仙台インターネットマガジン

2006年11月09日

2006年09月14日

縁なき衆生は度し難し(2) 2006.9.X 初出

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ◆アイフル被害対策全国会議◆ → http://www.i-less.net/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 14:56 | トラックバック

縁なき衆生は度し難し(1) 2006.9.X 初出

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ◆アイフル被害対策全国会議◆ → http://www.i-less.net/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 13:31 | トラックバック

2006年04月01日

仏の顔も三度まで(2) 2006.4.X 初出

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ◆アイフル被害対策全国会議◆ → http://www.i-less.net/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

仏の顔も三度まで(1) 2006.4.X 初出

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    ◆アイフル被害対策全国会議◆ → http://www.i-less.net/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
続きを読む

blank_space
投稿者 ohba : 00:00 | トラックバック

2004年04月01日

卵のなかみ200回記念エッセイ 2004.4.1 初出

卵のなかみ、も早いもので200回を超えました。 どういうわけか 広い宇宙の数ある一つ 蒼い地球の広い世界で ひょんな事から、卵のなかみ、を始める事に なったわけですが、本当にこのエッセイを 書き始めて
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2004年03月01日

プロ野球と日本のプロ野球(8)あ、騙された! 2004.3.X 初出

と、ツラツラと8回に渡って ずいぶんと長いエッセイを書いてきたわけですが 自主トレ、も、俺流、も、勉強、も 死語になるかもしれません、という話なのです。 要は、集団主義による結果の平等社会から 個人主
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

プロ野球と日本のプロ野球(7)勉強 2003.3.X 初出

勉強、という言葉にも、自主トレ、に似て 勉めて強いる偉い行為、という ニュアンスがあります。 これはもしかしたら儒教圏の特徴なのかもしれません。 でも僕は最近、社会のアングロサクソン化によって 勉強、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

プロ野球と日本のプロ野球(6)俺流 2004.3.X 初出

今シーズンから、中日の監督に 就任した落合博光監督は 現役時代、所謂、自主トレ、ばかりして いるので、俺流、などと呼ばれて 異端視されていました。 三冠王、という結果を残していたから 俺流、も許されて
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

プロ野球と日本のプロ野球(5)日本式 2004.3.X 初出

かつては、日本のスポーツ関係者が 中国へ指導員として招かれたりすると 先生、日本式でやって下さい、などと言われたようです。 日本式、つまり、精神論に基づいて シゴキ、をやって下さい、という意味です。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

プロ野球と日本のプロ野球(4)1985年 2004.3.X 初出

前回は、日本の精神性、と、アメリカの合理性、の 話だったわけですが ただ、かつてアメリカが最も恐れたのは その、日本の精神性、だったというのは 間違いないと思います。 合理的に物事を考える人間にとって
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

プロ野球と日本のプロ野球(3)合理性と精神性 2004.3.X 初出

と、日米ともに、野球、若しくは、ベースボール、の 開幕シーズンを間近に控え、各選手の 周辺も慌しくなってまいりました、という話題から 例によってややこしい話を展開してしまったわけで ありますが、日米と
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

プロ野球と日本のプロ野球(2)日本教の危機 2004.3.X 初出

先日、イザヤ・ベンダサン著(一説には山本七平氏)の 日本人とユダヤ人(角川ソフィア文庫)という本を 読んでいて、ふと気がついた事がありました。 この、日本人とユダヤ人、という本は 似ているようで実は正
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

プロ野球と日本のプロ野球(1)シニフィアンとシニフィエの遊離 2004.3.X 初出

日米ともに、野球、若しくは、ベースボールの 開幕シーズンを間近に控え、各選手の周辺も慌ただしく なってまいりました。 メジャーリーグへ挑戦する日本人選手が 増えてから、ニュースキャスターなどが プロ野
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

オリンピック(5)変わる、スポーツの見方 2004.3.X 初出

僕は、シカゴ・ブルズが デトロイト・ピストンズにどうしても 勝てなくて、マイケル・ジョーダンが まだ、神様、になっていなかった頃の NBA、がとても好きでした。 当時、バッド・ボーイズ、と呼ばれていた
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

オリンピック(4)資本主義陣営の勝利 2004.3.X 初出

現在、国際スポーツ大会、を 最も、国威発揚、の舞台としたがっているのは 北朝鮮、ですが、たぶん閉じられた近代国家同士の代表が 国を背負っての代理戦争としてスポーツで争う時 最もそのイベントが盛り上がる
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

オリンピック(3)冷戦の終了 2004.3.X 初出

少々話が逸れてしまいましたが スポーツにおいて最高のパフォーマンスを 出すための方法は 日の丸を背負う、という手段だけではないのですよ、という 話なのです。 いや、日の丸を背負った方が力が出る、という
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

オリンピック(2)精霊の王 2004.3.X 初出

いつの頃からか、国際大会に出場する選手達は 楽しんできます、とインタビューで 答えるようになりました。 国費で楽しんできますとは何事か これだから今の若い人達は、と 年配の方の中には怒りを覚える方も
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

オリンピック(1)ナショナリズム 2004.3.1 初出

アテネオリンピックの開催国ギリシャでは 全くオリンピックが盛り上がっていないらしい、との 事です。 ギリシャはオリンピック発祥の地でもあるはずなのに どうしたことか、と思ってしまいますが アテネオリン
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2004年02月01日

ヤバいの逆転(6)宇宙人の時代 2004.2.X 初出

以上見てきたような社会構造の変化で どんどん日本人の一体感が 壊れていってしまった時、最終的に 日本人の社会的連帯感を保証するものは何か、と言えば これは、神社、ではないかと僕は考えていますが それは
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ヤバいの逆転(5)素敵な男性は合コン来ないよね 2004.2.X 初出

とにかく戦後日本システムの下では自明だった事が あらゆる分野で、物凄いスピードで 変化を迫られているので 僕はこれからの日本社会では 恋愛の定型も変化していき その可能性も狭まっていくのではないかと思
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ヤバいの逆転(4)脳天気だ 2004.2.X 初出

これから日本社会でのコミュニケーションは どんどん難しくなっていくと思います。 僕は子供の頃、イギリス人は世間話で 天気の話しかしないそうだ、なんていう話を聞いて ずいぶんイギリス人は寂しい人達だな、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ヤバいの逆転(3)一身独立して一国独立す 2004.2.X 初出

社会的連帯感はもちろん大切ですが 尊重すべき独立した人格をもった一人一人が 連帯感をつくりあげていくべきであって まず連帯ありきでは、全体主義国家、になってしまいます。 実際戦後の日本社会は、唯一成功
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ヤバいの逆転(2)ミュータント 2004.2.X 初出

前回見てきたような、自分を通そうとすると 精神的にも経済的にも著しく不利益を被るような 社会システムにあっては、普通であること、が 最良の、サバイバル術、処世術、となります。 そうなると、ちょっとした
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ヤバいの逆転(1)泳げたいやき君 2004.2.X 初出

今までの日本社会では、みんな一緒だよね、という 世間様の強制力が非常に強かったので 他者性、を獲得するのがとても困難でした。 他者性、というのは、要するに 私とあなたはお互い尊重すべき人格を 持った存
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

高等教育ネットワーク・仙台(4)偏差値3万光年説 2004.2.X 初出

バーチャル政党卵党の総裁である僕も 永田町の騒ぎが波及して、学歴詐称疑惑が 持ち上がってはまずいな、と思い立ち 先日、高校時代の通知表を取り出してみたのでありますが これがまた30点以下の、いわゆる、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

高等教育ネットワーク・仙台(3)建学の精神 2004.2.X 初出

~大卒だ、という健全な、ホコリ、は あってもよいと僕は思うのですが たいていの場合、それは、~大卒だ、という 醜悪な、オゴリ、になりがちです。 筒井康隆さんの、文学部唯野教授(岩波書店)という 本を読
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

高等教育ネットワーク・仙台(2)モグリ 2004.2.X 初出

東京都の都立大学改革の話題を 最近よく耳にしますが 他大学との単位交換制度やら 教授の定年制廃止やら 学長に西澤潤一氏を迎えるやらと 大変思い切った方針を打ち出しているようであります。 そういった都の
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

高等教育ネットワーク・仙台(1)ボイコット 2004.2.X 初出

先日僕は、50歳を越えて尚、放送大学へ 通っているという向学心旺盛な知人から 高等教育ネットワーク・仙台、なるものを ご紹介頂いたのでありました。 高等教育ネットワーク・仙台 ふむふむ、と、頂いたパン
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

痴情のもつれ(2)ドップラー効果 2004.2.X 初出

「僕は、君のこれからの事も考えて そろそろ二人の関係を見直す時が 来たんじゃないかと思うんだ」 「何それ? 」 「いやだから、君のこれからの事も考えてさ そろそろ二人の関係を……」 「何、何、何言って
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

痴情のもつれ(1)動物的法則 2004.2.X 初出

「僕は、君のこれからの事も考えて そろそろ二人の関係を見直す時が 来たんじゃないかと思うんだ」 「何それ? 」 「いやだから、君のこれからの事も考えてさ そろそろ二人の関係を……」 「何、何、何言って
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

メルマガ創刊記念 百日裁判(8)窮鼠猫を噛む 2004.2.X 初出

今回の衆議院選挙宮城一区二区で 当選した今野東議員と同二区の 鎌田さゆり議員(ともに民主)の 選挙違反事件では NTT労組の2被告人と電気連合幹部の 1被告人が逮捕されて起訴されてしまったようです。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

メルマガ創刊記念 百日裁判(7)水彩画 2004.2.X 初出

ルイ・ヴィトンの紙袋に裁判資料を入れた 弁護士さんを囲んでいる 大手メディアの記者さん達の輪に ユニクロのリュックを背負って紛れ込んで 聞き耳を立てていても どうにもならないな、と思った僕は 裁判所内
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

メルマガ創刊記念 百日裁判(6)ルイ・ヴィトン 2004.2.X 初出

何だか話が逸れてばかりでありますが 僕は宮城一区二区の選挙違反事件の 初公判を見るために仙台高等裁判所へ 来たのですが、傍聴券が取れなかったので 裁判所内のロビーをウロチョロしていたの ですよ、という
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

メルマガ創刊記念 百日裁判(5)オレオレ詐欺 2004.2.X 初出

と、僕は、仙台高等裁判所の記者室に 出たり入ったりしている大手メディアの 記者さん達を観察しながら ツラツラと毎度世界をお騒がせしております 日本のマスコミの現状について考察してきた のでありますが
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

メルマガ創刊記念 百日裁判(4)流行語大賞選考室 2004.2.X 初出

というわけで百日裁判は 見れなかったのですよ、という話なのです。 でもせっかく仙台高等裁判所まで 来たのだから、という事で 僕はしばらく裁判所内のロビーを ウロチョロとしてみたのでした。 今回の百日裁
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

メルマガ創刊記念 百日裁判(3)傍聴券 2004.2.X 初出

喫煙所の一服でエグゼクティブ弁護士に 勝って自信を得た僕は 胸を張ってトコトコと 選挙違反事件の初公判が 開かれる法廷へと向かいました。 法廷内への入口には 裁判所さんのスタッフさんがいて 中に入る人
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

メルマガ創刊記念 百日裁判(2)弁護士に勝つ、再び 2004.2.X 初出

申し送れましたが、どうして僕が 再び仙台高等裁判所に来ることになったのかと 言いますと、衆議院宮城一区二区の 選挙違反事件の初公判が行われる事に なったからなのであります。 巷では、百日裁判、と呼ばれ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

メルマガ創刊記念 百日裁判(1)美人と一緒 2004.2.1 初出

というわけで僕は再び仙台高等裁判所へ 来ることになってしまったのでした。 仙台高等裁判所、のエッセイにも書きましたが 裁判所、という所は、たいてい、いかめしい造り、を しているので、人を寄せ付けない雰
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2004年01月10日

我が国とこの国(6) 霞ヶ関支配の終焉 2004.1.X 初出

霞ヶ関の官庁は、皇居を取り囲む形で 配置されていると言われます。 もっと具体的に言えば 明治以来、長らくそれぞれの官庁への 予算配分権を握っていた 大蔵省、という名前は 日本書紀において、天皇陛下が
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

我が国とこの国(5)リバイアサン 2004.1.X 初出

近代国家、というのは 人間の作為によるものなのですが 日本は島国で、かつ有史以来 ほとんど外国の占領を受けた事が なかったので、その辺の感覚が中々掴めなかったり します。 1945年のアメリカ合衆国に
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

我が国とこの国(4)アンガージュマン 2004.1.X 初出

梅棹忠夫という学者が半世紀近く前に書いた 文明の生態史観(中公クラシックス) という本の中で、日本の知識人とフランスの知識人は 為政者の側に立ってものを考える傾向がある、と 指摘されています。ドイツな
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

我が国とこの国(3)日蓮聖人と超国家主義者 2004.1.X 初出

偏狭なナショナリズム、と言えば すぐに戦前の超国家主義、ファシズムの時代が 思い浮かびます。 当時の石原莞爾(1889~1949) 北一輝(1883~1937)井上日召(1886~1967) 大川周明
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

我が国とこの国(2)右脳と左脳 2004.1.X 初出

人間は、論理的な説得だけで動くかと言ったら そうではありません。 感情・エモーションを刺激してくれる部分が 欲しいわけです。 論理・計算を司る左脳と 感情・直感を司る右脳を持つ存在として 当然のことだ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

我が国とこの国(1)エスノセントリック 2004.1.10 初出

謹んで新年のお喜びを申し上げます。 本年も、卵のなかみ、をよろしくお願い致します。 2004年、平成16年の最初のエッセイは 我が国とこの国、と題する事にしてみました。 日本では多くの人が、日本社会の
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2003年12月01日

ラーメン国技場 仙台場所 2003.12.X 初出

暗い話題ばかりが続いた2003年でしたが 年の瀬は、ラーメン国技場仙台場所で おいしいラーメンを食べてきたのですよ、という話題で 閉めたいと思います。 国分町虎横通りからトコトコと 西公園へ向かって歩
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

戦後日本システム崩壊の前兆(3)サカキバラ事件=神の死亡 2003.12.X 初出

サカキバラ事件。これはもう、神の死亡、だと思います。 サカキバラ事件を、これがニーチェだ、と評していた 思想家がいましたが、それは、神の死亡、という意味かと思ってしまいます。 そしてサカキバラ事件が、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

戦後日本システム崩壊の前兆(2)ヒ素入りカレー事件=共同体の崩壊 2003.12.X 初出

訳の分からない事件、の流れが始まった90年代後半の 象徴的事件として僕が記憶している二点目は ヒ素入りカレー事件、です。 これは夏祭りで出されたカレーライスに ヒ素が混入されていた、という事件でしたが
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

戦後日本システム崩壊の前兆(1)地下鉄サリン事件=霞ヶ関支配の終焉 2003.12.X 初出

90年代後半から、一年に一度は 訳の分からない事件、のニュースを聞くようになり 98~2002年にかけては、 それが、三ヶ月に一度、になり 2003年になってみたら、一ヶ月に一度 いや、一週間に一度、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(8) 2003.12.X 初出

こうして書いてきてみると 20世紀後半の大量生産・大量消費型の 経済状況において日本社会がとった 社会が敷いたレール、のもと形成された、常識、においてそれこそ大量に死語が発生している事が分かります。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(7) 2003.12.X 初出

・受験戦争、学歴社会 ソニーは学歴を問わない、というニュースが かつて話題になっていましたが 最近のニュースでは、定期昇給や 年功序列型の給与体系なども止めて 完全実力制に移行すると発表されていました
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(6) 2003.12.X 初出

・脱サラ、人並み、普通の日本人 社会の敷いたレール、がある頃は まともな成人はサラリーマンをしているのが 当たり前、という、常識、があったので 自分でリスクを負って商売を始めてみようと する人は、脱サ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(5) 2003.12.X 初出

・戦後最悪 98~2002年頃は、あらゆる分野で 戦後最悪、という言葉を耳にしましたが 最近聞かなくなりました。 どうやら現在起きている変化は 戦後社会の続きではなくて もうその戦後日本システム自体の
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(4) 2003.12.X 初出

・出世コース、春闘賃上げ交渉 これからは終身雇用制度の下での定期昇給とか 係長・課長・部長、といった形で社内で着実に 出世していく、という事が少なくなっていくので 出世コース、も死語になると思います。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(3) 2003.12.X 初出

・チョベリグ、チョベリバ 父権の崩壊によって、成人男性の可処分所得(おこづかい)が、女・子供に取られてしまい、企業のマーケットの対象がOLや女子大生どころか、女子高生にまで低年齢下してしまったために
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(2) 2003.12.X 初出

・ナウい、メガヒット 若い人達は分からないかもしれませんが 僕が子供の頃、ナウい、という言葉が ありました。 これはもう完全に死語だと思いますが ナウい、の背景には結構重要な 社会構造が隠れていると思
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ150回記念・2003年死語辞典(1) 2003.12.1 初出

卵のなかみ、も早いもので150回を迎えました。 どういうわけか広い宇宙の数ある一つ 蒼い地球の広い世界で ひょんな事から、卵のなかみ、を始める事に なったわけですが、本当にこのエッセイを 書き始めてよ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2003年11月01日

土地の持つ力(4)仙台北山 2003.11.X 初出

と、ズラズラと、土地の持つ力、について 考察してきてみたわけですが 僕が今住んでいる仙台の北山という土地は どうなのだろう。 インターネットがどんどん世界のプレイスレス化を 進めて行っても、土地の持つ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

土地の持つ力(3) エルサレム 2003.11.X 初出

世界中で最も、土地の持つ力、がある場所と言えば これは間違いなく、エルサレム、でしょう。 エルサレム、は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、三つの宗教の聖地となっています。 つまり、ユダヤ教の神殿跡、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

土地の持つ力(2) 巣鴨プリズン 2003.11.X 初出

巣鴨プリズン。 終戦直後、日本のA級戦犯を収容されていたとされる 巣鴨プリズン。 巣鴨プリズン、とは、巣鴨拘置所をGHQが接収し 戦犯、の収容所としたものらしいです。 もちろん現在は存在しないようです
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

土地の持つ力(1) 福生 2003.11.X 初出

土地の力。 ある種の土地の力。 これはインターネットがいくら世界のプレイスレス化を 進めていっても残るような気がしてしまいます。 福生。 これは、福生(ふっさ)と読むらしいです。 在日米軍の横田基地が
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

新嘗祭 2003.11.X 初出

今日は、勤労感謝の日、です。 三連休で笑いが止まらない、という方も 多いかと思います。 勤労感謝の日。 戦後、アメリカ合衆国の、labor thanksgiving day、を 参考にして、11月23
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

全てが趣味的になる 2003.11.X 初出

かつて村上龍さんが 日本社会では全てが趣味的になる という趣旨の発言をされていたことがありましたが 僕はその言葉の意味するところがよくつかめませんでした。 読者の問題意識なり知識なりがある程度蓄積され
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

想像力を摩滅させるもの(6)オケツ丸出しの現代社会 2003.11.X 初出

日本社会は前回見てきたような、キリスト教的意味での 倫理観は持っていなかったものの、礼儀作法、という世界に誇れる文化があったような気がします。 たぶん日本人は、長い年月をかけて 自らのうちの、獣性・卑
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

想像力を摩滅させるもの(5)ツァラトゥストラ的世界観 2003.11.X 初出

マリリン・マンソンVSニーチェのエッセイにも 書きましたが、ニーチェという哲学者は 19世紀のキリスト教社会にあって 神の死亡、を宣言し、徹底的にキリスト教と 戦って、最後は発狂した後 10年以上ベッ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

想像力を摩滅させるもの(4)アダルトビデオ 2003.11.X 初出

こうして書いてきてみると 人類の、想像力、を摩滅させるものは 映画やゲーム、テレビやCM、といった 広義の意味での、映像、なのではないかと 思えてきます。 20世紀は、映像の世紀、と呼ばれますが よく
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

想像力を摩滅させるもの(3)TVの映像 2003.11.X 初出

僕が以前仙台駅前のある定食家さんで ニラレバ定食を食べていた時でした。 急にサイレンが鳴り出して 消防車が何台も店の前を走り抜けていったのでありました。 なんだ、なんだ、と外が急に騒がしくなってきたの
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

想像力を摩滅させるもの(2)半可な科学的知識 2003.11.X 初出

脳科学の分野では、人間、特に成人男性が 戦いや争いに勝つと、テストステロン、という ホルモンが脳内に分泌されて 性欲が高まる、という事が明らかにされてきて いるようです。 そういう話を聞くと、人間とい
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

想像力を摩滅させるもの(1)ハリウッド映画 2003.11.X 初出

ハリウッドのアクション映画では 主人公以外はみんな死んでもいいのだ、とばかりに どんどんエキストラが死んでいきます。 僕はその殺されるその他大勢の人達にも それぞれ家族や恋人がいるのではないのか、など
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00

7%理論(4)コミュニケーションの危機 2003.11.X 初出

先日のニュースで 日本シリーズのTV視聴率が 九州と関西で40%超! という 非常に苦しい記事がありました。 九州と関西で、と区切っているところが 非常に苦しいわけです。 ほんのちょっと前までは 九州
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

7%理論(3)マス・マーケティングの危機 2003.11.X 初出

今では日本人の必須となってしまった感すらある パーソナルコンピュータ、PC、いわゆる パソコンも、ほんの5.6年前までは オタク趣味、とされるような雰囲気が 残っていました。 パソコンやデジタル機器は
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

7%理論(2)TVCM  2003.11.X 初出

マス・マーケティングには こういった7%理論以外にも いろんな複雑怪奇なシステムや 金になる話が潜んでいるので テレビ番組のCM枠には とんでもない額のお金が集まることになるわけです。 そうなると、T
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

7%理論(1)黄金の7%理論 2003.11.1 初出

7%理論。 かつて、博○堂、や、電○、といった 広告会社が花形産業で いわゆる、マス・マーケティングが機能していた頃、 どこで聞いたか忘れてしまいましたが 7%理論というものがありました。 7%理論。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2003年10月01日

太陽が燃えている 2003.10.X 初出

日本が屈辱の敗戦から不死鳥のように 起ちあがり、戦後復興から高度成長へと 向かっていた1970年に開催された 日本万国博覧会。 僕はまだ生まれていませんが それはきっと韓国におけるソウルオリンピックや
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

情熱の薔薇(4) 2003.10.X 初出

と、だいぶ話が逸れてしまいましたが 日本人は何故か、みんなと一緒、になりたがるので 戦争も経済戦争も、一度流れが決まると 修正が効かなくなってしまうのだ、という話なのであります。 そしてマイノリティー
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

情熱の薔薇(3) 2003.10.X 初出

僕は以上見てきたような、社会の敷いたレール、に乗らないで、中学・高校とも全く勉強せずに、NBA選手目指してバスケットボールばかりしていたので 社会が敷いたレール、に乗せられて受験勉強ばかりしている同級
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

情熱の薔薇(2) 2003.10.X 初出

僕が紅顔の美少年だった頃 つまり僕が、中学生や高校生だった頃は 悪名高い、管理教育、が全盛でした。 学生服の丈が短いといって停学になったり バイクの免許を取ったのがバレて 退学になったりしている同級生
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

情熱の薔薇(1) 2003.10.X 初出

卵のなかみ、を書いてきて分かったのは かつて、社会が敷いたレール、と呼ばれていたものの正体は、要するに、20世紀後半における、大量生産・大量消費型の経済世界にあって、日本が経済成長を果たすために必要と
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

平成おじさん 2003.10.X 初出

現在の日本社会では信じられない事が 次々と起き始めていて 電話や郵便、道路といった戦後日本の成功を 支えてきた業界が、次々とその歴史的役割を 終えようとしています。 明治からさかのぼれば、これに鉄道も
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

手のひらを太陽に 2003.10.X 初出

ここ、仙台市青葉区北山という場所は 仙台市中心部まで自転車で10分という場所にありながら やたら自然に恵まれた場所で、巨大なカエルさんが出る、という事で有名な場所でもあります。 僕は何度も、その噂の巨
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

皆殺しのメロディー(2) 2003.10.X 初出

もうだいぶ昔の話のように思えてしまいますが アフガニスタンのタリバン政権による バーミヤンの大仏破壊を 多くの日本人は、先進国、の一員として 非難したわけですが 果たして日本人はタリバン政権を非難でき
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

皆殺しのメロディー(1) 2003.10.X 初出

現在の、靖国神社、に代表される 国家神道、というのものは、明治期に行われた 廃仏毀釈(仏教を捨てる)によって 誕生したものであります、という事は 以前にも書きましたが それが現代においても、いわゆる、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ゆりかごから墓場までバカ野郎がついて回る 2003.10.X 初出

少子高齢化社会を打開しようとする アプローチの一つなのだと思いますが 最近、若者よ、もっとセックスしろ! 的 過激な発言をお偉方からよく聞くようになりました。 でもかなり過激な発言です。 若者よ、もっ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(5) 2003.10.X 初出

そもそも小説が進化してきた、というよりも 小説は時代を書いているわけなので、その時代の側が変化しているだけだったりもします。 川端康成のノーベル文学賞受賞は、日本のオリエンタリズムが世界に認められたわ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(4) 2003.10.X 初出

折口信夫翁の国文学の発生からズラズラと 小説とは何か、という事を大きく考えてきました。 このラインで考えてみると、古事記や日本書紀といった、大説、と個人の精神の葛藤をオーバーラップさせた中上健次さんの
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(3) 2003.10.X 初出

日本ではかつて、私小説、という分野の小説が 大変盛んで、文学と言えば、私小説、といった認識が 今も残っていたりしますが、私小説が喜ばれる、というのは日本独自の文化だったようです。 かつての日本の私小説
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(2) 2003.10.X 初出

小説とは何か。 手元の三省堂大辞林によると 坪内逍遥が、小説神髄、で、ノベル、の訳語として 小説、を用いた、とあります。 僕は少しガッテンしました。 国文学の世界において、官を大とし 民を小とする、官
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

小説とは何か(1) 2003.10.X 初出

小説とは何か? と、いきなり大きく出ましたが 僕は小説家を目指していながら こういった基本的な問いを今まで 疎かにしていたのであります。 それで先日、折口信夫という国学者の、古代研究Ⅲ 国文学の発生(
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ポップなお地蔵さん(2) 2003.10.X 初出

某消費者金融のTVCMに出てくる とてもポップなお地蔵さん、お自動さん、とは いったい何者なのだろう、と僕は思うわけであります。 生活苦で地獄に落ちてしまった衆生を お自動さん、は、あまねく平等に救っ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ポップなお地蔵さん(1) 2003.10.X 初出

お釈迦様は、偶像崇拝はいけない、としていたそうです。 つまりお釈迦様は、特定の偶像を拝んではいけいない、としていたのです。 僕は何故か、どういうわけか、どういう巡り合わせか 今日はお地蔵さんの話を書い
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

テクスト 2003.10.X 初出

本文(テクスト)、という形で、前回のドン・キホーテのエッセイの中で書き流してしまいましたが 文学の世界にどっぷりとつかって抜けられなくなってしまった気の毒な人達は、作品として提出された本文、テキスト、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ドン・キホーテ(2) 2003.10.X 初出

仙台では今のところディスカウントストア、ドン・キホーテを見かけませんが、僕は札幌に行った時に一度ドン・キホーテなるのものを見かけて、中々面白い店だな、と思った事を覚えています。 ディスカウントストア、
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ドン・キホーテ(1) 2003.10.1 初出

ドン・キホーテ。 これはセルバンデスというスペインの作家が書いた 小説のタイトルです。 世界の古典文学集などには 必ず入っているという所謂、名作、です。 ドン・キホーテというタイトルは この小説の主人
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2003年09月01日

ゴキブリホイホイ(2) 2003.9.X 初出

ゴキブリホイホイ使用方法欄。 曰く。 ゴキブリさんが入り込みたくようなハウス形の ボックスを築き、入口にゴキブリさんの 足ふきマットを設置する。 足ふきマットで足元の油分、水分を 吸い取られてからハウ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ゴキブリホイホイ(1) 2003.9.X 初出

ついに出てしまったのであります。やつが。 僕が草木も眠る丑三つ時に ああ、明日の分のご飯を炊かねば、と ゴソゴソと、台所の棚を空けたその刹那、 何やら黒い物体がゴソゴソと、台所の床を 駆け抜けて行った
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

転換期を迎えた労働組合(4) 2003.9.X 初出

僕が以前某役所に派遣労働者として 勤めていた時の事です。 僕はその役所の労働組合の方々と仲良くなる機会が ありまして、いろんな話を聞いたのですが その中で、みんな9時出勤で17時退勤 組合の書記長さん
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

転換期を迎えた労働組合(3) 2003.9.X 初出

労働組合には、どうも共産党系と社民党系のものが あるようです。 そのイデオロギーの根底にあるのは やはり共産主義思想なのでしょう。 でも1991年に共産党政権の本家本元ソビエト連邦が 崩壊してしまった
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

転換期を迎えた労働組合(2) 2003.9.X 初出

今回の松下労組の結成以来の大改革に対する 朝日新聞社の記事では、組合本部から権限を移譲される支部の側に人材が足りない、という、組合員の不安の声、が紹介されていましたが、一番の課題はそこではないか、と僕
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

転換期を迎えた労働組合(1) 2003.9.X 初出

松下電器産業労働組合が、1946年の結成以来の大改革に 乗り出した、というニュースが先日ありました。 2006年夏に、現在の組合本部中心の組織運営から 事業領域ごとに独立単位を設けて交渉権限を移譲する
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

日輪の翼 2003.9.X 初出

近世日本では、お伊勢参り、が 大変盛んだったそうです。 これは現在の三重県北部にある、伊勢神宮、という所へ 全国から人々が大挙して参拝に出かける、という 信仰行事のようなものですが テレビゲームも新聞
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

月に兎、太陽には烏 2003.9.X 初出

満月の夜、お月さんでは、いつもウサギさんが 餅つきをしております。 月の表面の陰影がウサギさんの餅つきに 見えるという事なのだと思いますが なんともロマンチックな話です。 月には兎さんが住んでいるので
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

言葉屋詩人のりさん 2003.9.X 初出

あなたを見てインスピレーションで 言葉を書きます。 そんなコンセプトを掲げて ストリートで詩を書き続けている 知る人ぞ知る有名人、言葉屋詩人のりさんが 今仙台に来ている。 僕は典(のり)さんとは、仙台
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ100回記念(6)NO FUTURE IN JAPAN!? 2003.9.X 初出

・NO FUTURE IN JAPAN!? というわけでなんとか 人類史上最大の乱気流であるとか 明治維新や戦後よりも大きな変化であるとか呼ばれているものの概要が、僕なりにつかめたような気がします。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ100回記念(5)日本経済 2003.9.X 初出

・日本経済 日本経済をマクロで見た場合 ほとんどいい事がなかったりします。 銀行は相変わらず不良債権を抱えているし 雇用を生み出すような新産業が起ち上がったという 話も聞きません。 銀行に預金を預けて
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ100回記念(4)日本では何が起きているか 2003.9.X 初出

・日本では何が起きているか 日本では何が起きているか、これは 卵のなかみ、の第一回でも書きましたように ある意味、卵のなかみ、の出発点でも あるわけですが、現在日本では 日本人みんなが何かに向かう、戦
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ100回記念(3)世界では何が起きているか 2003.9.X 初出

・世界では何が起きているか 1991年のソビエト連邦の崩壊によって 資本主義VS共産主義の対立、いわゆる、冷戦、が 終了してから10年が経ちました。 日本のバブル崩壊が1991年で、その後の10年間を
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ100回記念(2)宇宙では何が起きているか 2003.9.X 初出

・宇宙では何が起きているか これは現在のところ地球は一定の周期で自転しながら 太陽の周りを公転しているようなので 問題はないようです。 地球に遠心力が加わって地殻がずれ始めたという話も 聞きませんから
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ100回記念(1)NO FUTURE I N JAPAN!? 2003.9.X 初出

・NO FUTURE I N JAPAN!? 卵のなかみ、も早いもので100回を超えました。 どういうわけか広い宇宙の数ある一つ 蒼い地球の広い世界で ひょんな事から、卵のなかみ、を始めることに なっ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

文明の衝突!?(3)21世紀日本の戦略 2003.9.X 初出

というわけで現在世界は、文明の衝突、状態にあるわけです。 もう資本主義と共産主義の対立という時代は過去のものになってしまい、少なくとも21世紀前半は 文明の衝突になるだろう、という事であります。 そう
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

文明の衝突!?(2)国際政治とは汚きもの 2003.9.X 初出

そもそもサミュエル・ハンチントン教授の 予想が当たったというよりも、 アメリカ政府のネオコンと呼ばれる人達が ハンチントン教授の、文明の衝突、を 政策として採用したのではないか、という うがった見方も
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

文明の衝突!?(1)冷戦後の国際政治の行末 2003.9.X 初出 

98~2002年、つまり世紀の変わり目頃 ハーヴァード大学の国際政治学教授 サミュエル・ハンチントンが書いた 文明の衝突、という本がよく売れていました。 これは東西冷戦終了後の世界は 世界各地の文明が
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

奇跡とは、独座大雄峰 2003.9.1 初出

ある修行僧が百丈禅師に尋ねた。 如何なるか、これ奇特のこと。 白丈禅師答えて曰く、独座大雄峰。 その答えを聞いた修行僧は、ひれ伏して百丈禅師を 拝んだ。 すると、百丈禅師はひれ伏した僧を棒で打った。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2003年08月01日

水の話(5)文学と水 2003.8.X 初出

というわけで水の話をしているうちに 諸悪の根源は人間の持つ、知性、なのではないか などという極論めいたとろまで僕はきてしまったのでした。 人間の知性が諸悪の根源だ、などとなったら なんともならないわけ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

水の話(4)宗教と水 2003.8.X 初出

♂♀生・性・聖のエッセイにも書きましたが 世界宗教足りえて長く続いてきた宗教には ある種の共通性があるはずだ、と僕は 考えているわけです。 で、今回は水の話という事で 水についての共通項を探ってみたわ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

水の話(3)生物と水 2003.8.X 初出

既に見てきたように地球の状態も 人類の体の状態も、水、によって保たれて いるわけです。 太陽熱によって蒸発した地球上の水は雲を形成し 地上に雨を降らせる。その雨は山肌を洗って 地中のミネラルを含んだ地
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

水の話(2)人類と水 2003.8.X 初出

地球の状態は水の循環によって保たれているわけですが その地球に住む人類もこれまた例外ではなくて 水の循環によってその生命が保たれているわけです。 まず母親の胎内に宿った時点で 胎水という、水、に浸され
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

水の話(1)地球と水 2003.8.X 初出

広い宇宙の数ある一つ、太陽系の一惑星、地球。 そう、僕たちは地球に住んでいるのです。 人類史上始めて宇宙を飛んだという旧ソビエト連邦の 宇宙飛行士ガガーリンは、地球は青かった、という言葉を残しています
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

顕教と密教 2003.8.X 初出

先日知り合いの画家さんと話をしていたところ 幸福の科学は顕教的で、オウム真理教は密教的だな、と 言われて僕はハッとしたのでありました。 顕教(けんきょう)とは、表に顕された教えです。 つまり日常生活で
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ニューヨーク大停電のニュースを見て市場万能主義の弊害を思ふ(2) 2003.8.X 初出

というわけで僕はニューヨーク大停電のニュースを見て 市場万能主義の弊害を思ったわけです。 やっぱり、市場、に馴染まない分野というのは あるのかなあ、と。 それというのも僕が年配の方と議論していて込み入
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ニューヨーク大停電のニュースを見て市場万能主義の弊害を思ふ(1) 2003.8.X 初出

ニューヨークが大停電でエライことになっている、と いうニュースが最近ありました。 近代都市に電力が供給されなくなるというのは 大変な事なのだな、と僕は改めて認識させられました。 近代都市にとって、電気
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

白鯨の古典的退屈ぶりは超一流である 2003.8.X 初出

というわけで僕はハーマン・メルヴィル作の 白鯨(はくげい)をやっと読み終えたわけであります。 白鯨、は1851年発表のアメリカ古典文学作品です。 本好きな人は、古典を読め、とよく言いますが 発表から1
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

阿吽の呼吸 2003.8.X 初出

お寺さんの山門の両脇に、凄い形相で並んでいる おっかない筋骨隆々の仁王様。 その仁王様の口元を注意深く観察してみると たいてい、阿(あ)と吽(うん)の形をしています。 神社さんの入口に鎮座されている狛
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

学問のすすめ-社説の命令調はおかしい- 2003.8.X 初出

というわけで福沢諭吉の、学問のすすめ、を読み終えたところ、タイミングよく新札発行のニュースが飛びこんできたのです。 千円札は夏目漱石から野口英世へ 五千円札は新渡戸稲造から樋口一葉へ 一万円札は福沢諭
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

サーバー荒らし・エシュロン!? 2003.8.X 初出

というわけで先日仙台インターネットマガジンに サーバー荒らしが入ってしまったのであります。 サイトの管理人さんも色々と原因を 探ってくれているようなのでありますが これはいったいどうしたという事なのだ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

これから会社と個人の関係はどうなってしまうのだろう(2)田中耕一さんの場合 2003.8.X 初出

マスコミは一頃ノーベル化学賞を受賞した 田中耕一さんを、ベラボウに褒め称えていました。 世界最高の権威ある賞を受賞したのだから 褒め称えるのは当然としても どうもそのほめ方は奇妙なネジレが含まれて い
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

これから会社と個人の関係はどうなってしまうのだろう(1)中村教授の場合 2003.8.X 初出

青色LEDの開発者である中村修二・米カリフォルニア 大サンタバーバラ校教授が、発明当時在籍していた 日亜化学工業に対し特許権の対価として20億円 を求める裁判を起こした、というニュースが ありました。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台ライブハウス事情-仙台発、全国へ、世界へ- 2003.8.1 初出

というわけで、仙台出身のLONG SHOT PARTYというバンドが全国的に暴れ回っているらしい、という情報をゲットした僕は、さっそく出来立てのZeep Sendaiにライブを観に行ってみる事にしたの
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2003年07月01日

お釈迦様の手のひらの上を駆け回っている孫悟空 其の三 西洋近代思想と仏教唯識論 2003.7.X 初出

西洋の近代哲学はその後、フロイトやユングという 学者が、我思う故に我あり、の下には実は 潜在意識や集合的無意識という世界もあるのだ、という 事を発見していきます。 それらはいかにも世紀の大発見として
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

お釈迦様の手のひらの上を駆け回っている孫悟空 其の二 コギトと六識 2003.7.X 初出

人間が世界を認識する時、最も重要なものは 六識のうち、意識、である。 それを近代的な言い方で表現したのが デカルトという哲学者の 我思う故に我あり(コギト・エルゴ・スム)なのでは ないか、と最近僕は考
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

お釈迦様の手のひらの上を駆け回っている孫悟空 其の一 五官と六識 2003.7.X 初出

人間の五官はなんといい加減なものなのだろう、と 思う事があります。 本当に僕達はちゃんと世界を見ているのかな、と。 例えば視覚。 仙台スタジアムでサッカーを見ている時 僕はボールの動きや中心選手の動き
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

僕はソフトクリーム教の教祖であるぞ!? 2003.7.X 初出

しばらく前になりますが 福岡の死体遺棄事件でクローズアップされた 新興宗教の女性教祖が 押しかけた報道陣に対し 私は仏だぞ、私は仏だぞ、と叫んでいる 映像が流れた事がありました。 なんたる事だ、と思わ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

怪獣考-やはり芥川龍之介は凄い- 2003.7.X 初出

中国と韓国の国境の湖で約20頭の怪獣が 目撃されました、というニュースが最近ありました。 複数の観光客が目撃したそうです。 一部では、ドラゴンではないか、と 盛り上がっています。 ちなみにネス湖のネッ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

石の話 2003.7.X 初出

スタンリー・キューブリック監督の映画 2001年宇宙の旅では、人類が種として進化を 迎えるときに必ずモノリスと呼ばれる 黒石版が登場します。 失われたアークとかモーゼの石版とかが モデルなのでしょうが
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

八木山動物園(5)猿はシェークスピアを書かない 2003.7.X 初出

人間社会は所詮猿山と変わらぬヒエラルキー構造に 過ぎないのか、そして人類は、猿から分離した単なる一動物種に過ぎないのか、と、僕は八木山動物園のお猿さんコーナーの前で暗澹たる思いに打ちひしがれていまし
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

八木山動物園(4)お猿さんのムフフ 2003.7.X 初出

猿山は中々よくできたヒエラルキー構造社会だな、と 感心しながらお猿さん達を観察していた僕は お尻が紅くなって腫れ上がっている猿が 結構いるのに気がつきました。 たぶん発情期を迎えたメス猿達です。 僕が
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

八木山動物園(3)猿山 2003.7.X 初出

ライオンさんやトラさんにバイバイした僕は お猿さんのいるコーナーに来ていました。 お猿さん達は猿山を形成していました。 猿山はボス猿さんを頂点とするヒエラルキー構造 を持っているようです。 ちなみにヒ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

八木山動物園(2)ボブ・サッチンもライオンさんやトラさんには勝てない 2003.7.X 初出

キリンさんにバイバイした僕は ライオンさんやトラさんのいるコーナーに 来ました。 僕はとりあえず一番強そうなライオンさんと 睨めっこしてみました。 睨めっこしましょ、笑ったら負けよ、アップップ。 ガオ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

八木山動物園(1)キリンさんの首は長い 2003.7.X 初出

八木山動物園についにアフリカ園ができたと いう事で、僕もさっそく出かけてみました。 これは凄い。 僕はアフリカ園に入った瞬間びっくりして しまいました。 キリンさんがいたのです。 キリンさんです。 な
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ベクトル 2003.7.X 初出

というわけで先日僕は知り合いの画家さんと いったいこれからの世界はどうなっていくのだ ろうと話をしていたのですが 例によっていつの間にやら取っ組み合いの激論に 至ってしまい、双方相譲らぬ激闘の末に こ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

千と千尋の神隠しとトンネル体験 2003.7.X 初出

宮崎駿監督の千と千尋の神隠しが 大ヒットしてアカデミー賞も受賞して しまったという事で、僕もミーイズムを 発揮して観てみたのですが うん、やっぱり凄いと思ってしまいました。 千と千尋の神隠しというアニ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

グローバルリテラシー Think globally,Write locally 2003.7.X 初出

僕の行きつけのスーパーでも 中国語や英語が飛び交うように なってしまいました。 一番町の地下駐輪場には 中国語の案内板も出ています。 この前喫茶店で原稿を書いていたら 隣の学生風の若い男性が 日韓辞典
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

どうして人を殺してはいけないの? 2003.7.X 初出

どうして人を殺していけないの? と子供に聞かれて大人がそれに上手く答える 事ができなくて困ってしまう、という 構図が出てきました。 間違った引用だったら 申し訳ないのですが(文責は僕にあります) 大江
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

文系人間による数学講座(5)円周率 π 2003.7.X 初出

ゆとり教育の導入で円周率3.14が、3、に なりますというニュースが報道されて そんな事ではこの国は知的に滅びてしまうのでは ないか、と多くの学識経験者が口角泡を飛ばしていた 時期がありましたが ほと
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

文系人間による数学講座(4)二進法 2003.7.X 初出

コンピュータは二進法の原理で動いているとの事です。 つまりこのサイトも画面もそうなのでしょうか? 僕は初めて、二進法、という概念を知った時 不思議な感覚に捉われました。 1、2、3、4、5、6、7、8
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

文系人間による数学講座(3)大統一理論 2003.7.X 初出

というわけで アインシュタイン博士の相対性理論は 仏教の唯識論の正しさとイエス・キリストの偉大さ を証明することになってしまったわけです。ホントかい。 でも実はアインシュタイン博士の 相対性理論も完璧
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

文系人間による数学講座(2)相対性理論 2003.7.X 初出

前回のエッセイでは、0、ジーニャの 話をさせていただきました。 理解していただけましたでしょうか。 僕も何となく理解はできるようになったのですが 頭で理解するのと 体得する、というのは また別なもので
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

文系人間による数学講座(1) 0 ジーニャ 2003.7.X 初出

0という数字は不思議な数字です。 まず両手にコブシを作ってみます。 そこで石がそこに一つあれば 人差し指を上げてⅠ。 石がそこに二つあれば 人差し指と中指を上げてⅡ。 石がそこに三つあれば 人差し指と
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台フォーラム 2003.7.X 初出

前回は黒澤映画を30本通しで観る企画の 話だったのですが 考えてみればレンタルビデオ店が なかった時代には そんな企画も成り立たなかったわけで レンタルビデオ店の存在は大きいです。 昔は封切られて興行
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

黒澤映画を30本ぶっ通しで観る企画を成功させた僕は、ダーウィンの進化論に思いを馳せた 2003.7.X 初出

木、切って来い。 木、切ってきました、監督。 うーん、やっぱりあった方がいいな。 黒澤明監督は、そんなエピソードが 似合って、かつ許せる映画監督の一人です。 日本人離れした大陸的な豪快さを持った人で
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵党総裁演説 其の三 僕はここに卵党の結党を宣言致します 2003.7.X 初出

というわけでありまして 本当に最近は政治家先生にしても 大学の先生にしても 大企業の重役さんにしても 見ていてカチンとくることが多くなるばかりなので あります。 次世代に莫大な借金を残したとしても 彼
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵党総裁演説 其の二 構造改革は何故必要になったのか 2003.7.X 初出

というわけでありまして そもそも何で構造改革という事になったのかという事を 考えてみますと、内外の政治・経済状況の激変もあるのでしょうが、一番の理由は政府が実はとんでもない額の借金をしていてニッチもサ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵党総裁演説 其の一 構造改革とは 2003.7.X 初出

小泉政権が誕生した頃から 構造改革、構造改革、と叫ばれるようになり 酒の構造改革じゃ、などというTVCMまで 飛び出したわりには、構造改革って何の事? と 聞かれると、具体的には何の事だかよく分からな
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ、50回突破記念エッセイ 2003.7.01 初出

卵のなかみ、も早いもので50回を超えました。 どういうわけか広い宇宙の数ある一つ 蒼い地球の広い世界で ひょんな事から卵のなかみを始める事に なったわけですが、本当にこのエッセイを 書き始めてよかった
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2003年06月01日

ADSL開通パーティーで大恥をかいた僕は、寄らば大樹の陰の時代は完全に終わったと思った 2003.6.X 初出

そういう事だったのか、と 僕は思った。 僕が友人達に手伝ってもらって ADSLを導入した時 大変な苦労をさせられたのは そういう事だったのか、と。 待ちに待ったADSLの開通日。 よく晴れた日でした。
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

恐ろしや、川端康成 2003.6.X 初出

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。 夜の底が白くなった。 などと一行目で書かれてしまったら 読者は思わず続きも読んでみようと なってしまうのではないでしょうか。 有名な川端康成の小説、雪国、の
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

Ⅴ秘密結社の合言葉 結局夏目漱石に行きついた 2003.6.X 初出

・ゲセルシャフト(利益社会)ばかりが発展し  ゲマインシャフト(共同社会)がどんどん失われてい く中で  どうすればゲマインシャフトを取り戻せるのか……と  考えてきた僕は、結局夏目漱石に行きついた
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

Ⅳ秘密結社の合言葉で大企業の不祥事を考察してみる 2003.6.X 初出

・ゲセルシャフトとゲマインシャフトで  大企業の不祥事を考察してみる 一頃続いた大企業による企業不祥事の頻発を 僕はなんたる事だ、まさかあの一部上場企業が、と 驚いて見ていましたが、そういった見方は
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

Ⅲ秘密結社の合言葉で戦後日本を総括してみる 2003.6.X 初出

・ゲセルシャフトとゲマインシャフトで  戦後日本を総括してみる 戦後日本の奇跡の復興、それを成し遂げた要因は なんと言っても、家族的企業経営、でしょう。 最近は内外の変化に対応できなくなってしまって
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

Ⅱ秘密結社の合言葉で近代社会を解釈してみる 2003.6.X 初出

・ゲセルシャフトとゲマインシャフトで 近代社会を解釈してみる ゲセルシャフト、法律や契約によるクールな世界 ゲマインシャフト、地縁・血縁などによる暖かい共同体、と捉えて 近代社会や現代を解釈してみると
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

Ⅰ秘密結社の合言葉 ゲセルシャフトとゲマインシャフト 2003.6.X 初出

ゲセルシャフトとかゲマインシャフトとか アンチノミーとかアンチテーゼとか……昔の インテリは、そういったややこしい言葉が 大好きです。 まるで秘密結社の合言葉のようで その用語を理解できない人を排斥し
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

悟りの秘訣 2003.6.X 初出

前回のエッセイ、長寿の秘訣、では 何やら暗い話になってしまったので 今回は明るい話題を……と思って、悟りの秘訣、を 用意したのですが、悟りの秘訣というのは明るい話題 なのだろうか、と冒頭で逡巡していま
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

長寿の秘訣 2003.6.X 初出

年間自殺三万人時代。 長生きしたければ交通事故より 自殺に気をつけなければならない時代となって しまいました。 どうして日本で突出して自殺者が多いのだろう、と 問題提起される事があります。 何故だろう
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

異邦人と文化催眠 全ては太陽のもと何度も繰り返されてきた 2003.6.X 初出

アルベルト・カミュの、異邦人、という 小説があります。 主人公はムルソーという男性なのですが これがまったく常識の通用しない人間で 実の母親が死んだ翌日に喪に服すこともなく 海水浴に出かけてみたり 出
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

煙草屋のみっちゃん 2003.6.X 初出

煙草屋のみっちゃんは、とてもプリティーな おばあさんだ。 みっちゃんは僕の行きつけの煙草屋の店番さんで 僕が煙草を買うといつもライターをくれる。 僕はみっちゃんの店に通って三ヶ月になる。 みっちゃんは
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台高等裁判所 其の八 罪を憎んで人を憎まずは真なりや 2003.6.X 初出

僕は呆気に取られながら法廷を後にしました。 単純な僕は、被告人の女性の刑が情状酌量で 軽くなる事を願ってしまいました。 それと結構自分が世間知らずだな、とも痛感しました。 裁判官にしても検察官にしても
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台高等裁判所 其の七 あまりに生々しいものを見せられると人は無口になる 2003.6.X 初出

裁判長に向かって左側から被告人が入廷してきました。 女性です。 しばらくすると向かって右側の検察官が罪状を 読み上げ始めました。 どうやら被告人の女性はヤ○ザな夫に振り回された 哀れな女性であったらし
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台高等裁判所 其の六 何気に法廷に入った僕は大変な裁判に出くわしてしまった 2003.6.X 初出

法廷に入ってしばらくして僕は これから行われるのはどうやら 刑事事件の裁判らしい、という事に 気がつきました。 それも殺人事件らしい……と。 最前列には各メディアの記者達が陣取っています。 これはえら
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台高等裁判所 其の五 日本も訴訟社会を迎える 2003.6.X 初出

食後の一服でエグゼグティブ弁護士に勝って自信を 回復した僕は、法廷の並ぶフロアに向かいました。 エレベータで法廷のあるフロアに出てから 僕はあたりを見回しながら 廊下を歩いてみました。 ちょっとした大
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台高等裁判所 其の四 僕は弁護士に勝った 2003.6.X 初出

仙台高等裁判所の地下食堂で 法曹関係者に混じってトンカツ定食を 食べた僕は、いかめしい裁判所の雰囲気にも 慣れてきました。 食事というのは本当に不思議なものです。 敵対関係にある人とおいしく食事を取る
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台高等裁判所 其の三 司法関係者は左脳が発達している 2003.6.X 初出

というわけで僕は仙台高等裁判所の地下食堂で トンカツ定食を食べる事になってしまいました。 何をやってるんだ、と思われるかもしれませんが 一応小説家を目指しているのでこういう事も やっておかなけばなら
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台高等裁判所 其の二 裁判所の建物はいかめしい 2003.6.X 初出

僕はその日、仙台高等裁判所にフラリ、と 裁判を見に行ったのです。 変な奴だな、と思われるかもしれませんが 一応小説家を目指しているので そういう事もやっておかないといけないのです。 で、仙台高等裁判所
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

仙台高等裁判所 其の一 罪を憎んで人を憎まず 2003.6.X 初出

罪を憎んで人を憎まず、と昔の人は言いました。 とても人間の本質にせまった言葉だと思います。 村上春樹さん訳の 心臓を貫かれて/マイケル・ギルモア著を 読んでみると、犯罪とはなんだろうと 考えさせられま
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

現代の欲望の総体は何処へ 2003.6.X 初出

きっとその時代の欲望の総体の 流れをつかむ事ができれば ビジネスチャンスをゲットできる のでしょうが 現代日本ではその欲望の総体が 何処へ向かっているでしょう。 商売人はものが売れないと嘆いているし
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

数字は嘘をつかないが嘘つきが数字をつくる 視聴率と実視聴率 2003.6.X 初出

先日友人に、TVがラジオ化してるよね、と 言われて僕はハッとしました。 TVがラジオになることはないので それは正確にはTV番組というものが ラジオ番組のようになんとなくつけて おくものになってしまっ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

数字は嘘をつかないが嘘つきが数字を作る 失業率と実失業率 2003.6.X 初出

某政府系メールマガジンによると 若年層の失業率が12パーセントに なってしまった事に対して 対策を立てました、との事。 僕は始め、十人に一人が失業なら まだ余裕かな、と思ったのです。 欧州の先進国でも
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ゲーム脳とたけしの挑戦状 2003.6.X 初出

昔、たけしの挑戦状、というゲームが ファミリーコンピュータにありました。 かなりマニアックなゲームなので 覚えている方は少ないと思いますが 映画監督、北野武さんが、ビートたけし としてバラエティー番組
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

宮城県近代美術館 その3 2003.6.X  初出

僕は眼を鍛えるために 宮城県近代美術館に通いつめて いた時期があるので 実は常設展の美術品も 見慣れたものが多いのですが いつ行ってみても新たな発見が あります(ちなみに眼を鍛える、という のは視力回
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

宮城県近代美術館 その2 2003.6.X 初出

宮城県近代美術館の 白壁と明るい照明の常設展を 歩きながら では、近代美術でなく 中世の美術はどうだったのだろう、と 僕は思いました。 よく言われるように中世は闇の世界で 明るい照明などなかったわけで
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

宮城県近代美術館 その1 2003.6.X 初出

青葉区川内元支倉にある 宮城県近代美術館に行ってきました。 近代美術館。 そう、ここは近代美術館です。 建物も近代建築の技術が結晶しています。 厳密な数学的計算に基づく測量技術。 遠近法や幾何学を感じ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

トイレ考 やはり芥川龍之介はすごい 2003.6.X 初出

注:お食事中の方はすいません。   トイレの話です。食事が済んで   一息ついてから読んで下さい。 というわけで人間にとってトイレとは何か という話が激論に至ったのであります。 育ちが良くて上品な僕は
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

現代心理学考 2003.6.X 初出

本当にそれは恐怖で 僕は背筋が冷たくなる思いがしました。 人類の知はここまで来てしまったのか、と。 僕がまだウブだった頃 初めてドストエフスキーの小説を 読んだ時も同じ恐怖を感じました。 ドストエフス
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

グレゴリオ暦などやめてしまえ 2003.6.X 初出

ドッグイヤー。 2000年頃からよく、ドッグイヤー、という 言葉を聞くようになりました。 ちょうど犬の1年が人間の7年にあたる、だか 人間の7年が犬の1年にあたる、だかで 時代の変化がそれだけ速い、と
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

構造改革が進めば日本にイタリア人が増える!? 2003.6.X初出

というわけで 何のために死ぬか、というのは 何のために生きるか、と同じ事だと 僕は思うのですが、どうでしょう。 煙草も酒もやめて 毎日のジョギングを欠かさない、という ヘルシーな生活を送っていても 人
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

マリリン・マンソン VS ニーチェ 第二戦 2003.6.X 初出

というわけで、マリリン・マンソンが ニーチェを読んでいた事を僕は発見したのです。 ファンの中では常識かもしれませんが。 ニーチェの代表作、ツァラトゥストラはかく語りき、は 名著で、僕も読んだ事がありま
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

マリリン・マンソン VS ニーチェ 第一戦 2003.6.X 初出

いきなり ROCK IS DEAD ! GOD IS DEAD ! GOD IN THE TV ? ハレルヤ・マザーファッカー !!! と、アメリカの人気? ロックバンドグループ マリリン・マンソンの
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

巨人の星と精神のダンディズム考 2003.6.X 初出

思い込んだら試練の道を 行くが男のド根性 真っ赤に燃える王者のしるし 巨人の星をつかむまで 血の汗流せ、涙を拭くな…… と、ずっと昔、巨人の星という アニメがありました。 テーマソングの歌詞は 上記の
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

愛とは毎月の家賃7万円を払うこと 2003.6.X 初出

愛とは毎月の家賃7万円を払うこと。 景気のいいデザイナーさんであるT氏は 確かにそう言った。 僕は衝撃を受けた。 僕は国分町の某飲み屋に来ていた。 そこで、女をかこっている、という 景気のいいデザイナ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

伝統の一戦 2003.6.X 初出

記事によると 伝統の一戦である サッカーの日本・韓国代表戦で 0-1で日本代表が敗れた、そうです。 伝統の一戦がいつのまにか プロ野球の巨人・阪神戦から サッカーの日本・韓国代表戦に 変わってしまいま
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

♂♀ 生・性・聖 2003.6.X 初出

更年期のせいでしょうか 男性も女性も、六十歳を過ぎたあたりから 独特の品が出てくる事があります。 いつまでも脂ぎっている人もいますが……。 中年のおっちゃんやおばちゃんは どことなく厭らしい感じがして
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ア・ルース・ボーイ 2003.6.X 初出

ア・ルース・フィッシュ  だらしのないやつ 仙台一高出身の作家、佐伯一麦さんの 三島賞受賞作「ア・ルース・ボーイ」の 冒頭にそんなセリフが出てきます。 要は進学校で受験勉強に真剣に取り組まない 主人公
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

サイバーレボリューション 2003.6.X 初出

というわけでIT革命というのは 今後社会のあり方をどう変えていって しまうのだろう、という話が激論に 至ったのであります。 ケンケンガクガクの激論の中、気の弱い僕は 黙って聞き耳を立てていたのですが
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

べんちゃあ・すぴりっと 2003.6.X 初出

二十代は十回失敗しろ! なんですと!?  と、僕は驚いた。 二十代に十回成功するのではなく 二十代に十回失敗しろ、とは何たる事だ。 二十代で四回失業し、三回倒産を経験し 二度自殺未遂を起こして、一度自
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ゲームの途中でルールが変わるスポーツ!? 2003.6.X 初出

ゲームの途中でルールが変わる スポーツ。 たぶんそんなスポーツはないと 僕は思いますが、銀行の頭取さん達は 最近よくそんなふうに嘆きます。 先日僕は、某銀行に公的資金が 投入されてカチンときてエッセイ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

2003年05月01日

駄洒落考 2003.5.X 初出

というわけで ギャグ、コント、コメディー、ユーモア、駄洒落…… いったい人間にとって笑いとはなんだろう、と 思った僕は、早速手元の三省堂大辞林を引いてみた。 ギャグ……映画や演劇などで、観客を笑わせる
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:01 | トラックバック

マイチェア・マイブーム 2003.5.X 初出

団塊の世代の人々は、とひとくくりに してはいけないのでしょうが 総じて団塊の世代の人に聞くと このコートは五万円のコートだから いいコートだ、このスーツは10万円の スーツだからいいスーツだ この靴は
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:01 | トラックバック

友がみな、我より偉く見ゆる日よ 2003.5.X 初出

花を買い来て、妻とたしなむ。 というわけで僕は花を買って来てみた。 花ってなんだろう。 ネアンデルタール人も死者に花を ささげる習慣があったらしいと言われている。 人間はなんでそんなに花が好きなのだろ
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:01 | トラックバック

公的資金投入 2003.5.X 初出

公的資金が投入された。 公的資金が投入された。 ついに公的資金が投入されたのだ。 先日、僕の主要取引先銀行の一つである 某銀行に、公的資金が投入された。 公的資金が投入される、ということは どういう事
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:01 | トラックバック

悪い男にブイブイ言わされ金だけ取られる健気な女 2003.5.X 初出

青葉区木町通りの一角、僕の秘密の居酒屋。 昭和初期を思わせる傾いた木造の建物に、 日焼けしたのれんが出ている。 昔の無頼派の文人はきっと、こういう場所で ヒロポンをキメていたのだろうな、と僕は 思った
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ムエスリ 2003.5.X 初出

神様っているんだね。 青葉通りの一角、僕の秘密の喫茶店。 ダイアナ妃も好んで食べたと言われる スイス料理ムエスリ(ナッツ入りヨーグルト)を 作りながら、カウンター向こうのY子さんはそう答えた。 僕はム
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

沖縄考 2003.5.X 初出

内地の人はそういうけどね 本当はそういうもんじゃないんだよ! タクシーの運転手にいきなり 僕は怒られてしまった。 ゴーヤチャンプル、泡盛、テンプル シーサー、シーカーサージュース……蒼い海、沖縄! と
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

むかでの一歩 2003.5.X 初出

フォーラス近くの靴下屋二階 むかでや画廊に行ってきた。 目当ては宍戸清孝写真展−カンボジア− カンボジアの戦争での混乱の中 野外で営業する床屋さん 服自体が足りない中でも、懸命にお洒落をする伊達男 赤
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

es muss sein 運命の声 2003.5.X 初出

ボロロ族にも差別はある。 僕は衝撃を受けた。 ボロロ族にも、生地での差別や 粗野と洗練、富者と貧者の差別が あるらしいのだ。 つまりボロロ族にも 俺は生粋の江戸っ子でい、とか お里が知れるぜあんた、と
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

吐き出された煙は溜め息と同じ長さ 2003.5.X 初出

ショックだった。 フセイン政権崩壊の様子は本当にショック だった。 僕はフセインを支持していたというわけではないが フセイン政権崩壊の様子は本当にショックだった。 当たり前の事ですが、近代国家というの
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

もう男なんていらない 2003.5.X 初出

レズです。いや僕がじゃなくて。 先日テレビを観ていたら モスクワ出身のレズデュオ、タトゥが紹介されて いました。ヨーロッパに衝撃を与えているとの事です。 ちょっと前のコギャルのようなファッションなので
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

ぜいたくな悩み 2003.5.X 初出

モノだらけだ。 足の踏み場もないとはこのことか と、僕は思った。 先日、とある友人宅へお邪魔したところ 部屋中モノだらけで歩く隙間もない状態で 本人は、流行の、片付けられない症候群、だよ などと頭を掻
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

日本酒考 2003.5.X 初出

日本に殺られる、と思った。 このままでは殺られてしまう。 ヤラれてしまう。ヤラれてしまう。 このままでは日本に殺られてしまう。 僕は最近、日本酒を非常に警戒している。 それは次の日に米麹の匂いが残ると
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

女の直感 2003.5.1 初出

というわけで、中田とイチローと松井、誰を支持するかで その人のスタンスが分かる、という話が激論へ至ったのであります。 気の弱い僕はあまり発言できなかったので 以下僕の意見。 かつて1940年体制と呼ば
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00 | トラックバック

卵のなかみ 大場理史

どういうわけか…… 広い宇宙の数ある一つ 蒼い地球の広い世界で 2003年5月 なぜか僕は大場理史という器に入り ここ仙台の北山に住んでいます。 そしてどういうわけか小説家を目指しています。 そして
続きを読む

blank_space
投稿者 member : 00:00
記事一覧
blank_space
ads
blank_space