仙台インターネットマガジンホームへ 目次へ
バックナンバーへ
掲示板
この特集の感想やご意見、質問はこちらにどうぞ。

仙台インターネットマガジンについて

仙台インターネットマガジンは世の中が、「IT革命、IT革命」と、連呼している、2000年4月に誕生しました。

討論好きの2人の若者が、毎日のように、酒を酌み交わし、語り合っていました。

彼らが、いくども激論を交わし、時には、大げんかになりそうになりながらも、出した結論は、

「私たちが、いくらこの暗い部屋で、いくら激論をかわそうと、世の中には何の影響も与えない。」

「それではだめだ。何をはじめなくてはいけない。」
という、ものでした。

そして、 若者たちは、自分たちの周りにある、小さな出来事を取り上げ、そこから大きな何かをうかがい知ることはできないか。 そんなコンセプトを心に、 インターネットを使い、雑誌を発行することにした。

その仙台インターネットマガジン第一号が、発行されてから、もうはや3年の時が過ぎました。

仙台インターネットマガジンは沢山のメンバーに支えられ、いままで、約200本ほどの記事、さまざまなエッセイや特集などを、手がけてきました。

それでも、仙台インターネットマガジンのコンセプトは変わりません。

小さいものを見つめ、大きなことを考える。

私たちは、地に足がつかない絵空事を語りたくはない。
自分のおかれた環境に、うそをつかず、謙虚でありたい。
しかしながら、けして、内輪だけでもりあがるようなオタクになりたくない。
自分たちの足下をしっかりと見据え、しかし大きく物事を考えていきたい。

時には大風呂敷をひろげ、しかしながら、着実に、地道に、仙台インターネットマガジンを運営していきたいとおもいます。

そして、この仙台インターネットマガジンが、多くの人のよりどころとなるような、ササイティー(社会)として発展していくとこを、心から望みます。

今、ここのサイトに集まる若者は私を含めて、年金が払えないくらい貧乏な人が多い。

そして微力だ。

私たちは何ももたない。

だけど、私たちは身軽だ。

世の中は厳しい、仕事はない、世相は暗い、景気は悪い、物騒な事件ばかりおきやがる、将来年金もでなそうだ。

お先は真っ暗かって? 日本に未来はないってさ?

そんな話しは、気にしない。誰にもわからない。

そんなことはかまわない。馬鹿馬鹿しい、かまっちゃいられない。

やりたいことは、たくさんあるんだ。

先は長いんだ。

足下を見据え、景色を眺めながら、瓦礫の中を

すたすたと、口笛を吹きながら、歩いていこう。

未来は僕らの手の中。


仙台インターネットマガジン代表 佐藤研一朗 2003.9.22 from NY

 


*リンク、記事の引用、参照も大歓迎です。
*スタッフ募集
*寄付募集
*広告主募集
<詳しくはクリックして、各ページで
>


仙台インターネットマガジン代表 佐藤研一朗
2004,9,23

 

掲示板へ
この特集の感想やご意見、質問はこちらにどうぞ。
目次へ

バックナンバーへ
過去の特集、連載の一覧があります。