« 2010年12月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月 アーカイブ

2011年02月25日

ロン・ポールに会ってきた

ワシントンで行われたCPAC(保守政治運動集会)で、ロン・ポールに会ってきた話
 ・ おひさしぶり
 ・ 登録リスナー10247人 542位
 ・ CPAC
 ・ ロン・ポール本出版されますよ
 ・ ロン・ポールの支持者の若者たち
 ・ チェイニーに戦争犯罪人と叫ぶ若者たち
 ・ CPAC大統領選挙・模擬選挙でロン・ポールが二年連続勝利
 ・ 共和党を乗っ取りつつあるロン・ポールリバータリアン
 ・ ロン・ポールとの出会い
 ・ 一人ひとりがリーダーだ



音声が早送りになる場合は、Firefoxをお使いください。
iTunesを使えば、自動的に最新の番組をダウンロードできます。

このバナーをiTunesにドラッグ&ドロップすると番組を登録できます。


感想お待ちしています。
メールはinfo(ここにあっとまーくが入ります)im-sendai.jpへ
掲示板にも書き込みが出来ます。

こんな街に住みたいシリーズのラジオはこちらから
佐藤研一朗がアメリカ ロチェスターで進めているアートの企画
世界一大きい写真展の公式ウエブサイトはこちらから

参考資料

米議員「在日米軍は撤収すべき」 財政赤字で

 デニス・クシニッチ下院議員(共同)

 【ワシントン共同】米下院のロン・ポール議員(共和党)とデニス・クシニッチ議員(民主党)は15日までにそれぞれ共同通信との単独会見に応じ、日本駐留を含む米軍の前方展開戦略が「財政上の問題になっている」(ポール氏)と述べ、米財政赤字が最悪規模に膨らむ中、在日米軍は撤収すべきだとの考えを示した。

 孤立主義外交を唱えるポール氏は保守層に人気があり、クシニッチ氏は民主党内で最もリベラル派の一人として支持を集める。いずれも過去に大統領選に挑戦した経験を持つベテラン議員で、在日米軍を維持する「余裕はない」(クシニッチ氏)と共通認識を訴えた。

 米軍は、8日発表した指針「国家軍事戦略」で「北東アジアの戦力を今後数十年間堅持する」と明記。米議会内にも台頭する中国や核問題を抱える北朝鮮を念頭に、在日米軍の重要性を説く声が依然としてある。

 しかし、ポール氏は「日本がすべての責任を自ら負う時だ」とし、平和と安全を確保する上で米軍依存をやめるべきだと主張。在日米軍は抑止力だとする議論は軍事的プレゼンスを維持するための「口実だ」と一蹴した。

 クシニッチ氏も「米国に世界の警察を務める金はない」と強調。在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ上で「移転して軍事優先政策から脱却すべきだ」と述べた。
2011/02/15 18:19 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011021501000615.html

About 2011年02月

2011年02月にブログ「仙台インターネットマガジン 仙台の地元情報から、アート、音楽、文学、スポーツ、エッセイ、旅、政治まで」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。