは青年会議所がおこなう公開討論会です。
---------------------------------------------------
7月に行われる選挙へ向けての公開討論会のご案内

    仙台の未来へ向けた公開討論会開催のお知らせ


この度社団法人仙台青年会議所並びに社団法人泉青年会議所では、7月に行われる
選挙へ向けまして「仙台の未来へ向けた公開討論会」を開催する運びとなりました。

この公開討論会は、立候補表明者が自らの施策や理念を本音で有権者へ語りかけ、
立候補表明者同士がテーマに基づいて議論することで、争点や選択が明確な選挙を
実現し、有権者が政治を『身近なもの』と捉え、投票という重要な政治参加を促す
絶好の機会と捉えております。

有権者の皆様におかれましては、この公開討論会の趣旨をご理解いただき、奮って
ご参加いただけますよう、心よりお願い申し上げます。
 

 開催名 :仙台の未来へ向けた公開討論会

 日 時 :2009年7月4日(土)
      13:30開場
      14:00開会

 場 所 :せんだいメディアテーク1F オープンスクェア
      〒980-0821仙台市青葉区春日町2-1 ℡022-713-3171

 参加資格:どなたでもご参加いただけます

 申込み :事前申し込み不要、定員300名(当日、先着順になります)
      ※定員になり次第入場をお断りする場合がございます
      ※原則として、開会後の入退室はご遠慮願います

 主 催 :社団法人仙台青年会議所
       理事長 三浦  毅

 共 催 :社団法人泉青年会議所
       理事長 牧田 誠司

 協 力 :リンカーンフォーラム

2009年07月02日

号外 青葉心理クリニックが河北新報で取り上げられていました。

仙台インターネットマガジンの佐藤研一朗です。
仙台インターネットマガジンではおなじみの青葉心理クリニックの柿沼先生の記事が河北新報で取り上げられていました。柿沼先生は非常に興味深い方なので、今度ラジオに出演してもらおうと思っています。
以下は河北新報の記事です。
---------------------------------------------------

心の病じっくり治療 非営利サイコセラピー開業 仙台

20090702020jd.jpg
非営利の心療内科を開設した柿沼院長。「青少年の悩みにも積極的に応じたい」と話す=仙台市青葉区上杉の青葉心理クリニック

 全国的にも珍しい非営利のサイコセラピー(心理療法)専門心療内科医院が仙台市青葉区で開業し、治療に効果を上げている。保険医療は行わず、1回の診療に約2時間を充て、じっくりカウンセリングすることで、患者の信頼を集めているようだ。

 上杉1丁目のマンションの一室で昨年10月にオープンしたのは「青葉心理クリニック」。盛岡市で内科医院を経営していた神経内科専門医の柿沼民郎院長(56)が「効率ばかり求める現在の医療制度にとらわれない診療をしよう」と医院を閉めて、仙台に移り住んだ。

 予約制で、1日に診るのは多くて5人。家族構成や幼少時の記憶、友人関係などを丁寧に聞き出し、心の病の原因を探る。
 多くの患者が10回ほどの診療で、支障のない社会生活が送れるようになっているという。

 不登校やリストカット、非行などに悩む青少年の診療にも力を入れる。柿沼院長は「心の病という観点からアプローチすれば解決できるケースもある。多くは発達段階に問題があり、そこを突き止めてケアをすれば快方に向かう」と説明する。

 サイコセラピーは保険医療の対象外となることが多く、診療費が高額になる。東京では臨床心理士が開業するケースはあるが、診療費は1時間で2万円程度と高く、患者が集まりにくいため経営的に成り立たない場合が多いとされる。
 しかし、柿沼院長は「55歳になったら営利は求めず、社会性のある生き方をしたい」と、専門の医療機関を開設した。仙台を選んだのは、都市の規模から、より多くの患者を診ることができるからだという。

 柿沼院長は「現在の保険医療制度では経営上、患者1人の診察時間は数分しか取れないため、本当の治療はできない」とした上で、「心の病には薬が効果的な症状もある。サイコセラピーが万能ではないが、必要としている人がいるのは事実だ」と話す。

 1回7000円。メールでの相談も受け付けており3往復までは3000円。土、日、祝日は休診。連絡先は青葉心理クリニック022(215)3525。

2009年07月02日木曜日

2009年07月03日

メインストリートが写真ギャラリーになってきた!

今日は久しぶりに自分の企画、世界一大きい写真展の進み具合について話してみました。

 ・ 登録リスナー2500人突破
 ・ ロチェスターはいい天気
 ・ 野菜がいっぱい取れるようになってきた。
 ・ 130枚写真と張りました
 ・ 街が自分のギャラリー見たいになってきた

音声が早送りになる場合は、Firefoxをお使いください。
iTunesを使えば、自動的に最新の番組をダウンロードできます。

このバナーをiTunesにドラッグ&ドロップすると番組を登録できます。


感想お待ちしています。
メールはinfo(ここにあっとまーくが入ります)im-sendai.jpへ
掲示板にも書き込みが出来ます。


世界一大きい写真展シリーズのラジオはこちらから
世界一大きい写真展の公式ウエブサイトはこちらから













2009年07月13日

アメリカは人種差別を克服できるだろうか アジア人編

今日前々回に続き、人種の問題を話してみました。アメリカでアジア人はどのように扱われているかについて

 ・ 差別意識と格差。
 ・ アジア人は不思議な立場。
 ・ アジア人は白人よりも金持ちだ
 ・ 人をカテゴライズするべきか

音声が早送りになる場合は、Firefoxをお使いください。
iTunesを使えば、自動的に最新の番組をダウンロードできます。

このバナーをiTunesにドラッグ&ドロップすると番組を登録できます。

感想お待ちしています。
メールはinfo(ここにあっとまーくが入ります)im-sendai.jpへ
掲示板にも書き込みが出来ます。

アメリカ小話シリーズのラジオはこちらから
佐藤研一朗がアメリカ ロチェスターで進めているアートの企画
世界一大きい写真展の公式ウエブサイトはこちらから

2009年07月20日

ニュースピックアップ・仙台市長選挙 2009

このページでは、今年2009年の7月に迫ってきた仙台市長選挙関連のニュースを集めていきます。記事が集まり次第。まとめてラジオ番組をアップします。さて今回はさすがに選挙特集をやらなくてはいけないかなあ。(今回多忙のため、独自の選挙特集を組むのを断念しました。ごめんなさい。)

<研一朗のコメント>
今回は、特集をやらないので、自分の意見を書いておきたいと思います。私、個人は、地下鉄東西線の中止、見直しを宣言している渡辺ひろしさんを応援しています。他の候補者は、地下鉄東西線、推進派です。この計画は進むも地獄、戻るも地獄の最低の計画ですが、私はまだ戻るほうが、将来の仙台にとってまともであると判断しています。

それにしても、日本は選挙期間、北朝鮮と同じような国になるといつも思います。少しも情報は公開されない。メディアは候補者にゆっくりと時間をかけて、その人の考えや政策を語る機会を与えない。こんなことがあっていいのでしょうかね。選挙中は候補者の政策も取り上げないで、ある候補者がどこどこに演説しに言ったというようなどうでもいいような記事しか書かない。ふざけるのもいい加減にして欲しい。そして、選挙前に世論調査を実施して、現職とか、現職に近いような人が有利とかく。これは宣伝以外の何者でもないと思う。日本がほんとの民主制の国でないのは、このふざけた公職選挙法と、御用マスコミの自主規制のせいである。


7/21アップロード

選挙関連リンク
候補者のウエブサイトがあったので、ここに乗せておきます。しかし、もう少し中身があるサイトはつくれないものなのだろうか。三行で政策を説明されてもねえ。
奥山みえ子 ウェブサイト
柳橋くにひこ ウェブサイト
渡辺ひろし ウェブサイト
佐藤崇弘 ウェブサイト

2009仙台市長選挙を見すごさない市民活動の会・ブログ
7月6日(月)午後6時~仙台市民会館にて、立候補予定者公開討論会を開催する予定だそうです。
みなさんぜひいってくださいね。できれば、討論会をビデオにとってユーチューブにアップしてほしいです。これはぜひともやってほしい。でないと、数百人見て終わりになってしまうから。
仙台市長選挙の公開討論会


仙台市長選挙の公開討論会のつづきはこちらから


<佐藤研一朗のコメント>
今日は7月1日です。選挙戦まであと10日あまり、今日は大きなニュースが入ってきました。現職の梅原市長が、突然立候補を断念することを表明しました。やはり市議会で問責決議を可決されたことがきいていたのでしょうか。それから、私より若い29歳の佐藤崇弘氏が、市長選挙に立候補することになりました。いやー私も仙台にもどって市長選挙に立候補しようかなあ。笑)
---------------------------------------------------
朝日新聞
丸刈りで決意表明したけど… 仙台市長、再選出馬を断念
2009年7月1日11時27分

 タクシー券の不適正使用疑惑で市議会から追及されたものの、26日投開票の仙台市長選に再選を目指して立候補を表明した梅原克彦市長(55)が1日記者会見し、立候補の断念を表明した。「一番大切な市民との信頼関係が考えていた以上に大きく損なわれていた。このマイナスを修復するのは不可能」と述べた。

 市長をめぐっては昨冬、05年の就任以降使ったタクシー券の約9割に行き先を書いていなかったことが発覚した。「私的利用の疑いがある」と市議会から追及されて謝罪、計240万円余を返還するなどしたが、用途について終始「記憶にない」などと回答。先月13日に頭を丸刈りにして「再チャレンジのチャンスをお与えください」と述べて立候補を表明した。

 市長選には前副市長と2人の仙台市議が立候補を表明している。

---------------------------------------------------
河北新報
2009年07月01日水曜日
仙台市長選 29歳佐藤氏出馬へ 民間発想の改革強調

 任期満了に伴う仙台市長選(7月12日告示、26日投票)で、ベンチャー企業を仙台市で経営する佐藤崇弘氏(29)は30日、無所属で立候補する意思を固めた。河北新報社の取材に対し「仙台市に競争力、PR力を付けて、日本をリードする都市にしたい」と述べた。3日にも正式に出馬表明する。

 佐藤氏は立候補を決意した理由を「たくさんの方から、市役所主導の政治を変えてほしいとのメールや電話をもらった。官主導の市政を変えることが自分にはできると判断した」と語った。

 主な施策として(1)民間から職員を積極登用し、市役所を活性化する(2)減税を実施し、企業立地や人口増を促す―などを訴えるという。

 佐藤氏は福島市出身で宮城大卒。在学中に障害者通所施設などを設立し、運営。長野県の全国公募で2004年、課長級職員に採用された。退職後の05年、仙台市内で障害者雇用を支援する会社を起業した。

 仙台市長選には現職の梅原克彦市長(55)、前副市長の奥山恵美子氏(58)、ともに市議の柳橋邦彦氏(68)、渡辺博氏(59)が立候補を表明している。


---------------------------------------------------
2009.6.30
毎日新聞

選択:仙台市長選 奥山氏支援「市議の会」、共産党除く全会派から参加し発足 /宮城

 仙台市議会(定数60)の議員有志32人が29日、来月26日投開票の仙台市長選に出馬を表明している前副市長、奥山恵美子氏(58)を支援する「市議の会」を発足した。共産党を除く全会派から議員が横断的に参加。支援表明を受けた奥山氏は特定政党によらない「市民党」の立場で選挙戦に臨むと強調した。

 議員有志は同日開催した「所信を聞く会」で奥山氏から政策骨子や市政運営に対する考えについて説明を受けた後、市議の会を設立。保守層を切り崩し、幅広い支持の獲得を目指す奥山氏は「さらなる飛躍の翼を頂いた」と述べた。

 奥山氏に対しては民主党県連が支援を決定。自民党市連と公明党県連は自主投票とすることを決めている。衆議院の解散、総選挙が近づきつつあるが、市長選には「自公対民主」の対立構図は当てはまらない見通しだ。

 公明党の市議は「あくまで市民党の立場で政党の争いに巻き込まれぬようお願いしたい」と要請し、民主色が強まる事態を回避するようくぎを刺した。また社民党県連は同日、正式な支持・推薦ではなく奥山氏を「自主的に応援する」と明らかにした。

 市長選には奥山氏を含め、現職の梅原克彦氏(55)、ともに市議の渡辺博氏(59)、柳橋邦彦氏(68)の計4人が出馬を表明。05年の前回市長選では44人の市議が梅原氏支持に回ったが、市議会は24日にタクシーチケット不適切使用問題を巡り市長に対する問責決議を可決し、市長への「決別状」を送っている。【高橋宗男】

---------------------------------------------------
河北新報
2009年06月30日火曜日

奥山氏支援に32市議 組織発足 5人も参加意向

 任期満了に伴う仙台市長選(7月12日告示、26日投票)で、仙台市議会の有志が29日、立候補予定者の前副市長奥山恵美子氏(58)を支援する市議の会を設立した。市職員労働組合も奥山氏支援を決めた。

 青葉区のレストランであった市議の会設立会合に参加したのは、共産党市議団と無所属を除く5会派の有志計25人。ほかに、出席しないものの7人が会に名を連ねた。奥山氏からマニフェスト案や市長選に向けた所信を聞いた後、満場一致で市議の会設立を決定した。

 世話人の1人、改革ネット・自民の柿沼敏万会長は「『市民党』の立場で多くの市民に支援してもらえるよう、頑張ってほしい」と激励した。

 奥山氏は「各会派の議員に会を結成してもらい、飛躍の翼をいただいたようでうれしい。仙台がより輝く街になるよう頑張りたい」と述べた。

 会には、ほかにも5人が参加する方向で、参加者は市議会60人の半数を超え、40人近くになる見通し。

 市職労は青葉区の自治労会館で、奥山氏を交えて中央委員会を開いた。保育所民営化などについて同氏の考えを確認し、支援を正式決定した。


---------------------------------------------------
朝日新聞
「ワンマン」包囲網/民意の在りかは(1)

2009年06月30日

仙台市長選への立候補を表明した後、前回選挙での支援者らに深々と頭を下げる梅原克彦市長。そのまま約30秒間、動かなかった=6月18日、仙台市青葉区

 「マスコミ報道は、実績を一つも評価していない。着々とやっているのに」

 6月18日、仙台市の梅原克彦市長(55)の後援会が開いた会合。あいさつに立った支援者の一人は、地下鉄東西線の工事推進、アジア太平洋経済協力会議(APEC)会合の誘致、新型インフルエンザ対策など梅原市長の実績を並べたうえで不満の声をあげた。

 実際、梅原市長をめぐる報道はこの半年、市長によるタクシー券の不適正使用疑惑に染まった。

 くわしい説明を避けて返金や謝罪で幕引きを図るが市議の調査などで新事実が発覚、再び追及を受ける、という流れが続いた。回答を修正するたびに「虚偽答弁だ」との指摘が加わった。

 市議会が問題視したのは、説明責任を果たさない姿勢だった。就任当初からワンマン的な手法を指摘され「市民の声を聞かない」との批判を呼んでいた梅原市長。タクシー券問題の報道が広がるのに呼応する形で、水面下で進んでいた「梅原おろし」の動きが表面化してきた。

    ■   ■

 その中心は藤井黎・前市長時代の市幹部と、自民系のベテラン市議だ。前回の市長選で別々の候補者を支持した2人が手を携えた。白羽の矢が立ったのは、副市長だった奥山恵美子氏(58)。県立高の男女共学化に関する梅原市長の「政治介入」に異を唱える形で、3月に辞職した。

 一連の流れを知る市の関係者は、奥山氏の辞職について「タイミングを見計らっていたのだろう」と冷ややかだ。

 市議会内にも、現職の再選を防ぐために部下を担ぎ出す「内輪」の選挙、という雰囲気が漂う。天下分け目の戦いともされる次期衆院選を前に、政党も独自の候補者を擁立しようという動きは鈍かった。

 自民は、市連の議員を中心に、前回梅原氏を全面的に支持した「足かせ」を抱えていた。一方、政権交代へと弾みをつけたい民主は、当初は他候補を探す流れがあったものの、5月下旬に県連が「先手必勝」を理由に奥山氏支援を表明。6月に入って自民、公明も自主投票を正式に決定。社民も29日に「自主的な応援」の方針を発表し、毎回のように独自候補を擁立してきた共産も「票が割れれば梅原市長が有利になる」と自主投票を示唆する。

 「現職よりは……」との考えが各会派の底流となり、政党間で対立の構図をつくらなかった。その結果、梅原氏と奥山氏以外で立候補を表明したのはこれまでのところ、保守系の仙台市議2人にとどまる。

 渡辺博氏(59)は2年前から市長の政治手法に反発し立候補を明言、5月中旬に正式表明した。柳橋邦彦氏(68)は、奥山氏支援に傾く流れが市議会内にできたのに違和感を示し、民間からの擁立活動を5月中旬まで続けた後、自らが立つことにした。

 2人が最後の議会を終えた24日。市議会は約8割の賛成をもって、実質上の「決別宣言」となる梅原市長の問責決議案を可決。29日、奥山氏支援の「市議の会」を5会派、32人で発足させた。

    ■   ■

 現職に反発する世論を、どこまで自分の追い風にできるか。各立候補予定者とも今のところ、探っている状態だ。

 19日、奥山氏はマニフェストの骨子をいち早く発表。だが、東西線工事の推進や市立病院の移転推進などの施策に、報道陣から「梅原市長と差がないのでは」との指摘が飛んだ。奥山氏は「政策の6~7割は継続させなければ、市政が困惑する」とし、自分らしさを発揮できるポイントを政策立案過程で市民の声を聞く方法、姿勢と強調した。

 「梅原市長以外の候補は『正義の味方』のよう。でも政策上の違いは、なにも見えない」。民間からの候補者擁立を目指したものの、断念したある有権者は指摘する。

 「これからは『市民一筋』。市民の目線に立った、市民本位の政策を進める」。立候補を表明して以来、そんなふうに低姿勢を貫く梅原市長だが、4年間の政策に話が及ぶと「大筋で間違いはない」と自信をのぞかせている。

---------------------------------------------------
河北新報
2009年06月26日金曜日

4氏、支持拡大に奔走 仙台市長選

 投票まで1カ月に迫った仙台市長選は7月12日の告示に向け、前哨戦が熱を帯びてきた。これまでに立候補を表明したのは4人。街頭演説や支援者へのあいさつ回りなど、支持拡大に奔走している。

 梅原克彦市長(55)は25日午前8時前、白のポロシャツにグレーのコットンパンツという姿で青葉区中央の百貨店前に立った。サラリーマンらに「おはようございます」と声を掛け続けた。

 朝の街頭活動を始めたのは22日。梅原市長は「『もう一度チャンスを与えてほしい』との熱意を伝えたい」と語る。

 ほぼ同じ時刻、泉区の地下鉄八乙女駅近くの交差点では、前副市長の奥山恵美子氏(58)が出勤途中の会社員らに手を振りながら政策を訴えた。

 街頭に立ち始めたのは、梅原市長と同じ22日から。ハンドマイクを握り「市政への市民の信頼回復が何より大切。納得のいく説明と情報公開を約束する」と強調する。

 市議で会社社長の柳橋邦彦氏(68)は午前、若手支持者を交えた「マニフェスト作成委員会」に参加。寄せられたさまざまな要望を精査した。

 「市民の声を聞いてマニフェストを練り上げてこそ、本当の市民の代弁者」という考えから、これまで数回にわたり委員会を開催。幅広い世代の声を吸い上げている。

 市議の渡辺博氏(59)は終日、青葉区の旧宮城町、太白区の旧秋保町地区に赴き、支援者回りを重ねた。「子育て環境日本一の実現」などの考えを丹念に説明している。

 「目指すのは、市民との直接対話を大切にする市政。幅広い意見を政策に組み入れたい」と渡辺氏。29日からは早朝の街頭演説も始める予定だ。

 7月4~6日には、市民団体や青年会議所による公開討論会が計画されている。立候補予定者が顔をそろえ、論戦を展開。主催者は広く有権者に参加を呼び掛けている。


---------------------------------------------------
2009.6.25
毎日新聞

梅原・仙台市長:タクシー券問題 市長の問責決議可決

 仙台市の梅原克彦市長(55)がタクシーチケットの不適切使用問題への説明責任を果たさず市政への信頼を損ねたとして同市議会は24日、問責決議案を賛成多数で可決した。梅原市長は13日、市長選(7月26日投開票)の出馬会見に「おわびの気持ち」として丸刈り頭で現れた。議会事務局によると、問責決議案が可決されたのは把握している58年2月以降で初。


---------------------------------------------------
2009年06月17日水曜日
河北新報

前哨戦の舞台裏(中)身内の争い/批判優先、公約出遅れ

現職市長と前副市長、市議2人の構図が固まりつつある仙台市長選。「身内の争い」にとどまらず、市民の関心を呼ぶことができるか(合成写真)

 <次の態勢を議論>
 仙台市議会6月定例会開会中の15日、市政与党の立場で梅原市政を支えてきた4会派の代表者が、ひざを付き合わせた。
 非公式の会合で申し合わせたのは「現職へのけじめをつけた上で、次の態勢を議論する」(会派代表者)ことだった。

 「次の態勢」とは、前副市長の奥山恵美子(57)を支援する超党派の「市議の会」発足を指す。
 前回市長選(2005年)で、市議会の7割以上が市長梅原克彦(55)を支持した。今回は、タクシー券問題で説明責任を果たさない梅原に対し、問責決議案を可決して「けじめ」とし、奥山支援の方向で共同歩調を取る。そうした流れができつつある。
 「市議の会には会派を問わず議員の過半数が加わる」とは、ベテラン議員の見方だ。

<「官」出身者続く>
 求心力が低下した梅原とは対照的に、確実に態勢を固めつつある奥山。だが、ほかの立候補予定者からの批判の矛先は梅原だけでなく、奥山本人にも向けられている。

 「部下が上司に戦いを挑む下克上。戦国時代のようなことが行われている」。12日、市役所で立候補会見をした市議柳橋邦彦(68)に同席した支援者が、怒気をはらんだ言葉を発した。

 柳橋も「市役所の内輪もめのような選挙に市民を巻き込むことになる」と批判。石井亨、藤井黎、梅原と「官」出身者が市長に就く系譜に疑問を投げ掛けた。

 会社を経営する自分を「民」と位置付け「民間の発想で経済を活性化させ、大胆な市役所改革に取り組む」と強調した。
 ほかの立候補予定者に先駆けて名乗りを上げた市議の渡辺博(59)も「エリート公務員が市民の代表である市長にふさわしいのか」と、奥山をけん制する。

 副市長を務めた経歴ゆえの連帯責任論や官僚批判に対し、奥山は「官出身だから行財政改革ができないほど、市の財政状況は甘くない。市役所出身の私だからこそ、よく分かる」とかわし、長年培った行政手腕をアピールする戦術を取る。

 市民団体の勉強会や町内会の懇談など小さな集まりに顔を出し、ひざ詰めの対話を重ねている。「自分の車で地域を回り、市道の未整備ぶりを初めて実感した」と、市民の側に寄り添う立場も訴える。

<低投票率危ぶむ>
 もっとも、梅原、奥山を「官」と批判する2人も立場は市議。「外から見れば、4人とも同じ市役所の住人」(経済関係者)と映る。
 「市役所内の争いでは選挙戦は盛り上がりようもない。このままでは投票率は40%を切るのではないか」と、ベテラン議員は危ぶむ。

 今のところ、どの候補予定者もマニフェスト(公約集)を発表していない。前回市長選の「地下鉄東西線建設」のような政策の大きな争点が浮上していない中で、現市政の「継続か刷新か」のみが注目されている。

 「身内の争い」の構図を超えて、有権者の関心を盛り上げる方法はあるのか。
 ベテラン議員は「どの候補予定者も早く公約を示すことだ。政策の違いをどれだけ有権者に分かってもらうかが鍵になる」と指摘する。(敬称略)

---------------------------------------------------
<研一朗のコメント>
私の応援している名古屋市長の河村たかし氏の影響か、仙台市長選挙にも減税を掲げる候補者が立候補を表明している。これはすばらしい動きであると言えるだろう。
---------------------------------------------------
河北新報 朝刊 2009年6月12日

現職VS3新人の構図か 仙台市長選告示まで1ヵ月

 任期満了に伴う仙台市長選(7月12日告示、26日投票)は12日、告示まで1カ月となった。現職に対し、前副市長と市議2人の計3人が無所属新人として挑む構図が固まりつつある。新人3人は現職の市政運営を批判しており、「継続か刷新か」が問われそうだ。

 現職の梅原克彦市長(55)は13日に記者会見し、立候補を正式に表明する。既に国会議員や有力市議を回り、立候補の意向を伝えた。4年前に推した若手経済人らのグループ「活力仙台」が今回も推薦を決めた。
 前副市長の奥山恵美子氏(57)は5日、「梅原市長は市民の声を受け止めていない」として立候補を正式に表明した。民主党県連が支援する方針を決めているが、奥山氏は保守系を含めた幅広い支持を求めたい考え。

 このほか、市議の渡辺博氏(59)が立候補を表明。市議の柳橋邦彦氏(68)は12日にも正式に立候補を明らかにする。
 有志団体からの出馬要請が相次ぎ、動向が注目されていた自民党衆院議員の秋葉賢也氏(46)=宮城2区=は「国政に専念したい」として、次期衆院選の比例東北に立候補するとみられる。宮城教育大副学長の阿部芳吉氏(63)は出馬を見送った。

 いずれの候補予定者もマニフェスト(公約集)を発表しておらず、前回市長選(2005年)のように「地下鉄東西線の建設推進か、見直しか」といった政策の争点は明確になっていない。
 これまでの市長選の投票率を見ると、新人6人が名乗りを上げた05年は43.67%。参院選と同日選となった01年は56.26%と高かったが、1997年は過去最低の31.97%だった。
 6月1日現在の有権者数は82万5267人。

◎柳橋市議、立候補へ 「経済対策を最優先」強調

 仙台市長選で、市議の柳橋邦彦氏(68)は11日、河北新報社の取材に、「官出身者では打ち出せない、市民最優先の経済対策を進めたい」と語り、無所属で立候補することを明らかにした。12日にも正式に表明する。
 柳橋氏は出馬を決めた理由について「市議、市議会議長として長く市政に携わってきた。官出身者が続くようでは、仙台市の経済活性化、市役所改革が期待できなくなる。民出身という選択肢があるべきだと考えた」と説明した。

 市民税の10%減税や市長給与の半額カット、退職金の辞退などを公約に掲げる方針。「地元経済が逼迫(ひっぱく)する中、市政は目に見える有効策を打ち出してこなかった。チェンジするには、身を削るような決意が必要だ」と強調した。
 柳橋氏は仙台市出身で日大卒。会社役員を務める傍ら1991年の仙台市議選に初当選し、現在5期目。2005~07年、市議会議長を務めた。

◎梅原市長あす出馬表明

 仙台市長選で、現職の梅原克彦市長(55)は11日、再選を目指し、無所属で立候補する意思を固めた。13日に青葉区のエル・パーク仙台で記者会見し、正式に表明する。
 関係者によると、梅原市長を支援する若手経済人らのグループ「活力仙台」のメンバーに立候補を表明する考えを伝えた。

 15日から始まる市議会6月定例会・代表質疑を前に、態度を示す必要があると判断したという。
 梅原市長は今月上旬、国会議員らに立候補の意向を打診。報道関係者に対し、「秋以降も現在の仕事を継続したい」と再選出馬への強い意欲を明らかにした。市議会日程を見据えながら、正式表明のタイミングを模索していた。

 前回(2005年)、梅原市長は自民党県連、公明党県本部の支持に加え、市議60人のうち44人から支援を受けた。今回は政党、市議会とも支援に否定的な姿勢で、後援会主体の選挙戦を展開するとみられる。
 梅原市長は仙台市出身で東大卒。経済産業省地域協力課長、通商交渉官などを経て、藤井黎前市長の引退に伴う市長選で初当選した。
---------------------------------------------------

<研一朗のコメント>
今日は5月11日です。選挙戦まで二ヶ月と迫ってきたが、いまいちまだ闘いの構図が見えてこない。現市長はまだ二期目を目指すのかはっきりしていない。いまのところ立候補を表明しているのは市議の渡辺氏だけだ。ビックネームはまだぜんぜんあがってきていない。はっきりしないのは仙台らしいといえば、仙台らしいか。。。
---------------------------------------------------
河北新報
奥山氏に出馬要請 市民団体が集会 仙台市長選
 任期満了に伴う仙台市長選(7月12日告示、26日投票)で、複数の女性団体などでつくる有志団体が8日、前副市長の奥山恵美子氏(57)に、立候補の要請をした。

 要請したのは、約20団体でつくる「奥山恵美子さんを仙台市長に推す会」(橋本紀代子代表)。青葉区の市戦災復興記念館で開いた集会には、約70人が集まった。

 橋本代表は「奥山さんは広い視野を持ち、判断力も説明力もある。市民協働で誇りを持てる仙台をつくる上で、市長にふさわしい人」とあいさつ。会の呼び掛け人ら16人が、奥山氏に立候補を促す言葉を述べた。

 奥山氏は「市政には多くの課題がある。皆さんの要望に応えられるかどうか、時間をもらって考えたい」と即答を避けた。終了後「立候補の可能性を検討しているのか」との報道関係者の質問に対して「ゼロではない」と答えた。

 奥山氏は3月、教育行政をめぐる梅原克彦市長との手法の違いを理由に副市長を辞任した。

 仙台市長選をめぐっては、市議の渡辺博氏(58)が12日に立候補を正式表明する。4月29日には、経済人有志が自民党衆院議員の秋葉賢也氏(46)=宮城2区=に立候補要請した。
2009年05月09日土曜日
---------------------------------------------------
河北新報
衆院解散・仙台市長選両にらみ 自・民、神経戦の様相
 次期衆院選で、東北随一の激戦区になると予想される仙台市(宮城1、2区)に奇妙なムードが漂っている。衆院の解散時期が注視される中、大型選挙の仙台市長選(7月26日投票)が迫ってきた。ところが、戦いの構図が固まる気配がなく、衆院選で激突する自民、民主両党の陣営は、市長選と解散日程をにらみながらの神経戦を展開している。

<駆け引き活発化>
 1区で再選を目指す自民現職の土井亨氏(50)はこまめに地元へ戻り、集会を欠かさない。4月末に青葉区で開いた集会では「1度、民主党に政権を任せてみたらと、国民に思われているのは肌身に感じている」と危機感をにじませた。

 対する民主現職の郡和子氏(52)=比例東北=。前回衆院選は土井氏に約1900票差に迫った。毎週月曜朝に街頭演説をこなす。市長選も意識し、「その場しのぎの政策では日本が沈没する。国政も市政も政権交代が必要だ」と強調した。

 両陣営の神経はもちろん解散時期に向くが、市長選も大きな関心事。関係者は「解散が先か市長選が先かで、さまざまな判断が変わってくる」と言う。

 その市長選は告示まで2カ月半となっても構図が判然としない。タクシーチケットの不適正使用で求心力が低下した現職の梅原克彦市長は進退を明らかにしていない。立候補の意思を示したのは無所属市議1人だけだ。

 水面下では3月に副市長を辞職した奥山恵美子氏(57)の擁立を模索する動きがある。自民党も民主党も表舞台に立たないが、主導権をめぐる駆け引きは活発化している。
 「いつ総選挙になるか分からないが8月ごろかなと思う。自民党が好きな人もそうでない人も、押し上げてほしい」
 宮城2区に立候補する自民現職の中野正志氏(61)=比例東北=は4月末、宮城野区で開いた集会でこう呼び掛けた。

<力学変化も予想>
 麻生太郎首相は追加経済対策に加え海賊対処法案などの早期成立を優先する姿勢。国会会期延長も現実味を帯び、「5月解散」の気配はしぼんできた。「夏解散」となれば、衆院選は市長選後の公算が大きい。

 衆院選で比例に回る2区の自民現職秋葉賢也氏(46)は、4月末に商工関係者から仙台市長選への立候補要請を受けた。

 秋葉氏は「わたしは今、立法府の一員。国政に専念する」と語るが、仮に市長選に転じれば選挙区内の力学変化も予想される。各党が動向を注視し始めた。

 中野氏に挑むのは民主党新人で気象予報士の斎藤恭紀氏(40)。昨年4月の立候補表明から1年以上がすぎた。4月末の街頭活動で「政治不信が渦巻いているが、小沢一郎代表の(進退)問題も一因。でも政治の流れを変えなければならない」と率直に語った。
2009年05月06日水曜日

---------------------------------------------------
河北新報
奥山前副市長に出馬要請 女性団体など、8日にも
 任期満了に伴う仙台市長選(7月12日告示、26日投票)で、市内の複数の女性団体などが3月に辞任した前副市長の奥山恵美子氏(57)に立候補を要請する方針を固めたことが、30日分かった。8日にも奥山氏に要請文を手渡す。

 関係者によると、要請を行うのは福祉や教育、男女共同参画などの各分野で活動する十数団体。既に「奥山恵美子さんを仙台市長に推す会」を設立し、市民団体に広く参加を呼び掛けている。

 女性団体の関係者は「奥山氏は行政と市民の連携に熱心で、教育長としての経験もある。幅広い視野で適切に物事を判断できる人で、市長にふさわしい」と話している。

 奥山氏は「要請を直接聞いたわけではないが、自分を高く評価してもらったことを感謝したい。ただ、まだ何も返事はできない」と話している。

 奥山氏は市教育長などを歴任し、2007年4月から副市長に就任。梅原克彦市長との政治手法の違いを理由に今年3月、副市長を辞任した。

 仙台市長選をめぐっては、市議の渡辺博氏(58)が立候補の意向を示している。また、市内の経済人有志が自民党衆院議員の秋葉賢也氏(46)=宮城2区=に立候補を要請するなど、候補擁立に向けた動きが活発化している。
2009年05月01日金曜日

---------------------------------------------------


<研一朗のコメント>
経済人有志から立候補の要請を受けていた自民党の衆院議員の秋葉氏は市長選挙に出ない模様だ。
---------------------------------------------------
河北新報
秋葉氏「国政に専念」 仙台市長選・出馬要請に回答
 任期満了に伴う仙台市長選(7月12日告示、26日投開票)で、仙台市内の経済人有志は29日、自民党の秋葉賢也衆院議員(46)=宮城2区=に立候補を要請した。秋葉氏は「国政に専念したい思いは変わらない」と、現時点では立候補する意思がないことを示した。

 要請したのは企業経営者ら約50人でつくる「仙台市政を憂える経済人の会」(鍋島孝敏代表)。仙台市内のホテルで要請書を手渡した。会は秋葉氏に対し「県議3期、衆院議員2期の政治経験は申し分ない。村井嘉浩知事と同じ松下政経塾で学んだ盟友。2人の若いリーダーの連携を期待している」と立候補を求めた。

 秋葉氏は「要請は光栄で、仙台市の現状を何とかしたいという皆さんの思いは共有している。しかし、わたしは今、立法府の一員。国政に専念したい思いに変わりはない」と答えた。

 秋葉氏は次期衆院選で、自民党公認で比例東北に立候補する予定。会合後「昨年末以降、周囲から仙台市長選への挑戦を促されているが、今のところそうした気持ちはない。衆院選では(宮城2区から立候補する自民党現職の)中野正志氏をしっかりと支えていく」と話した。
2009年04月30日木曜日

---------------------------------------------------
<研一朗のコメント>
市長選挙に一番最初に名乗りを上げた渡辺博氏。市のホームページはこちらから
---------------------------------------------------
読売新聞
仙台市長選、渡辺博市議出馬へ

 7月12日告示、26日投開票の仙台市長選で、渡辺博・同市議(58)は29日、読売新聞の取材に対し「立候補して市民本位の行政運営を実現したい」と述べ、無所属で出馬する意向を明らかにした。現職の梅原克彦市長は去就を明言しておらず、市長選への初名乗りとなる。

 渡辺氏は同市出身。東北大工学部卒業後、衆院議員秘書などを務め、1987年に市議に初当選して現在6期目。梅原市政について「内部の問題で機能不全に陥り、市民に迷惑をかけている」と批判した。来月、正式に出馬表明する予定。

 一方、市内の経営者有志約50人はこの日、宮城2区選出の秋葉賢也・衆院議員(46)に、市長選への出馬を要請した。秋葉氏は「大変光栄だが、今後も国政に専念したい」と出馬を否定した。
(2009年4月30日 読売新聞)
---------------------------------------------------


---------------------------------------------------

<研一朗のコメント>
いよいよ選挙が近づいてきましたが、市民にあまり人気のない梅原市長の動向に注目が集まっている。記事にもあるように、現職が常に有利であるが、有力な対抗馬が出てくれば面白い選挙になる可能性はある。記事で、 「どんな人物か分からないまま、後継者として支持してしまった。私には市民に対する責任があり、みそぎをしなければならない」。と藤井前市長が述べているが、地下鉄東西線を引くだけのために、現市長を支持した罪は重たいと思う。結局、投票数では、東西線反対派、慎重派は、賛成派をうあまったのだから。市民の声を捻じ曲げる結果になってしまった前回の選挙、今回はどんな結果がでるだろうか。
---------------------------------------------------
河北新報
梅原市長と前回支持者にすきま風 仙台市長選まで4ヵ月

 仙台市長選(7月12日告示、26日投票)をめぐり、前回市長選(2005年7月)で梅原克彦市長を支援した経済界や市議、藤井黎前市長の動向に注目が集まっている。投票まで4カ月を切ったが、梅原市長は進退を明らかにしていない。タクシーチケットや公用車の不適正な使用問題、県立高校の一律共学化見直しを求める県教委への介入、突然の副市長辞任など市政運営に批判と混乱が渦巻く中、梅原市長と距離を置こうとの雰囲気も漂っている。

<選挙どころでは>
 梅原市長は前回市長選で経済活性化を政策の柱に据え、地元経済界の分厚い支援を受けた。今回、経済界の動きは鈍い。

 「自動車など企業誘致に成功した村井嘉浩知事に比べて成果がなく、市政が何を目指すのかも見えない。現状では声高に支持を言い出しにくく、静観することになりそうだ」。前回、梅原市長を推した在仙の経済人は周囲の空気を解説する。

 加えて昨秋以降の急激な景気後退で、不況感が増している。「自社のことを考えることで精いっぱい。とても選挙どころでない」(商業関係者)との声も強い。

 「厳しい世論があるのは承知している。しかし、4年前にかついだ責任がある」。梅原市長を支援した若手経済人グループ「活力仙台」の菅原裕典事務局長はこう語る。しかし、今回の市長選での具体的な見通しは立っていない。

 菅原事務局長は「まずは梅原市長と話し合いを重ね、(立候補についての)意思を確認する必要がある。その上で対応を決めたい」と話す。

<対立候補模索も>
 前回市長選は自民党県連、公明党県本部が梅原市長を支持。仙台市議は定数60のうち7割を超える44人が支援組織「市議の会」に属し、梅原市長の応援に回った。

 今回の市長選について市議の野田譲自民党市連会長、笠原哲公明党市議団長は、ともに「まったくの白紙状態」と話す。

 市議会2月定例会の代表質疑では、野党だけでなく与党会派からも梅原市長への批判が噴出した。政治姿勢や手腕に対する冷ややかな評価が、議会全体を覆いつつある。

 「市議の会」の中心人物で、一般質問などでたびたび梅原市長にエールを送ってきた大泉鉄之助議員は「現職が出馬を決意し、どういう形で表明するかを受け止めてから判断することになる」と述べるにとどまる。

 水面下では、梅原市長以外の候補擁立を模索する動きが進んでいる。「有力な対立候補が出れば、与党議員の多くは一気に流れるだろう」(ベテラン議員)。

<後継指名を後悔>
 「どんな人物か分からないまま、後継者として支持してしまった。私には市民に対する責任があり、みそぎをしなければならない」。藤井前市長は河北新報社の取材に対し、重大な心境の変化をにじませた。

 05年に勇退し、6人が立候補した前回市長選では「地下鉄東西線の加速的推進」を掲げた梅原市長を後継者として支持を表明した。選挙戦ではマイクを握り、市政継承を有権者に呼び掛けた。

 藤井前市長は「『東西線推進』が後継指名の唯一の理由」と経緯を説明し、「『市民に対してハートのある市政を』とお願いした。彼を信頼していた」と振り返る。

 梅原市政に対する現在の思いは、かなり厳しい。「引き継ぎは『変形』し、悲壮感をもって見ている」と述べ、「庁内組織の力を引き出せず、市民との溝は広がった。思いつきの行政で将来像を見据えていないようだ」と苦言を呈する。

 「市民協働」の考え方についても、「私は市民の力を引き出すことを重視したが、梅原市長は独断で物事を進め、自分流のモデルチェンジを求めようとしている」と、批判的な見方を示した。
2009年03月27日金曜日

2009年07月23日

私が市長選挙に立候補したら

今日はだらだらと、自分がロチェスターの市長になったらどんなリバータリアンな政策を実行できるか考えてみました。

 ・ 仙台市長選挙が迫っている。
 ・ 地下鉄東西線の見直しを言うのは一候補だけ。
 ・ ロチェスターは税金が高い。
 ・ 税金を下げろ。
 ・ 教育に競争を促す。
 ・ 大麻合法化。
 ・ 都市計画に口を出さない。
 ・ 町内会に金をつかってもらう。

音声が早送りになる場合は、Firefoxをお使いください。
iTunesを使えば、自動的に最新の番組をダウンロードできます。

このバナーをiTunesにドラッグ&ドロップすると番組を登録できます。

感想お待ちしています。
メールはinfo(ここにあっとまーくが入ります)im-sendai.jpへ
掲示板にも書き込みが出来ます。

アメリカ小話シリーズのラジオはこちらから
佐藤研一朗がアメリカ ロチェスターで進めているアートの企画
世界一大きい写真展の公式ウエブサイトはこちらから

仙台市長選挙の公開討論会

仙台市長選挙の公開討論会のつづきはこちらから

2009年07月28日

選挙期間中、北朝鮮になる日本

今年の夏は選挙尽くしということで、憲法違反の公職選挙法について語ってみました。

 ・ 仙台市の財政破綻はこれで決定
 ・ 経済は縮小し、政府は拡大する
 ・ 日本の政治と、学校の生徒会との相似
 ・ 憲法違反の公職選挙法
 ・ 静寂の独裁制度
 ・ 選挙期間、日本に表現の自由はなくなる
 ・ 政府というのは強制力
 ・ それでも民衆がNOといえば世の中は変わっていく

<下のほうにリスナーの皆さんの感想を掲載しました。>

音声が早送りになる場合は、Firefoxをお使いください。
iTunesを使えば、自動的に最新の番組をダウンロードできます。

src="http://www.podcastjuice.jp/material/image/podfeed/btn_feed_yellow.gif" />
このバナーをiTunesにドラッグ&ドロップすると番組を登録できます。

感想お待ちしています。
メールはinfo(ここにあっとまーくが入ります)im-sendai.jpへ
掲示板にも書き込みが出来ます。

アメリカ小話シリーズのラジオはこちらから
佐藤研一朗がアメリカ ロチェスターで進めているアートの企画
世界一大きい写真展の公式ウエブサイトはこちらから


公職選挙法で憲法に違反していると思うところで一番問題なのは下の二点だと思う。
選挙中情報を流すなという146条、148条 それと高額な供託金を提示している92条だ。
情報統制は、憲法の表現の自由に反している。日本国憲法第21条第1項において「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と規定されている。
高額な供託金は日本国憲法第44条にある、「両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によって差別してはならない。」反して

いる。

参考資料
---------------------------------------------------
第13章 選挙運動

(文書図画の頒布又は掲示につき禁止を免れる行為の制限)
第146条 何人も、選挙運動の期間中は、著述、演芸等の広告その他いかなる名義をもつてするを問わず、第142条(文書図画の頒布)又は第143条(文書図画の掲示)の禁止を免れる行為として、公職の候補者の

氏名若しくはシンボル・マーク、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者を推薦し、支持し若しくは反対する者の名を表示する文書図画を頒布し又は掲示することができない。
2 前項の規定の適用については、選挙運動の期間中、公職の候補者の氏名、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者の推薦届出者その他選挙運動に従事する者若しくは公職の候補者と同一戸籍内に

在る者の氏名を表示した年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これに類似する挨拶状を当該公職の候補者の選挙区(選挙区がないときはその区域)内に頒布し又は掲示する行為は、第142条又は第143条の禁

止を免れる行為とみなす。

(新聞紙、雑誌の報道及び評論等の自由)
第148条 この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定(第138条の3(人気投票の公表の禁止)の規定を除く。)は、新聞紙(これに類する通信類を含む。以下同じ。)又は雑誌が、選挙に関し、報道及び

評論を掲載するの自由を妨げるものではない。但し、虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害してはならない。

---------------------------------------------------


(供託)
第92条 町村の議会の議員の選挙の場合を除くほか、第86条第1項から第3項まで若しくは第8項又は第86条の4第1項、第2項、第5項、第6項若しくは第8項の規定により公職の候補者の届出をしようとするもの

は、公職の候補者1人につき、次の各号の区分による金額又はこれに相当する額面の国債証書(その権利の帰属が社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号)の規定による振替口座簿の記載又は

記録により定まるものとされるものを含む。以下この条において同じ。)を供託しなければならない。
1.衆議院(小選挙区選出)議員の選挙  300万円
2.参議院(選挙区選出)議員の選挙  300万円
3.都道府県の議会の議員の選挙 60万円
4.都道府県知事の選挙 300万円
5.指定都市の議会の議員の選挙 50万円
6.指定都市の長の選挙 240万円
7.指定都市以外の市の議会の議員の選挙 30万円
8.指定都市以外の市の長の選挙 100万円
9.町村長の選挙 50万円
《改正》平12法062
《改正》平14法065
《改正》平16法088
2 第86条の2第1項の規定により届出をしようとする政党その他の政治団体は、選挙区ごとに、当該衆議院名簿の衆議院名簿登載者1人につき、600万円(当該衆議院名簿登載者が当該衆議院比例代表選出議

員の選挙と同時に行われる衆議院小選挙区選出議員の選挙における候補者(候補者となるべき者を含む。)である場合にあつては、300万円)又はこれに相当する額面の国債証書を供託しなければならない。
《改正》平12法062
3 第86条の3第1項の規定により届出をしようとする政党その他の政治団体は、当該参議院名簿の参議院名簿登載者1人につき、600万円又はこれに相当する額面の国債証書を供託しなければならない。.

供託金の解説ページ
WIKIペディアから

1. ここでいう「議員定数」は参議院選挙区においては通常選挙における当該選挙区内の議員の定数(選挙すべき議員の数が通常選挙における当該選挙区内の議員の定数を超える場合はその選挙すべき議員の

数)、地方議会議員においては当該選挙区内の議員の定数(選挙区がないときは、議員の定数)のことをさす。

このように、日本における供託金の額は極めて高い水準となっている。しかしながら、高額な供託金にもかかわらず売名目的で立候補する資産家が、現在に至るまで国政選挙を中心にしばしば登場しており、金額を

上げても半ば「いたちごっこ」となっているのが実情である。その一方で、高すぎる供託金のため、日本では有権者に対して開かれた政治が行われないのではないかという批判もあり、さらに高額な供託金は日本国

憲法第44条にある、「両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によって差別してはならない。」に明らかに反しており、被選挙

権が資産の多寡によって制限を受ける事実上の制限選挙になっているとの指摘もあるため憲法違反であるとする解釈がある。このため、アメリカ合衆国やフランスなどのように「住民による署名を一定数集める」など

の代替案が提案されている。また、イギリスでは供託金が低く日本よりも簡単に立候補できるため売名候補は多いものの、それにより目立った弊害が起きているとは認識されていない。

また没収された供託金は、国政選挙の場合は国庫に、地方選挙の場合はそれぞれの地方自治体に帰属することになっている。

日本の2000年以降の衆議院議員総選挙では供託金没収点未満の重複立候補者は復活当選が認められない。

2008年6月18日、『産經新聞』によれば、自由民主党は供託金没収点の緩和や、金額の引き下げの検討に着手した[2]。『産經』によれば、供託金没収される候補が多く、資金難を理由に擁立を絞り込む日本共産党

に候補を立てさせ、野党分断を図る狙いがあるという。11月21日、自民党選挙制度調査会(村田吉隆会長)は、国政選挙の供託金を選挙区200万、比例区400と従来の2/3に引き下げ、衆議院小選挙区の供託金没

収点を総得票の1/10から1/20に引き下げる公職選挙法改正案の骨子をまとめた。共産党は従来より供託金の引き下げを求めており、志位委員長は「方向性としては前向きだが、今後よく吟味したい」[3]と評価した

。しかし、共産党は候補を増やすことはないとの見解を示している[4]。この他、民主党は「次元の低い問題外の話」(小澤一郎代表)として反対の、社民党は賛成の意向を示した。その結果、議員立法として(提出者

は村田吉隆ら4名)国政選挙の供託金を2/3に引き下げ、供託金没収点を衆議院小選挙区は有効投票の1/20、参議院選挙区は1/16÷改選数に緩和する公職選挙法改正案を提出した。

2009年7月8日、衆議院政治倫理確立・公選法改正特別委員会で、自民・公明・共産・社民の賛成、民主・国民新の反対の結果可決された。しかし、参議院での可決は難しく、供託金引き下げが実現する可能性は

低いとされている。

海外における供託金 [編集]

日本以外においてはイギリス、カナダ、韓国、シンガポールなどにおいて供託金制度があるが、いずれも日本ほど金額は高くない。また供託金の代わりに手数料を求める国もあるが、いずれも日本の供託金に比べる

と微々たる金額である。供託金没収点もイギリスが投票数の5%であるなど、主要先進国では日本ほどシビアでない場合が多い。
海外における供託金の金額 選挙 金額
イギリス 約9万円
カナダ 約7万円
韓国 約150万円
シンガポール 約79万円
オーストラリア(上院) 約2万5千円
オーストラリア(下院) 約5万円
インド 約2万5千円
マレーシア 約90万円
ニュージーランド 約1万5千円

(※金額はいずれも国政選挙のものである。)

またアメリカ、フランス、ドイツ、イタリアなどには選挙の供託金制度がなく、フランスに至っては約2万円の供託金すら批判の対象となり、1995年に廃止している。


---------------------------------------------------

読者の皆様からの感想コーナー!!!

<掲示板より>
---------------------------------------------------

仙台人でーす 投稿者:ぬまっち 投稿日:2009/07/15(Wed) 19:08 No.131 HomePage

こんにちは!
仙台の人でも,こういう風に活躍している方もいるんだなぁと,しみじみと聴いております.励みになります.
私はイスタンブルに住んでいます.イスタンブルも人種宗教文化ごった煮の街です.私はここで何をやっているかと言うと,何もしてません…とりあえずこんなウェブサイトを作ってみましたが,どんな意味があるのか

,世の中の役に立っているのかわかりませんです.

これからも佐藤さんのつぶやき放送たのしみにしています^^)


Re: 仙台人でーす 佐藤研一朗 - 2009/07/17(Fri) 00:16 No.134

ぬまっちさん>

書き込みありがとうございます。第一仙台人発見といったところでしょうか。仙台発→ロチェスターも少ないけど、仙台発→イスタンブールもあんまりいなそうですね。笑)

ウェブサイトと、ブログ少し拝見させてもらいました。イスタンブールですか、いやー、なんか遊びにいきたくなりました。三十台はもっと旅行が出来たらいいなあと思っています。

昔、ニューヨーク市に住んでいたときは、よくトルコ人とつるんで遊んでました。パーティー好きで、女好きなやつでしたが、いいやつでした。

---------------------------------------------------
お疲れ様です 投稿者:大城 良 投稿日:2009/06/26(Fri) 22:53 No.118

お返事ありがとうございました!!

全部きかせてもらったんですが、

味噌の作り方やお酒などかなりすごいなと関心しました!
セルフレンタル自転車システムもかなり画期的で、はやく日本にも導入してほしいです

あと、大麻、ギャング、街づくりの話で大麻に対しての考え方やアメリカの内情が少しだけですが、見えてきました。

ピークオイルの話の中で、有機物が石油に変わったとことか、二酸化炭素が今の10倍もあって恐竜はよく生存できたなと・・・・

なんせすべての話がいいと思いますよ!!

写真展どんな具合ですか??

マイケル・ジャクソン亡くなったのはかなりざんねんですね↓


Re: お疲れ様です 佐藤研一朗 - 2009/06/28(Sun) 22:31 No.120

大城さん

>全部きかせてもらったんですが。。

いやいや、ありがとうございます。こんな一本の時間が長い番組を誰が聴いているんだって、思っていましたので、聴いてもらえてうれしいばかりです。

Re: お疲れ様です 大城 良 - 2009/07/14(Tue) 16:12 No.130

おかえりなさい!

聞かせてもらいました。白人>黒人>アジア人とは考えたことなかったです。。。人類みな兄弟とか言ってても実際そういうものがあるんですね。。。。


でもアジアの中でも僕は日本が一番やと最近まで思っていたんで同じことなのかもしれないです。

来週も楽しみにしてますね!!!


Re: お疲れ様です 佐藤研一朗 - 2009/07/17(Fri) 00:08 No.133

>おかえりなさい!
どうもどうも、友達がいればどこいっても楽しいなあと、思った週末でした。

>でもアジアの中でも僕は日本が一番やと最近まで思ってい
>で同じことなのかもしれないです。

そうそう、これですよ。まあ、どこにいっても、みんな普通に持っているものです。それが帝国になると露骨になるというだけですね。

---------------------------------------------------
市長候補の東西線の考え方 投稿者:やっちゃん 投稿日:2009/07/12(Sun) 19:41 No.128

ウエブサイト・メディア・討論会などから
纏めてみました。

東西線に関する考え方のまとめ

岩崎恵美子氏(65) 不明 おそらく推進と思われる。
佐藤崇弘氏(29)  推進 沿線の開発・女性専用車両・高齢者専用車両・             子供専用車両設置
渡辺博氏(59)   財政負担の検証
奥山恵美子氏(58) 推進 沿線の開発
椿原慎一氏(47)  不明 おそらく推進と思われる。
柳橋邦彦氏(68)  推進 沿線の開発


Re: 市長候補の東西線の考... 佐藤研一朗 - 2009/07/13(Mon) 08:51 No.129

やっちゃんさん

候補者の東西線への考え方が一目でわかりますね。どうも渡辺氏以外は、東西線の話に触れたくないというような感じですね。ありがとうございました。仙台のリスナーのかたから書き込みうれしいです。

---------------------------------------------------

「アメリカは人種差別を克... 投稿者:イサヤック 投稿日:2009/06/30(Tue) 23:44 No.122

「アメリカは人種差別を克服できるだろうか」興味深く拝聴しました。
建前では、人種差別はいけないということになっていても、実際には黒人や有色人種を下に見ている白人は少なくないんだと、ラジオを聴きながら、漠然と思いました。

良くも悪くも、生き方、気持ちの持ち方や境遇を人種のせいにしない、という考え方はその通りだと思いました。

しかし、社会構造的、また経済的状況には、歴然として白人優位になっていることも事実だと思うので、個人的な人生に対するモチベーションの問題と、社会構造の問題は、分けて考えないと、社会的差別構造と

経済格差の問題は、解消されることがないと思います。

個人的にがんばって(社会的、経済的に)成功した黒人は、オバマのように存在するのだから、差別構造や差別意識は問題ではないということにはならないはずですから。

また、放送楽しみにしています。

(私は関東在住の50代男性です)


Re: 「アメリカは人種差別... 佐藤研一朗 - 2009/07/01(Wed) 11:01 No.124

イサヤックさん

感想ありがとうございます。
そうなんです。アメリカにはもう、公然な差別は存在しないんでね。当たり前だけど、違うトイレを使ったり、違うバスに席に座らなければいけなかったりということは、ありません。でも、差別意識というのは、残ってい

るわけです。これを消すのには、ずっと時間がかかるでしょう。

自分自身は、アメリカの差別よりも、格差のほうが問題だと思っています。郊外の中流階層以上にに生まれるのと、市内(英語ではインナーシティーといいます)の下層階層に生まれるのでは、教育、親の収入、治

安といった生まれ育つ環境が全く異なるわけです。この問題は肌の色が黒か白かといった問題よりも大きいと思います。

オバマは、もちろん本人が優秀な人だったということもあるでしょうが、自分は、白人のおばあちゃんに育てられたというところが大きいと思います。つまり彼は白人社会で育ったわけです。もし彼が市内の貧しい家

庭に生まれ育ったら、とても個々まで出世は出来なかっただろうと思います。

そういう意味ではオバマは、本とのアメリカの黒人じゃないと、非難されたこともありましたね。まあ、それでも彼の見た目が黒人ということで、やっぱり黒人のひとは喜んでいたのだろうと思います。これで肌の色の

差別意識は薄くなるかもしれないと。

しかし郊外ー市内の格差がなくなる見通しはまだまだ立たない感じがします。アメリカがこの金融危機で、帝国の座から滑り落ち、みんな貧乏になって、大草原の小さな家まで、戻る必要が出てくると思います。そ

うなれば、アメリカはいい国になるでしょうね。答えが出るまで、あと10年くらいはかかるでしょうね。


もっとアメリカ事情を聞か... 投稿者:イサヤック 投稿日:2009/06/21(Sun) 21:14 No.115

このサイトを発見した日は、バックナンバーを夢中で聞きまくりました。特に、アメリカの実際の生活状況、経済状況には、興味深深です。日本では、アメリカ人の実際の生活やネガティブな部分は、ほとんど報道さ

れませんから。

(収入になる)仕事の方が忙しくなって何よりですが、もう少し更新を頻繁にしていただくと、楽しみが増えます。

これからも期待してますので(特にアメリカの経済状況や一般の人の生活の変化など)、がんばってください!

応援しています!!!


Re: もっとアメリカ事情を... 佐藤研一朗 - 2009/06/22(Mon) 11:41 No.116

イサヤックさん
バックナンバーまで聞いていただいて、うれしい限りです。

確かに、アメリカは日本にとって一番影響力をもっている国なのに(そんな国だからかもしれませんが、)その国の内部のことは日本に伝わらないようになっているのですね。とくにネガティブな部分は。

私がアメリカに来たのもやはりこの帝国の中身を見てみたいと言う気持ちがあったからかもしれません。いまはもう大体わかったかなあという感じがします。まあ南のほうに言ったことがないので、テキサスの感じと

かが、あんまり実感できませんけどね。感想ありがとうございました。

みなさん、どんどん感想書き込んでくださいね。感想の前に、仙台で会社員やっていますとか、東京で主婦やってますとか、30台のOLですとか、簡単な自己紹介をつけていただけるとリスナー層がわかってうれし

いです。よろしく。


---------------------------------------------------
応援してます 投稿者:JUN 投稿日:2008/12/19(Fri) 09:10 No.100 HomePage

平和でみんなが豊かな真に自由な世界を心から望むひとりとして、佐藤さんのご活躍心より応援しております!今世界はおっしゃるとおり、大転換の真っ只中でいろいろなことが起きています。20世紀の古い価値

観の上に成り立っていた世界がもう限界になり崩れだしました。いまのようなシステムを維持しようとする勢力はあの手この手で、最後の悪あがきをしているようですが、もう転換は止められないでしょう。このまま彼ら

がわれわれ地球市民にたいする搾取的な支配の仕方をやめなければ地球上に今以上の悲惨なできごとをまねくのは言うまでもないことだとおもいます・・。いま、本当に必要なこと、それは私たちひとりひとりが真実

に気づいてマスコミの嘘による洗脳から自由になり、本当の幸せな世界についてひとりひとりが真剣に考えることだと思います。こんな状況で日本では自殺や鬱病が増え続けています。最近では大麻に対する嘘の

報道で私もがまんできず声をあげました。これから持続可能な世界にとって大麻はなくてはならないものなのに、一部の石油業界、製薬会社、タバコ産業やなど既存企業の利権のため、大うそをついて魔女狩りてき

なプロパガンダを日本政府はやっていることはご存知かとおもいます。佐藤さんのような外からの眼で真実を伝えることが、今の日本人の眼をさまさせるきっかけになればと思います。大変かとはおもいますがこれか

らも真実と夢を伝えてください!心よりいのります!


Re: 応援してます 佐藤研一朗 - 2008/12/19(Fri) 14:30 No.101

力強い、励ましどうもありがとうございました。これほど世の中が速い勢いで変わっていくのを私は今まで見たことがありません。理屈では、そうなることがわかっていても、今のアメリカを中心にした世界が崩壊して

いくさまをみて、驚いてしまいます。

大麻の問題は、必ずブローバックとして、しっぺ返しとして、日本人を馬鹿にしてコントロールしようとしているマスコミや、官僚たちをくわえるでしょう。困った人たちで、速くいなくなって欲しいと思います。まあ、もう

すぐ日本でも大きく時代が変わるでしょう。次の時代がいい時代になるように、できるだけのことはしていきたいですね。
---------------------------------------------------

<読者からのメールから>
---------------------------------------------------


今日は。
研一朗さんにメール届くでしょうか?

アガッペです。ラジオ、楽しく聴いています^^

私は人種差別は、教育が多くの人々に行き届き
哲学の分野まで教えるようにならないとなくならないと思います。

何故なら、差別は恨みつらみだけから発生するのではなく
自分の価値を少しでも上げたいが為に 他の人(極端に言えば誰でもいい)を下に見る 
といった人の心の動き(弱さ)もあると思うからです。

研一朗さんのyoutubeを見て影響され、the blue hearts のCDを買って来て聴いています^^
「弱い者達が 夕暮れ 更に弱い者を叩く」
というフレーズ・・・ コクンコクンと頷けました。

人の弱さ 醜さ 全てを知った上で、それでも この人間の社会を
「何とかしよう 希望の持てる社会にしよう 良い所もあるさ」
って思っている方に政治をしていただきたいと思う今日この頃です。

貧困の民に補助金を配る政策は、貧困から救う事になるのか???いやならない。
というお話も コクンコクンと頷けました。
人種というより、人ってそうなんだと思いました。

大阪市でもそうなんですよ。
同和人権関連に税金ガッポガッポつぎ込んで
生活保護は手厚くて、各地から失業者がカマガサキに集まってくるそうです。

大型スーパーのレジでパートで働いている友人が居ます。
その友人が言うには、
母子家庭で生活保護を受けている母親は、あまり出勤せず、
「どうせ働いた分、もらえるお金から減らされるから、あんまり働かんでいいねん。」
と言っているそうです。
(月20数万円の生活保護から、働いて稼いだ分を引かれて、補助金が支給されるそうです。
母親が働くという意思表示も必要ですし、月20数万円を超える高給とりだと生活保護がうけられないそうです。)
そんな人達を職場で見て、真面目に働く事が馬鹿らしくなると言っていました。

本当に困っている時に、助けてもらえる制度って有り難く、大切だと思います。
でも、真面目に働く人の気力がなくなる制度って・・だめな制度なんじゃないかな???
と思います。

先日の読売新聞の一面に、大阪市「15年度にも破産」という記事が載りました。

仙台市も大変な事になっているようで・・・。

政治家さん達、今まで何をしていたのでしょうか・・・・。
私利私欲を肥やしていただけなのでしょうか。
それとも本人の意志に反して、大きな圧力がかかったのでしょうか?
圧力ならば「うわぁ、こんなに脅されましたぁ。もう私では駄目です!どなたか助けてください。こんなに酷い状況です。」
と、民に告白して欲しかったななんて思う・・私は単純でしょうか・・・?・・。
飴と鞭で上手に操られていたとか?・・・
うーん・・ それにしても、よくもここまで放っておけたものだと思います。

「政治と宗教は話題にしては駄目」ということを、何度か耳にした事があります。
仲良しご近所付き合いとか、お母さん同士の仲良し関係にヒビが入るからだそうです。
でも、そんな風潮を広めてしまったが為に、ガタガタな世の中になったんじゃないでしょうか・・・。
意見が違うとお付き合いをやめる とかじゃなくて、
議論を恐れず(意見を言う事すらタブーではなく)、もっともっと一人一人が関心を持って生活して
意見違って当たり前、だからもっと住み良い世の中にするために
智恵を出し合いましょうね
と明るく言える社会になって欲しいなと思いました。

お話したい事は沢山ありますが
私、文章書くの苦手なんです。こんなに書いたの久しぶりです^^
ブログに記入なんて 初心者^^

ラジオこれからも、楽しみに聴かせてもらいますね^^
どうぞお体にお気をつけて、頑張って下さいね。

ではまた・・・

追伸:人種差別の後半、男女関係でモテるモテないのお話しの時、
    ブツブツとつぶやいている様で可愛らしく・・・「あははは」と笑えました^^
   
                                     アガッペ

アガッペさん

メールありがとうございました。

私、政治のことを話すのが大好きなのですね。こちらにきて、日本よりは政治のことを話しても、OKという感じがないわけではないのですが(赤の他人やビジネスの相手とはやらないほうがいいですよ、もちろん。)、

日本にいるときはほんとに、よく政治の話をして人々に嫌がられたなあと思います。

日本人の場合。政治家とか政治に対する信頼というのが0で、一般の人にしてみれば、そういうことを話す人間はくずだと思われているんではないでしょうかね。ようするに、なんか悪いことをしようとしているみたいな

。まあ、政治(国家)の根本は強制力(暴力)ですから、それは正しいんですが、だからこそ議論をしなくてはいけないわけです。

まあ、だからこうやって政治やら社会のことについて、ラジオでこうやって一人でぼそぼそと話しているのは、そういう反動があるのかもしれません。俺になにか話させろとね。まあ、こうして世界中で自分のぼやきを聴

いてくれる人がいるのですから、ありがたいなあと、思います。

アガッペさんの生活保護の話や、政治についての考えにすごく同感します。
またよかったら感想送ってください。
もし、よければ、感想をページのほうにあげたいのですが、よろしいでしょうかね?

あと、文章、とても上手だと思いますよ。


佐藤研一朗 様


アガッペです。
こちらこそ、お返事有り難うございました^^

私も政治のお話に興味あります。
特にお金のお話を研一朗さんのHPで知ってから、今起こっている事に対する見方も変
わったと思います。
中国がアメリカ国債を手放し始めた話や
イタリアからスイスへ13兆円分のアメリカ国債を持ち込もうとして捕まった日本人
の話
ドルの刷られ方を知らなかったら、単に「不景気だから?」
と表面的にしか見れなかったと思います。
今では、、13兆円のお話は色んな憶測が飛び交っていますが、
「普通・・手放したいよなぁ~・・・ぁぁ・・ちょっとでも価値あるうちに・・手放
したいよなぁ~。
大っぴらにすると、一般人まで不安になってドル大暴落でパニックになっちゃうのか
なぁ・・。
国民に知られてはいけないお金なのかなぁ・・。こっそり・・手放したいんだろう
なぁ・・・・。」
なんていう 見方になっています。

っていうお話だけではなく、
実は研一朗さんってモテモテでなんでしょ~~~?とか
好きな女性のタイプは?とか
ラジオの最後にチラリと聞こえた女性の声は・・・彼女???奥さん??
って・・メールでなら色んなお話出来て良いかなぁって思ったので・・・(笑)
うぁぁ おばさんっぽいでしょ私。

これからも、研一朗さんが興味を持った色んな事を分析し、
色んな視点からお話して下さいね。
日本の政治も大変な事になっています。
「そんな政治の心配や未来の話よりも、明日の食費の心配!!」
と、友人とお話したくても言われちゃいます。
明日の食費もとっても心配なんですが、
確実に生活に影響を及ぼしている政治にも関心があります。
議員さんは勿論の事、議員でない方も、
国民一人一人が、「国のありかた」についての根幹部分を
今一度真剣に考えなければいけない時だと思います。


ラジオ本当に楽しみにしております^^

では、また^^    
ね、思いついたまま書いちゃうでしょ。。。文脈ばらばらですみません。

アガッペ
あがっぺさん

佐藤研一朗です。どうも。

政治は自分達の生活のことであるということを理解すれば、もう少し多くの人が政治に理解をしめすんだろうなあと思います。今までの日本人が政治に関心を持たないのは、アメリカに多くのことを決めてもらっていた

からではないかと思います。要するに、中学校とか、高校の生徒会のようなもので、形は選挙できまってみんなの代表だけど、なんの権限もなかったりする。先生と保護者、それから文部省の言うととおりにやらなくて

はいけない。生徒はそれを知っているから、誰も生徒会に興味がない。そんなところでしょうかね。

> 実は研一朗さんってモテモテでなんでしょ~~~?とか
そうですねえ~。昔はもてなかったなあ(しみじみ)。いまは、どうでしょうねえ。少しはましかもしれませんね。まあアメリカにきてからは、非常に苦労しましたよ。遊び盛りの二十代の後半をアメリカで過ごしたことに少

し後悔はあるようなないような。。。笑)

>> ラジオの最後にチラリと聞こえた女性の声は・・・彼女???奥さん??
ははは、あれに気づいたひとがいるとは。笑)あれは彼女です。

> 大っぴらにすると、一般人まで不安になってドル大暴落でパニックになっちゃうのか
中国が米国債を売るときが、ドルとアメリカ帝国の終わりでしょう。まあ、日本はアメリカよりはましな状態にはなるだろうと思います。逆に言うと中国が売ったときに一緒に売ってしまえばいい。どうせ日本が先頭を切

ってやることなど出来ないのだから。そして、金とか銀とか、商品に外貨準備を変えてしまえばいい。これで日本は安泰だ。

佐藤研一朗 様
アガッペです。
今日は。お返事有り難うございます。
ラジオで取り上げられる問題ごとに意見を出し合えたら、面白いですね。
今、「郵政民営化法案を考える」というページを読ませてもらっていました。
私読むのがゆっくりなので、いっぺんには読めなくて、少しずつ以前のページを読ませて頂いております。

やっぱり、彼女かぁ・・・ ふんっ!
と思ってしまった私は・・なんて心の小さな人間でしょうか・・・。
お若いんですものね、彼女の一人や二人や三人や四人・・・・。

私には二人子供がいます(男の子)。
長男は今 中学三年生です。
小学生の頃は生徒会活動にも力を入れて張り切っていたんですが、
中学に入ってからは、全く生徒会に興味を示さず、
「何で?」と訊くと、
「結局は先生達の管理下で、権限なんか全然ないから。」
と言っていました。
「頑張って、変えていきよ!」
と言っても、しらっとされてしまいました。
研一朗さんからのメールを読んで、この息子とのやりとりを思い出しました。
全くその通りです。権限なくて興味を失って参加しなくなっているのです。
「諦め」に・・似ているのでしょうか。

二十代後半、親元を離れて苦労なさって・・・得るものは多かったと思いますよ。
人格の形成に「孤独」は必須というじゃありませんか^^
私はぼんやり生きてきて、最近です・・政治や経済に興味を持ち始めたのは・・。

それと、HP読んでいて、「リバタリアン」って何??っと思いました。
知らない事多過ぎてお恥ずかしいです。
検索して 調べています^^
研一朗さんが尊敬していらっしゃると書いていた
「副島隆彦の学問道場」というのをチラリと覗いてみましたが、
ビックリ!「小室直樹文献目録」というものを見つけました。
小室さんの著書を数年前に何冊か読んで以来、私は彼の大ファンなんです。

でも・・小室さんと副島さんでは・・何かが違うような印象を感じました。
まだ ちらりとしか見ていないので何とも解りませんが・・。
何か違うような???・・・

では、お忙しいでしょうから返事は無理なさらないで下さいね。
掲示板の方にも、書き込みさせて頂きますね。
「自民党」「民主党」疑問・つぶやきたい事・・あります。 勉強させて下さいね。

今夜は地域の夏祭りです^^
お手伝い・・今年は「輪投げコーナー」担当。ちびっこと遊んできます^^

では、また・・^^

---------------------------------------------------
では、みなさんまた来週~

About 2009年07月

2009年07月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年06月です。

次のアーカイブは2009年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。